【最大15,000円】海外FXで実施中のボーナス21選

DD方式とNDD方式(STP・ECN)の違い|メリット・デメリットを徹底解説

この記事は、日本非居住者を対象にしたものであり、日本居住者に対して投資情報の発信・投資助言・勧誘を行うものではありません。
記事内にアフィリエイト広告が含まれる場合があります。
価値ある情報を提供するため、コンテンツ制作ポリシーに準拠しています。

FXの取引方式を大きく分けると、DD方式とNDD方式の2つがあります。

また、NDDにはSTPとECNの2つがあり、STPはさらにInstant ExecutionとMarket Executionの2つに分類されます。

この記事では、DD方式とNDD方式の違い、STPとECNの違い、さらにInstantとMarketの違いについて、それぞれのメリット・デメリットについて詳しく解説します。

FX取引における取引方式の違いについて知りたい人や、有利な取引方式を知りたい人は、この記事を参考材料にしてください。

この記事の引用について(ブロガー・メディア運営者様向け)

この記事は専門性が高く、専門用語の解説等も多く含んでいるため、ブロガー・メディア運営者様がコンテンツを作成される際のソースとしてご活用いただけることを期待しております。

当サイトは、文章や画像の引用を歓迎しておりますが、引用される際は引用元として当記事のURLを明記のうえ、可能な限りdofollowリンクを設定していただきますよう、お願い致します。

記事のURL
https://woz.co.jp/media/dd-vs-ndd/

記事のタイトル
DD方式とNDD方式(STP・ECN)の違い|メリット・デメリットを徹底解説

リンク例
<a href="https://woz.co.jp/media/dd-vs-ndd/" rel="noopener noreferrer">DD方式とNDD方式(STP・ECN)の違い|メリット・デメリットを徹底解説</a>

この記事の目次

FXの取引方式の違い

FXの取引方式をまとめると、次のように分類されます。

各取引方式の特徴をまとめると、次のようになります。

スクロールできます
DD方式NDD方式
STP方式ECN方式
InstantMarket
相対取引(呑み)
透明性
スプレッドの狭さ狭い広い広い狭い
スプレッドの変動小さい小さい大きい小さい
スリッページ(滑り)少ない少ないあるある
リクオート(約定拒否)あるある無い無い
スキャルピング規制される
ことが多い
規制される
ことが多い
基本的に
規制無し
基本的に
規制無し

DD方式とNDD方式

FXの取引方式には、DD方式とNDD方式の2つがあります。

DD方式(ディーリングデスク方式)とは?

DD方式はDealing Desk(ディーリングデスク)の略称で、FX業者が顧客の注文を一旦受け取り、業者内で注文を処理する方式です。

DD方式では、FX業者のディーラーが顧客の注文に対して反対売買を行うため、顧客とFX業者は利益が相反する関係になります。

DD方式の特徴としては、スプレッドが狭いこと、豪華なボーナスを提供できること、固定スプレッドが可能なことがあげられます。

一方で、取引の透明性が低いという欠点があります。

FX業者は顧客の注文を受けた後、インターバンク市場に流すかどうかを検討するため、顧客の注文が必ず反映されているとは限りません。

そのため、DD方式では約定拒否、レート操作などが行われる可能性があり、取引の安定性や透明性に欠けます。

NDD方式(ノンディーリングデスク方式)とは?

NDD方式はNo Dealing Desk(ノンディーリングデスク方式)の略称で、FX業者のディーラーを介さず、顧客の注文を直接インターバンク市場に流す方式です。

