【最大15,000円】海外FXで実施中のボーナス21選

IC Marketsの評判|豪州ハイスペック大手業者が日本人受け入れ再開

記事内にアフィリエイト広告が含まれる場合があります。
価値ある情報を提供するため、コンテンツ制作ポリシーに準拠しています。

海外FX業者「IC Markets」(アイシーマーケッツ)の評判をまとめました。

実際の使い心地、メリット・デメリットを徹底的にあぶり出したので、表面的な情報ではなく、実情に即した内容となっています。

これからIC Marketsを使おうと考えている人は、ぜひこの記事を参考材料にしていただければ幸いです。

IC Marketsは日本金融庁に未登録の海外業者のため、日本の法的保護を受けられない可能性があります。
海外業者を利用する際のリスクや注意点については「海外FXのメリット・デメリット・国内FXとの違い」を参考にしてください。

豪州発のハイスペックブローカー!業界屈指の好条件・低レバレッジ

公式サイト:https://www.icmarkets.com

この記事の目次

IC Markets総合評価・ユーザーの口コミ

メリット・デメリット

メリット – Pros
  • 信頼性の高いライセンスを複数取得
  • 最大1,000倍レバレッジ
  • 残高増加によるレバレッジ制限なし
  • スプレッドが全体的に狭い
  • ストップレベルゼロ
  • 追証なしのゼロカットシステム
  • MT4・MT5・cTraderに対応
  • 国内銀行送金による入出金に対応
  • 取引銘柄が豊富
  • 法人口座対応
デメリット – Cons
  • 日本語サポートが不十分
  • ロスカットレベルが50%でやや高め
  • 入出金方法が少ない
  • 基本的にボーナスを提供していない

管理人の総評

IC Marketsはオーストラリア発の大手業者で、取引条件が優れていることから、多くのプロトレーダーに愛用されています。

世界各国の大手LPと提携することで、トレーダーにとって有利な低スプレッドを引き出しているほか、スリッページを抑えて約定力を高めています。

レバレッジは最大1,000倍と高く、他社によくある残高によるレバレッジ制限を受けないため、大口トレードにも適しています。

また、MetaTraderよりも高機能・高速といわれる「cTrader」というプラットフォームに対応した数少ない業者で、中・上級者に人気なのも頷けます。

取り扱い銘柄も豊富で、61種類ものFX通貨ペアのほか、指数、コモディティ、仮想通貨、個別株まで扱っており、取引口座を1つ作るだけで幅広い商品をトレードできるのはIC Marketsならではのメリットといえます。

ただし、一時は日本人受け入れを取りやめていて、2022年に再開したばかりということもあり、日本語サポートは今ひとつ間に合っていない印象を受けます。

当サイトが公開している「海外FXおすすめ比較ランキングTOP20」では、現在12位となっています。

IC Marketsの安全性・信頼性:評価⭐️⭐️⭐️

公式Webサイトhttps://www.icmarkets.com
運営会社Raw Trading Ltd(セーシェル共和国)
IC Markets (EU) Ltd(キプロス共和国)
International Capital Markets Pty Ltd(オーストラリア)
IC Markets Ltd(バハマ)
設立2007年
資金の管理方法分別管理

IC Marketsの金融ライセンス

IC Marketsの運営会社は複数あり、各国の金融当局のライセンスを取得済みです。

  • Raw Trading Ltd:セーシェル金融庁のライセンス(番号:SD018)
  • IC Markets (EU) Ltd:キプロス証券取引委員会CySECのライセンス(番号:362/18)
  • International Capital Markets Pty Ltd:オーストラリア証券取引委員会ASICのライセンス(番号:AFSL 335692)
  • IC Markets Ltd:バハマ証券委員会のライセンス(番号:SIA-F214)

日本居住者が口座開設する際は、Raw Trading Ltdという会社の管轄となり、セーシェルの規制の対象となります。

なお、IC Marketsグループ全体ではキプロスCySECや豪州ASICといった権威性の高いライセンスを取得しており、会社そのものの信頼性はとても高いです。

顧客資金は「分別管理」で保管

IC Marketsは、顧客から預かった資金を「分別管理」という方法で管理しています。

分別管理とは、会社の運転資金と顧客の資金を切り離して管理する方法で、海外FX業者の資金管理方法として最もメジャーです。

しっかり分別管理されている業者を使うことで、自分が預けたお金が勝手に転用されるリスクは低いといえますが、あくまでも社内での管理に過ぎないため、絶対に安全とはいえません。

