海外FXで実施中の豪華ボーナス18選

XMTrading(XM)の口座タイプ比較|おすすめ口座・選び方・変更方法

記事内にアフィリエイト広告が含まれる場合があります。
価値ある情報を提供するため、コンテンツ制作ポリシーに準拠しています。

XMTrading(XM)にはスタンダード口座マイクロ口座ゼロ口座KIWAMI極口座の4つの口座タイプがあります。

口座タイプごとに最大レバレッジやスプレッド、取引手数料、スワップポイントなどが異なるため、自身の取引スタイルに適した口座タイプを選ぶことが重要です。

また、口座タイプによって受けられるボーナスや特典も異なるため、それぞれの特典もチェックしてみてください。

この記事では、XMTradingの4種類の口座タイプの違いや、口座タイプの選び方、変更方法などについて詳しく解説します。

なお、XMTradingがどんな業者かを知りたい人は「XMTrading(XM)の評判」をお読みください。

今なら新規口座開設で13,000円プレゼント!

公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

XMTradingの口座タイプ比較表
スクロールできます
項目スタンダード口座マイクロ口座KIWAMI極口座ゼロ口座
1ロットの価値100,000通貨1,000通貨100,000通貨100,000通貨
最大レバレッジ1,000倍1,000倍1,000倍500倍
取引ツールMT4
MT5
MT4
MT5
MT4
MT5
MT4
MT5
注文方式NDD STPNDD STPNDD STPNDD ECN
スプレッド1.6pips〜1.6pips〜0.7pips〜0.1pips〜
取引手数料$10 /1ロット
最低取引ロット0.01MT4:0.01
MT5:0.1
0.010.01
最大取引ロット501005050
最大ポジション数200200200200
ゼロカット
ロスカットレベル20%20%20%20%
ストップレベル××××
口座開設ボーナス
入金ボーナス××
取引ボーナス××
最低入金額$5$5$5$5
この記事の目次

おすすめはスタンダード口座

口座タイプ選びに迷ったら、まずはスタンダード口座を使ってみることをおすすめします。

スタンダード口座は、XMTrading(XM)で最もベーシックな口座タイプであり、取引手数料がかからないため、取引コストを抑えることができます。

また、口座開設ボーナス、入金ボーナス、ロイヤルティプログラムなど、XMTradingが提供するボーナスキャンペーンを全て利用できます。

XMTradingを初めて使う方からFX上級者まで、幅広い層に選ばれている口座タイプです。

事実、2023年10月に実施したXMTradingの実態調査では、XMTrading利用者のうち67%がスタンダード口座を使っていることがわかり、人気の口座タイプといえます。

XMTradingで最も使っている口座タイプ

XMTrading(XM)の口座タイプと特徴

XMTradingには次の4つの口座タイプがあります。

  1. スタンダード口座
  2. マイクロ口座
  3. KIWAMI極口座
  4. ゼロ口座

スタンダード口座

スタンダード口座のメリット
  1. すべてのボーナスを利用できる
  2. 最大レバレッジ1,000倍
  3. 取引でポイント(XMP)が貯まる
  4. 取引銘柄が豊富
  5. 取引手数料がかからない
スタンダード口座のデメリット
  1. スプレッドが広い
  2. スワップポイントが発生

XMスタンダード口座は、XMTradingで最もベーシックな口座タイプです。

1ロットは10万通貨となっており、最大レバレッジは1,000倍で、少額の資金でも大きな取引を行うことが可能です。

スプレッドはUSDJPYやEURUSDで1.6pips〜と広めですが、取引手数料はかかりません。

新規口座開設すると、口座開設ボーナスとして13,000円の取引用ボーナスが貰えるほか、入金ボーナスを受け取ったり、ロイヤルティプログラムで取引量に応じてXMP(XMポイント)を貯めることができます。

