海外FXで実施中の豪華ボーナス18選

AXIORYの法人口座|特徴・口座開設の手順・必要書類

記事内にアフィリエイト広告が含まれる場合があります。
価値ある情報を提供するため、コンテンツ制作ポリシーに準拠しています。

海外FX業者のAXIORY(アキシオリー)では、個人口座だけでなく法人口座にも対応していて、法人名義の口座で取引が可能です。

AXIORYは全額信託保全の採用、業界最狭水準のスプレッド設定、日本人スタッフによる手厚い日本語サポートなど、魅力の多い業者で、法人口座でもそれらのサービスを余すことなく受けられます。

この記事では、AXIORYが提供する法人口座の特徴や注意点、必要書類、開設する手順を詳しく紹介します。

当サイトでは、海外FXで法人口座を作るメリット・デメリットについても解説しているので、あわせて参考にしてください。

また、AXIORYがどんな業者かを知りたい人は「AXIORYの評判」をお読みください。

業界最安クラスのスプレッドと透明性!完全信託保全で資金も安全

公式サイト:https://www.axiory.com/jp

この記事の目次

AXIORY法人口座の特徴

AXIORYの法人口座にはどのような特徴があるのか、主な特徴をご紹介します。

個人口座に比べ節税効果・税制上のメリットが大きい

海外FXの法人口座を使う最大のメリットが、個人口座よりも税制面で有利になることです。

海外FXの税金を徹底解説」でも解説しているとおり、海外FXの個人口座に対する税制は国内FXよりも不利で、利益が大きくなると税率がとても高くなります。

海外FXの個人口座で利益を得た場合、年間の利益(所得)に応じて5%〜45%の所得税に加え、住民税として10%(市区町村民税6%+都道府県民税4%)が課税されます。

一方、法人の場合は、1期ごとの利益に対して法人税、地方法人税、法人住民税、法人事業税がかかり、実効税率は24%〜39%程度となり、大きく稼いだ際の税率は個人口座よりも低くなっています。

個人口座と法人口座の年所得別納税額
スクロールできます
年所得金額個人の税額
(国民健康保険込み)
法人の税額
100万円185,300円(18.5%)293,800円(29.4%)
200万円416,800円(20.8%)517,800円(25.9%)
300万円661,500円(22.1%)741,600円(24.7%)
400万円938,200円(23.5%)965,600円(24.1%)
500万円1,287,000円(25.7%)1,214,100円(24.3%)
600万円1,654,100円(27.6%)1,462,700円(24.4%)
700万円2,021,500円(28.9%)1,711,200円(24.4%)
800万円2,388,600円(29.9%)1,959,800円(24.5%)
900万円2,768,500円(30.8%)2,327,700円(25.9%)
1,000万円3,098,500円(31.0%)2,695,700円(27.0%)
1,500万円5,213,500円(34.8%)4,535,900円(30.2%)
2,000万円7,409,000円(37.0%)6,376,100円(31.9%)
3,000万円12,644,000円(42.1%)10,234,900円(34.1%)
5,000万円23,100,500円(46.2%)18,099,200円(36.2%)
1億円50,600,500円(50.6%)37,224,200円(37.2%)

また、法人口座は最大税率が低くなるだけでなく、税制上のメリットが大きいため、まとまった利益を得られるトレーダーは法人口座を使ったほうが圧倒的にお得になります。

海外FXの法人口座を使うメリット
    • 個人口座よりも税制面で有利
    • 国内FXの法人口座よりもレバレッジが高い
    • 他の事業と損益通算できる
    • 損失を最長9年間まで繰越せる
    • 個人よりも経費の幅が広がる

