【最大15,000円】海外FXで実施中のボーナス21選

Fintokeiとは?評判やメリット・デメリット、ルールを徹底解説

当サイトは、日本国外に居住する日本人及び外国人を対象としたものであり、日本居住者に対して投資助言・媒介・勧誘等を行うものではありません。
当サイトにおいて「日本人」との表記がある場合、それは全て日本国外に居住する日本人を指すものであり、日本居住者は対象に含まれておりません。
日本居住者が、日本で金融商品取引業の登録を受けていない海外所在業者を利用することは、金融商品取引法における無登録業者との取引に該当する可能性があります。日本国内に居住する者は、日本で金融商品取引業の登録を受けた業者を利用してください。
当サイトの掲載情報は、海外居住者向けの情報提供を目的としたものであり、個別の投資助言を行うものではありません。最終的な投資判断は利用者自身の責任のもと行ってください。
当サイトの記事内にはアフィリエイト広告が含まれる場合があります。
価値ある情報を提供するため、コンテンツ制作ポリシーに準拠しています。

Fintokei(フィントケイ)は、近年、日本でも注目を集めているプロップファームの一つです。

最大5,000万円(スケーリングによって最大5億円)の資金提供を受けられて、最大80%(スケーリングによって最大95%)の利益配分を受けられるFintokeiは、トレード技術はあるものの自己資金が少ないトレーダーにとって強力な味方になるでしょう。

この記事では、このFintokeiの仕組みや特徴、メリット・デメリットなどについて徹底解説していきます。

あなたも、自宅に居ながらにして世界中のトレーダーと競い合える舞台に立てるかもしれません。

クーポン「FINTO10KEI」適用で全プラン10%割引!

公式サイト:https://www.fintokei.com/jp/
※当業者は日本で金融商品取引業の登録を受けていないため、日本居住者は利用をお控えください

この記事の目次

プロップファームとは

Fintokeiは「プロップファーム」というサービスの一つですが、そもそもプロップファーム自体を知らない人が多いので、まずはプロップファームの仕組みについて説明します。

プロップファームは、一般のトレーダーでも大口トレーダーになれるチャンスを提供する仕組みです。

簡単に言えば、多額の資金を運用する会社があなたにお金を貸してくれて、そのお金で取引させてくれるのです。

一般的なFX取引では、自分のお金を使って取引しますが、プロップファームでは会社のお金を使います。

もちろん、ただお金を貸してくれるわけではなく、基本的にはまず腕試しの期間があり、そこで良い成績を出せたら本当のプロトレーダーとして認められます。

晴れてプロトレーダーになれたら、取引で得た利益の一部を分配してもらえます。

例えば分配率80%のプロップファームなら、100万円の利益を出したら、その80%の80万円があなたのものになることもあります。

逆に、損失を出した場合は会社の負担となるため、自分のお金を失うリスクがなく、大きな取引にチャレンジできるのが魅力です。

ただし、会社のお金を使うので厳しいルールも設けられていて、一日で大きな損失を出したり、危険な取引をしたりすると、すぐに失格になってしまいます。

プロップファームは、FXの腕に自信はあるけどまとまったお金がない人や、プロのトレーダーを目指している人にぴったりの仕組みと言えるでしょう。

Fintokeiの良い評判・メリット

最大5,000万円の資金提供を受けられる

Fintokeiの最大の魅力は、少額の参加費で大きな資金を運用できることです。

「チャレンジプラン」の最上位であるエメラルドプランでは、239,800円の参加費を払い、ステップ1とステップ2のチャンレジをクリアすれば、5,000万円もの資金を運用することができます。

個人投資家レベルで100万円や1,000万円程度の資金からトレードを始めることはあっても、いきなり5,000万円の資金を動かすことはなかなかできないので、優れたトレード技術さえあれば大きな利益を得るチャンスがあります。

また、口座のレバレッジは最大100倍で、計算上は最大50億円相当の取引ができる計算になります。

ただし、レバレッジを上げると許容損失を超えて失格となるリスクも大きいため、慎重な資金管理が求められます。

スプレッドが狭いAXIORYの口座を使える

Fintokeiの取引口座は、大手海外FX業者であるAXIORYのナノ口座がベースとなっています。

AXIORYはFX業界でも屈指の狭いスプレッドを提供していることで知られていて、例えばUSDJPY(米ドル/日本円)では0.2pips、EURUSD(ユーロ/米ドル)では0.3pipsとなっています。(変動性)

AXIORYナノ口座は、スプレッドに業者の利益が含まれないECN口座のため、スプレッドとは別に取引手数料がかかりますが、1ロットあたり$6と安く、手数料を加味しても実質1pipsのコストで取引できます。