とはいえ、IC Marketsがスタートした2007年から今まで、何度も暴落・暴騰相場に遭遇していますが、顧客の資金を守り続けてきた実績があるのも事実です。

ちなみに日本のFX業者は、顧客の資金を第三者の機関へ預けて、仮に業者が破綻しても必ず資金が返還される「信託保全」を行っているため、分別管理のみの海外FX業者よりも安全性が高いといわれています。

日本の金融庁から警告を受けている

日本の金融庁は、日本国内で金融ライセンスを取得していないにも関わらず、日本で営業を行っている業者を「無登録業者」と位置づけ、随時「警告」を行っています。

そのリストの中にはIC Marketsも掲載されていることから、あたかも違法営業を行っているかのような印象を受けてしまいますが、そもそもIC Marketsは日本に営業拠点を持たない海外業者なので、金融庁に認可される必要がありません。

仮に日本で無登録のIC Marketsが、日本国内で営業活動・宣伝活動を行った場合には違法となりますが、日本居住者が自らの意思で利用するぶんには何ら違法性はありません。

IC Marketsの取引口座:評価⭐️⭐️⭐️

口座タイプStandard口座
Raw MetaTrader口座
Raw cTrader口座
複数口座対応
最大レバレッジ最大1,000倍
注文方式NDD方式(STP・ECN)
ゼロカット
デモ口座
法人口座

口座の開設方法

STEP
リアル口座開設フォームを入力

まずは、IC Marketsのリアル口座開設ページへアクセスし、個人情報を入力します。

その後に、最初に開設する口座の取引プラットフォーム・口座タイプ・基軸通貨の3つを設定します。

STEP
身分証明書・住所確認書をアップロード

IC Marketsでは、本人確認の一環で「身分証明書」と「住所確認書」のアップロードを義務付けており、書類が認証されるまではボーナスの獲得、取引、出金などができません。

スムーズに取引を始めるために、なるべく早く書類を提出しましょう。

身分証明書
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
住所確認書(発行から6ヶ月以内)
  • 電気・ガス・水道の請求書・領収書
  • 電話・ネット回線の請求書・領収書
  • カード・銀行の利用明細・請求書
  • 健康保険証(住所記載のもの)
  • 住民票
  • 印鑑登録証明書
  • 納税証明書

必要書類をアップロードして書類の内容に問題がなければ、当日もしくは翌営業日に口座が「有効化」され、IC Marketsのすべての機能が使えるようになります。

STEP
ログイン情報がメールで届く

必要書類の認証が終わると、登録したメールアドレス宛にログイン情報が書かれたメールが届くので、大切に保管しておきましょう。

STEP
自己資金を入金

口座開設と書類アップロードを行ったら、口座へ資金を入金しましょう。

国内銀行送金、海外銀行送金、仮想通貨などで入金が可能です。

STEP
MT4・MT5・cTraderで取引開始

IC Marketsのリアル口座でトレードするには、MetaTrader(MT4・MT5)もしくはcTraderを使います。

パソコンでトレードする場合は、IC Marketsの配布ページから口座開設の際に選んだ取引プラットフォームをダウンロードして、口座へログインしましょう。

iPhoneやAndroidスマホでトレードする場合も同様に、アプリストアからダウンロードしましょう。

口座タイプは3種類

IC Marketsの口座タイプは次の3種類。

  • Standard口座
  • Raw MetaTrader口座
  • Raw cTrader口座
スクロールできます
項目Standard口座Raw MetaTrader口座Raw cTrader口座
1ロットの価値100,000通貨100,000通貨100,000通貨
最大レバレッジ1,000倍1,000倍1,000倍
取引ツールMT4
MT5
MT4
MT5
cTrader
注文方式NDD STPNDD ECNNDD ECN
スプレッド0.6pips〜0.0pips〜0.0pips〜
取引手数料$7.0/1ロット$6.0/1ロット
最低取引ロット0.010.010.01
最大取引ロット1,0001,0001,000
最大ポジション数2000200200
ゼロカット
ロスカットレベル50%50%50%
ストップレベル×××
口座開設ボーナス×××
入金ボーナス×××
取引ボーナス×××
最低入金額$200$200$200

