【最大15,000円】海外FXで実施中のボーナス21選

Titan FXの口座タイプ比較|おすすめ口座・選び方・変更方法

この記事は、日本非居住者を対象にしたものであり、日本居住者に対して投資情報の発信・投資助言・勧誘を行うものではありません。
記事内にアフィリエイト広告が含まれる場合があります。
価値ある情報を提供するため、コンテンツ制作ポリシーに準拠しています。

Titan FXでは、スタンダード口座、ブレード口座、マイクロ口座の3つの口座タイプが提供されています。

口座タイプごとにスプレッドや取引手数料、レバレッジ、取引方式などが異なるため、自身の取引スタイルに適した口座タイプを選ぶことが重要です。

この記事では、口座タイプそれぞれの特徴やメリット、デメリットを詳しくまとめました。

なお、Titan FXがどんな業者かを知りたい人は「Titan FXの評判」をお読みください。

透明性と約定力の高さを今すぐ体感!最大1,000倍レバレッジで制限なし

公式サイト:https://titanfx.com/ja

Titan FXの口座タイプ比較表
スクロールできます
項目スタンダードブレードマイクロ
1ロットの価値100,000通貨100,000通貨1,000通貨
最大レバレッジ500倍500倍1,000倍
取引ツールMT4
MT5
MT4
MT5
MT4
MT5
取り扱い銘柄FX
貴金属
エネルギー
株式
指数
仮想通貨
FX
貴金属
エネルギー
株式
指数
仮想通貨
FX
貴金属
仮想通貨
注文方式NDD STPNDD ECNNDD STP
スプレッド1.2pips〜0.2pips〜1.4pips〜
取引手数料$7/1lot
最低取引ロット0.010.010.1
最大取引ロット100100100
最大ポジション数200200200
ゼロカット
ロスカットレベル20%20%20%
ストップレベル×××
ボーナス×××
最低入金額$200$200
デモ口座
この記事の目次

おすすめはブレード口座

TitanFXの口座タイプの中で最もおすすめなのは、ブレード口座です。

ブレード口座はECN方式を採用しており、業界最強レベルの約定力とトップクラスに狭いスプレッドを実現しています。

取引の透明性も高く、スキャルピングやEAによる自動売買に最適な口座タイプです。

Titan FXの口座タイプの特徴

Titan FXには次の3つの口座タイプがあります。

  1. スタンダード口座(Zeroスタンダード口座)
  2. ブレード口座(Zeroブレード口座)
  3. マイクロ口座(Zeroマイクロ口座)

各口座タイプには独自の特徴があります。

スタンダード口座(Zeroスタンダード口座)

スタンダード口座は、Titan FXが提供する口座の中で最も標準的な口座タイプです。

この口座は、手数料が一切かからないうえ、最小スプレッドが1.0pipとリーズナブルに設定されているのが大きな特徴です。

スタンダード口座が採用しているのは、NDD・STP方式という取引方式で、まず業者であるTitan FXが顧客からの注文を一次的に約定したうえで、Titan FXがカバー先の複数の金融機関と反対売買を行うという仕組みです。

STP方式の利点は、Titan FXが常にカバー先となるため、流動性不足による約定拒否(リクオート)がほとんど起こらないことです。

マーケットメイカー方式のデメリットを回避できるうえ、1.0pips程度の比較的狭いスプレッドで取引できるという利点があります。

また、スタンダード口座では、FXはもちろん、貴金属やエネルギー、株価指数といったCFD取引も可能です。

扱える銘柄数は実に239種類におよび、幅広い商品の中から自分のトレードスタイルに合った銘柄を選ぶことができるのも魅力的なポイントです。

このようにスタンダード口座は、手数料不要かつ比較的狭いスプレッド、そして多彩な取扱銘柄数を特徴とした万人向けの口座といえます。

ブレード口座(Zeroブレード口座)