また、AXIORYは約定力も高く、相場が大きく動く場面でも注文が通りやすい取引環境を提供しています。

出金実績が多数ある

Fintokeiはまだ知名度が低く、その安全性や信頼性を疑うユーザーも多いですが、信用を裏付ける重要な要素として、多数の出金実績があります。

SNS上では、実際に利益を出金したという報告が数多く寄せられており、中には累計1,000万円以上の出金を実現したプロトレーダーもいるようです。

また、出金手続きは通常24時間以内に処理され、実際の口コミでも即日出金できたという報告も多く確認できます。

絶対に安全でトラブルが起きないとは言い切れませんが、今までの運営実態を見る限り、少なくとも詐欺などの類ではなく、真っ当な運営を続けているといって良いでしょう。

無料トライアルで気軽に練習できる

Fintokeiは、新規ユーザー向けに14日間の無料トライアルを提供しています。

この無料トライアルでは、チャレンジプランのサファイアプラン(ステップ1)と速攻プランのプラチナプランに対応しています。

トライアル期間中、実際の取引と同じルールや条件下でトレードの練習ができて、Fintokeiの機能や取引条件を確認することができます。

もちろん利益の出金はできませんが、Fintokeiのシステムやルールに慣れるための絶好の機会です。

いきなり有料プランを購入するのに不安を感じる人や、トレードの技術に自信のない方は、まず無料トライアルで練習してみると良いでしょう。

トライアル期間は最大3回まで利用可能なので、十分な練習期間が確保できるでしょう。

スケーリングで最大5億円の資金提供を受けられる

Fintokeiには「スケーリング」と呼ばれるシステムがあり、優秀なトレーダーはさらに初期資金よりもさらに大きな資金で取引できるチャンスがあります。

スケーリングは、トレーダーが一定の条件をクリアするたびに、提供される資金と利益分配率を段階的にグレードアップできるシステムです。

1口座あたり最大8レベルまで実行可能で、最上位のエメラルドプランの場合、初期資金5,000万円から最終的には5億円まで資金を増やすことができて、利益分配率も初期の80%から95%に上がります。

スケーリングの条件は、初期資金または最後のスケーリング時から累積10%以上の利益を達成して、なおかつプロトレーダー昇格時または最後のスケーリングから2ヶ月以上経っていることです。

この条件を満たすと、カスタマーサポートに申請することでスケールアップが可能になります。

スケーリングを使うことで、優秀なトレーダーはより大きな資金提供を受けて、より多くの利益を得られるチャンスが広がるのです。

プロトレーダーに合格すれば参加費が返ってくる

Fintokeiのチャレンジプランでは、プロトレーダーに認定されると、最初に払った参加費が返還されます。

チャレンジプランでは、ステップ1とステップ2の2段階の評価プロセスを経てプロトレーダーになります。

ステップ1では8%、ステップ2では5%の利益目標を達成する必要があり、両方のステップをクリアしてプロトレーダーに認定されれば、初回出金時に参加費が全額戻ってきます。

プロトレーダーに昇格できずに失格となった場合は、参加費は戻ってきませんが、合格して初回出金にまでたどり着ければ、実質的に無料でFintokeiのサービスを利用できることになります。

ただし、すぐに資金提供を受けられる「速攻プロプラン」では、一度支払った参加費は戻ってこないので注意しましょう。

日本語サポートが充実

Fintokeiは海外のプロップファームでありながら、日本語サポートが充実していて、メール・問い合わせフォーム・チャットの3つの方法でカスタマーサポートを行っています。

メールと問い合わせフォームは平日9時から24時まで、チャットサポートは平日10時から22時まで利用可能で、わからないことがあれば日本語で質問や相談ができます。

日本人スタッフがしっかり対応してくれるので、言語の壁を気にすることなくコミュニケーションを取れるのも大きな利点です。

また、公式サイトやブログでも日本語での詳細な情報提供が行われており、取引戦略や市場分析、経済ニュースなどの有益な情報を得ることができます。

プロップファームは日本ではまだほとんど馴染みがなく、FXに慣れているトレーダーの方でも不安を感じるかもしれませんが、手厚い日本語サポートを受けられるのは大きな安心材料となるでしょう。

