【最大15,000円】海外FXで実施中のボーナス21選

Titan FXの評判|120人の口コミからメリット・デメリットを検証

この記事は、日本非居住者を対象にしたものであり、日本居住者に対して投資情報の発信・投資助言・勧誘を行うものではありません。
記事内にアフィリエイト広告が含まれる場合があります。
価値ある情報を提供するため、コンテンツ制作ポリシーに準拠しています。

海外FX業者「Titan FX」(タイタンエフエックス)の評判をまとめました。

実際にTitan FXを利用しているユーザー120人を対象にアンケートを行い、メリット・デメリットを徹底的にあぶり出したので、表面的な情報ではなく、実情に即した内容となっています。

これからTitan FXを使おうと考えている人は、ぜひこの記事を参考材料にしていただければ幸いです。

Titan FXは日本金融庁に未登録の海外業者のため、日本の法的保護を受けられない可能性があります。
海外業者を利用する際のリスクや注意点については「海外FXのメリット・デメリット・国内FXとの違い」を参考にしてください。

透明性と約定力の高さを今すぐ体感!最大1,000倍レバレッジで制限なし

公式サイト:https://titanfx.com/ja

この記事の目次

Titan FXの総合評価・ユーザーの口コミ

メリット・デメリット

Titan FXの良い評判・メリット
  • スプレッドが狭い
  • 約定力と透明性が高い
  • レバレッジが1,000倍と高く制限がない
  • 取り引き銘柄が豊富
  • 入出金が早い
  • 法人口座に対応している
  • 日本語対応で安心
Titan FXの悪い評判・デメリット
  • ボーナスの提供が少ない
  • スリッページが多いという意見も
  • スタンダード・ブレード口座は初回入金額が2万円
  • 信託保全が無い
  • マイナススワップが目立つ

管理人の評価

Titan FXは、最大レバレッジこそ500倍(マイクロ口座のみ1,000倍)と海外FXにしてはやや控えめですが、残高や保有ポジションがどれほど増えてもレバレッジが制限されないのが大きな特徴です。

FX通貨ペアのみならず、貴金属やエネルギー、指数も最大500倍で取引できるため、大口取引に適した業者といえます。

また、すべての注文をディーラーが介在しないNDD(ノンディーリングデスク)方式によって裁くことで、常に透明性と高い約定力を確保しています。

全体的にスプレッドが狭く、ストップレベルがゼロとなっているので、高い約定力と相まってスキャルピングと相性が良いです。

基本的にボーナスやキャンペーンは行っていませんが、ボーナスありの業者よりも取引コストや条件が優れているため、取引環境を追求する中・上級者に適した業者といえます。

2014年の創業以来、10年あまり安定した運営を続けてきたため、ユーザーから一定の信頼を寄せられていますが、バヌアツ共和国の金融ライセンスは信頼性が高いとはいえず、懸念材料であることは確かです。

当サイトが公開している「海外FXおすすめ比較ランキングTOP20」では、現在8位となっています。

Titan FXの良い評判・メリット

Titan FXを実際に利用しているユーザー120人を対象にアンケートを行い、メリットと感じるポイントを調査したところ、次の結果となりました。(複数回答あり)

Titan FXの実態調査|ユーザー120人にアンケート調査を実施(2024年2月)

スプレッドが狭い

Titan FXのスプレッドは、主要通貨ペアで1.0pips台と極めて狭く設定されていて、同じNDD方式の海外FX業者の中でもトップクラスの水準です。

例えば、人気のUSDJPY(米ドル/日本円)では1.0pips〜1.3pips、EURUSD(ユーロ/米ドル)では0.9pips〜1.2pipsとなっています。

スプレッドが狭いほど、売買のたびに発生する取引コストを抑えられるため、利益率を高められるメリットがあります。

約定力と透明性が高い

Titan FXでは、顧客の注文をすべて直ちに外部のカバー先につなぐNDD(ノン・ディーリング・デスク)方式を採用しています。

ディーラーの裁量が介在することなく、常に顧客にとって最良となるレートを提示してくれるため、より有利なレートで取引できると共に、透明性が高く保たれているというメリットがあります。

