【最大15,000円】海外FXで実施中のボーナス21選

HFM(HF Markets)の評判|ボーナス豪華だが見落としがちな落とし穴も

この記事は、日本非居住者を対象にしたものであり、日本居住者に対して投資情報の発信・投資助言・勧誘を行うものではありません。
記事内にアフィリエイト広告が含まれる場合があります。
価値ある情報を提供するため、コンテンツ制作ポリシーに準拠しています。

海外FX業者「HFM」(旧HotForex)の評判をまとめました。

実際の使い心地、メリット・デメリットを徹底的にあぶり出したので、表面的な情報ではなく、実情に即した内容となっています。

これからHFMを使おうと考えている人は、ぜひこの記事を参考材料にしていただければ幸いです。

HFMは日本金融庁に未登録の海外業者のため、日本の法的保護を受けられない可能性があります。
海外業者を利用する際のリスクや注意点については「海外FXのメリット・デメリット・国内FXとの違い」を参考にしてください。

1,000を超える取り扱い銘柄・ボーナスやポイント特典も

公式サイトhttps://www.hfm.com/sv/jp/

この記事の目次

HFM総合評価・ユーザーの口コミ

メリット・デメリット

メリット – Pros
  • 信頼性の高いライセンスを複数取得
  • 口座タイプが豊富
  • 追証なしのゼロカットシステム
  • 入金ボーナスが充実
  • 取引でポイントが貯まる
  • 国内銀行送金による入出金に対応
  • CFD商品が充実
  • 仮想通貨の取引に対応
  • 法人口座に対応
デメリット – Cons
  • スプレッドが比較的広い
  • ストップレベルが3pips〜
  • 残高増加・取引ロットによるレバレッジ制限あり

管理人の評価

HFMは、信頼性の高い金融ライセンスを複数取得しており、信頼性の高い業者といえます。

口座タイプが5種類もあり、自分に合った取引スタイルを選ぶことができ、CFD商品、仮想通貨、株式DMAなど取引銘柄も豊富です。

さらに、入金ボーナスや取引でポイントが貯まるなど、お得な特典も充実していて、資金の少ない初心者に適した業者といえます。

タイやマレーシアなどのアジアユーザーに親しまれているグローバル業者ですが、日本国内銀行送金による入出金、日本人スタッフによるカスタマーサポートなど、日本人に寄り添ったサービスで人気を集めています。

ただ、スプレッドはあまり狭くなく、ストップレベルも最低3pips〜なので、スキャルピングには適していません。

当サイトが公開している「海外FXおすすめ比較ランキングTOP20」では、現在9位となっています。

HFMの安全性・信頼性:評価⭐️⭐️⭐️

公式Webサイトhttps://www.hfm.com/sv/jp/
運営会社HF Markets (SV) Ltd(セントビンセントおよびグレナディーン諸島)
設立2015年
資金の管理方法分別管理

HFMの金融ライセンス

HFMは世界各国に法人を登記しているグローバルグループで、金融ライセンスを複数取得しています。

  • HF Markets (SV) Ltd:セントビンセント・グレナディーン金融庁のライセンス(番号:22747 IBC 2015)
  • HF Markets(UK)Ltd:英国金融行動監視機構のライセンス(番号:801701)
  • HF Markets(Europe)Ltd:キプロス証券取引委員会のライセンス(番号:HE277582)
  • HF Markets(Seychelles)Ltd:セーシェル金融庁のライセンス(番号:SD015)
  • HF Markets(DIFC)Ltd:ドバイ金融サービス機構のライセンス(番号:F004885)
  • HF Markets SA(PTY)Ltd:南アフリカ金融サービス委員会のライセンス(番号:46632)

HFMグループ全体ではキプロスCySEC、英国FCAといった権威性の高いライセンスを多数取得していますが、日本居住者が口座開設する場合はセントビンセント・グレナディーンの規制が適用されます。

顧客資金は「分別管理」で保管

HFMは、顧客から預かった資金を「分別管理」という方法で管理しています。

分別管理とは、会社の運転資金と顧客の資金を切り離して管理する方法で、海外FX業者の資金管理方法として最もメジャーです。

しっかり分別管理されている業者を使うことで、自分が預けたお金が勝手に転用されるリスクは低いといえますが、あくまでも社内での管理に過ぎないため、絶対に安全とはいえません。