注文方式はNDDを採用

IC Marketsではすべての注文をNDD方式(ノン・ディーリング・デスク)で処理しています。

ディーラーの裁量が介在せず、すべてシステムが自動で処理しているため、日本のFX業者でポピュラーなOTC方式・DD方式(ディーリング・デスク)よりも透明性が高いといえます。

スキャルピング・EA制限なし

IC Marketsではスキャルピングが全面的に認められているため、回転率の高いトレードを何度も繰り返しても、口座凍結されたり出金拒否される恐れがありません。

他社では禁止されがちな複数口座をまたいだ両建て、他の海外FX業者とIC Marketsを使用した両建ても可能ですが、ゼロカット狙いの両建てを繰り返すと口座凍結される可能性があります。

EA・自動売買・インジケータに関しても一切制限がないので、システムトレーダーにもおすすめの業者です。

レバレッジは最大1,000倍

IC Marketsのレバレッジは、どの口座タイプも最大1,000倍となっており、口座残高や保有ポジション量による制限は一切ありません。

ただし、最大1,000倍で取引できるのはメジャーな通貨ペアのみで、取引商品によってはそれ以下に引き下げられているため、取引前に確認が必要です。

取引商品最大レバレッジ
FX通貨ペア原則:1,000倍
TRYペア:200倍
CNHペア:100倍
HKDペア:50倍
仮想通貨CFDBTC・ETH・LTC・BCH:200倍
それ以外:5
貴金属CFDXAU・XAGペア:1,000倍
XPDUSD・XPTUSD:500倍
株式指数CFD原則:200倍
CHINA50・VIX:100倍
SE30:30倍
IN50:20倍
原油CFD100倍
農業商品CFD100倍

ゼロカットシステムにより追証リスク無し

IC Marketsはゼロカットシステムを採用しており、追証(おいしょう)が請求される恐れがありません。

ゼロカットシステムとは、相場の急変動によってロスカットが間に合わず、口座残高を超える損失が発生した際に、残高以上の損をFX業者が負担してくれる仕組みです。

日本のFX業者では、金融商品取引法によってゼロカットが禁止されており、残高以上の損は追証が請求されてしまうため、自己資金を超える損失が生まれるリスクがあります。

IC Marketsのようにゼロカットのある海外業者を使えば、自己資金以上に損する危険性を防げます。

ストップレベルゼロ

IC Marketsは全ての通貨ペア・CFD商品においてストップレベルがゼロに設定されています。

ストップレベルが設けられていないことで、現在値の直上・直下に指値・逆指値ラインを設置することが可能です。

法人口座に対応

IC Marketsでは、個人名義の口座のみならず、法人名義でも口座開設が可能です。

ただし、通常の口座開設ページでは個人口座しか作れないため、カスタマーサポートへ法人口座を作りたいとの旨を伝える必要があります。

IC Marketsの手数料:評価⭐️⭐️⭐️

スプレッド・取引手数料

IC MarketsのStandard口座、他業者のSTP口座のスプレッドを比較した結果が次のとおり。

スクロールできます
FX業者
口座タイプ

USDJPY

EURJPY

GBPJPY

AUDJPY

EURUSD

GBPUSD

AUDUSD

XAUUSD
IC Markets
Standard
0.7 pips1.3 pips1.8 pips1.5 pips0.6 pips1.4 pips0.8 pips0.18
XMTrading
スタンダード
1.6 pips2.3 pips3.6 pips3.3 pips1.7 pips2.2 pips1.9 pips0.28
FXGT
スタンダード
1.6 pips2.2 pips3.5 pips3.3 pips1.6 pips2.2 pips1.6 pips0.40
AXIORY
スタンダード
1.3 pips1.4 pips1.9 pips2.0 pips1.3 pips1.6 pips1.7 pips0.53
Exness
スタンダード
1.1 pips1.9 pips2.0 pips1.3 pips1.0 pips1.5 pips1.5 pips0.50