Fintokeiの悪い評判・デメリット

参加費が高い

Fintokeiの最大のデメリットは、参加費が高いことです。

チャレンジプランの最も安価なクリスタルプランでも21,800円の参加費が必要で、最上位のエメラルドプランになると239,800円もの参加費がかかります。

これは、多くの個人投資家にとって決して安くない金額で、FX取引の経験が浅い初心者にとっては大きな決心が必要になるでしょう。

提供される資金額と比較すれば妥当、もしろ割安にも思えますが、初期投資のハードルが高いことは否定できません。

参加費は、プロトレーダーに認定されれば返還されますが、失格した場合は返金されません。

また、速攻プロプランの場合は、チャレンジがないかわりに参加費も返還がないため、より慎重な判断が求められます。

つまり、トレード技術が未熟な状態で高額なプランに挑戦すると、大きな損失を被るリスクがあります。

1日の損失5%・全体の損失10%を超えたら失格

Fintokeiの厳しいルールの一つに、損失による失格判定があります。

チャレンジプランでは、1日の損失が5%を超えるか、全体の損失が10%を超えると即座に失格となります。

FX取引は相場の変動が激しく、大きなニュースやイベントがあった日には、急激な相場変動が起こりやすくなるため、1日で5%以上の損失を出すことは珍しくありません。

そのため、1回のトレードにおける最大損失額を1%、高くても2%程度に留めるなど、リスクを抑えた運用と緻密な資金管理が求められます。

この厳しい基準は、トレーダーに過度の心理的プレッシャーを与える可能性もあり、失格を恐れるあまり、本来の実力を発揮できなくなる可能性もあるので、心配な方は無料トライアルで試してみると良いでしょう。

プロトレーダー昇格後に失格すると最初からやり直し

Fintokeiのもう一つの大きなデメリットは、プロトレーダーに昇格した後でも失格のリスクがあることです。

プロトレーダーになった後も、1日の損失5%または全体の損失10%の失格条件は適用され、これらの基準を超えた損失を出すと即座に失格となり、取引口座は閉鎖されてしまいます。

失格になると、それまでの努力や成果が全てリセットされ、保留中の利益も全てなくなってしまい、最初からやり直しになります。

一度でも失格してしまうと、再度チャレンジプランを購入してステップ1とステップ2を通過するか、速攻プロプランを購入する必要があるのです。

この仕組みは、トレーダーに緊張感のある取引を促す効果がある一方で、過度に保守的なトレードを招く可能性があり、失格のリスクを恐れてチャンスを逃す可能性もあります。

ビットコイン等の仮想通貨は取引できない

Fintokeiのデメリットとして、ビットコインなどの仮想通貨取引ができないことが挙げられます。

近年、仮想通貨市場は急速に拡大し、多くのトレーダーの注目を集めていて、特にビットコインは、その高いボラティリティから短期トレードの対象として人気があります。

しかし、Fintokeiでは仮想通貨取引は提供されておらず、取引可能な商品は62種類以上のFX通貨ペア、貴金属、エネルギー、株価指数に限定されています。

仮想通貨取引をメインにトレードしているトレーダーにとっては大きなデメリットとなるでしょう。

Fintokeiのプラン

Fintokeiのプランは「チャレンジプラン」と「速攻プロプラン」の2種類に大きく分けられます。

チャレンジプラン

スクロールできます
クリスタルパールルビーサファイヤトパーズエメラルド
初期資金200万円500万円1,000万円2,000万円3,500万円5,000万円
参加費21,800円36,800円69,800円99,800円173,800円239,800円
ステップ1利益目標8%8%8%8%8%8%
ステップ2利益目標5%5%5%5%5%5%
最低取引日数(各ステップ)3日3日3日3日3日3日
1日の最大損失率-5%-5%-5%-5%-5%-5%
全体の最大損失率-10%-10%-10%-10%-10%-10%
利益配分率80%80%80%80%80%80%
スケーリング最大2,000万円
最大95%
最大5,000万円
最大95%
最大1億円
最大95%
最大2億円
最大95%
最大3億5,000万円
最大95%
最大5億円
最大95%

Fintokeiのチャレンジプランは、高額な資金を運用できる魅力的なプランで、初期資金200万円から最大5,000万円までの6段階で選べます。

チャレンジプランの特徴は、2段階の評価プロセスを経てプロトレーダーになれることです。

ステップ1では8%、ステップ2では5%の利益目標を達成する必要があり、両ステップをクリアすると、プロトレーダーとして認定され、利益の80%を受け取ることができます。

ただし、1日の最大損失率は5%、全体の最大損失率は10%と厳しい基準が設けられていて、この基準を超える損失を出すと即座に失格となるため、慎重な資金管理が求められます。

最大レバレッジは100倍で、手持ち資金の最大100倍のポジションを取引できますが、許容損失を簡単に超えてしまうので、実際は5〜20倍程度のレバレッジで運用することをおすすめします。