とはいえ、HFMがスタートした2015年から今まで、何度も暴落・暴騰相場に遭遇していますが、顧客の資金を守り続けてきた実績があるのも事実です。

ちなみに日本のFX業者は、顧客の資金を第三者の機関へ預けて、仮に業者が破綻しても必ず資金が返還される「信託保全」を行っているため、分別管理のみの海外FX業者よりも安全性が高いといわれています。

500万ユーロの民事賠償保険に加入

HFMは信託保全こそ導入していませんが、ロイズ・オブ・ロンドンの民事賠償保険に加入することで、信頼性を補っています。

この保険では、顧客が何らかのトラブルに巻き込まれて損害を被った際、ブローカー側に落ち度があると認められた場合に、顧客1人あたり最大500万ユーロ(約8億円)が支払われます。

HFMの取引口座:評価⭐️⭐️

口座タイププレミアム口座
プロ口座
ゼロ口座
セント口座
HF COPY口座
複数口座対応(最大6口座まで)
最大レバレッジ最大2,000倍
注文方式NDD方式(STP・ECN)
ゼロカット
デモ口座
法人口座×

口座の開設方法

STEP
リアル口座開設フォームを入力

まずは、HFMのリアル口座開設ページへアクセスし、居住国を選択、メールアドレスとマイページへアクセスするためのパスワードを設定します。

STEP
メールアドレスの認証

口座開設フォームの入力を終えると、入力したメールアドレス宛に確認メールが届くので、メールアドレスの認証を行います。

STEP
個人情報を入力

続いて、氏名、性別、出生国、生年月日、電話番号などの個人情報を入力します。

ここで、HFウォレットの通貨を選べるが、日本人ユーザーなら日本円を選んでおくとよいでしょう。

STEP
身分証明書・住所確認書をアップロード

HFMでは、本人確認の一環で「身分証明書」と「住所確認書」のアップロードを義務付けており、書類が認証されるまではボーナスの獲得、取引、出金などができません。

スムーズに取引を始めるために、なるべく早く書類を提出しましょう。

身分証明書
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
住所確認書(発行から6ヶ月以内)
  • 電気・ガス・水道の請求書・領収書
  • 電話・ネット回線の請求書・領収書
  • カード・銀行の利用明細・請求書
  • 住民票
  • 印鑑登録証明書
  • 納税証明書

必要書類をアップロードして書類の内容に問題がなければ、当日もしくは翌営業日に口座が「有効化」され、HFMのすべての機能が使えるようになります。

STEP
取引プラットフォーム・口座タイプを選択

本人確認が終わると、初めて開設する口座の取引プラットフォームとタイプを選べるようになります。

取引プラットフォームはMT4もしくはMT5、口座タイプはマイクロ口座・プレミアム口座・ゼロスプレッド口座・セント口座の4種類から選べます。

迷ったら、MT5+プレミアム口座の組み合わせがおすすめです。

STEP
自己資金を入金

HFMではたまに口座開設ボーナスを提供していて、ボーナスだけでも取引を始められますが、なかなか大きな利益を得るのは難しいため、大きな取引をしたいなら自己資金を入金しましょう。

クレジットカード、国内銀行送金、bitwallet、BXONE、仮想通貨で入金が可能です。

STEP
MT4・MT5・HFMアプリで取引開始

HFMのリアル口座でトレードするには、MetaTrader(MT4・MT5)もしくはHFMアプリを使います。

パソコンでトレードする場合は、HFMの公式ページからMT4かMT5をダウンロードしましょう。

iPhoneやAndroidスマホでトレードするなら、パソコン同様にMT4・MT5アプリを使う方法がメジャーですが、プレミアム口座に限りHFMアプリでもトレードできます。

