【最大15,000円】海外FXで実施中のボーナス21選

XMTrading(XM)の出金拒否|高額出金は拒否される?対処法も解説

この記事は、日本非居住者を対象にしたものであり、日本居住者に対して投資情報の発信・投資助言・勧誘を行うものではありません。
記事内にアフィリエイト広告が含まれる場合があります。
価値ある情報を提供するため、コンテンツ制作ポリシーに準拠しています。

XMTrading(以下、XM)は、高いレバレッジと豪華なボーナスを提供していることから、初心者から上級者まで多くのFXトレーダーから人気を集めている海外FX業者です。

しかし、海外FXと聞くと、どうしても「危険」「詐欺」「資金を持ち逃げされる」のようなネガティブなイメージを抱いてしまう人もいるでしょう。(海外FXの出金拒否について

実際にGoogleで「XM」と調べると、関連キーワードとして「出金拒否」が現れることから、出金拒否される業者なのか?と心配している人も少なくないことが分かります。

まず結論としては、XMでは理不尽・悪質な出金拒否は起きません。

出金拒否されるほとんど原因は、ユーザー側のルール違反や不正によるものです。

この記事では、XMで出金拒否される具体的なケースや、出金拒否を未然に防ぐ方法、万が一出金拒否されたときの対処法を詳しく解説します。

なお、XMTradingがどんな業者かを知りたい人は「XMTrading(XM)の評判」をお読みください。

今なら新規口座開設で13,000円プレゼント!

公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

この記事の目次

XMで出金拒否はある?

XMでは、基本的に理不尽な理由で出金拒否されることはありません。

海外FX業者のなかには、稼ぎすぎやスキャルピングをした等の理由から出金拒否する悪質な業者が存在することは事実で、XMもそのような危険業者なのではと懸念する人もいるでしょう。

しかし、もし業界大手のXMがそのような悪事を働けば、ネット上で瞬く間に悪評が広まり、利用者からの信頼を失うことは間違いありません。

また、そもそもXMは顧客と利益相反しないNDD方式を取っていて、顧客が稼げば稼ぐほどXMも儲かる仕組みであることから、稼ぎすぎると出金拒否されるということもありません。

XMで出金拒否される原因のほぼ全ては、顧客のルール違反や故意の不正によるものです。

XMで出金拒否される11のケース

では、どのような行動をとるとXMで出金拒否されるのか、具体的な事例を見ていきましょう。

ボーナスを出金しようとした

XMでは、新規口座開設時や入金時に付与される様々なボーナスは、取引の際の証拠金としてのみ使えます。

ボーナス自体をそのまま出金することはできず、出金しようとすると拒否されてしまいます。

たとえば、入金時に付与された1万円のボーナスを全額使って取引を行い、2万円の利益を出したとします。

この場合、有効証拠金は3万円となりますが、2万円の利益は問題なく出金できる一方、当初付与された1万円のボーナス部分は出金できません。

禁止行為を行った

XMが定める禁止行為には、両建て取引、XMと異なる業者間のアービトラージ、レートエラーを利用した取引などがあります。

  • 複数口座による両建て
  • 他業者とのアービトラージ
  • グループで共謀した両建て
  • 第三者へ名義貸しによる口座使用
  • 遅延やエラーを利用した取引
  • 経済指標や要人発言などのみ狙ったハイレバレッジ取引
  • 窓開け・窓埋めのみを狙った取引
  • AI(人工知能)を使った取引
  • XMのサーバーへ大きな負荷がかかる取引
  • ボーナスやXMP(XMポイント)の不正取得
  • 自己アフィリエイト