さらに、条件を達成すれば資金と利益分配率を8段階まで引き上げられるスケーリングシステムもあります。

このプランは、自信のあるトレーダーや大きな利益を狙うトレーダーに適しています。

速攻プロプラン

スクロールできます
ブロンズシルバーゴールドプラチナダイヤモンド
初期資金20万円50万円100万円200万円500万円
参加費15,800円29,800円58,800円118,800円298,800円
1日の最大損失率無し無し無し無し無し
全体の最大損失率-10%-10%-10%-10%-10%
利益配分率50%50%50%50%50%
スケーリング最大200万円
最大90%
最大500万円
最大90%
最大1,000万円
最大90%
最大2,000万円
最大90%
最大5,000万円
最大90%

Fintokeiの速攻プロプランは、チャレンジプランに次いで人気のあるプランで、購入後すぐにプロトレーダーとして取引を始められます。

初期資金は20万円から最大500万円まで5段階で選べて、チャレンジプランよりも少なくなります。

速攻プロプランでは、チャレンジプランのような評価プロセスがないため、すぐに利益を得られる可能性がありますが、利益分配率は50%とチャレンジプランよりも低くなっています。

最大レバレッジは50倍で、チャレンジプランの半分となっています。

チャレンジプランのように1日の最大損失率は5%ルールはありませんが、全体の損失率が10%を超えると失格となる基準は適用されます。

また、初回出金時には10%の利益目標達成が必要という条件もあります。

速攻プロプランは、すぐに取引を始めたい人や、少額から始めたい人に適していますが、長期的には利益分配率の低さがデメリットとなる可能性があります。

ただ、速攻プロプランも条件達成によるスケーリングが可能で、最大90%まで利益分配率を引き上げられるので、トレードの腕前次第では大きな利益も狙えます。

おすすめはチャレンジプラン「サファイア」

Fintokeiの様々なプランの中で、特におすすめなのがチャレンジプランの「サファイア」で、実際に最も選ばれているプランでもあります。

サファイアプランは、初期資金が2,000万円、参加費が99,800円という設定になっていて、初期資金とプラン価格のバランスが最も優れています。

2,000万円という高額な資金を、10万円弱の参加費で運用できるのは非常に魅力的です。

また、プロトレーダー認定後は利益の80%を受け取れるため、大きな収益が期待できます。

仮に、2,000万円の資金で月利10%(200万円)の利益を上げれば、2,000万円×10%×90%=180万円が分配されます。

さらに、スケーリングを活用すれば、最終的に2億円の資金と95%の利益分配率まで引き上げられます。

プラン購入時に、クーポン「FINTO10KEI」を適用すると、通常99,800円のエメラルドプランを10%割引の89,820円で購入できます!

資金に余裕がある方はチャレンジプラン「エメラルド」一択

もし手持ち資金に余裕があって、より大きな資金提供を受けたい方は、チャレンジプランの「エメラルド」を選ぶとよいでしょう。

エメラルドプランは、参加費が239,800円とかなり高額ではあるものの、参加費に対して得られる資金提供額が最も高く、最も資金効率の良いプランといえます。

プラン購入時に、クーポン「FINTO10KEI」を適用すると、通常239,800円のエメラルドプランを10%割引の215,820円で購入できます!

仮に、5,000万円の資金で月利10%(500万円)の利益を上げれば、5,000万円×10%×90%=450万円が分配されます。

さらに、スケーリングによって、最大5億円の資金と95%の利益分配率まで引き上げられるので、いわゆる「億トレーダー」を目指すことも現実的です。

スクロールできます
チャレンジプラン参加費クーポン適用時提供資金スケーリング
最大提供資金
サファイヤ99,800円89,820円2,000万円最大2億円
トパーズ173,800円156,420円3,500万円最大3億5,000万円
エメラルド239,800円215,820円5,000万円最大5億円

クーポン「FINTO10KEI」適用で全プラン10%割引!

公式サイト:https://www.fintokei.com/jp/
※当業者は日本で金融商品取引業の登録を受けていないため、日本居住者は利用をお控えください

Fintokeiのスケーリング(増額プラン)

Fintokeiのスケーリング(増額プラン)は、一定の条件を達成することで、投資資金額とトレーダーへの利益配分を増やすことができる機能です。

スケーリングは8段階が用意されており、レベルが上がるごとに初期資金と利益配分が増加していきます。

チャレンジプランと速攻プロプランの両方で、追加費用なしでこの増額プランを利用できます。

安定したトレードを続けられれば、自然とスケーリングの申請ができるようになり、スケーリングを繰り返すことで、より大きな資金を運用してより多くの利益を得る機会を得られます。