口座タイプは6種類

HFMの口座タイプは、マイクロ口座・プレミアム口座・ゼロスプレッド口座・セント口座・トップアップボーナス口座・HF COPY口座の6種類。

スクロールできます
項目プレミアム口座プロ口座ゼロ口座セント口座ボーナス口座HF COPY口座
1ロットの価値100,000通貨100,000通貨100,000通貨1,000通貨100,000通貨100,000通貨
最大レバレッジ2,000倍2,000倍2,000倍2,000倍1,000倍500倍
取引ツールMT4
MT5
MT4
MT5
MT4
MT5
MT4
MT5
MT4
MT5
MT4
注文方式NDD STPNDD STPNDD ECNNDD STPNDD STPNDD STP
スプレッド1.2pips〜0.5pips〜0.1pips〜1.2pips〜1.4pips〜1.2pips〜
取引手数料$6 /1ロット〜
最低取引ロット0.010.010.010.010.010.01
最大取引ロット6060602006060
最大ポジション数500500500150500300
ゼロカット
ロスカットレベル20%20%20%20%20%20%
ストップレベル3pips〜2pips〜2pips〜3pips〜2pips〜3pips〜
口座開設ボーナス××××××
入金ボーナス×××××
取引ボーナス×
最低入金額$0$100$0$0$0$100

注文方式はNDDを採用

HFMではすべての注文をNDD方式(ノン・ディーリング・デスク)で処理していて、ゼロスプレッド口座はECN方式、それ以外の口座はSTP方式を採用しています。

STP方式は業者がLPから引き出したレートにスプレッドをマークアップする、ECN方式は顧客の注文同士を直接マッチングさせて別途手数料を徴収するという違いがあります。

いずれにせよディーラーの裁量が介在せず、すべてシステムが自動で処理しているため、日本のFX業者でポピュラーなOTC方式・DD方式(ディーリング・デスク)よりも透明性が高いといえます。

スキャルピング・EA制限なし

HFMではスキャルピングが全面的に認められているため、回転率の高いトレードを何度も繰り返しても、口座凍結されたり出金拒否される恐れがありません。

また、EA・自動売買・インジケータに関しても一切制限がないので、システムトレーダーにもおすすめの業者です。

ただし、複数口座をまたいで両建てポジションを取ったり、他の海外FX業者とHFMを使用した両建てトレードは禁止されているため注意したいところ。

レバレッジは最大2,000倍

HFMのレバレッジは口座タイプによって異なり、トップアップボーナス口座は最大1,000倍、HF COPY口座は最大500倍、それ以外の口座は全て最大2,000倍となっています。

プレミアム口座最大2,000倍
プロ口座最大2,000倍
ゼロ口座最大2,000倍
セント口座最大2,000倍
トップアップボーナス口座最大1,000倍
HF COPY口座最大500倍

口座開設時のレバレッジ設定では、基本的に最大レバレッジを選んでおけば問題ありませんが、もしハイレバレッジに抵抗感があるなら設定で引き下げることも可能です。

なお、口座の残高が一定額を超えると、最大レバレッジが1,000倍・500倍・75倍へ制限されます。具体的には次の表のとおり。

口座残高最大レバレッジ
$0〜$10,0002,000倍
$10,001〜$50,0001,000倍
$50,001〜$300,000500倍
$300,001〜75倍

ゼロカットシステムにより追証リスク無し

HFMはゼロカットシステムを採用しており、追証(おいしょう)が請求される恐れがありません。

ゼロカットシステムとは、相場の急変動によってロスカットが間に合わず、口座残高を超える損失が発生した際に、残高以上の損をFX業者が負担してくれる仕組みです。

日本のFX業者では、金融商品取引法によってゼロカットが禁止されており、残高以上の損は追証が請求されてしまうため、自己資金を超える損失が生まれるリスクがあります。

HFMのようにゼロカットのある海外業者を使えば、自己資金以上に損する危険性を防げます。

ストップレベルは2pips〜

HFMはストップレベルが存在しており、プレミアム・セント口座では3pips〜、ゼロ・プロ口座では2pips〜となっているため、最低でも現在値から2〜3pips以上離さないと損切り・利食いを設定できません。

長期トレードなら大した問題ではありませんが、スキャルピングをするならストップレベルが無い方が使いやすいので、ストップレベルゼロのXMTradingExnessなどを検討すると良いでしょう。