公表されている指標を見ると、約定成立率が99.99%で、約定速度は平均37ms(0.037秒)最速3.14ms(0.00314秒)と、業界でもトップクラスの性能です。

レバレッジが1,000倍と高く制限がない

Titan FXの最大レバレッジは、マイクロ口座が1,000倍、その他の口座では500倍となっています。

最近では1,000倍以上の海外FX業者が目立つなか、Titan FXのレバレッジはやや控えめな部類ですが、口座残高や取引額に関係なくこの水準が常に維持されるのはTitan FXならではの魅力です。

多くの海外FX業者は、残高や取引量に応じて段階的にレバレッジが引き下げられますが、Titan FXならどれだけ残高や取引量が増えても最大レバレッジを利かせられるため、資金効率の良い運用ができます。

取り引き銘柄が豊富

Titan FXでは、FX通貨ペアのみならず、貴金属、エネルギー、株価指数といった様々なCFD商品を最大レバレッジ500倍で取引できます。

また、MT5を利用している場合は、米国株や仮想通貨のCFD取引も可能で、これらも比較的高いレバレッジで取引できます。

様々な銘柄を一つの口座内で取引できるのも、Titan FXを選ぶメリットの一つです。

入出金が速い

Titan FXは入出金の速さにも定評があります。

特に国内銀行からの振り込み入金については、平日の営業時間内に送金を行えば30分程度で反映されるので、取引したいときにすぐ入金できるのがメリットです。

また、入出金手続きにかかる手数料も基本的に無料になっているため、資金の出し入れをスムーズかつ低コストで行えるのが嬉しいポイントです。

法人口座に対応している

TItan FXは、個人名義による口座開設のみならず、法人名義の口座開設にも対応しているのが大きな特徴です。

投資法人や株式会社等の法人の名義でも簡単に口座開設でき、必要書類も日本国内で容易に取得可能なものばかりなので、手軽に法人口座を作れます。

法人口座を作るには、TItan FXの口座開設フォームから「法人取引口座」を選んで手続きしましょう。

日本語対応で安心

Titan FXでは、公式サイトやマイページが日本語に完全対応しているほか、メール・電話・チャットによるカスタマーサポートも全て日本語で受け付けています。

サポートスタッフには日本人も在籍しているため、言語の心配なく安心してサービスを利用できることから、多くの日本人ユーザーから支持されています。

初心者はもちろん、経験豊富な上級者も含め、幅広い層の日本人トレーダーにとって快適に取引できる環境が整っているといえるでしょう。

Titan FXの悪い評判・デメリット

Titan FXを実際に利用しているユーザー120人を対象にアンケートを行い、デメリットと感じるポイントを調査したところ、次の結果となりました。(複数回答あり)

Titan FXの実態調査|ユーザー120人にアンケート調査を実施(2024年2月)

ボーナスの提供が少ない

Titan FXはボーナスや特典をほとんど提供していないことで知られています。

口座開設時や入金時に付与されるボーナスはありませんし、キャッシュバック等の特典もほぼ皆無です。

これはTitan FXが特性上、プロ志向・実力主義のトレーダーをターゲットにしているためで、初心者に人気のボーナス重視型の海外FX業者とは真逆の方針を貫いているためです。

基本的に、自己資金100%で取引を始める必要があるため、最初からある程度資金の準備が必要になります。

スリッページが多いという意見も

弊社がTitan FXの取引条件について調査したところ、スリッページ(滑り)が多いという意見が一定数ありました。

これは、市場実勢価格に近い価格を提示するNDD方式を採用していることに起因します。

業者内で注文を呑むDD方式や相対取引の場合、顧客の注文を即座に受けることができるため、スリッページを抑えられますが、マーケット直結のTitan FXでは通信のタイムラグによって若干のスリッページが発生します。