スケーリング(増額プラン)の条件

Fintokeiのスケーリング(増額プラン)を利用するには、以下2つの条件を満たす必要があります。

  1. +10%の利益を達成
  2. 2ヶ月以上経過

まず1つ目の条件は、初期資金または最後のスケーリング時の初期資金の110%、つまり10%の利益を出すことです。

例えば、初期資金が2,000万円の場合、200万円の利益を出す必要があります。

嬉しいことに、一時的にでも110%を達成すればこの条件は達成となり、その後に損失を出して110%を下回ったとしても、失格にならなければスケーリングの申請は可能です。

2つ目の条件は、プロトレーダー昇格時または最後のスケーリングから2ヶ月以上経過していることです。

最短で2ヶ月に1回のペースでスケーリングを申請できるので、最高のレベル8に到達するまでには最短でも16ヶ月かかるため、長期的な視点が必要です。

また、スケーリング申請時にはいくつかの注意点があります。

全てのポジションをクローズする必要があり、申請時の残高は初期資金額以上である必要があります。

さらに、スケーリングは一人につき一つの口座でのみ利用可能です。

これらの条件を満たすことで、トレーダーは段階的に資金と利益配分を増やしていくことができます。

チャレンジプランの増額

チャレンジプランでは、もともとの資金提供額が大きいですが、スケーリングを使うことでさらに多額の資金提供を受けられます。

例えば、最上位のエメラルドプランでは、初期資金5,000万円で利益配分80%からスタートしますが、最高レベルのレベル8まで到達すると、運用資金は5億円、利益配分は95%まで引き上げられます。

例えば、月利10%で運用できた場合、初期状態では500万円の利益が出て400万円(80%)の分配となりますが、レベル8なら5,000万円の利益が出て4,500万円(95%)の分配となります。

とにかく多額の資金提供を受けたいトレーダーは、このエメラルドプランのレベル8を最終目標に頑張ると良いでしょう。

チャレンジプランのスケーリング表を見ると、各レベルで資金と利益配分が段階的に上昇していき、レベル3で利益配分が85%に、レベル5で90%に、そしてレベル7で95%に上昇します。

スクロールできます
レベル利益配分クリスタルパールルビーサファイヤトパーズエメラルド
初期資金80%200万円500万円1,000万円2,000万円3,500万円5,000万円
レベル180%250万円625万円1,250万円2,500万円4,375万円6,250万円
レベル280%300万円750万円1,500万円3,000万円5,250万円7,500万円
レベル3
※ポートフォリオ管理会社との契約提供
85%400万円1,000万円2,000万円4,000万円7,000万円1億円
レベル485%600万円1,500万円3,000万円6,000万円1億500万円1億5,000万円
レベル590%800万円2,000万円4,000万円8,000万円1億4,000万円2億円
レベル690%1,200万円3,000万円6,000万円1億2,000万円2億1,000万円3億円
レベル795%1,600万円4,000万円8,000万円1億6,000万円2億8,000万円4億円
レベル895%2,000万円5,000万円1億円2億円3億5,000万円5億円

速攻プロプランの増額

速攻プロプランのスケーリングも、トレーダーに魅力的な機会を提供します。

最上位のダイヤモンドプランを例にとると、初期資金500万円、利益配分50%からスタートしますが、最高レベルのレベル8まで到達すると、運用資金は5,000万円、利益配分は90%まで引き上げられます。

チャレンジプランと比較すると、初期の利益配分は低めですが、最終的には90%という高い配分率に達します。

速攻プロプランの特徴として、1日の最大損失5%というルールがないことが挙げられます。

これにより、より柔軟な取引戦略を採用することができます。

ただし、チャレンジプランに比べると全体的に見劣りしていて、最終的な運用資金がチャレンジプランの10分の1で、最高利益配分も95%ではなく90%に留まっています。

スクロールできます
レベル利益配分ブロンズシルバーゴールドプラチナダイヤモンド
初期資金50%20万円50万円100万円200万円500万円
レベル155%20万円50万円100万円200万円500万円
レベル260%30万円75万円150万円300万円750万円
レベル3
※ポートフォリオ管理会社との契約提供
60%40万円100万円200万円400万円1,000万円
レベル470%60万円150万円300万円600万円1,500万円
レベル570%80万円200万円400万円800万円2,000万円
レベル6 80%120万円300万円600万円1,200万円3,000万円
レベル780%160万円400万円800万円1,600万円4,000万円
レベル890%200万円500万円1,000万円2,000万円5,000万円

Fintokeiの出金

国内銀行送金と仮想通貨出金に対応

Fintokeiでは、主な出金方法として、国内銀行送金と仮想通貨出金の2つが用意されています。

国内銀行送金は、日本国内の銀行口座に直接資金を送金する方法で、多くのトレーダーにとって馴染みがあり、銀行口座さえ持っていれば誰でも使えます。

仮想通貨出金は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、USDコイン(USDC)、テザー(USDT)などの主要な仮想通貨で出金することができます。