法人口座に対応

HFMでは、個人名義の口座のみならず、法人名義でも口座開設が可能です。

口座開設フォームから「企業」にチェックをして、指示に従って必要書類のアップロードを進めましょう。

HFMの手数料:評価⭐️⭐️

スプレッド・取引手数料

HFMのプレミアム口座とプロ口座、他業者のSTP口座のスプレッドを比較した結果が次のとおり。

スクロールできます
FX業者
口座タイプ

USDJPY

EURJPY

GBPJPY

AUDJPY

EURUSD

GBPUSD

AUDUSD

XAUUSD
HFM
プレミアム
1.7 pips1.8 pips3.5 pips2.8 pips1.2 pips1.9 pips1.7 pips0.26
HFM
プロ
0.6 pips0.9 pips1.4 pips2.1 pips0.6 pips0.8 pips1.2 pips0.12
XMTrading
スタンダード
1.6 pips2.3 pips3.6 pips3.3 pips1.7 pips2.2 pips1.9 pips0.28
FXGT
スタンダード
1.6 pips2.2 pips3.5 pips3.3 pips1.6 pips2.2 pips1.6 pips0.40
AXIORY
スタンダード
1.3 pips1.4 pips1.9 pips2.0 pips1.3 pips1.6 pips1.7 pips0.53
Exness
スタンダード
1.1 pips1.9 pips2.0 pips1.3 pips1.0 pips1.5 pips1.5 pips0.50

HFMのゼロ口座と、他業者のECN口座のスプレッドを比較した結果が次のとおり。

平均スプレッドと手数料を加味した実質スプレッドを上段に、1ロットあたりの取引手数料を下段に記載しています。

スクロールできます
FX業者
口座タイプ

USDJPY

EURJPY

GBPJPY

AUDJPY

EURUSD

GBPUSD

AUDUSD

XAUUSD
HFM
ゼロ
1.2 pips
($6.0)
1.5 pips
($6.0)
1.7 pips
($6.0)
1.8 pips
($8.0)
0.9 pips
($6.0)
1.2 pips
($6.0)
1.1 pips
($6.0)
0.26
($0.6)
XMTrading
Zero
1.1 pips
($10.0)
1.4 pips
($10.0)
2.2 pips
($10.0)
2.2 pips
($10.0)
1.1 pips
($10.0)
1.3 pips
($10.0)
0.4 pips
($10.0)
0.20
($1.0)
AXIORY
ナノ
0.8 pips
($6.0)
1.1 pips
($6.0)
1.4 pips
($6.0)
1.3 pips
($6.0)
0.9 pips
($6.0)
1.2 pips
($6.0)
1.1 pips
($6.0)
0.39
($0.6)
Exness
ロースプレッド
0.7 pips
($7.0)
1.1 pips
($7.0)
1.2 pips
($7.0)
0.9 pips
($7.0)
0.7 pips
($7.0)
0.9 pips
($7.0)
0.9 pips
($7.0)
0.28
($0.7)
Titan FX
ブレード
1.0 pips
($7.0)
1.4 pips
($7.0)
2.2 pips
($7.0)
1.8 pips
($7.0)
0.9 pips
($7.0)
1.3 pips
($7.0)
1.2 pips
($7.0)
0.28
($0.7)
BigBoss
プロスプレッド
1.1 pips
($9.0)
1.5 pips
($9.0)
1.8 pips
($9.0)
1.6 pips
($9.0)
1.4 pips
($9.0)
1.8 pips
($9.0)
1.9 pips
($9.0)
0.32
($0.9)

スワップポイント

HFMのスワップポイントを1ロットあたりの円建て表記でまとめました。

あくまでも2024年2月18日現在の情報のため、最新の情報はHFM公式のスワップ計算機で確認してください。

通貨ペア買いスワップ売りスワップ
USDJPY0円-980円
EURJPY0円-2,290円
GBPJPY0円-870円
AUDJPY0円-510円
EURUSD-1,036円0円
GBPUSD-841円-165円
AUDUSD-465円0円
XAUUSD-5,253円0円

口座維持手数料

HFMでは、60日間に一度も取引を行わないと休眠口座となり、6ヶ月以上放置すると月額$5〜の口座維持手数料が差し引かれます。

口座を放置した期間が長くなると、口座維持手数料も割増されていき、残高がなくなるまで差し引かれ続けます。

放置期間口座維持手数料
6ヶ月〜1年月額$5
1年〜2年月額$10
2年〜3年月額$20
3年以降前年の手数料+$10

また、60日間放置して休眠口座になるとボーナスが没収され、残高ゼロのまま放置して口座凍結されるとアカウントの作り直しとなるので、口座の扱いにはくれぐれも注意しましょう。