ブレード口座は、Titan FXの口座の中で最もプロ向けのスペックを誇る口座タイプです。

最大の特徴としては、他の口座タイプに比べて圧倒的にスプレッドが狭いことが挙げられます。

ブレード口座が採用しているのはECN方式という取引方式は、顧客の注文がいったんTitan FXのサーバを経由することなく、同社が提携する複数の金融機関が形成している電子取引所に直結して約定する仕組みです。

つまりブレード口座では、リアルタイムで流動性の高い金融機関同士の取引レートをそのまま利用できるため、最小0.1pips台の超狭スプレッドで取引できるのです。

一方で、ECN方式の性質上、取引ごとに手数料が発生します。

ブレード口座の場合は1ロットあたり片道$3.5(注文と決済で合計$7)の手数料がかかります。

ただしこれをスプレッドに換算すると片道0.35pips・往復0.7pips程度ですので、結果としてブレード口座のほうがトータルの取引コストは低く抑えられます。

狭いスプレッドに加え、ECN方式ゆえに極めて透明性の高い取引が実現できることから、ブレード口座は短期売買を行う上級者にとって魅力的な口座タイプといえます。

マイクロ口座(Zeroマイクロ口座)

マイクロ口座は、少額の資金や取引経験が十分でない初心者でも手軽に参入できるように設計された口座タイプです。

最大の特徴は、1ロットを1,000通貨として取引できることで、スタンダード口座やブレード口座の10万通貨に対し、100分の1の取引単位です。

マイクロ口座の最低取引量は0.1ロット=100通貨で、仮に100通貨で100pips(USDJPYでいえば1円分の値幅)損しても損失はわずか100円に抑えられます。

また、マイクロ口座には最低入金額の規定がなく、10円単位からでも入金して取引を開始できます。

実際の取引に入る前にシミュレーションがしやすい環境が整っている点も、初心者にとっては大きなメリットでしょう。

一方で注意点として、扱える銘柄数が37種類とスタンダード口座やブレード口座に比べ大幅に少ないことが挙げられます。

マイクロ口座はあくまでも初心者のステップアップのための口座であるという認識が必要でしょう。

Titan FXの口座タイプを比較

次に、TitanFXの各口座タイプの違いを比較していきます。

取引できる銘柄数を比較

スクロールできます
口座タイプFX仮想通貨CFD貴金属CFD指数CFD株式CFD原油CFD商品CFD
スタンダード口座57銘柄50銘柄11銘柄20銘柄146銘柄3銘柄10銘柄
ブレード口座57銘柄50銘柄11銘柄20銘柄146銘柄3銘柄10銘柄
マイクロ口座34銘柄1銘柄4銘柄

スタンダード口座とブレード口座では、為替やCFDを含む全239種類の銘柄を取引できますが、マイクロ口座は主要な銘柄に限定され、全37種類しか取引できません。

取引したい銘柄数によって適切な口座を選ぶ必要があります。

ロットサイズと最小取引量を比較

口座タイプ1ロットの価値
スタンダード口座10万通貨
ブレード口座10万通貨
マイクロ口座1,000通貨

スタンダード口座とブレード口座は1ロット=10万通貨で、最小0.01ロット(1,000通貨)から取引が可能です。

一方、マイクロ口座は1ロット=1,000通貨で、最小0.1ロット(100通貨)から取引でき、取引リスクを抑えたい場合に向いています。

マイクロロットはスタンダードロットの100分の1で、例えば同じ1万通貨を取引するにも、スタンダードなら0.1ロット、マイクロなら10ロットとなります。

ロットスタンダードマイクロ
0.01ロット1,000通貨
0.1ロット1万通貨100通貨
1ロット10万通貨1,000通貨
10ロット100万通貨1万通貨
100ロット1,000万通貨10万通貨

スプレッドと取引手数料を比較

口座タイプスプレッド手数料
スタンダード口座1.2 pips〜手数料なし
ブレード口座0.2 pips〜1ロット$7
マイクロ口座1.4 pips〜手数料なし

スタンダード口座は手数料無料ですが、スプレッドが1.2 pips〜とやや広めです。

一方、ブレード口座は1ロットあたり$7の取引手数料が発生しますが、スプレッドが0.2 pips〜と最も狭くなっているため、トータルコストで比べると他の口座よりも安くなります。

