【最大15,000円】海外FXで実施中のボーナス21選

Vantage Tradingの出金拒否|高額出金は拒否される?対処法も解説

当サイトは、日本国外に居住する日本人及び外国人を対象としたものであり、日本居住者に対して投資助言・媒介・勧誘等を行うものではありません。
当サイトにおいて「日本人」との表記がある場合、それは全て日本国外に居住する日本人を指すものであり、日本居住者は対象に含まれておりません。
日本居住者が、日本で金融商品取引業の登録を受けていない海外所在業者を利用することは、金融商品取引法における無登録業者との取引に該当する可能性があります。日本国内に居住する者は、日本で金融商品取引業の登録を受けた業者を利用してください。
当サイトの掲載情報は、海外居住者向けの情報提供を目的としたものであり、個別の投資助言を行うものではありません。最終的な投資判断は利用者自身の責任のもと行ってください。
当サイトの記事内にはアフィリエイト広告が含まれる場合があります。
価値ある情報を提供するため、コンテンツ制作ポリシーに準拠しています。

Vantage Tradingは、高いレバレッジと豪華なボーナスを提供していることから、初心者から上級者まで多くのFXトレーダーから人気を集めている海外FX業者です。

しかし、海外FXと聞くと、どうしても「危険」「詐欺」「資金を持ち逃げされる」のようなネガティブなイメージを抱いてしまう人もいるでしょう。(海外FXの出金拒否について

実際にGoogleで「Vantage」と調べると、関連キーワードとして「出金拒否」が現れることから、出金拒否される業者なのか?と心配している人も少なくないことが分かります。

まず結論としては、Vantageでは理不尽・悪質な出金拒否は起きません。

出金拒否されるほとんど原因は、ユーザー側のルール違反や不正によるものです。

この記事では、Vantageで出金拒否される具体的なケースや、出金拒否を未然に防ぐ方法、万が一出金拒否されたときの対処法を詳しく解説します。

なお、Vantageがどんな業者かを知りたい人は「Vantage Tradingの評判」をお読みください。

万が一にも出金拒否に遭遇した方へ

弊社では、お客様が当社のウェブサイト経由で口座を開設し、取引を行った際に、万が一出金トラブルに遭遇された場合に備え、個別の相談に対応しております。

お客様一人ひとりの事情に合わせた解決策を提案し、迅速かつ適切なサポートを行うことをお約束します。

お困りの際は、ぜひ当サイトのお問い合わせフォームより遠慮なくご相談ください。

新規口座開設15,000円・最大120%入金ボーナス実施中!

公式サイト:https://www.vantagejapan.com
※当業者は日本で金融商品取引業の登録を受けていないため、日本居住者は利用をお控えください

この記事の目次

Vantageで出金拒否はある?

Vantage Tradingでは、基本的に理不尽な理由で出金拒否されることはありません。

海外FX業者のなかには、稼ぎすぎやスキャルピングをした等の理由から出金拒否する悪質な業者が存在することは事実で、Vantageもそのような危険業者なのではと懸念する人もいるでしょう。

しかし、もし業界大手のVantageがそのような悪事を働けば、ネット上で瞬く間に悪評が広まり、利用者からの信頼を失うことは間違いありません。

また、そもそもVantageは顧客と利益相反しないNDD方式を取っていて、顧客が稼げば稼ぐほどVantageも儲かる仕組みであることから、稼ぎすぎると出金拒否されるということもありません。

Vantageで出金拒否される原因のほぼ全ては、顧客のルール違反や故意の不正によるものです。

Vantageで出金拒否される11のケース

では、どのような行動をとるとVantage Tradingで出金拒否されるのか、具体的な事例を見ていきましょう。

ボーナスを出金しようとした

Vantage Tradingでは、口座開設ボーナスや入金ボーナスなど、様々なボーナスが提供されているお得な業者です。

受け取ったボーナスは取引のための証拠金として使用することができますが、ボーナス自体をそのまま出金することはできません。

また、自己資金(残高)を出金すると、その口座に入っていたボーナスは消滅してしまうため、なるべく利益を多く溜め込んでから出金することをおすすめします。

口座開設ボーナスのみの取引では1万円までしか出金できない

Vantage Tradingでは、口座開設ボーナスを提供しており、初めてVantageでリアル口座を作ったトレーダーに対して取引証拠金として使えるボーナスを提供しています。

ただし、口座開設ボーナスのみで得た利益の出金には制限があり、最大10,000円までとなっています。

10,000円以上の利益を出金するには、$50(約8,000円)以上の入金と1回以上の取引が必要です。

禁止行為を行った

Vantage Tradingでは、公正な取引環境を維持するために、特定の取引手法や行為を禁止しています。

具体的には、次のような行為が禁止されています。

  • 同一人物による複数アカウントの開設および利用(同一アカウント内の複数口座は開設可能)
  • 他人のアカウントを使用した取引
  • 複数口座間での両建て取引
  • ボーナスの不正取得を目的とした取引
  • アービトラージ取引
  • チャーニング取引(一般的ではない頻度の高い取引で利益を上げること)
  • マネーロンダリングに関与する行為
  • 第三者への資金移動や出金
  • ボーナス乱用などの不正行為
  • 取引口座の売買や譲渡
  • Vantageのシステムに異常な負荷をかける行為
  • Vantageの運営を妨害する行為