仮想通貨出金は、国際送金の手続きが不要で、比較的スピーティーに資金を受け取れるのがメリットですが、出金手数料がかかるので注意しましょう。

出金は2週間に一度

Fintokeiでは、出金のタイミングに関して一定のルールが設けられています。

基本的に、出金は2週間に一度のペースで行うことができます。

この規則は、チャレンジプランと速攻プロプランの両方に適用されます。

ただし、初回の出金に関しては、プランによって異なる条件が設定されています。

チャレンジプランの場合、プロトレーダー認定から2週間以上経過していれば出金が可能です。

一方、速攻プロプランでは、スタートから2週間以上経過し、かつ利益目標10%を達成する必要があります。

2週間という期間は、短すぎず長すぎず、多くのトレーダーにとって適切なバランスとなっています。

また、この出金ルールを設けることにより、Fintokei側も安定した資金運用が可能となり、サービスの持続性にも繋がります。

出金にかかる時間と手数料

Fintokeiで出金申請を行うと、通常は24時間以内に処理され、1〜3営業日以内に指定の口座に着金します。

実際には、即日出金ができたという報告も多く見られ、迅速な処理が行われていることがわかります。

出金手数料に関しては方法によって異なり、国内銀行送金なら金額問わず手数料無料で出金できます。

一方、仮想通貨出金の場合は手数料が発生し、ビットコイン(BTC)やUSDコイン(USDC)の場合、出金額に対して2.5%の手数料に加えて20ユーロの固定手数料がかかります。

イーサリアム(ETH)やテザー(USDT)の場合は、2.5%の手数料に10ユーロの固定手数料が加算されます。

また、出金には最低金額が設定されていて、国内銀行送金と仮想通貨どちらも最低出金額は2万円です。

出金報告

SNSなどで調べると、既に多くのトレーダーが出金をしていて、多額の出金報告も見られます。

Fintokeiの禁止事項・失格条件

Fintokeiにはいくつかの禁止事項や失格条件があり、それらを守らないとチャレンジフェーズやプロトレーダーフェーズが失格となります。

ルールを知らないまま挑戦してしまうと、プランの購入代金が無駄になりかねないので、事前にしっかり理解しておきましょう。

1日の損失が5%、または全体の損失が10%を超えた場合

Fintokeiでは、1日の損失が5%を超えるか、または全体の損失が10%を超えた場合に即座に失格となります。

この基準は、チャレンジプランと速攻プロプラン両方に適用されます。

1日の損失率はサーバー時間の0時に判定され、全体の損失率は、チャレンジプランの場合は常時判定、速攻プランではサーバー時間0時に判定されます。

トレーダーはこの厳しい基準を常に意識しながら、慎重かつ効果的な取引を行う必要があります。

スキャルピング(特に15秒未満の取引)

Fintokeiでは、スキャルピング、特に15秒未満の超短期取引が禁止されています。

スキャルピングとは、わずかな価格変動を利用して短時間で頻繁に取引を行う手法です。

Fintokeiでは具体的に、新規注文から決済までの時間が15秒未満の取引をティックスキャルピングと定義し、禁止しています。

もし累計取引高の10%以上がこのティックスキャルピングだった場合は警告メールが届き、警告後も続けると失格となります。

さらに、常に取引の50%以上がティックスキャルピングだった場合は、警告なしで即座に失格となります。

ただし、数分程度のスキャルピングは許容されているので、短期トレードそのものを完全に禁止しているわけではありません。

トレーダーは、この15秒ルールを常に意識しながら、過度なスキャルピングは避けましょう。

マーチンゲール手法(倍賭け法)の使用

Fintokeiでは、マーチンゲール手法の使用が禁止されています。

マーチンゲール手法とは、損失が出るたびに取引量を倍に増やしていく手法で、倍賭け法とも呼ばれます。

マーチンゲールは、最終的に一回でも勝てば過去の損を全て取り戻せるという考えに基づいたものですが、連続して負けが続くと急激に損失が膨らみ、破産する確率が極めて高い手法です。