XMTradingを初めて使う方や、まだFX取引に不慣れな方にとって、スタンダード口座は非常に扱いやすい口座タイプといえます。

マイクロ口座

マイクロ口座のメリット
  1. 小ロットの取引ができる
  2. 最大レバレッジ1,000倍
  3. すべてのボーナスを利用できる
  4. 取引でポイント(XMP)が貯まる
  5. 取引手数料がかからない
マイクロ口座のデメリット
  1. 大きな利益を得るのが難しい
  2. スプレッドが広い
  3. スワップポイントが発生
  4. 取引できる通貨ペア数が少ない
  5. デモ口座が利用できない

XMマイクロ口座は、基本的な特徴はスタンダード口座と同じですが、1ロットの価値が1,000通貨と小さく設定されている点です。

最大レバレッジ1,000倍、スプレッド1.6pips〜、取引手数料なしという点では、スタンダード口座と共通しています。

スタンダード口座と違うのは、例えば、ドル円を1ロット取引する場合、スタンダード口座では10万ドル(約1,400万円分)の取引になりますが、マイクロ口座では1,000ドル(約14万円分)の取引となります。(1ドル=140円と仮定)

仮にマイクロ口座の1ロットで100pips(ドル円なら1円の値幅)負けても、損失は1,400円に抑えられます。(スタンダード口座なら14万円の損失)

また、MT4では0.01ロット、MT5では0.1ロットからの取引が可能なので、少額取引に適しています。

このため、マイクロ口座では損失を少なく抑えながらFX取引を学ぶことができるので、少ない資金からFXを始めたい人にとってはうってつけの口座タイプといえるでしょう。

KIWAMI極口座

KIWAMI極口座のメリット
  1. スプレッドが狭い
  2. 取引手数料がかからない
  3. 一部銘柄がスワップフリー
  4. 最大レバレッジが1,000倍
  5. 口座開設ボーナスが貰える
KIWAMI極口座のデメリット
  1. 入金ボーナス・XMPの付与対象外
  2. スワップトレードができない
  3. MT5のデモ口座を開設できない
  4. 取引できる通貨ペア数が少ない

XM KIWAMI極口座は、2022年10月に新しく追加されたXMTradingの口座タイプです。

スプレッドがゼロ口座に次いで0.6pipsと狭く設定されていますが、取引手数料が全額無料という点が大きな特徴です。

また、人気の通貨ペアではスワップポイントも無料となっており、日をまたいでポジションを持ち越す際にスワップポイントがかかりません。

最大レバレッジは1,000倍と高く、スプレッドもある程度狭められているため、コストを抑えつつ、手数料なしでスキャルピングしたい場合に適した口座タイプといえます。

反面、入金ボーナスやXMP付与の対象外となっており、貰えるのは口座開設時の13,000円ボーナスのみとなっています。

ゼロ口座

KIWAMI極口座のメリット
  1. スプレッドが狭い
  2. 口座開設ボーナスが貰える
  3. 取引手数料を経費計上して節税に繋がる
KIWAMI極口座のデメリット
  1. 入金ボーナス・XMPの付与対象外
  2. 取引手数料がかかる
  3. 最大レバレッジが500倍に制限される
  4. CFD銘柄が取引できない
  5. スワップポイントが発生