これらの禁止行為を行ったと判断された場合、出金拒否の対象となる可能性があります。

禁止行為に該当するかどうかは、取引パターンや頻度、利益率などを総合的に判断して決定されるため、不正を疑われるような取引は極力避けるようにしましょう。

Vantageの利用規約を十分に確認し、禁止行為に該当しないように注意しながら取引を行うことが大切です。

第三者名義の口座やウォレットに出金しようとした

Vantage Tradingでは、本人名義の口座やウォレットにのみ出金が認められています。

第三者名義の銀行口座や電子ウォレットに出金をしようとすると、出金拒否の対象となります。

これは、マネーロンダリング防止のための国際的な規制に基づく措置で、Vantageに限らず多くの海外FX業者においていえることです。

出金先の銀行口座などの名義が、Vantageに登録されている名義と一致していることを確認して、もし旧姓などで情報が異なる場合は最新の情報に変更しましょう。

また、家族や親戚であっても名義が異なれば出金できないため、かならず自分自身の口座へ出金するようにしましょう。

本人確認を行わないまま出金しようとした

Vantage Tradingでは、本人確認のため身分証明書や現住所確認書類を必ずアップロードする必要があります。

身分証明書
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
住所確認書(発行から6ヶ月以内)
  • 電気・ガス・水道の請求書・領収書
  • 電話・ネット回線の請求書・領収書
  • カード・銀行の利用明細・請求書
  • 健康保険証(住所記載のもの)
  • 住民票
  • 印鑑登録証明書
  • 納税証明書