特に、相場が乱高下しやすい経済指標の発表時や、夜間・早朝ではその傾向が顕著に見られるため、取引する際には注意が必要です。

スタンダード・ブレード口座は初回入金額が2万円

Titan FXで人気のある「スタンダード口座」や「ブレード口座」を利用するには、初回入金で2万円以上の自己資金を入金しなくてはなりません。

最低入金額が他社よりも高めに設定されているため、取引開始の敷居が高く感じられることがデメリットの1つに挙げられます。

2万円が高いと感じる場合は、最低入金額の設定がなく、1ロット=1,000通貨で取引できる小ロット口座「マイクロ口座」を使うことをおすすめします。

信託保全が無い

Titan FXへ預けられた顧客資産は、業者と顧客の資金が完全に分離・分別管理されているものの、第三者機関による信託保全はされていません。

万が一、Titan FXが倒産した場合、資産が全額保全される保証はなく、場合によっては預けた資金が戻ってこない危険性があります。

この点は、全額信託保全を行っている日本のFX業者と比較すると明らかな短所であるため、安全性を重視するユーザーからの評判は必ずしも高くありません。

マイナススワップが目立つ

Titan FXでは、ほとんどの通貨ペアで買いポジション・売りポジションともにマイナスのスワップポイントが支払われる仕組みなので、スイングトレードやポジションの持ち越しには不利な環境です。

最近増えてきたスワップフリーサービスもないので、中長期のトレードには適していません。

Titan FXの安全性・信頼性:評価⭐️⭐️

公式Webサイトhttps://titanfx.com/ja
運営会社Titan FX Limited (バヌアツ共和国)
設立2014年
資金の管理方法分別管理

Titan FXの金融ライセンス

Titan FXの運営会社はTitan FX Limitedで、バヌアツ共和国の金融ライセンスを取得済みです。

  • Titan FX Limited:バヌアツ金融サービス委員会のライセンス(番号:40313)

バヌアツの金融ライセンスは取得のハードルが比較的低いと言われており、イギリスFCAライセンス、キプロスCySECライセンス、オーストラリアASICライセンスなどと比べると権威性は劣ります。

顧客資金は「分別管理」で保管

Titan FXは、顧客から預かった資金を「分別管理」という方法で管理しています。

分別管理とは、会社の運転資金と顧客の資金を切り離して管理する方法で、海外FX業者の資金管理方法として最もメジャーです。

しっかり分別管理されている業者を使うことで、自分が預けたお金が勝手に転用されるリスクは低いといえますが、あくまでも社内での管理に過ぎないため、絶対に安全とはいえません。

とはいえ、Titan FXがスタートした2014年から今まで、何度も暴落・暴騰相場に遭遇していますが、顧客の資金を守り続けてきた実績があるのも事実です。

ちなみに日本のFX業者は、顧客の資金を第三者の機関へ預けて、仮に業者が破綻しても必ず資金が返還される「信託保全」を行っているため、分別管理のみの海外FX業者よりも安全性が高いといわれています。

日本の金融庁から警告を受けている

日本の金融庁は、日本国内で金融ライセンスを取得していないにも関わらず、日本で営業を行っている業者を「無登録業者」と位置づけ、随時「警告」を行っています。

そのリストの中にはTitan FXも掲載されていることから、あたかも違法営業を行っているかのような印象を受けてしまいますが、そもそもTitan FXは日本に営業拠点を持たない海外業者なので、金融庁に認可される必要がありません。

仮に日本で無登録のTitan FXが、日本国内で営業活動・宣伝活動を行った場合には違法となりますが、日本居住者が自らの意思で利用するぶんには、利用者に何ら違法性はありません。

Titan FXの取引口座:評価⭐️⭐️

口座タイプZeroスタンダード口座
Zeroブレード口座
Zeroマイクロ口座
複数口座対応(最大15口座まで)
最大レバレッジ最大1,000倍
注文方式NDD方式(STP・ECN)
ゼロカット
デモ口座
法人口座