XMゼロ口座は、XMTradingの口座タイプのなかで最もスプレッドが狭く設定されていて、主要通貨ペアは最低0.0pipsからの極狭スプレッドで取引できます。

一方で、1ロットあたり$10の取引手数料がかかるのが特徴で、実質的な取引コストはスプレッドと手数料を合わせたものとなります。

手数料$10は約1pips分の価値に相当しますが、そもそもスプレッドがほぼかからないため、トータルの取引コストはスタンダード口座よりも低く抑えられます。

また、スプレッドは経費になりませんが、取引手数料は経費計上できるので、取引コストの大部分が取引手数料のゼロ口座を使うことで、節税効果も狙えます。

ただし、最大レバレッジは500倍と、他の口座タイプの1,000倍よりも下げられているため、同じ量のポジションを取るにも他口座の倍の証拠金が必要になります。

入金ボーナスやXMP付与の対象外となっており、貰えるのは口座開設時の13,000円ボーナスのみとなっています。

XMTrading(XM)の口座タイプを比較

では、4つの口座タイプの違いを比較していきましょう。

口座タイプを比較するうえで、着目したいのは次の5項目です。

  1. レバレッジを比較
  2. スプレッド・取引手数料を比較
  3. スワップポイントを比較
  4. 1ロットの価値を比較
  5. 貰えるボーナスを比較

レバレッジを比較

口座タイプ最大レバレッジ
スタンダード口座1,000倍
マイクロ口座1,000倍
ゼロ口座500倍
KIWAMI極口座1,000倍

レバレッジとは、実際の取引額に対する必要証拠金の比率を示すものです。

例えば、口座の最大レバレッジが1,000倍で1万円の証拠金があれば、1,000万円分の取引が可能になります。

レバレッジが高いほど、少ない資金で大きな取引を行えるため、効率良く利益を稼げる反面、損したときのダメージも大きくなるため、自身のリスク許容度にあったレバレッジ設定が大切です。

XMTradingでは、スタンダード口座、マイクロ口座、KIWAMI極口座の最大レバレッジが1,000倍に設定されていて、ゼロ口座だけは500倍と、半分のレバレッジに抑えられています。

1,000倍も500倍も、十分ハイレバレッジであることに変わりはないので、実際の取引のうえで気になることは少ないかもしれません。

スプレッド・取引手数料を比較

口座タイプスプレッド手数料
スタンダード口座1.6pips〜手数料なし
マイクロ口座1.6pips〜手数料なし
ゼロ口座0.0pips〜1ロット10ドル
KIWAMI極口座0.6pips〜手数料なし

スプレッドとは売り価格と買い価格の差のことで、取引手数料とは取引のたびにロット数に応じて発生する手数料のことです。

スタンダード口座とマイクロ口座の平均スプレッドは1.6pipsと同じですが、ゼロ口座が0.0pips、KIWAMI極口座は0.6pipsとよりスプレッドが狭く設定されています。

ただし、ゼロ口座では1ロットあたり10ドルの取引手数料が発生するため、ゼロ口座の手数料を考慮すると、KIWAMI極口座のほうがトータルの取引コストが低く抑えられます。

頻繁に売買を繰り返すスキャルピングトレードをするならKIWAMI極口座、取引コストをあまり気にせずボーナスを駆使したい人はスタンダード口座がおすすめです。

スクロールできます
FX業者
口座タイプ

USDJPY

EURJPY

GBPJPY

AUDJPY

EURUSD

GBPUSD

AUDUSD

XAUUSD
XMTrading
スタンダード
1.6 pips2.3 pips3.6 pips3.3 pips1.7 pips2.2 pips1.9 pips0.28
XMTrading
マイクロ
1.6 pips2.3 pips3.6 pips3.3 pips1.7 pips2.2 pips1.9 pips0.28
XMTrading
KIWAMI極
0.6 pips1.2 pips1.4 pips1.3 pips0.6 pips0.8 pips0.9 pips0.16
XMTrading
ゼロ
1.1 pips
($10.0)
1.4 pips
($10.0)
2.2 pips
($10.0)
2.2 pips
($10.0)
1.1 pips
($10.0)
1.3 pips
($10.0)
0.4 pips
($10.0)
0.20
($1.0)

スワップポイントを比較

口座タイプスワップ
スタンダード口座あり
マイクロ口座あり
ゼロ口座あり
KIWAMI極口座無し

スワップポイントとは、ポジションを翌日まで持ち越した際に支払う為替の金利に相当するコストのことです。

スタンダード口座、マイクロ口座、ゼロ口座は通常のスワップがかかりますが、KIWAMI極口座では人気の高いメジャー通貨ペアでスワップフリーが適用されます。

ポジションを長期間保有するスイングトレードをするなら、KIWAMI極口座のスワップフリーは大きなメリットで、スワップを気にせずにポジションを持ち続けられます。

1ロットの価値を比較

口座タイプ1ロットの価値
スタンダード口座10万通貨
マイクロ口座1,000通貨
ゼロ口座10万通貨
KIWAMI極口座10万通貨

1ロットとは取引の基本単位のことで、XMTradingのスタンダード口座、ゼロ口座、KIWAMI極口座は1ロットを10万通貨として取引を行い、マイクロ口座は1ロットを1,000通貨として扱います。