必要書類を提出しないと、一切出金できないため、口座開設したらなるべく早めに済ませておきましょう。

また、書類の有効期限が近づくと新しい書類の提出を求められ、有効期限を過ぎてしまうと再提出するまでは出金できなくなります。

入金方法と異なる方法で入金額以上の出金をしようとした

Vantage Tradingでは、入金と出金の方法に関するルールが定められています。

原則として、入金に使用した方法と同じ方法で、入金額と同額までの出金が可能です。

例えば、クレジットカードで入金した場合、クレジットカードへの出金は入金額が上限となります。

入金方法と異なる方法で、入金額を超える出金をしようとすると、出金拒否の対象となるため、なるべく入出金ルートを一本化することをおすすめします。

ただし、銀行出金はこの限りではなく、他の方法で出金しきれない利益分については銀行出金で引き出すことができます。

カードで入金額以上を出金しようとした

Vantage Tradingでは、クレジットカードやデビットカードを使った入金に対して、一定のルールが適用されます。

カードで入金した金額は、同じカードへの出金が可能ですが、出金できるのは過去に入金した分までです。

カードへの出金は、過去に決済したショッピング枠の返金という扱いになるため、カードの仕組み上、入金した以上の金額を出金(返金)することはできません。

他人のアカウントを使用したり、複数アカウントを開設した

Vantage Tradingでは、一人の顧客に対して、原則として一つのアカウントの開設が認められています。

他人のアカウントを使用したり、複数のアカウントを開設することは禁止されています。

これは、不正行為を防止し、すべてのトレーダーに対して公平な取引環境を維持するための措置です。

ただし、一つのアカウント内で複数の取引口座を作ることは可能で、マイページから追加口座として作ることができます。

出金リクエストの内容に不備や誤りがあった

Vantage Tradingで出金手続きをする際には、出金リクエストの内容に不備や誤りがないことを慎重にチェックしましょう。

例えば、出金先の銀行口座情報や電子ウォレットのアドレスが間違っていた場合、出金が拒否されたり出金が遅れる可能性があります。

特に、銀行口座の場合は、口座番号や支店コードなどの情報が正確であることを確認することが大切です。

もし出金申請にあたって不明点がある場合は、カスタマーサポートに問い合わせて確認することをおすすめします。

ポジション保有しながら証拠金維持率100%を切ろうとした

Vantage Tradingでは、ポジションを保有した状態でも出金できますが、証拠金維持率が100%を下回る場合は出金できません。

急激な相場変動によって、口座残高がマイナスになりロスカットされるリスクが高まるためです。

例を示すと、有効証拠金10万円に対して必要証拠金5万円のポジションを保有している状態で、6万円を出金しようとすると拒否されます。

もし、6万円を出金してしまうと、出金後の証拠金維持率は80%(4万円÷5万円)となり、基準値の100%を下回ってしまうためです。

Vantage全体で出金遅延が発生

稀に、Vantage Tradingのシステム障害や通信トラブル、または収納代行業者のトラブルなどによって、出金処理に遅延が生じることがあります。

もしそのようなトラブルが生じた場合、出金リクエストが一時的に受け付けられなくなったり、着金するまでに時間がかかったりすることがあります。

もし原因不明の出金遅延に見舞われたときは、公式サイトやサポートからの案内を確認したり、SNS上で同様の事例を探してみることをおすすめします。

Vantageで出金拒否を防ぐ5つの方法

では、Vantage Tradingを使ううえで出金拒否を防ぐためには、どのような対策が必要なのでしょうか。

出金拒否を防ぐ具体的な方法は次の5つです。

利用規約を確認し、禁止行為をしない

Vantage Tradingを利用する際は、まず利用規約を確認することが重要です。

利用規約には、Vantageが禁止している行為が書かれています。

例えば、複数アカウントの開設、他人のアカウントの使用、ボーナスの不正取得、アービトラージ取引などが禁止行為として挙げられています。

これらの行為を行うと、出金拒否される可能性が高くなります。

もし自身のトレード手法が禁止事項に抵触するか不安な方は、事前にサポートに問い合わせて確認することをおすすめします。

本人確認書類をなるべく早めにアップロードする

Vantageで出金を行うためには、本人確認の完了が必須です。

本人確認には、身分証明書と住所確認書類の提出が必要となります。

本人確認を完了するまで、口座から出金することができないため、口座開設後なるべく早めにアップロードすることが重要です。

また、アップロードした書類がぼやけていたり不鮮明だと、再提出を求められることがあるため、明るい部屋で撮影するようにしましょう。

口座開設ボーナスを受け取ったら出金条件を満たす

Vantageでは、新規口座開設をするだけでボーナスを受け取れますが、口座開設ボーナスのみを使って取引した場合は1万円までしか利益を出金できません。

1万円以上の利益を引き出すためには、$50(約8,000円)以上の自己資金を入金する必要があるため、この点にも注意が必要です。

出金先は本人名義の口座やウォレットを使用する

Vantageからの出金先は、必ず本人名義の口座やウォレットを使用しましょう。

第三者名義の口座やウォレットへ出金しようとすると、マネーロンダリングを疑われて出金拒否されたり、最悪の場合は口座凍結などのペナルティが課される可能性があります。

例え家族名義の口座であっても、出金先として使用することはできません。

入出金ルートを一本化する

Vantageでの入出金をスムーズに行うためには、入出金ルートを一本化することがおすすめです。

複数の方法で入金してしまうと、出金時に複雑な出金ルールが適用されてしまい、着金までに時間を要することがあります。

Vantageの入出金方法としては、次のように様々な方法が用意されているため、各々の環境や好みによって選びましょう。

  • 国内銀行送金
  • bitwallet
  • STICPAY
  • 仮想通貨(BTC・ETH・USDT-ERC20・USDT-TRC20)

入出金方法として最もメジャーなのは銀行送金ですが、昨今、収納代行業者のトラブルが頻発していることを考えると、ベストな方法とはいえません。

外的要因に左右されず、常に安定して入出金したい方は、米ドルと連動している仮想通貨「USDT」で入出金することをおすすめします。

Vantageで出金拒否されたときの解決策

カスタマーサポートへ問い合わせる

Vantage Tradingで出金拒否が発生したら、Vantage公式サイトへアクセスし、カスタマーサポートへ問い合わせてみましょう。

日本人のサポートスタッフが丁寧に状況を確認し、解決に向けたアドバイスをしてくれます。

問い合わせの際は、やり取りをスムーズに行うために、口座番号や出金リクエストの日時、金額などの情報を用意しておくと良いでしょう。

また、出金拒否の理由について心当たりがある場合は、その点も正直に伝えましょう。

出金申請がキャンセルされていないか確認する

出金拒否が発生した場合、出金申請がキャンセルされていないか確認することが大切です。

Vantageのマイページにログインし、出金リクエストのステータスを確認します。

出金申請が拒否された場合、「拒否」や「キャンセル」といったステータスが表示されるはずです。

ステータスが「処理中」のままの場合は、まだ最終的な結果が出ていないので、しばらく待ってから再度ステータスを確認してみましょう。

出金申請がキャンセルされている場合は、まずはその理由について、カスタマーサポートへ確認する必要があります。

出金に時間がかかっている場合は数日待つ

Vantageからの出金は通常1~3営業日程度で完了しますが、状況によってはさらに時間がかかることがあるため、数日の猶予を見ておくことが大切です。

出金申請から数日経過しても出金が完了しない場合、まずは数日待ってみることをおすすめします。

特に、金曜日に出金申請を行って、週末や祝日を挟む場合は、着金するまでに時間がかかる傾向があります。

また、Vantage全体で大量の出金が発生した場合なども、事務処理に時間を要することがあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Kazuaki Obataのアバター Kazuaki Obata 合同会社WOZ代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!
トレード歴は8年以上。今まで使ってきたFX業者は延べ30社以上。

コメント

コメントする

この記事の目次