IC MarketsのRaw口座と、他業者のECN口座のスプレッドを比較した結果が次のとおり。

平均スプレッドと手数料を加味した実質スプレッドを上段に、1ロットあたりの取引手数料を下段に記載しています。

スクロールできます
FX業者
口座タイプ

USDJPY

EURJPY

GBPJPY

AUDJPY

EURUSD

GBPUSD

AUDUSD

XAUUSD
IC Markets
Raw MT4
0.8 pips
(0.7 pips)
1.0 pips
(0.7 pips)
1.5 pips
(0.7 pips)
1.2 pips
(0.7 pips)
0.7 pips
(0.7 pips)
1.3 pips
(0.7 pips)
0.9 pips
(0.7 pips)
0.14
($0.06)
IC Markets
Raw cTrader
0.7 pips
(0.6 pips)
0.9 pips
(0.6 pips)
1.4 pips
(0.6 pips)
1.3 pips
(0.6 pips)
0.6 pips
(0.6 pips)
0.8 pips
(0.6 pips)
0.8 pips
(0.6 pips)
0.15
($0.07)
AXIORY
ナノ
0.8 pips
($6.0)
1.1 pips
($6.0)
1.4 pips
($6.0)
1.3 pips
($6.0)
0.9 pips
($6.0)
1.2 pips
($6.0)
1.1 pips
($6.0)
0.39
($0.6)
Exness
ロースプレッド
0.7 pips
($7.0)
1.1 pips
($7.0)
1.2 pips
($7.0)
0.9 pips
($7.0)
0.7 pips
($7.0)
0.9 pips
($7.0)
0.9 pips
($7.0)
0.28
($0.7)
Titan FX
ブレード
1.0 pips
($7.0)
1.4 pips
($7.0)
2.2 pips
($7.0)
1.8 pips
($7.0)
0.9 pips
($7.0)
1.3 pips
($7.0)
1.2 pips
($7.0)
0.28
($0.7)
BigBoss
プロスプレッド
1.1 pips
($9.0)
1.5 pips
($9.0)
1.8 pips
($9.0)
1.6 pips
($9.0)
1.4 pips
($9.0)
1.8 pips
($9.0)
1.9 pips
($9.0)
0.32
($0.9)

スワップポイント

IC Marketsのスワップポイントを1ロットあたりの円建て表記でまとめました。

あくまでも2023年9月4日現在の情報のため、最新の情報はIC Markets公式の取引条件ページを確認してください。

通貨ペア買いスワップ売りスワップ
USDJPY+149円-240円
EURJPY+120円-186円
GBPJPY+214円-368円
AUDJPY+84円-138円
EURUSD-93円+55円
GBPUSD-27円-6円
AUDUSD-42円+21円
XAUUSD-4,262円+2,601円

口座維持手数料

IC Marketsでは原則的に口座の維持手数料はかかりません。

しかし、残高が無く6ヶ月連続して取引や入出金がない口座は「凍結口座」となり、復活ができなくなるため注意しましょう。

入出金手数料

IC Marketsの入出金手数料は基本的に無料です。

IC Marketsのボーナス:評価 −

IC Marketsはスプレッドの狭さを追求しているA-book業者であるため、原則としてボーナスは提供していません。

IC Marketsの入出金方法:評価⭐️⭐️

IC Marketsへの入金方法は、国内銀行送金、海外銀行送金、仮想通貨(USDT)などが用意されています。

最も手軽なのは国内銀行送金で、手数料無料で最短即日に着金しますが、1回100万円までの金額制限があります。

海外銀行送金は1回$100,000まで、仮想通貨(USDT)は1回$50,000まで送金できるので、多額を送金するならこれらを使うと良いでしょう。

IC Marketsへの入金方法
スクロールできます
入金方法手数料最低入金額最大入金額反映時間
国内銀行送金無料15,000円100万円1営業日
海外銀行送金無料※1$100,0002〜5営業日
仮想通貨(USDT)無料$30$50,000即時
  • 1:IC Markets側での手数料は無料ですが、別途送金手数料が発生する

IC Marketsからの出金方法は、基本的に入金と同じものが用意されています。

IC Marketsからの出金方法
スクロールできます
出金方法手数料最低出金額反映時間
国内銀行送金無料1〜5営業日
海外銀行送金無料※1最大14営業日
仮想通貨(USDT)無料1営業日
  • 1:IC Markets側での手数料は無料ですが、別途送金手数料が発生する