マイクロロットはスタンダードロットの100分の1で、例えば同じ1万通貨を取引するにも、スタンダードなら0.1ロット、マイクロなら10ロットとなります。

ロットスタンダードマイクロ
0.01ロット1,000通貨10通貨
0.1ロット1万通貨100通貨
1ロット10万通貨1,000通貨
10ロット100万通貨1万通貨
100ロット1,000万通貨10万通貨

マイクロ口座は取引できる額が小さい分、損失を少なく抑えて取引できますが、得られる利益も小さくなりがちです。

大口の取引をしたいならスタンダード口座を、損失リスクを抑えた取引をしたいならマイクロ口座を選択すると良いでしょう。

貰えるボーナスを比較

スクロールできます
口座タイプ口座開設ボーナス入金ボーナスXMP
スタンダード口座
マイクロ口座
ゼロ口座
KIWAMI極口座

XMTradingでは、口座開設時に13,000円分の取引用ボーナスが貰えたり、入金金額に応じて入金ボーナス付与、XMP(XMポイント)を証拠金に交換できるロイヤルティプログラムなど、様々な特典があります。

このうち、スタンダード口座とマイクロ口座では入金ボーナスやXMPなど、全ての特典を受けることができます。

一方、ゼロ口座とKIWAMI極口座は、口座開設ボーナス以外の特典は対象外となっています。

実質的な取引資金を増やすことができる入金ボーナスは大きな魅力なので、用意できる投資資金が少ない場合は、入金ボーナスのあるスタンダード口座やマイクロ口座の利用をおすすめします。

XMTrading(XM)の口座タイプの選び方

XMTradingで取引する際は、口座タイプそれぞれの特徴を理解したうえで、自分の取引スタイルに合った口座を選ぶことが重要です。

XMTradingの口座タイプの選び方をフローチャートに示すと、次のようになります。

XMTradingの口座タイプの選び方フローチャート

それぞれの口座タイプはどのような人におすすめなのかを解説します。

  1. スタンダード口座がおすすめの人
  2. マイクロ口座がおすすめの人
  3. KIWAMI極口座がおすすめの人
  4. ゼロ口座がおすすめの人

スタンダード口座がおすすめの人

スタンダード口座は、XMTradingの中で最も標準的な口座タイプです。

最大レバレッジが1,000倍と高く、スプレッドも1.6pipsからと広めですが、取引手数料がかからないのがメリットで、XMTradingのボーナス特典をすべて受け取れるのも大きな魅力です。

スタンダード口座は、以下のような人におすすめできます。

  • XMTradingを初めて使う人
  • 大きなレバレッジを生かしたい人
  • 入金ボーナスで資金を増やしたい人
  • 取引でXMP(XMポイント)を貯めたい人

はじめてXMTradingを使う場合は、スタンダード口座からスタートするのがベターです。

ボーナスなどの特典も最大限活用できるので、少ない資金でもある程度大きな取引を経験できます。

マイクロ口座がおすすめの人

マイクロ口座は、1ロットを1,000通貨と小さく設定した口座タイプで、損失リスクを限りなく小さくすることができるため、次のような人に適しています。

  • 損失を極力抑えたい人
  • 取引資金が少額の人
  • FX取引の練習目的の人

マイクロ口座なら証拠金が1円からでも取引が可能で、大きなリスクを取ることなくFXに慣れることができます。

FXの経験が浅く、これから本格的にFXで稼ぎたい人は、基礎を学ぶためにまずはマイクロ口座から始めることをおすすめします。

KIWAMI極口座がおすすめの人

KIWAMI極口座は、スプレッド0.6pipsからと狭く、取引手数料もかからないのが最大のメリットで、頻繁に売買を繰り返すスキャルピング取引に適しています。

ただし、入金ボーナスは使えないため、ある程度の自己資金が必要になります。

KIWAMI極口座は、以下のような人におすすめです。

  • スキャルピング取引をしたい人
  • 取引コストを抑えたい人
  • ある程度の資金が用意できる人

ゼロ口座がおすすめの人

ゼロ口座の最大の特徴は、スプレッドが最低0.0pipsと圧倒的に狭いことですが、その代わり1ロットあたり10ドルの取引手数料がかかり、トータルコストはKIWAMI極口座のほうが安くなります。