マーチンゲールと認定された取引が、累積取引高の10%を超えた場合、警告を受けて、警告後も状況が続くと失格となります。

また、累積取引高の50%がマーチンゲールの一部であると判明した場合は、警告なしで即座に失格となります。

複数口座間の両建てアービトラージ

Fintokeiでは、複数口座間の両建てアービトラージが禁止されています。

両建てアービトラージとは、同一の金融商品に対して買いと売りのポジションを同時に持つ取引手法です。

同一口座内での両建ては許可されていますが、複数の口座を使用して行う両建ては禁止されています。

この手法は、スプレッド(売値と買値の差)の変動や、異なる口座間の価格差を利用して利益を得ようとするものです。

例えば、一つの口座で買いポジションを、別の口座で売りポジションを同時に持つことで、リスクを最小限に抑えつつ利益を狙います。

しかし、この手法は市場の公平性を損なう可能性があるため、多くの取引所やブローカーで禁止されています。

Fintokeiでも両建てアービトラージを厳しく禁止しており、発覚した場合は即座に失格となり、取引口座が閉鎖されます。

レイテンシーアービトラージ

Fintokeiでは、レイテンシーアービトラージという取引手法が厳しく禁止されています。

レイテンシーアービトラージとは、市場間の情報伝達の遅延(レイテンシー)を利用して利益を得る手法で、具体的には2つの業者間の価格遅延を狙って利益を得る取引戦略を指します。

2つの業者間の価格差が広がったタイミングで、同一銘柄・同一数量のポジションを価格の低い業者で買い、価格の高い業者で売り、価格差が縮小したタイミングで決済すればリスクフリーで利益が得られるという仕組みです。

この手法は、高速な取引システムと高度なアルゴリズムを必要とし、一般的なトレーダーには実行が難しいものですが、市場の公平性を損なう可能性があるとして、多くの取引所やブローカーで禁止されています。

Fintokeiでもこの行為を厳しく禁止しており、発覚した場合は即座に失格となり、取引口座が閉鎖されます。

第三者が発信するシグナルを利用したトレード

Fintokeiでは、第三者が発信するシグナルを利用したトレードが禁止されています。

シグナルとは、特定の通貨ペアの売買タイミングや価格目標を示す情報のことで、経験豊富なトレーダーや専門家が、自身の分析に基づいてこれらのシグナルを提供します。

しかし、Fintokeiではこうした外部シグナルの使用を認めていません。

この禁止事項には、有料・無料を問わず、SNSやメッセージアプリなどで共有されるシグナルも含まれます。

また、いわゆるグループトレード、つまりインフルエンサーや有名投資家からの指示に従って取引することも禁止されています。

このルールの目的は、トレーダー自身の分析力と判断力を評価することにあります。

外部シグナルに依存することは、真の取引スキルの向上につながらず、長期的な成功を妨げる可能性があります。

また、シグナル提供者の意図や能力が不明確な場合も多く、リスクが高いと考えられています。

第三者によるアカウント管理

Fintokeiでは、第三者によるアカウント管理が厳しく禁止されています。

具体的には、家族や友人、知人がアカウントを使用することや、プロのトレーダーや投資顧問に取引を委託することなどが該当します。

Fintokeiが評価したいのは個々のトレーダーの実力であり、他人の力を借りることは許されません。

第三者によるアカウント管理が発覚した場合、即座に失格となり、取引口座が閉鎖される可能性があります。

トレーダーは、自身のアカウント情報を厳重に管理し、絶対に他人と共有しないようにする必要があります。

また、ログイン情報の管理には細心の注意を払い、公共のコンピューターでの使用は避けるべきです。

プロップトレーダー認定を目的としたEAの使用

Fintokeiでは、プロップトレーダー認定を目的としたEAの使用が禁止されています。

EAとは、あらかじめプログラムされたルールに基づいて自動的に取引を行うソフトウェアのことです。

一般的に、EAはトレーダーの取引を支援するツールとして広く利用されていますが、Fintokeiでは特にプロップトレーダー認定を目的としたEAの使用を禁止しています。

これは、EAを使用してステップ1やステップ2の利益目標を達成しようとする行為を防ぐためです。

ただし、全てのEAが禁止されているわけではなく、一貫性があり持続性のある取引を行うEAであれば認められます。

EAの使用が疑われる場合、Fintokeiは取引パターンを詳細に分析し、違反の有無を判断します。

違反が確認された場合、警告なしで即座に失格となり、取引口座が閉鎖される可能性があります。

トレーダーは、自身の知識と経験に基づいて取引を行い、EAに過度に依存しないよう注意が必要です。

Fintokeiの口座開設・始め方

STEP
プランを選ぶ

まずは、Fintokeiの公式サイトへアクセスします。

クーポン「FINTO10KEI」適用で全プラン10%割引!