マイクロ口座も手数料無料ですが、スプレッドが1.4 pips〜と他の2つの口座よりも広く設定されています。

取引方式を比較

口座タイプ取引方式
スタンダード口座NDD STP
ブレード口座NDD ECN
マイクロ口座NDD STP

スタンダード口座とマイクロはNDD・STP方式を採用しており、注文は仲介業者を介さずに外部金融機関と直結する仕組みです。

一方、ブレード口座はNDD・ECN方式で取引され、インターバンク市場から最適気配値が参照される高速環境です。

STP方式の特徴

STP(Straight Through Processing)方式は、FX業者が顧客の注文を受け取った後、LPに転送する方式です。

FX業者はLPの価格に自社の利益となるスプレッドを上乗せして、マークアップ価格として顧客に提示します。

STP方式はNDDの中でも処理速度が速く、ECN方式ほど透明性は高くありませんが、実勢レートをリアルタイムで提示できる利点があります。

ECN方式の特徴

ECN(Electronic Communication Network)方式は、顧客の注文が直接ECNに接続されたLPに送信される方式です。

ECNには多くの市場参加者がいて、参加者たちが直に売買を行う仕組みなので、ECNはNDDの中でも最も透明性が高く、プロのトレーダーにとっては最適な環境といえます。

ただし、スプレッドとは別に取引手数料が発生する点には注意が必要です。

レバレッジを比較

口座タイプ最大レバレッジ
スタンダード口座500倍
ブレード口座500倍
マイクロ口座1,000倍

口座の最大レバレッジは、マイクロ口座が最大1,000倍と最も高く、スタンダード口座とブレード口座は最大500倍です。

いずれも口座残高によるレバレッジ制限はなく、どれほど残高が増えても高いレバレッジを維持したまま取引できます。

少額から高いレバレッジを駆使して一攫千金を狙いたいトレーダーは、最大レバレッジ1,000倍のマイクロ口座が適しているでしょう。

最低入金額を比較

口座タイプ最低入金額
スタンダード口座$200
ブレード口座$200
マイクロ口座

スタンダード口座とブレード口座の最低入金額(初回入金額)は$200ですが、マイクロ口座は最低入金額の設定はありません。

最初に投資できる資金が$200以上の人はスタンダード口座かブレード口座を、$200に満たない人はまずはマイクロ口座から使い始めてみましょう。

Titan FXの口座タイプの選び方

Titan FXで取引する際は、口座タイプそれぞれの特徴を理解したうえで、自分の取引スタイルに合った口座を選ぶことが重要です。

Titan FXの口座タイプの選び方をフローチャートに示すと、次のようになります。

Titan FXの口座タイプの選び方フローチャート

それぞれの口座タイプはどのような人におすすめなのかを解説します。

  1. スタンダード口座がおすすめの人
  2. ブレード口座がおすすめの人
  3. マイクロ口座がおすすめの人

それぞれの口座には特徴があるため、自分のトレードスタイルや目的に合った口座を選ぶことが大切です。

スタンダード口座がおすすめの人

スタンダード口座は手数料がかからないうえ、最小スプレッドが1.0pipとリーズナブルな設定になっています。

また、取引できる商品数が最も幅広く、株価指数や米国株式なども扱えます。

ただし、スタンダード口座はECN方式ではないため、約定の遅延が発生する可能性があります。

こうした点から、スタンダード口座は以下のような人におすすめです。

  • 裁量取引が中心で自動売買を利用しない人
  • 短期間でポジションを決済する日足トレードやスイングトレードを行う人
  • 複数の商品を横断的に取引したい人
  • 取引手数料をできるだけ抑えたい人