しかし、取引手数料は確定申告の際に経費計上できるため、節税効果を狙うならゼロ口座も良い選択肢です。

ゼロ口座は、以下のような人におすすめです。

  • スプレッドを最重要視する人
  • スキャルピング取引の上級者
  • 取引手数料を計上して節税したい人

XMTrading(XM)口座タイプの確認方法

XMTradingで口座のタイプを確認する方法は簡単です。

  1. マイページにログインします。
  2. 「マイアカウントの概要」という欄を探します。
  3. 口座の詳細情報が表示されるので、確認したい口座を選択します。
  4. 「口座種別」という箇所に口座のタイプが表示されます。

以上の手順で、自分が現在使用しているXMTradingの口座タイプを確認することができます。

XMTrading(XM)口座タイプの変更方法

XMTradingで一度選択した口座の種類を後から変更することはできず、口座タイプを変えたい場合は、新しく別の種類の口座を開設する必要があります。

1つのXMTradingアカウントで最大8つまでの口座を管理できるので、必要に応じて異なる目的でそれぞれの口座を使い分けることができます。

  1. マイページにログインします。
  2. 「追加口座開設」メニューを選択します。
  3. 開設したい口座タイプ、取引ツール、証拠金通貨などの設定を行います。
  4. パスワードを設定します。
  5. 口座の開設が完了します。

このようにXMTradingでは、異なる種類の口座を簡単に追加できるので、自分の取引スタイルに合わせた運用ができるのが魅力的です。

XMTrading(XM)口座タイプの注意点

XMTradingの口座タイプを選ぶ際に確認すべき注意点を整理します。

ゼロ口座とKIWAMI極口座では入金ボーナス・XMPを受け取れない

XMTradingの入金ボーナス、XMP(XMポイント)は、スタンダード口座とマイクロ口座でのみ受け取ることができます。

ゼロ口座とKIWAMI極口座では入金ボーナスやXMPそのものが対象外となっています。

実質的に取引資金を増やせる特典なので、入金ボーナスやXMPを活用したい場合は、スタンダード口座もしくはマイクロ口座を使うようにしましょう。

口座タイプによって取引ツールのシンボルが異なる

XMTradingの取引ツールであるMetaTrader(MT4・MT5)上では、通貨ペアのシンボル表示は口座の種類によって異なります。

例えばUSDJPY(ドル円)の場合、MetaTrader上での表示は次のようになります。

  • スタンダード口座:USDJPY
  • マイクロ口座:USDJPYmicro
  • KIWAMI極口座:USDJPY#
  • ゼロ口座:USDJPY.