これらの行為をした場合、警告だけで済む場合もありますが、悪質と判断されれば一発で出金拒否や口座停止などの重いペナルティも科されます。

代表的な禁止行為は、複数口座間の両建てです。

例えば、A口座でUSDJPY(米ドル/日本円)を1ロット買い、B口座でUSDJPYを1ロット売りの両建てポジションを保有することが禁止されています。

また、XMと異なる業者間での価格差を利用したアービトラージ(さや取り)取引も禁止行為です。

これらの行為が発覚すると、出金が拒否されたり利益が没収されるなど、重いペナルティが科されることがあります。

ポジション保有しながら証拠金維持率150%を切ろうとした

XMでは、ポジションを保有した状態でも出金できますが、証拠金維持率が150%を下回る場合は出金できません。

急激な相場変動によって、口座残高がマイナスになりロスカットされるリスクが高まるためです。

例を示すと、有効証拠金10万円に対して必要証拠金5万円のポジションを保有している状態で、3万円を出金しようとすると拒否されます。

もし、3万円を出金してしまうと、出金後の証拠金維持率は140%(7万円÷5万円)となり、150%を下回ってしまうためです。

カード入金の返金をしていない

過去にクレジットカードやデビットカードでの入金している場合、カードで入金した分までは同じカードへ返金しなければなりません。

これはカードの現金化やマネーロンダリングを防ぐための対策です。

例えばクレジットカードで10万円入金後、20万円に増えたとしても、10万円まではクレジットカードへ返金しないといけません。

カードへの返金処理が終わり次第、残りの利益分を銀行送金で引き出せるようになります。

カードで入金額以上を出金しようとした

XMに限らず、海外FXではクレジットカードやデビットカードで出金(返金)できる額は入金額までと決まっています。

入金額以上の利益分は銀行送金で処理する必要があり、カードで全額出金しようとすると拒否されてしまいます。

なぜなら、カードはそもそも買い物の決済手段であり、決済金額まではキャンセル処理で返金ができますが、決済額以上を返金する機能は備わっていないためです。

例えば、クレジットカードで10万円入金し、取引で30万円に増えた場合、クレジットカードで出金できるのは10万円までで、残りの20万円は銀行送金で出金しなければなりません。

カードへの返金処理に時間がかかる

クレジットカードでの出金は、カード会社の事情により最大2ヶ月程度処理に時間がかかる場合があります。

これはカード会社側の仕様であり、XMの責任ではありません。

XM側での返金処理が済んでいるのに、いつまで経ってもクレジットカードへの返金が反映されない場合は、カード会社に確認することをおすすめします。

過去入金履歴のない方法で出金しようとした

XMでは、過去の入金履歴がない出金方法での出金申請は拒否されます。

これはマネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性があるための措置です。

例えば、過去に一度もbitwalletでの入金を行っていないのに、bitwalletで出金を行おうとした場合、入金実績がないことを理由に拒否されます。

過去に入金実績がある方法で出金申請を行う必要があります。

ただし、XMは銀行送金以外の方法では入金した分までしか出金できない制約があるため、過去に銀行送金で入金していなくても、例外的に銀行送金で出金できます。

必要書類を提出していない

XMでは、本人確認のため身分証明書や現住所確認書類を必ずアップロードする必要があります。

身分証明書
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 障害者手帳
  • 外国人登録証明書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
住所確認書(発行から6ヶ月以内)
  • 電気・ガス・水道の請求書・領収書
  • 電話・ネット回線の請求書・領収書
  • カード・銀行の利用明細・請求書
  • 健康保険証(住所記載のもの)
  • 住民票
  • 印鑑登録証明書
  • 納税証明書

必要書類を提出しないと、一切出金できないため、口座開設したらなるべく早めに済ませておきましょう。

また、書類の有効期限が近づくと新しい書類の提出を求められ、有効期限を過ぎてしまうと再提出するまでは出金できなくなります。

誤った銀行情報を登録した

XMへの出金に利用する銀行口座は、登録時に正確な情報を入力する必要があります。

銀行名や支店名、口座番号や名義人氏名に誤りがある場合、その情報では出金できずにキャンセルされます。

この場合はマイページから出金口座情報を修正し、正しい情報で再申請することが必要です。

他人名義の口座へ出金しようとした

XMから出金する際の銀行口座は、XMに登録した名義人本人のものでなければなりません。

他人名義の口座に出金しようとすると拒否されます。

マネーロンダリングやテロ資金供与を対策するための海外FX全般におけるルールで、他人名義の口座である可能性がある場合は、追加で本人確認書類の提出を求められることもありえますので注意しましょう。