このように、スタンダード口座は裁量取引や複数商品の中長期トレードをしたい人におすすめです。

ブレード口座がおすすめの人

ブレード口座はECN方式を採用しており、高速インターネット回線で金融機関と直結することで、最小0.1pips台の極狭スプレッドを実現しています。

約定速度も業界最速レベルで、スキャルピングトレードや自動売買に適しているのが特徴です。以下のような人に適しています。

  • スキャルピング取引を行う人
  • 自動売買を利用する人、特にスキャルピングEAを利用する人
  • 速い約定を重視する人
  • より透明性の高い取引を求める人

ECN方式の直結型取引では、ブローカーを介在せず金融機関同士の取引となるため、取引の公平性が担保されています。

このように、ブレード口座はスキャルピング取引や自動売買利用者におすすめです。

マイクロ口座がおすすめの人

マイクロ口座では1ロットを1,000通貨で取引でき、取引サイズを小さくできるため、リスクを抑えつつFXを始めたい以下のような初心者におすすめです。

最低入金額が1円からで、10円単位からでも取引できます。少額の資金で参入障壁を下げられます。

  • 資金が少ない人
  • FX経験の浅い初心者
  • より緻密なロットコントロールをしたい人

このようにマイクロ口座は、資金量が少ない人や取引スキルが浅い人でも気軽に使い始められる点が特徴です。

Titan FX口座タイプの確認方法

Titan FXで口座タイプを確認する手順は以下の通りです。

  1. Titan FXの公式サイトからクライアントポータル(マイページ)にログインする
  2. クライアントポータル内の「取引口座」欄を確認する
  3. 「口座タイプ」の横に、スタンダード口座なら「Standard」、ブレード口座なら「Blade」、マイクロ口座なら「Micro」と表示される

以上の手順で、マイページのクライアントポータル上で簡単にチェックできます。

Titan FX口座タイプの変更方法

Titan FXで口座タイプを変更する手順は以下のとおりです。

スタンダード口座↔ブレード口座の変更

Titan FXでは、スタンダード口座とブレード口座を切り替えることができます。

口座タイプを変更する手順は以下のとおりです。

  1. Titan FXの公式サイトからクライアントポータル(マイページ)にログインする
  2. 変更したい口座の右側にある鉛筆アイコンをクリックする
  3. 表示された画面で「口座タイプ」のドロップダウンを開き、変更したい口座タイプを選択する
  4. 画面右上の緑色のチェックマークをクリックして変更を確定する
  5. メインメニューに戻ったら、口座一覧で口座タイプの変更を確認する

以上の手順でスタンダード口座↔ブレード口座の切り替えが可能ですが、未決済ポジションがある場合は変更できない点にご注意ください。

マイクロ口座↔他の口座の変更

Titan FXでは、マイクロ口座から他の口座への変更や、他の口座からマイクロ口座への変更はできません。

マイクロ口座を利用したい場合や、マイクロ口座以外の口座を利用したい場合は、新たに口座を開設する必要があります。

具体的な手順は以下のとおりです。

  1. Titan FXの公式サイトからクライアントポータル(マイページ)にログインする
  2. 画面左の「追加口座の開設」をクリックする
  3. 口座タイプで「マイクロ口座」あるいは「スタンダード口座」「ブレード口座」を選択する
  4. 必要事項を入力し、「口座開設」ボタンをクリックする
  5. 新しい口座が開設されるのを待つ

Titan FX口座タイプの注意点

Titan FXの口座タイプを利用するうえで注意が必要な点を紹介します。

マイクロ口座は取り扱い銘柄が少ない

マイクロ口座では、取り扱い銘柄数が大幅に制限されており、全部で37種類のみです。

具体的には以下のとおり、主要な銘柄のみの提供となっています。

  • 通貨ペア:34種類
  • 貴金属CFD:XAUUSD-m・XAGUSD-m
  • 仮想通貨CFD:BTCUSD-m

比較すると、スタンダード口座やブレード口座が200種類超の銘柄を扱っていることと対照的です。

株価指数や各国の個別株式といった銘柄はマイクロ口座では一切取引できませんので、それらを取引したい人はマイクロ口座と他の口座を併用しましょう。

マイクロ口座への変更、マイクロ口座からの変更はできない

Titan FXではスタンダード口座とブレード口座の相互変更は可能ですが、マイクロ口座は固有の口座タイプであるため、以下の変更はできません。

  • スタンダード口座からブレード口座への変更
  • ブレード口座からスタンダード口座への変更
  • マイクロ口座からスタンダード口座やブレード口座への変更
  • スタンダード口座やブレード口座からマイクロ口座への変更