NDD方式にはECN方式とSTP方式の2種類がありますが、いずれも顧客と市場を直接繋ぐことで、透明性の高い取引を実現します。

NDD方式の特徴としては、取引の透明性が高いこと、リクォートや約定拒否が発生しにくいこと、スプレッドが広いことがあげられます。

NDD方式ではFX業者の収益源がスプレッドになるため、スプレッドを広く設定する必要があるのがネックです。

しかし、業者側は顧客の注文に介入しないため、DD方式よりも取引の安定性と透明性が保たれています。

国内はDD、海外はNDDが主流

国内のFX業者の大半は、DD方式を採用しているのに対し、海外FX業者のほとんどはNDD方式を採用しています。

国内FX業者がDD方式を多く採用する理由は、DD方式ではスプレッドを自由に設定できるため、スプレッドを狭くして競争力を高められるからです。

一方、海外FX業者は透明性と信頼性の高さをアピールするために、顧客の注文が直接処理されるNDD方式が主流となっています。

NDDにはSTPとECNの2種類がある

NDD方式には、STP方式とECN方式の2種類があります。

STP方式の特徴

STP(Straight Through Processing)方式は、FX業者が顧客の注文を受け取った後、LPに転送する方式です。

FX業者はLPの価格に自社の利益となるスプレッドを上乗せして、マークアップ価格として顧客に提示します。

STP方式はNDDの中でも処理速度が速く、ECN方式ほど透明性は高くありませんが、実勢レートをリアルタイムで提示できる利点があります。

STP方式の注文の流れは以下のとおりです。

  1. 顧客がFX業者に注文を出す
  2. FX業者がその注文を受け取る
  3. FX業者がLPの提示レートにスプレッドを上乗せする
  4. スプレッド加算したレートを顧客に提示
  5. 顧客が提示レートで注文できるか判断
  6. 顧客が注文した場合、FX業者はLPに原レートで注文を転送
  7. LPとFX業者の間で約定成立
  8. 顧客とFX業者の間でも約定成立

このように、STP方式ではFX業者がLPのレートにスプレッドを上乗せすることで収益を得ています。

STP方式の特徴としては以下が挙げられます。

  • LPのレートをリアルタイムで反映できるため、実勢レートでの取引が可能
  • FX業者のシステムを通過する分、ECN方式よりもレート反映が若干遅延
  • ECN方式ほど透明性は高くない
  • スプレッド幅はFX業者の事業方針によって設定可能
  • 主要通貨ペアでは常時高い流動性を提供できる

STP方式はNDDの中では比較的取引しやすい環境を提供しており、リアルタイム性と処理速度に優れています。

業者の利益がスプレッドに含まれているため、取引コストはECN方式よりも高くなりますが、メリットも大きいといえます。

また、ややこしいことに、STP方式はさらにInstant Execution(インスタントエクスキューション)とMarket Execution(マーケットエクスキューション)に分類され、注文のさばき方に違いがあります。

STPを採用する多くの業者はInstantとMarketを併用していて、トレーダーや注文の大小によって、システムが自動的に振り分けていることが多いです。

Instant Execution(インスタントエクスキューション)

Instant Execution(インスタントエクスキューション)は、別名「即時注文」などとも呼ばれ、FX業者が一旦注文を相殺処理をした後に、残った注文をカバー先に流す方法です。

トレーダーから受けた注文を業者内で即座に決済するため、スリッページは起こりませんが、業者にとって不利な取引となる場合、稀に約定拒否が起こることがあります。

業者側が一旦顧客の注文を呑むため、DD方式に似た特性を持っており、NDD方式の中では最も透明性が低い方式です。

Instant Executionの採用例

Market Execution(マーケットエクスキューション)

Market Execution(マーケットエクスキューション)は、別名「市場注文」「マーケット注文」などとも呼ばれ、FX業者がトレーダーから受けた注文をそのままカバー先へ流す方式です。

Instantのように注文を呑むことがないため、透明性が高いというメリットがある一方で、注文から実際に約定するまでにタイムラグが生じるというデメリットを併せ持っています。

業者側に約定拒否されることはないものの、相場変動が激しいとタイムラグによってスリッページ(滑り)が発生する可能性があります。

Market Executionの採用例

ECN方式の特徴

ECN(Electronic Communication Network)方式は、顧客の注文が直接ECNに接続されたLPに送信される方式です。

ECNには多くの市場参加者がいて、参加者たちが直に売買を行う仕組みなので、ECNはNDDの中でも最も透明性が高く、プロのトレーダーにとっては最適な環境といえます。