入出金手数料

HFMの入出金手数料は基本的に無料です。

ただし、銀行送金で入金する際の振り込み手数料、bitwallet側での送金手数料、仮想通貨のトランザクションフィーなど、送金方法によっては別途手数料がかかることに注意したいところ。

HFMのボーナス:評価⭐️⭐️

20%入金ボーナス

HFMの入金ボーナス専用口座(トップアップボーナス口座)を作り、そこへ自己資金を入金すると、入金額に対する20%のボーナスが付与されます。

累計ボーナス受取額が$5,000に達するまでなら、何度入金してもボーナスを受け取ることができ、累計入金額が$25,000に達するまでの間、常に20%のボーナスが上乗せされて口座へ反映されます。

基本的にどのユーザーも受け取れるボーナスですが、入金ボーナス専用口座(トップアップボーナス口座)以外の口座では受け取れないことに注意したいところ。

余剰証拠金還元プログラム(ROFM)

リターン・オン・フリーマージン(ROFM)プログラムは、HFMの口座に入っている余剰証拠金に対して年利最大3%の利息が付くサービスです。

利息は余剰証拠金の額と月間の取引量によって変わり、次の表に従って適用されます。

余剰証拠金額月5〜50ロット月50ロット以上
$1,000〜$24,9992%2.5%
$25,000〜2.5%3%

取引量にカウントされる取引は、FX通貨ペアとゴールド・シルバーのみで、保有から決済まで3分以上である必要があります。

HFMロイヤリティプログラム

ロイヤリティプログラムは、決められた条件をクリアしたり取引を行うことで「HFMバー」が貯まり、各種サービスや現金に交換できるサービスです。

HFMバーの獲得方法は次のとおり。

獲得方法もらえるHFMバー
口座認証+3万円以上入金100本
友達紹介170本
取引※1ロットあたり6〜12本

※取引でHFMバーをもらうには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 対象銘柄(FX通貨ペア、ゴールド、シルバー、株式、ETF)を取引
  • 保有から決済まで5分以上
  • エントリーから決済まで5pips以上(利益・損失は関係無し)

また、取引でもらえるHFMバーの本数はトレーダーのリワードレベル(レッド〜プラチナの4段階)によって変わり、リワードレベルは取引日数によって決まります。

1回でも取引を行えば取引日数としてカウントされ、取引日数が増えるにつれてリワードレベルが上がるとともに、HFMバーの還元率も上がります。

リワードレベル昇格条件もらえるHFMバー
レッドロイヤリティプログラム参加1ロットあたり6本
シルバー31日取引1ロットあたり8本
ゴールド62日取引1ロットあたり10本
プラチナ105日取引1ロットあたり12本

HFMの入出金方法:評価⭐️⭐️⭐️

HFMへの入金方法は、国内銀行送金・カード・bitwallet・BXONE・仮想通貨に対応しています。

HFMへの入金方法
スクロールできます
入金方法手数料最低入金額最大入金額反映時間
国内銀行送金無料1,000円1,100,000円1営業日
VISAカード無料10,000円500,000円即時
Mastercardカード無料10,000円500,000円即時
JCBカード無料$5$25,000即時
仮想通貨無料$30$10,00030分程度
bitwallet無料1,000円1,000,000円即時
BXONE無料1,000円5,000,000円即時

HFMからの出金方法は入金方法と全く同じで、国内銀行送金・カード・bitwallet・BXONE・仮想通貨に対応していますが、カードで出金できるのは過去にカードで入金しているユーザーに限られます。

HFMからの出金方法
スクロールできます
出金方法手数料最低出金額反映時間
国内銀行送金無料1,000円1営業日
VISAカード無料$10数日〜2ヶ月
Mastercardカード無料$10数日〜2ヶ月
JCBカード無料$10数日〜2ヶ月
仮想通貨無料$52営業日
bitwallet無料$201営業日
BXONE無料2,000円1営業日