全額信託保全で安心安全

AXIORYでは法人口座の資産も全額が信託保全されているため、業者が倒産した場合でも資産は保全されます。

信託保全とは、第三者の信託会社が資産を管理することで、業者から資産を独立させる仕組みで、これにより業者の信用リスクから資産が守られることになります。

AXIORYの法人口座では、顧客が預けた資産の全額を、第三者監査機構「PwC」(プライスウォーターハウスクーパース)を通じて信託保全しています。

顧客資産を業者の資産と完全に分離して管理しているため、万が一AXIORYが破たんした場合でも、顧客の資産に影響が及ぶことはありません。

海外FXで信託保全を導入している業者は珍しく、AXIORYは資産保全の安全性が非常に高いといえます。

スプレッドが狭くスキャルピングに有利

AXIORYの法人口座の取引条件は個人口座と同じで、スプレッドが業界最狭水準を実現しています。

例えばナノ口座やテラ口座では、USDJPY(米ドル/日本円)ペアのスプレッドが平均0.2 pipsと、海外FX業者の中でも最安水準となっています。

スプレッドが狭いことで、1回の取引ごとのコストが低く抑えられるため、頻繁に売買を繰り返すスキャルピング戦略において有利になります。

法人口座で大きな資金を動かしている場合は特に、スプレッドの違いが損益に与える影響は大きくなるため、取引コストは可能な限り抑えて取引したいところです。

MT5・MT4・cTraderに対応

AXIORY法人口座は、主要な取引プラットフォームであるMT5、MT4、cTraderの全てに対応しています。

これら3つのプラットフォームはそれぞれ特徴が異なるため、取引スタイルや戦略に合わせて選ぶと良いでしょう。

  • MT5:裁量トレード、チャート分析などにおすすめ
  • MT4:自動売買におすすめ
  • cTrader:スキャルピングにおすすめ

AXIORYでは、他社で採用例の少ない「cTrader」を導入している数少ない業者です。

cTraderはまだまだマイナーな取引ツールですが、MetaTraderよりも取引ツールが充実しているだけでなく、より直感的に扱えるインターフェイスが魅力で、コアな上級者を中心に人気を集めています。

入出金方法が多い

AXIORYの法人口座では、入出金方法の種類が豊富で、人気のある国内銀行送金を使えば手数料を最小限に抑えつつ、最短即日に着金します。

  • 国内銀行送金
  • 国内銀行送金 by Curfex
  • 海外銀行送金
  • クレジットカード・デビットカード
  • デビットカード by Curfex

銀行振込やクレジットカードなど、様々な送金手段が利用できるため、法人の事情に合わせた入出金管理が行えます。

ただし、1回の入出金額が20,000円に満たない場合、送金1回あたり1,000円の手数料が差し引かれる点にご注意ください。

日本語対応が充実

AXIORYでは、日本人スタッフが数名在籍しており、メール・チャット・電話と様々な方法で日本語サポートを実施しています。

平日なら24時間年中無休で問い合わせやクレーム等に対応してくれるため、言語の壁に左右されることなく安心して口座運用できます。

海外FX業者は、一見日本語に対応しているように見えても、実際は外国人が機械翻訳を使っているケースも多いので、日本人スタッフが在籍しているAXIORYなら、英語力に自信の無い人でも安心して使えます。

口座の開設方法や入出金、プラットフォーム操作方法、トラブルへの対処法など、実務レベルでのサポートを手厚く受けられます。

AXIORY法人口座の注意点

レバレッジが400倍と控えめ(マックス口座は1,000倍)