口座の開設方法

STEP
新規登録フォームを入力

まずは、Titan FXの新規登録ページへアクセスし、個人・法人のいずれかを選択し、名前とメールアドレスを登録して次へ進む。

STEP
取引口座の設定

取引プラットフォーム、口座タイプ、最大レバレッジ、口座通貨を設定できます。

もし迷ったら次の設定がおすすめです。

  • 取引プラットフォーム:MT5
  • 口座タイプ:スタンダード
  • 最大レバレッジ:500倍
  • ベース通貨:JPY
STEP
個人情報の入力

氏名、生年月日、現住所をローマ字表記で入力します。

この後に提出する身分証明書・住所証明書類と同じ情報を記載する必要があるので、間違いのないよう注意深く進めましょう。

また、勤務形態、投資経験、財務状況などに関するアンケートが用意されていますが、回答内容によって口座開設を断られることはないので安心してください。

STEP
身分証明書・住所確認書をアップロード

Titan FXでは、本人確認の一環で「身分証明書」と「住所証明書類」のアップロードを義務付けており、書類が認証されるまでは入金額が制限され、出金ができません。

不便なく使うために、なるべく早く書類を提出しましょう。

身分証明書
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 障害者手帳
  • 外国人登録証明書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
住所確認書(発行から6ヶ月以内)
  • 電気・ガス・水道の請求書・領収書
  • 電話・ネット回線の請求書・領収書
  • カード・銀行の利用明細・請求書
  • 健康保険証(住所記載のもの)
  • 住民票
  • 印鑑登録証明書
  • 納税証明書

必要書類をアップロードして書類の内容に問題がなければ、当日もしくは翌営業日に承認され、Titan FXのすべての機能が使えるようになります。

STEP
自己資金を入金

口座開設と書類アップロードを行ったら、口座へ資金を入金しましょう。

クレジットカード、銀行振り込み、オンラインウォレット(bitwallet・STICPAYなど)、仮想通貨などで入金が可能です。

STEP
MT4・MT5アプリで取引開始

Titan FXのリアル口座でトレードするには、MetaTrader(MT4・MT5)を使います。

パソコンでトレードする場合は、Titan FXの公式ページからMT4、MT5、cTraderのいずれかをダウンロードしましょう。

iPhoneやAndroidスマホでトレードする場合も、パソコン同様にMT4・MT5アプリを使います。

口座タイプは3種類

Titan FXの口座タイプは次の3種類。

  • Zeroスタンダード口座
  • Zeroブレード口座
  • Zeroマイクロ口座
スクロールできます
項目スタンダードブレードマイクロ
1ロットの価値100,000通貨100,000通貨1,000通貨
最大レバレッジ500倍500倍1,000倍
取引ツールMT4
MT5
MT4
MT5
MT4
MT5
取り扱い銘柄FX
貴金属
エネルギー
株式
指数
仮想通貨
FX
貴金属
エネルギー
株式
指数
仮想通貨
FX
貴金属
仮想通貨
注文方式NDD STPNDD ECNNDD STP
スプレッド1.2pips〜0.2pips〜1.4pips〜
取引手数料$7/1lot
最低取引ロット0.010.010.1
最大取引ロット100100100
最大ポジション数200200200
ゼロカット
ロスカットレベル20%20%20%
ストップレベル×××
ボーナス×××
最低入金額$200$200
デモ口座

Titan FXの口座タイプの選び方をフローチャートに示すと、次のようになります。

Titan FXの口座タイプの選び方フローチャート

注文方式NDDを採用

Titan FXではすべての注文をNDD方式(ノン・ディーリング・デスク)で処理していて、Zeroスタンダード・マイクロ口座はNDD STP方式、Zeroブレード口座ではNDD ECN方式を採用しています。

STP方式はTitan FXがLPから引き出したレートにスプレッドをマークアップする、ECN方式は顧客の注文同士を直接マッチングさせて別途手数料を徴収するという違いがあります。