IC Marketsの取り扱い銘柄:評価⭐️⭐️⭐️

IC Marketsの取り扱い銘柄はとても豊富で、FX通貨ペアのみならず、様々なCFD商品をトレードできるのが魅力です。

株式CFDに至っては世界各国の2,000を超える銘柄をカバーしており、幅広い銘柄に投資できます。

FX通貨ペア61銘柄
仮想通貨CFD18銘柄
貴金属CFD11銘柄
指数CFD24銘柄
原油CFD5銘柄
コモディティCFD8銘柄
株式CFD2,212銘柄

現在の取り扱い銘柄は次のとおり。

メジャーペア

AUDUSD, EURUSD, GBPUSD, NZDUSD, USDCAD, USDCHF, USDJPY

クロス円ペア

AUDJPY, CADJPY, CHFJPY, EURJPY, GBPJPY, NOKJPY, NZDJPY, SEKJPY, SGDJPY

マイナーペア

AUDCAD, AUDCHF, AUDNZD, AUDSGD, CADCHF, CHFSGD, EURAUD, EURCAD, EURCHF, EURDKK, EURGBP, EURHKD, EURNOK, EURNZD, EURPLN, EURSEK, EURSGD, EURTRY, EURZAR, GBPAUD, GBPCAD, GBPCHF, GBPDKK, GBPNOK, GBPNZD, GBPSEK, GBPSGD, GBPTRY, NOKSEK, NZDCAD, NZDCHF, USDCNH, USDCZK, USDDKK, USDHKD, USDHUF, USDMXN, USDNOK, USDPLN, USDRUB, USDSEK, USDSGD, USDTHB, USDTRY, USDZAR

IC Marketsの取引環境:評価⭐️⭐️⭐️

取引プラットフォーム・アプリ

IC Marketsの取引プラットフォームは、MT4(MetaTrader 4)・MT5(MetaTrader 5)・cTraderの3種類が用意されています。

MT4・MT5は、どちらもWindows用とMac用が用意されているほか、iOS(iPhone・iPad)やAndroidバージョンも提供されており、様々なOS・デバイスで取引できるので安心です。

cTraderはまだまだマイナーな取引ツールですが、MetaTraderよりも取引ツールが充実しているだけでなく、より直感的に扱えるインターフェイスが魅力で、コアな上級者を中心に人気を集めています。

また、iOS・Android公式アプリも提供されており、取引から口座の管理までアプリひとつで操作できます。

ツールWindowsMaciOSAndroid
MT4
MT5
cTrader
Web取引
公式アプリ

ソーシャルトレード

IC Marketsでは、他のトレーダー(プロバイダー)の実際の取引をリアルタイムでコピーできるサービス「ソーシャルトレード」を提供しています。

世界中のプロバイダーが提供する戦略の中から、収益を伸ばし続けている戦略をコピーすることで、自分で分析や判断をすることなく、安定した運用に期待できます。

ただし、どんなに過去の成績が良いプロバイダーや戦略でも、突然大きな損失が発生する可能性があるため、許容できる損失額を設定しておくなどの対策が必要です。

また、コピートレードで得た利益がそのまま残るわけではなく、プロバイダー側が設定している0〜50%の手数料を支払う必要があるので、5〜20%程度の手数料率の低い戦略を選ぶことをおすすめします。

VPS

IC Marketsユーザーは、FX通貨ペアもしくは貴金属CFDを月15ロット以上を取引すれば、VPSを無料利用でき、次の3つから自由に選べます。

  • Forex VPS
  • Beeks FX VPS
  • New York City Servers

IC Marketsの学習コンテンツ:評価⭐️

IC Marketsでは、日々のマーケットニュースが動画で配信されているほか、毎日のようにウェブセミナーが行われていて、学習コンテンツの配信にかなり力を入れている印象です。

しかし、残念ながら日本語でのコンテンツは配信されていません。

IC Marketsのサポート:評価⭐️

IC Makretsは日本人受け入れを始めたものの、Webサイトの大部分は日本語非対応で英語表記となっています。

しかし2022年下旬から日本人スタッフによるサポートを始め、現在はライブチャットやメール、電話を通じてやり取りできます。

ただ、今のところ日本人スタッフは1人しか在籍しておらず、タイミングによってはなかなか連絡を取れないこともあるので、その際は英語でやり取りすると良いでしょう。

サポート形式対応時間返信
日本語ライブチャット平日8:00〜17:00即時
メールサポート平日24時間1営業日
電話サポート平日8:00〜17:001営業日
LINEサポート
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Kazuaki Obataのアバター Kazuaki Obata 合同会社WOZ代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!
トレード歴は8年以上。今まで使ってきたFX業者は延べ30社以上。

コメント

コメントする

この記事の目次