公式サイト:https://www.fintokei.com/jp/
※当業者は日本で金融商品取引業の登録を受けていないため、日本居住者は利用をお控えください

チャレンジプランもしくは速攻プロプランから好みのプランを選び、【このプランで開始する】ボタンをクリックします。

STEP
口座情報を設定して個人情報を入力する

まずは口座の設定を行います。

もし設定に迷ったら、口座の通貨は「JPY」、プラットフォームは「MetaTrader 5」を選ぶのがおすすめです。

続いて、自身の氏名、メールアドレス、電話番号、居住国、現住所を入力します。

基本的に各項目は英語表記(ローマ字表記)で入力するようにしましょう。

最後に、クーポンをお持ちの方は、クーポン欄に入力して【使用する】ボタンをクリックすると、割引が適用されます。

プラン購入時に、クーポン「FINTO10KEI」を適用すると、全プラン10%割引で購入できます!ぜひご活用ください!

STEP
参加費の支払い

参加費の金額を確認したら、支払い方法を選び、【お支払い】ボタンをクリックします。

支払い方法は、クレジット・デビットカード、Apple Pay、仮想通貨などから選べるので、自身の使いやすい方法を選びましょう。

支払い情報を入力して【お支払い】ボタンをクリックすると、決済が行われます。

STEP
取引プラットフォームへログインして取引開始

プランの購入が完了すると、トレード口座のログイン情報がメールで送られてきます。

口座ID・パスワード・取引サーバー名が書かれているので、それらの情報をもとに取引プラットフォーム(MT4・MT5・cTraderのいずれか)でログインしましょう。

Fintokeiで利益を得た場合の税金

Fintokeiで利益を得た場合の税金について、多くのトレーダーが疑問を抱えています。

日本国内の業者を使ったFX取引では、分離課税で税率は一律20.315%となりますが、プロップファームでの収益は総合課税で累進税率が適用され、通常のFX取引とは申告方法や税率が大きく異なります。

Fintokeiの公式サイトでは、利益を「技術提供における報酬」として申告するよう案内していて、一般的なFX取引の利益とは異なる性質を持つことを示唆しています。

しかし、税金の取り扱いは複雑で、トレーダーの取引状況や収益規模によっても変わってくる可能性があるため、税理士などの専門家に相談することをおすすめします。

雑所得として確定申告が必要

Fintokeiでの利益は、多くの場合「雑所得」として扱われる可能性が高いです。

雑所得とは、他の所得区分に当てはまらない所得のことを指します。

海外FX取引の利益も通常は雑所得として扱われるため、Fintokeiの収益も同様の扱いを受けることが考えられます。

雑所得として申告する場合、確定申告が必要となり、確定申告は原則として毎年2月16日から3月15日までの期間に行う必要があります。

雑所得の場合、収入から必要経費を差し引いた金額が課税対象となります。

Fintokeiの場合、収入は受け取った報酬、必要経費はプラン購入費などが該当するでしょう。

初めて確定申告を行う場合は、税務署に相談するか、税理士に依頼することをおすすめします。

事業所得にできる可能性も

Fintokeiでの収益を「事業所得」として申告できる可能性もあります。

事業所得とは、個人が事業から得た所得のことを指します。

税理士の見解によると、「プロ」トレーダーとして活動している場合、基本的に事業所得となる可能性が高いとされています。

事業所得として申告するメリットとしては、経費の範囲が広くなることが挙げられます。

例えば、取引に使用するパソコンやソフトウェア、オフィス賃料なども経費として計上できる可能性があります。

ただし、事業所得として認められるかどうかは、取引の規模や頻度、継続性などが考慮され、副業程度の取引では雑所得として扱われる可能性が高いでしょう。

事業所得として申告するかどうかは、個々の状況によって判断が分かれる部分で、明確な基準はないため、予め税務署に相談するか、税理士のアドバイスを受けることをおすすめします。

所得税5%~45%+住民税10%が課税される

Fintokeiでの利益に対しては、所得税と住民税が課税されます。

所得税は、累進課税によって所得が多いほど高い税率が適用され、所得の金額に応じて5%から45%の税率が適用されます。

具体的には、195万円以下の場合は5%、195万円を超え330万円以下の場合は10%というように段階的に上がっていき、最高税率の45%は年間所得が4,000万円を超える場合に適用されます。

所得税に加えて、一律10%の住民税も課税されます。

例えば、年間500万円の利益があった場合、所得税は約20%、住民税10%で、合計約30%の税金がかかることになります。

ただし、これはあくまで目安であり、他の所得や控除などによって実際の税率は変わります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Kazuaki Obataのアバター Kazuaki Obata 合同会社WOZ代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!
トレード歴は8年以上。今まで使ってきたFX業者は延べ30社以上。

コメント

コメントする

クーポン「FINTO10KEI」で全プラン10%割引! Fintokei公式サイトへ
この記事の目次