取引する際は必ず、利用している口座のシンボル表記を確認しましょう。

EAの設定ではシンボルを正しく設定する

自動売買のEAを利用する際も、口座タイプとシンボルの組み合わせを正しく設定する必要があります。

例えば、スタンダード口座のEA設定をそのままマイクロ口座で利用すると、意図した通りに売買が行われない可能性があるため、EAの設定を必ず確認しましょう。

90日以上ログインしないと口座維持手数料がかかる

XMTradingのすべての口座タイプで、90日以上のログインや取引がない場合、月5ドルの口座維持手数料が発生します。

資金を残したまま長期間口座を放置すると、維持手数料でどんどん目減りしていくので、資金を出金するか頻繁に使っている口座へ振替移動しましょう。

ゼロ口座の最大レバレッジは500倍

ゼロ口座の最大レバレッジは500倍と、他の3つの口座の1,000倍より低く制限されています。

より高いレバレッジで取引したい人は、ゼロ口座以外の口座タイプを使ったほうが良いでしょう。

KIWAMI極口座のスワップフリーは一部銘柄のみ

KIWAMI極口座のスワップフリーはメジャー通貨ペアと金・銀のみが対象で、全ての銘柄がスワップフリーで取引できるわけではありません。

自分の取引対象がスワップフリー対象か必ず確認しましょう。

MT4とMT5の最小ロット数に違いがある

マイクロ口座では、MT4の最小ロットが0.01(10通貨)ですが、MT5は0.1ロット(100通貨)となっています。

口座間送金時にはボーナスが失効する場合がある

複数の口座を利用している場合、送金の際はボーナスの失効に注意が必要です。

ボーナスが入っている口座から、ゼロ口座やKIWAMI極口座へ残高を移動させると、その時点でボーナスは消滅してしまい、一度消滅したボーナスは復活できません。

スタンダード口座もしくはマイクロ口座へ移動させれば、ボーナスは消えずに引き継がれます。

複数口座の両建ては禁止

XMTradingでは同一通貨ペアでの両建て(買い・売りのポジションを同時に持つ行為)は利用規約違反となります。

複数の口座でEAを稼働させた際、たまたま両建てになってしまうケースは許容されていますが、意図的に両建てを行うと口座凍結やボーナス没収などのペナルティが課せられることがあります。

ただし、同じ口座内での両建ては違反になりません。

XMTrading(XM)口座タイプに関するQ&A

それでは、XMTradingの口座タイプについてよくある質問と回答を見ていきましょう。

リアル口座とデモ口座の違いは?

リアル口座は実際のお金を使って本番の取引ができる口座です。

一方でデモ口座は、架空の残高を使った練習専用口座となっています。

取引ツールの種類は?

XMTradingで利用できる主な取引ツールは、MT4・MT5の2種類です。

それぞれに特徴があるので、自分の取引スタイルに合ったツールを選ぶことをおすすめします。

  • MT4:有志が開発したインジケータやEAが豊富で、自動売買に適している
  • MT5:分析機能や取引方法が豊富、かつ動作スピードが速く、スキャルピングやデイトレードなど裁量トレードに適している
スプレッドはどの程度か?

XMTradingのスプレッド幅は口座の種類によって異なりますので、口座選びの際の参考にすることをおすすめします。

スタンダード口座・マイクロ口座では1.6pips〜、KIWAMI極口座では0.6pips〜、ゼロ口座では0.0pips〜となっています。

口座開設に必要なものは?

XMTradingの口座開設に必要なのは、パスポートなどの本人確認書類と、公共料金の明細や住民票などの住所確認書類の2点です。

マイページから2点の書類をアップロードするだけで本人確認ができます。

追加口座はいくつまで作れる?

1つのアカウントで最大8つまでの追加口座を作成可能で、取引目的に応じて複数の口座を使い分けることができます。

ただし、90日以上のログインや取引がない口座では、月5ドルの口座維持手数料が発生するため、作りすぎには注意が必要です。

スキャルピングはできる?

XMTradingではスキャルピングも可能です。

特にスプレッドの安いゼロ口座やKIWAMI極口座を使えば、取引コストを抑えてスキャルピングができます。

EAを利用した自動売買はできる?

XMTradingのMT4・MT5では、EAを利用した自動売買が可能です。

ただし、スキャルピング系のEAはスプレッドの広いスタンダード口座と相性が悪い可能性があるため、まずは少額でテストをしてから本番運用することが大切です。

スマホでの取引はできる?

XMTradingには専用のスマホアプリが用意されていて、いつでもどこでもスマホ1つで取引することができます。

法人口座は作れる?

いいえ、XMTradingでは法人口座を開設できません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Kazuaki Obataのアバター Kazuaki Obata 合同会社WOZ代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!
トレード歴は8年以上。今まで使ってきたFX業者は延べ30社以上。

コメント

コメントする

この記事の目次