マイクロ口座が必要な場合、マイクロ口座から他の口座タイプへ乗り換えたいときには、追加口座を開設するしかありません。

口座通貨は初回入金前のみ変更可能

Titan FXではベース通貨の変更が可能ですが、入金後の口座では変更できません。

実際に入金・取引を開始する前に確認しましょう。

変更できる通貨は日本円、米ドル、ユーロ、シンガポールドルの4種類です。

MT4からは株式CFDを取引できない

Titan FXが新たに追加した米国株式CFDですが、これはMT5でのみ取引が可能です。

MT4プラットフォームからはトレードできませんので注意が必要です。

口座を一年以上放置すると無効化される

TitanFXでは、1年以上ログインしていない放置口座が、自動的に無効化される仕組みがあります。

条件は以下の条件をすべて満たすと、放置しているとみなされます。

  1. 直近365日前から一度もログイン履歴がないこと
  2. 直近365日前から入出金や取引が全くないこと
  3. 未決済のポジションや未約定の注文がないこと
  4. 口座残高が0であること

これら全てに該当した口座は、システムによって自動的に無効化され、使えなくなります。

Titan FX口座タイプに関するQ&A

それでは、Titan FXの口座タイプについてよくある質問と回答を見ていきましょう。

リアル口座とデモ口座の違いは?

リアル口座は実際のお金を使って本番の取引ができる口座です。

一方でデモ口座は、架空の残高を使った練習専用口座となっています。

取引ツールの種類は?

Titan FXで利用できる主な取引ツールは、MT4・MT5の2種類です。

それぞれに特徴があるので、自分の取引スタイルに合ったツールを選ぶことをおすすめします。

  • MT4:有志が開発したインジケータやEAが豊富で、自動売買に適している
  • MT5:分析機能や取引方法が豊富、かつ動作スピードが速く、スキャルピングやデイトレードなど裁量トレードに適している
スプレッドはどの程度か?

Titan FXのスプレッド幅は口座の種類によって異なりますので、口座選びの際の参考にすることをおすすめします。

スタンダード口座では1.2 pips〜、ブレード口座では0.2 pips〜、マイクロ口座では1.4 pips〜となっています。

口座開設に必要なものは?

Titan FXの口座開設に必要なのは、パスポートなどの本人確認書類と、公共料金の明細や住民票などの住所確認書類の2点です。

マイページから2点の書類をアップロードするだけで本人確認ができます。

追加口座はいくつまで作れる?

1つのアカウントで最大15個までの追加口座を作成可能(初期口座含め16個まで)で、取引目的に応じて複数の口座を使い分けることができます。

スキャルピングはできる?

Titan FXではスキャルピングも可能です。

特にスプレッドの安いナノ口座やテラ口座を使えば、取引コストを抑えてスキャルピングができます。

EAを利用した自動売買はできる?

Titan FXのMT4・MT5のEAを利用した自動売買が可能です。

ただし、スキャルピング系の自動売買は、スプレッドの広いスタンダード口座やマイクロ口座と相性が悪い可能性があるため、まずは少額でテストをしてから本番運用することが大切です。

スマホでの取引はできる?

Titan FXではどの取引プラットフォームを選んでも、スマホアプリから取引できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Kazuaki Obataのアバター Kazuaki Obata 合同会社WOZ代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!
トレード歴は8年以上。今まで使ってきたFX業者は延べ30社以上。

コメント

コメントする

この記事の目次