【最大15,000円】海外FXで実施中のボーナス21選

Titan FXの実態調査|ユーザー120人にアンケート調査を実施(2024年2月)

この記事は、日本非居住者を対象にしたものであり、日本居住者に対して投資情報の発信・投資助言・勧誘を行うものではありません。
記事内にアフィリエイト広告が含まれる場合があります。
価値ある情報を提供するため、コンテンツ制作ポリシーに準拠しています。

当サイトWOZ mediaの運営会社である合同会社WOZは、海外FX「Titan FX」の実態を調べるため、実際に利用しているユーザー120人を対象にアンケート調査を行いました。

ユーザーから直接寄せられたデータをそのまま集計しているため、実情に近い結果が反映されているといえますが、必ずしも正確とは限りませんので、最終的な投資判断は自己責任のもと行ってください。

なお、Titan FXの評判も併せてお読みいただくと、使用前の参考材料になるかと思います。

この記事の目次

調査方法と調査項目

調査方法クラウドソーシングサイトでの募集(ランサーズクラウドワークスココナラなど)
当サイトフォームでの募集
IBメンバーへの直接調査
調査期間2024年1月22日~2月16日
調査人数120人

調査項目は次のとおりです。

  • ユーザー属性
  • メリットと感じるところ
  • デメリットと感じるところ
  • 最も使っている口座タイプ
  • 最も使っている取引プラットフォーム
  • よく取引している通貨ペア
  • 最も使っている入金手段
  • 初回入金額
  • 最も使っている出金手段
  • 通常出金にかかる時間
  • 経験したトラブル
  • 項目別満足度

以下、調査結果を掲載します。

Titan FXのユーザー属性

Titan FXを利用しているユーザーの属性を調べたところ、兼業トレーダーは96%、専業トレーダーは4%でした。

FX経験年数(Titan FX以外でのトレードも含む)の分布は、1〜2年が最も多く全体の36%、1年未満〜2年で全体の半数を占める結果となりました。

一方、FX経験5年以上の割合はわずか9%と少なく、初心者を中心に好まれて使われていることがわかります。

Titan FXのメリットと感じるところ

Titan FXのメリットとしては、スプレッドが狭い、約定力や透明性が高い、レバレッジが高く制限がないなど、取引環境について高く評価する意見が多く寄せられました。

その他にも、数は少ないものの、入出金が早いといった意見や法人口座に対応している点を評価するユーザーもいました。

Titan FXのデメリットと感じるところ

Titan FXのデメリットとして最も多く挙げられたのは、ボーナスが無い(少ない)点でした。

Titan FXはより優れた取引環境を提供するため、他の海外FX業者と比べて広告宣伝費を抑えているのか、ボーナスの提供には消極的です。

また、メリットとして約定力の高さが挙げられた一方で、スリッページが多い、スワップポイントが不利という意見も寄せられており、すべてのトレーダー完全に満足しているわけではなさそうです。

その他にも、Titan FXのスタンダード口座とブレード口座は初回の最低入金額が2万円に設定されており、これを高いと指摘するユーザーもいました。

Titan FXで最も使っている口座タイプ

Titan FXで最も使っている口座タイプを調査したところ、ユーザーの半数が「ブレード口座」と回答しており、次いで「スタンダード口座」となりました。

ブレード口座は、1ロットあたり$7の取引手数料が発生するものの、スプレッドが極めて狭くトータルコストを抑えられるECN口座です。

スタンダード口座は、手数料が発生しないかわりにスプレッドがやや広がりますが、トータルコストはブレード口座と大差なく、取引にかかるコストが視覚的にわかりやすいのが特徴です。

一方、1ロット=1,000通貨で取引できる小ロット口座「マイクロ口座」の利用者は、全体の10%という結果となりました。

Titan FXで最も使っている取引プラットフォーム

Titan FXで最も使っている取引プラットフォームを調査したところ、全体の62%がMT5を使っていて、MT4を使っているのは38%にとどまりました。

Titan FXでよく取引している通貨ペア

Titan FXでよく取引している通貨ペアを調査したところ、圧倒的にUSDJPY(日本円/米ドル)とXAUUSD(ゴールド/米ドル)が多く、次いでEURUSD(ユーロ/米ドル)、GBPJPY(英ポンド/米ドル)と人気の銘柄が続いています。

また、Titan FXはCFDのレバレッジが高いのが強みで、実際のアンケート結果でもXTIUSD(WTI原油)やJPN225(日経225)はじめとする株式指数が人気です。

Titan FXで最も使っている入金手段

Titan FXで最も使っている入金手段を調査したところ、国内銀行送金が全体の半分近くを占め、クレジットカードもよく使われています。

また、割合としては少数ではあるものの、bitwalletやSTICPAYなどのEウォレット、暗号通貨で入金しているユーザーもいて、様々なニーズに応えていることがわかります。

Titan FXでの初回入金額

Titan FXでの初回入金額を調査したところ、最も多いのは5〜10万円未満で約半数を占め、次いで1〜5万円でした。

一方、初回で50万円以上を入金しているトレーダーは1割程度で、資金の少ない初心者を中心に選ばれていることが読み取れます。

Titan FXで最も使っている出金手段

Titan FXで最も使っている出金手段を調査したところ、割合としては入金方法と同等で、国内銀行送金で出金しているユーザーが全体の半数近くを占めました。

Titan FXで通常出金にかかる時間

Titan FXで通常出金にかかる時間を調査したところ、翌営業日と答えたユーザーが44%で最も多く、即日と答えたユーザーも25%もいて、7割の出金申請は翌営業日までに処理されていることがわかります。

ただ、2営業日以上かかったと答えるユーザーも一定数いるので、9割以上が即日もしくは翌営業日と応えるXMTradingに比べると、やや時間はかかっています。

Titan FXで経験したトラブル

Titan FXで経験したトラブルを調査したところ、サーバーエラーやスリッページといった回答があったものの、それ以外はほぼありません。

出金拒否や利益没収、口座凍結、約定拒否に関しては、ほとんど報告されませんでした。

Titan FXの項目別満足度

Titan FXの項目別満足度を調査したところ、総合的な満足度や取引環境に対する満足度はとても高い一方で、唯一ボーナスが少ないことに関しては不評です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Kazuaki Obataのアバター Kazuaki Obata 合同会社WOZ代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!
トレード歴は8年以上。今まで使ってきたFX業者は延べ30社以上。

コメント

コメントする

この記事の目次