ただし、いずれにせよディーラーの裁量が介在せず、すべてシステムが自動で処理しているため、日本のFX業者でポピュラーなOTC方式・DD方式(ディーリング・デスク)よりも透明性が高いといえます。

ただし、FX通貨ペア以外のCFD商品(原油、指数など)はOTC方式を取っており、流動性の低い銘柄・時間帯によっては約定拒否が起こる場合があります。

スキャルピング・EA制限なし

Titan FXではスキャルピングが全面的に認められているため、回転率の高いトレードを何度も繰り返しても、口座凍結されたり出金拒否される恐れがありません。

また、EA・自動売買・インジケータに関しても一切制限がないので、システムトレーダーにもおすすめの業者です。

ただし、複数口座をまたいで両建てポジションを取ったり、他の海外FX業者とTitan FXを使用した両建てトレードは禁止されているため注意したいところ。

レバレッジは最大500倍、制限なし

Titan FXのレバレッジはマイクロ口座が最大1,000倍、スタンダード・ブレード最大500倍となっており、口座残高や保有ポジションがどれほど増えてもこの水準が維持されます。

他の海外FX業者は、残高や保有ポジションの増加によってレバレッジが段階的に引き下げられることが多いため、レバレッジ制限がないのはTitan FXならではの強みといえるでしょう。

貴金属、指数、エネルギーは最大500倍、株式と仮想通貨は最大20倍で取引できます。

ゼロカットシステムにより追証リスク無し

Titan FXはゼロカットシステムを採用しており、追証(おいしょう)が請求される恐れがありません。

ゼロカットシステムとは、相場の急変動によってロスカットが間に合わず、口座残高を超える損失が発生した際に、残高以上の損をFX業者が負担してくれる仕組みです。

日本のFX業者では、金融商品取引法によってゼロカットが禁止されており、残高以上の損は追証が請求されてしまうため、自己資金を超える損失が生まれるリスクがあります。

Titan FXのようにゼロカットのある海外業者を使えば、自己資金以上に損する危険性を防げます。

ストップレベルゼロ

Titan FXは全ての通貨ペア・CFD商品においてストップレベルがゼロに設定されています。

ストップレベルが設けられていないことで、現在値の直上・直下に指値・逆指値ラインを設置することが可能です。

法人口座に対応

Titan FXでは、個人名義の口座のみならず、法人名義でも口座開設が可能です。

口座開設フォームから「法人取引口座」にチェックをして、指示に従って必要書類のアップロードを進めましょう。

Titan FXの手数料:評価⭐️⭐️⭐️

スプレッド・取引手数料

Titan FXのスタンダード口座・マイクロ口座と、他業者のSTP口座のスプレッドを比較した結果が次のとおり。

スクロールできます
FX業者
口座タイプ

USDJPY

EURJPY

GBPJPY

AUDJPY

EURUSD

GBPUSD

AUDUSD

XAUUSD
Titan FX
スタンダード
1.3 pips1.7 pips2.5 pips2.1 pips1.2 pips1.6 pips1.5 pips0.22
Titan FX
マイクロ
1.7 pips1.8 pips3.2 pips2.3 pips1.4 pips1.9 pips1.6 pips0.24
AXIORY
スタンダード
1.3 pips1.4 pips1.9 pips2.0 pips1.3 pips1.6 pips1.7 pips0.53
XMTrading
スタンダード
1.6 pips2.3 pips3.6 pips3.3 pips1.7 pips2.2 pips1.9 pips0.28
FXGT
スタンダード
1.6 pips2.2 pips3.5 pips3.3 pips1.6 pips2.2 pips1.6 pips0.40