ただし、スプレッドとは別に取引手数料が発生する点には注意が必要です。

ECN方式の注文の流れは以下のとおりです。

  1. 顧客がFX業者に注文を出す
  2. FX業者のシステムがその注文をECNに転送
  3. ECNのマーケットへ注文が配信される
  4. 指値注文の場合、対当する注文があると約定成立
  5. 成行注文の場合、最良気配値で約定成立
  6. 約定後、顧客は手数料を支払う

ECNでは多くの市場参加者が売買注文を出しており、その中でマッチングが行われます。

ECN方式の大きな特徴は以下の点です。

  • 提示レートがECN参加者による実勢価格であるため透明性が高い
  • 手数料負担があるものの、スプレッドは極めて狭い
  • 流動性が高く、注文執行速度が速い
  • スリッページが発生しにくい

プロのトレーダーからの支持が厚いECN方式は、透明性と公平性が高くリアルタイム性にも優れています。

スプレッドとは別に発生する取引手数料がネックになるものの、約定条件は極めて良好です。

ECN方式の採用例

DD方式のメリット

DD方式には以下のようなメリットがあります。

スプレッドが狭く安定している

DD方式の大きなメリットは、業者側の判断でスプレッドを狭く設定できることです。

DD方式ではFX業者が顧客の注文を一旦受け取った上で、自社の判断でインターバンク市場に注文を出すため、FX業者がスプレッドを自由に設定できます。

多くの国内FX業者がDD方式を採用しており、スプレッド競争が激しい国内市場では、DD方式こそが極狭スプレッドを実現する上で重要な方式といえます。

また、DD方式ではスプレッドを原則固定とする場合が多く、レートの変動が小さいことで保有コストを安定的に抑えられるのが魅力的です。

スワップポイントが有利

DD方式では、FX業者は顧客の注文に対して反対売買を行うため、ポジションを持ち越す際の「スワップポイント」で利益を得る必要がありません。

そのため、国内FX業者ではプラスのスワップポイントをつけることが多く、プラススワップのポジションを長期間持ち続ければ、それだけでも利益を得ることができます。

一方、NDD方式のFX業者はスワップポイントを収益源の一つとするため、条件はDD方式よりも厳しく設定されることが多いのが実情です。

DD方式のデメリット

一方で、DD方式には以下のようなデメリットも存在します。

透明性が低い

DD方式ではFX業者が顧客の注文を受け取った上で、自らの裁量で注文を処理します。

そのため、実際には顧客に不利な形で注文処理が行われている可能性があるにも関わらず、それを顧客が検証する方法がありません。

DD方式では取引の透明性が低く、ブラックボックス的な構造がたびたび批判されています。

業者と利益相反が起こる

DD方式ではFX業者は顧客の注文に対して反対売買(例えば顧客が買い注文を送ると業者は売りポジションを持つ)を行うため、FX業者と顧客は利益が対立する関係に置かれます。