AXIORYのスタンダード口座・ナノ口座・テラ口座は、最大レバレッジが400倍となっていて、他の海外FX業者と比べると控えめな設定です。

唯一、マックス口座は最大1,000倍のハイレバレッジを使えるので、400倍に不満を持つ人はマックス口座を使うと良いでしょう。

一方、口座残高が増えた際のレバレッジ制限に関しては、AXIORYでは緩やかに設定されていて、大口取引でもそこまでレバレッジは下がりません。

個人口座よりも必要書類が多い

AXIORY法人口座を開設する際は、代表者や株主の本人確認書類をはじめ、法人の登記簿謄本や決算書類等、提出すべき書類が個人口座の場合よりも多くなります。

しかし、すべての必要書類を用意できれば、オンライン上でスムーズにアップロードできます。

書類審査も速やかに行われるため、開設から取引開始までは思ったよりも手間がかからないと感じることが多いようです。

また、この記事では必要書類のチェックリストを用意しているので、不安な方はそちらを参考にすることをおすすめします。

他の海外FXに比べボーナスが少ない

AXIORYでは期間限定の入金時のボーナスを実施していることがあり、法人口座でも受け取ることができます。

しかし、XMTradingやFXGTなどのボーナスに力を入れている業者に比べると、AXIORYのボーナスは少なめで、不満を感じる人もいるでしょう。

ただ、AXIORYのボーナスは複雑な利用条件がなく、取引量に応じて出金可能なケースもあるため、かなり使いやすいボーナスといえます。

AXIORY法人口座の必要書類チェックリスト

AXIORYで法人口座を作る際に必要になる書類は次のとおりです。

取締役(代表者)全員の本人確認書類

法人の取締役(代表者)全員の本人確認書類を提出する必要があります。

本人確認書類としては次のいずれか一点を提出可能で、自身の顔写真、氏名、生年月日が記されていて、有効期限内の書類を提出しましょう。

  • 自動車運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

取締役(代表者)全員の現住所確認書類

法人の取締役(代表者)全員の現住所確認書類を提出する必要があります。

現住所確認書類としては次のいずれか一点を提出可能で、自身の氏名と現住所、発行日が記されていて、発行されてから6ヶ月以内の書類を提出しましょう。

  • 現住所が印字された各種健康保険証
  • 公共料金の請求書・領収書
  • 電話料金の請求書・領収書
  • 銀行及びクレジットカード会社の利用明細書・請求書
  • 納税関係書類
  • 住民票・印鑑登録証明書
  • 保険・共済関係書類
  • 運転免許証(本人確認書類にパスポートまたはマイナンバーカードを提出する場合のみ)

法人の確認書類

日本法人の場合

日本法人の場合は、6ヶ月以内に発行された履歴事項全部証明書(登記簿謄本)のコピーを提出しましょう。

履歴事項全部証明書は法務局で取得でき、取得方法は窓口、郵送、オンラインの3つがあります。

法務局の窓口で取得する場合は、登記事項証明書交付申請書に記入し、手数料600円を支払えばその場でもらえます。

郵送の場合も、同じ申請書に手数料分の収入印紙を貼り、返送先を書いて返信用の切手を貼った封筒を同封するだけです。

オンラインでも申請可能で、法務局の「登記・供託オンライン申請システム」を使って、Webブラウザ上から簡単に請求できます。

海外法人の場合

日本国外の海外法人の場合は、国によっても必要書類が変わりますが、以下のような書類を提出する必要があります。

  • Certificate of Incorporation (設立許可書証)
  • Current Company Statement or Company Extract (登記簿謄本・抄本)

法人の現住所確認書類

法人の現住所を証明するために、以下いずれかの一点を提出する必要があります。

法人名、法人の現住所が記されていて、発行から6ヶ月以内の公的な書類を提出しましょう。

  • 公共料金の明細書・請求書
  • 銀行利用明細書(バンクリファレンスレターでも代用可能)
  • 印鑑登録証明書(日本法人のみ)

株主名簿

株式会社や有限会社で自社で株式を発行している場合は、株主の名簿を提出する必要があり、株主が1名(一人社長)の場合にも必須です。

なお、取締役員以外に株の保有率が20%以上の株主がいる場合は、株主全員分の本人確認書類と現住所確認書類の提出が必要になります。

フォーマットは特に決まっていないため、自社独自の書類で問題ありません。

取締役決定書

法人の取締役が複数いる場合は、取締役決定書(Resolutions of Meetings of the Board of Directors)の記入が必要になります。