Titan FXのブレード口座と、他業者のECN口座のスプレッドを比較した結果が次のとおり。

平均スプレッドと手数料を加味した実質スプレッドを上段に、1ロットあたりの取引手数料を下段に記載しています。

スクロールできます
FX業者
口座タイプ

USDJPY

EURJPY

GBPJPY

AUDJPY

EURUSD

GBPUSD

AUDUSD

XAUUSD
Titan FX
ブレード
1.0 pips
($7.0)
1.4 pips
($7.0)
2.2 pips
($7.0)
1.8 pips
($7.0)
0.9 pips
($7.0)
1.3 pips
($7.0)
1.2 pips
($7.0)
0.28
($0.7)
AXIORY
ナノ・テラ
0.8 pips
($6.0)
1.1 pips
($6.0)
1.4 pips
($6.0)
1.3 pips
($6.0)
0.9 pips
($6.0)
1.2 pips
($6.0)
1.1 pips
($6.0)
0.39
($0.6)
XMTrading
Zero
1.1 pips
($10.0)
1.4 pips
($10.0)
2.2 pips
($10.0)
2.2 pips
($10.0)
1.1 pips
($10.0)
1.3 pips
($10.0)
0.4 pips
($10.0)
0.20
($1.0)
Exness
ロースプレッド
0.7 pips
($7.0)
1.1 pips
($7.0)
1.2 pips
($7.0)
0.9 pips
($7.0)
0.7 pips
($7.0)
0.9 pips
($7.0)
0.9 pips
($7.0)
0.28
($0.7)
BigBoss
プロスプレッド
1.1 pips
($9.0)
1.5 pips
($9.0)
1.8 pips
($9.0)
1.6 pips
($9.0)
1.4 pips
($9.0)
1.8 pips
($9.0)
1.9 pips
($9.0)
0.32
($0.9)

スワップポイント

Titan FXのスワップポイントを1ロットあたりの円建て表記でまとめました。

あくまでも2023年1月12日現在の情報のため、最新の情報はTitan FX公式サイトを確認してください。

通貨ペア買いスワップ売りスワップ
USDJPY+390円-1,003円
EURJPY-349円-155円
GBPJPY-109円-817円
AUDJPY+292円-621円
EURUSD-1,239円+637円
GBPUSD-1,052円-39円
AUDUSD-305円-454円
XAUUSD-3,817円+879円

口座維持手数料

Titan FXでは口座の維持手数料はかかりません。

他社では、口座を一定期間放置すると休眠状態となり手数料が発生することが多いですが、Titan FXでは休眠状態にもならないので、放置することによるデメリットはありません。

入出金手数料

Titan FXの入出金手数料は、送金方法を問わず基本的に無料です。

ただし、入金後一度も取引せずに出金した場合、出金額の4%が手数料として差し引かれるので注意しましょう。

また、海外銀行送金で出金する際の受取手数料や、bitwalletやSTICPAYなどのウォレットサービスの手数料、仮想通貨を入金する際のトランザクションフィーなどは顧客側の負担となります。

Titan FXのボーナス:評価 –

Titan FXでは基本的をボーナスは提供していない業者です。

XMTradingやFXGTといったボーナス重視の業者とは正反対で、ボーナスに経費を投じるのではなく、顧客にとって有利な取引条件の提供に力を入れています。

Titan FXの入出金方法:評価⭐️⭐️⭐️

Titan FXへの入金方法は、国内銀行送金、クレジット・デビットカード、bitwallet、STICPAY、仮想通貨などが用意されています。

手軽・スピーディーに入金したいならクレジット・デビットカードを使うとよいでしょう。

VISA・Mastercard・JCBの日本での3大ブランドとAMEXに対応しており、決済と同時に取引口座へ反映されます。

カードを持っていない、カードを持っているが決済に失敗する場合は、国内銀行送金を利用すると良いでしょう。

平日の9時〜14時に振り込めば30分ほどで取引口座へ反映されますが、銀行の営業時間外に振り込むと翌営業日の反映となります。

また、仮想通貨でも入金でき、BTC・ETH・LTC・BCH・LINK・USDT・USDCに対応しています。

Titan FXへの入金方法
スクロールできます
入金方法手数料最低入金額最大入金額反映時間
国内銀行送金無料5,000円1,000万円/回約1営業日
クレジットカード
デビットカード
無料50万円/回即時
bitwallet無料即時
STICPAY無料$30即時
仮想通貨無料即時