FX業者側にとって不利な注文をすると、あえて処理を遅らせたり、そもそも注文を拒否する可能性も否めません。

業者と利益相反が起こり、場合によっては指示通りに注文が通らない可能性がある点は、DD方式の大きな欠点であると言えます。

スキャルピング・自動売買ができないことが多い

DD方式ではFX業者の裁量で注文が処理されるため、数秒間で連射するようなスキャルピングは禁止されることが多いのが実情です。

また、自動売買システムの利用も、多くのDD方式の業者では禁止されています。

取引の自由度が制限される点はDDの大きなデメリットといえるでしょう。。

NDD方式のメリット

次にNDD方式の主なメリットを見ていきましょう。

透明性が高い

NDD方式では顧客の注文はそのまま外部に送信されるため、FX業者の恣意的な操作を受けることはありません。

従って、NDD方式では取引の透明性が極めて高いという特徴があります。

業者と利益相反が起こらない

NDD方式ではFX業者は顧客の注文に何も介入しないので、DD方式のような業者と顧客の利益相反は原理的に起こり得ません。

FX業者にとって顧客が勝っても負けても関係なく、手数料収入が得られるため、業者側には顧客に勝ってもらってどんどん取引を繰り返して欲しいという思惑があります。

メジャー通貨ペアは約定しやすい

NDD方式では流動性の高いメジャーな通貨ペアの取引は、スムーズに約定が行われる傾向にあります。

複数のLPから常時レート提示を受けて、顧客にとってより有利なレートが引き出されるので、取引量の多いEURUSDやUSDJPYなどのメジャーペアでは、優れた約定環境が提供されます。

スキャルピング・自動売買がしやすい

先述のとおり、NDD方式の業者は顧客がどのような取引をしようとも、基本的には利益を得られるため、スキャルピングや自動売買も認可されていることが多いです。

頻繁に売買を繰り返すスタイルでも、損益がFX業者の懐には入らないNDD方式では、むしろそうした取引スタイルが歓迎される傾向にあるといえるでしょう。

NDD方式のデメリット

透明性と約定力に優れるNDD方式ですが、以下のようなデメリットが存在します。

DD方式よりもスプレッドが広い

NDD方式のFX業者はスプレッドを収益源の一つとしているため、DD方式に比べてスプレッド幅が広くなる傾向があります。

NDD方式の透明性の高さを維持するためのコストが、スプレッド幅の拡大という形で現れているともいえるでしょう。

DD方式よりもスワップポイントが不利

同様にNDD方式のFX業者は、スワップポイントも収益源の一つとしています。

そのため、プラススワップはDD方式ほど高くは設定されておらず、逆にマイナススワップが膨らむ傾向があります。

中長期的なポジション保有の際には、マイナススワップによる目減りに注意が必要です。

しかし最近では、Axiエリート口座やXMTrading KIWAMI極口座のように、スワップポイントがかからないスワップフリーを提供する海外口座も増えてきました。

取引量の少ない銘柄は約定しにくい

NDD方式における約定のしやすさは取引量に依存するため、流動性の低い通貨ペアの取引は、なかなか取引が成立しないことがありえます。

マイナー通貨を取引対象にするのであれば、DD方式を使ったほうがスムーズな取引ができるかもしれません。

DD方式とNDD方式はどっちが良い?

FXの取引方式にはDD方式とNDD方式がありますが、良し悪しは個人の取引スタイルによって異なります。

DD方式のメリットはスプレッドが安く安定していることと、スワップポイント条件が良いことですが、透明性が低くて取引方法に制限が多いことがデメリットです。

NDD方式のメリットは取引の透明性が高く、取引の自由度が高いことですが、スプレッドやスワップなどの取引コストがかさみやすく、取引量の少ない銘柄は約定しにくいことがデメリットになります。

よって、取引の安全性や自由度を重視するならNDD方式、コスト面を重視するならDD方式が向いていると言えます。

例えば、長期間のポジション保有を行うスタイルであれば、スワップポイントが有利なDD方式の方が合理的といえるでしょう。

逆に、頻繁に売買を繰り返すスキャルピングや自動売買をするなら、取引制限が少なく約定力の高いNDD方式がおすすめです。

あるいは、取引経験が浅い初心者は、スプレッドが狭くて安定しているDD方式のほうが馴染みやすいかもしれません。

このように、DD方式とNDD方式はトレードスタイルによって向き不向きが異なるため、自分の取引特性を理解した上で、自分に合った方式を採用するFX業者を選ぶことが大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Kazuaki Obataのアバター Kazuaki Obata 合同会社WOZ代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!
トレード歴は8年以上。今まで使ってきたFX業者は延べ30社以上。

コメント

コメントする

この記事の目次