こちらはAXIORYの公式サイトからダウンロードできる指定のフォーマットで提出しましょう。

グループ構成を確認できる書類

法人のグループ構成を確認できる書類をつくり、口座開設時にjpeg画像かPDFでアップロードする必要があります。

アップロードするページに参考になるフォーマットが載っているので、それを真似て作れば問題ありません。

AXIORYで法人口座を開設する手順

AXIORYで法人口座を作る具体的な手順を解説します。

STEP
法人口座開設フォームの入力

まずはAXIORYの法人口座開設フォームへアクセスし、必要事項の入力を進めていきます。

入力項目は会社情報、連絡先情報、本店所在地、取締役様情報、財務状況など多岐にわたります。

誤った情報を入力すると、口座開設までに時間と手間がかかるため、各項目を正しく入力しましょう。

STEP
必要書類の提出

口座開設フォームの入力を終えたら、法人口座開設に必要な書類をアップロードしましょう。

必要書類は次のとおりです。

  • 取締役(代表者)全員の本人確認書類
  • 取締役(代表者)全員の現住所確認書類
  • 法人の確認書類
  • 法人の現住所確認書類
  • 株主名簿 ※自社で株式を発行している場合のみ必要
  • 取締役決定書 ※取締役が複数いる場合のみ必要
  • グループ構成を確認できる書類
STEP
取引プラットフォーム・口座タイプ・レバレッジ・通貨を選択

最初に開設するリアル口座の設定を行います。

  • 取引プラットフォーム:MT4・MT5・cTrader
  • 口座タイプ:スタンダード口座・ナノ口座・テラ口座・マックス口座・アルファ口座
  • レバレッジ:1倍〜400倍(マックス口座のみ1,000倍)
  • 通貨:USD・EUR・JPY

どの口座タイプを選ぶべきかに悩んだら、別記事「AXIORYの口座タイプ比較」を参考に各口座を比較してください。

STEP
口座のログイン情報をメールで確認

法人口座の開設が完了すると、登録したメールアドレス宛にログイン情報が書かれたメールが届きます。

口座番号とパスワードが書かれていて、取引プラットフォームへログインする際に必要になるため、大切に保管しておきましょう。

STEP
口座へ入金して取引開始

AXIORYは原則として口座開設ボーナスを提供していないため、取引を始めるには自己資金を入金する必要があります。

以下のいずれかの方法で取引口座へ入金しましょう。

    • 国内銀行送金
    • 国内銀行送金 by Curfex
    • 海外銀行送金
    • クレジットカード・デビットカード
    • デビットカード by Curfex

海外FXの法人口座を比較

当サイトの海外FX法人口座おすすめ6社にて紹介している海外FXの法人口座を比較しました。

スクロールできます
AXIORYFXGTBigBossHFMHFMAxi
最大レバレッジ1,000倍1,000倍1,111倍1,000倍2,000倍1,000倍
取引ツールMT5
MT4
cTrader
MT5
MT4
MT5
MT4
MT5
MT4
MT5
MT4
MT4
取り扱い銘柄FX
貴金属
エネルギー
株式
指数
現物株式/ETF
FX
仮想通貨
貴金属
エネルギー
株式
指数
FX
貴金属
エネルギー
指数
仮想通貨
FX
仮想通貨
貴金属
エネルギー
コモディティ
株式
指数
FX
仮想通貨
貴金属
エネルギー
コモディティ
株式
ETF
債券
指数
FX
仮想通貨
貴金属
エネルギー
コモディティ
株式
指数
取引コストの安さ
ロスカットレベル20%20%20%20%20%20%
ボーナスの充実
業者の信頼性
公式サイトAXIORY公式サイトFXGT公式サイトBigBoss公式サイトTitan FX公式サイトHFM公式サイトAxi公式サイト
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Kazuaki Obataのアバター Kazuaki Obata 合同会社WOZ代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!
トレード歴は8年以上。今まで使ってきたFX業者は延べ30社以上。

コメント

コメントする

100%日本語対応・完全信託保全で安心 AXIORYの法人口座を開設
この記事の目次