Titan FXからの出金方法は、入金方法と同じものが用意されています。

ただし出金方法は自由に選べず、基本的に入金時に使った方法で出金する必要があります。(例:bitwalletで出金するには、bitwalletでの入金履歴が必要)

ただし、過去にカードで入金していた場合、まずカードへ入金額分の返金処理を行い、カード入金分を超える額は銀行送金で出金します。

Titan FXからの出金方法
スクロールできます
出金方法手数料最低出金額反映時間
国内銀行送金無料10,000円2〜3営業日
クレジットカード
デビットカード
無料数日〜2ヶ月
bitwallet無料即時
STICPAY無料即時
仮想通貨無料即時

Titan FXの取り扱い銘柄:評価⭐️⭐️⭐️

Titan FXの取り扱い銘柄はとても豊富で、FX通貨ペアのみならず、様々なCFD商品をトレードできるのが魅力です。

FX通貨ペア57銘柄
仮想通貨CFD50銘柄
貴金属CFD11銘柄
指数CFD20銘柄
株式CFD米国株:100銘柄
日本株:46銘柄
エネルギーCFD3銘柄
コモディティCFD10銘柄
メジャーペア

AUDUSD, EURUSD, GBPUSD, NZDUSD, USDCAD, USDCHF, USDJPY

クロス円ペア

AUDJPY, CADJPY, CHFJPY, EURJPY, GBPJPY, NZDJPY, SGDJPY, NOKJPY, SEKJPY, ZARJPY

マイナーペア

AUDCAD, AUDCHF, AUDNZD, AUDSGD, CADCHF, CHFSGD, EURAUD, EURCAD, EURCHF, EURCZK, EURGBP, EURNOK, EURNZD, EURPLN, EURSEK, EURSGD, EURTRY, EURZAR, GBPAUD, GBPCAD, GBPCHF, GBPNOK, GBPNZD, GBPSEK, GBPSGD, GBPTRY, NOKSEK, NZDCAD, NZDCHF, USDCNH, USDCZK, USDMXN, USDNOK, USDPLN, USDRUB, USDSEK, USDSGD, USDTHB, USDTRY, USDZAR

Titan FXの取引環境:評価⭐️⭐️⭐️

取引プラットフォーム・アプリ

Titan FXの取引プラットフォームは「MetaTrader」というもので、旧バージョンのMT4と新バージョンのMT5が用意されています。

MT4・MT5どちらもWindows用とMac用が用意されているほか、iOS(iPhone・iPad)やAndroidバージョンも提供されており、様々なOS・デバイスで取引できるので安心です。

ツールWindowsMaciOSAndroid
MT4
MT5
cTrader
Web取引
公式アプリ

VPS

Titan FXユーザーは次の条件を満たせば、Beeks社のVPSを無料で利用できます。

  • リアル口座の残高$5,000または60万円を維持する
  • 直近1ヶ月間で5ロット(50万通貨)の取引実績がある

もし、以上の条件を満たさなければ、月額3,000円の利用料がMT4・MT5口座から引き落とされます。

Titan FXの学習コンテンツ:評価⭐️

Titan FXでは日本語による情報発信を行っていて、平日は毎日マーケットニュース記事が配信されているので、チャックしておくとトレードの参考になるかもしれません。

XMTradingのようなウェビナーは用意されていません。

Titan FXのサポート:評価⭐️⭐️

Titan FXでは日本語サポートに力を入れていて、日本人のサポートスタッフが在籍しています。

Titan FX公式サイトから24時間365日で日本語チャットを利用でき、メールや国際電話でも問い合わせできます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Kazuaki Obataのアバター Kazuaki Obata 合同会社WOZ代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!
トレード歴は8年以上。今まで使ってきたFX業者は延べ30社以上。

コメント

コメントする

多数の通貨ペア・CFDを低スプレッドで取引 Titan FXで今すぐ口座開設
この記事の目次