HFMの取り扱い銘柄:評価⭐️⭐️⭐️

HFMの取り扱い銘柄はとても豊富で、その総数は1,000を超えます。

FX通貨ペアや定番のCFD商品のほか、仮想通貨、952種類の個別株DMA(市場との直接取引)など、幅広いトレードが可能です。

FX通貨ペア51銘柄
仮想通貨CFD40銘柄
貴金属CFD6銘柄
指数CFD現物:11銘柄
先物:11銘柄
エネルギーCFD現物:2銘柄
先物:2銘柄
農業商品先物:5銘柄
個別株CFD96種類
個別株DMA952種類
ETF CFD34種類
債券CFD3種類
メジャーペア

AUDUSD, EURUSD, GBPUSD, NZDUSD, USDCAD, USDCHF, USDJPY

クロス円ペア

AUDJPY, CHFJPY, EURJPY, GBPJPY, NZDJPY, SGDJPY, ZARJPY

マイナーペア

AUDCAD, AUDCHF, AUDJPY, AUDNZD, AUDSGD, CHFSGD, EURAUD, EURCAD, EURCHF, EURGBP, EURHUF, EURNOK, EURNZD, EURPLN, EURSGD, EURZAR, GBPAUD, GBPCAD, GBPCHF, GBPNZD, GBPSGD, GBPZAR, NZDCAD, NZDCHF, USDCNH, USDCZK, USDDKK, USDHKD, USDHUF, USDMXN, USDNOK, USDPLN, USDRUB, USDSEK, USDSGD, USDTHB, USDTRY, USDZAR

HFMの取引環境:評価⭐️⭐️⭐️

取引プラットフォーム・アプリ

HFMの取引プラットフォームは「MetaTrader」というもので、旧バージョンのMT4と新バージョンのMT5が用意されています。

MT4・MT5どちらもWindows用とMac用が用意されているほか、iOS(iPhone・iPad)やAndroidバージョンも提供されており、様々なOS・デバイスで取引できるので安心です。

また、HFMのモバイルアプリも用意されていて、プレミアム口座のみアプリを通じて取引できます。

ツールWindowsMaciOSAndroid
MT4
MT5
cTrader
Web取引
公式アプリ

VPS

HFMユーザーは規定額以上を口座へ入金し、毎月規定以上のロットを取引すれば、Beeks社のVPSを無料で利用できます。

ブロンズシルバーゴールド
要求される入金額$5,000$8,000$15,000
要求されるロット毎月5ロット毎月8ロット毎月15ロット
CPU1vCPU2vCPU4vCPU
RAM2,560MB4,096MB6,656MB
ストレージ30GB50GB75GB
本来の月額料金$30$50$80

ユーザーが自分に最適な取引環境を選べるように、VPSはブロンズ、シルバー、ゴールドの3プランが用意されており、ロケーションも自由に選択できます。

例えば、ブロンズプランを無料で使うには$5,000以上の入金と毎月5ロット以上の取引が必要です。

シルバープランやゴールドプランでは、より多くの資金と取引ロットが必要ですが、複数のMT4・MT5やEAを同時に使うトレーダーにとっては適切な条件です。

HFMの学習コンテンツ:評価⭐️⭐️

HFMでは、FX初心者に向けた基礎知識をまとめた解説ビデオなどが配信されていて、週に3〜4回のウェブセミナーも実施されています。

また、経済指標カレンダー日々の経済ニュースアナリストによる市場分析も配信されています。

ただし、これらのコンテンツはすべて英語なので、XMTradingのような日本語解説はありません。

HFMのサポート:評価⭐️⭐️

HFMのサポート体制はかなりしっかり整っており、海外FX業者でありながら日本人スタッフが在籍しており、日本語サポートも充実しています。

サポート形式対応時間返信
日本語ライブチャット冬時間:15:30〜24:00
夏時間:14:30〜23:00
即時
メールサポート平日24時間1営業日
電話サポート要問合せ1営業日
LINEサポート
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Kazuaki Obataのアバター Kazuaki Obata 合同会社WOZ代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!
トレード歴は8年以上。今まで使ってきたFX業者は延べ30社以上。

コメント

コメントする

1000を超える銘柄をハイレバレッジ取引 HFMで今すぐ口座開設
この記事の目次