XM全体で出金遅延が発生

XMでは、システム障害や定期メンテナンス時などに、一時的に出金処理に遅延が発生することがあります。

XM全体で出金遅延が起こると、出金申請を行ってもすぐに処理されず、着金まで日数がかかることがあります。

たとえば普段なら即日〜1営業日ほどで着金する銀行振込でも、4〜5営業日かかることがあります。

公式サイトやSNS上で障害やメンテナンス情報を確認しつつ、日数を空けて再申請しましょう。

XMで出金拒否を防ぐ4つの方法

では、XMを使ううえで出金拒否を防ぐためには、どのような対策が必要なのでしょうか。

出金拒否を防ぐ具体的な方法は次の4つです。

XMの利用規約を理解して守る

XMを利用する上で最も重要なことは、利用規約を理解し、禁止事項を守ることです。

規約に定められた禁止事項を守らない場合、出金拒否のみでは留まらず、場合によっては口座停止や取引停止、利益没収などの厳しいペナルティが科されます。

代表的な禁止事項としては、複数口座を使った両建て取引、裁定取引、レートエラーを利用した取引などがあります。

これらの行為をしないことが出金拒否を防ぐ第一歩です。

利用規約は難しい部分もありますが、別記事「XMTradingの禁止事項」にて禁止行為を詳しくまとめているので、ぜひ参考にしてください。

過去カードで入金している場合は返金処理を行う

クレジットカードやデビットカードでの入金に関しては、同額までは同一のカードで返金処理を行う必要があります。

出金のトラブルを防ぐために、なるべく早いうちにカード返金を済ませて、いつでも利益を出金できる体制を整えておくと良いでしょう。

入出金を銀行送金で統一する

複数の入出金方法を使うと、それぞれの入金額までは同じ手段で出金する必要があり、管理が煩雑になります。

例えば、過去にカード+bitwallet+銀行送金で入金していた場合、最初にカード、次にbitwallet、最後に銀行送金という手順で出金しなくてはなりません。

入出金をスムーズにこなすために、最初から入出金手段を銀行送金のみに統一することをおすすめします。

銀行送金なら入金額に関係なく、全額出金することが可能だからです。

また、銀行送金でまとめて出金することで、手数料を抑えられる可能性もあります。

なるべく早めに必要書類を提出する

XMでは、身分証明書と現住所確認書類をアップロードして認証されるまで、口座から1円たりとも出金できません。

書類提出をうっかり忘れないためにも、口座開設したら早いうちに必要書類をアップロードしておきましょう。

また、提出した書類の有効期限が近づいてきた際にも、なるべく早く新しい書類をアップロードしましょう。

XMで出金拒否されたときの解決策

カスタマーサポートへ問い合わせる

XMで出金拒否されてしまった場合、真っ先に取るべき行動は、カスタマーサポートに問い合わせることです。

XMのサポート体制は充実していて、日本人スタッフとメールや電話、ライブチャットが利用できます。

問い合わせることで、いち早く出金拒否の原因を調べてもらえて、早期解決に繋がります。

銀行名義が違うなどの些細なミスであれば、メール対応などで修正して出金対応してもらえることもあるので、カスタマーサポートへの問い合わせは効果的です。

出金申請がキャンセルされていないか確認する

出金拒否と判断する前に、出金申請がしっかり受け付けられて処理されているかを確認しましょう。

XMのマイページへログインして、出金申請一覧の「状態」欄に「承認されました」と表示されれば申請は正しく処理されていますが、エラーなどでキャンセルされているケースもあります。

エラーメッセージやステータスを確認して、必要な場合は再度申請し直したり、原因がわからない場合はカスタマーサポートへ問い合わせましょう。

出金に時間がかかっている場合は数日待つ

銀行送金やクレジットカードといった一部の出金方法では、着金に数日かかるものもあります。

銀行送金で出金した場合、出金の多くは国内銀行送金で処理されているため、早ければ即日〜遅くとも2営業日程度で着金します。

しかし、数百万円を超えるような高額な出金の場合は、例外的に海外銀行送金で処理されることがあり、その場合は5営業日ほどかかることも考えられます。

また、カードへ返金した際にも、カード会社によっては最長で2ヶ月ほどのタイムラグが生じる事があります。

XM側で出金完了しているならば、すぐに出金拒否と判断せずに数日待ってみるのも手です。

XMTradingの出金スピード検証結果

当サイトWOZ mediaの運営会社である合同会社WOZは、XMTradingの実際の出金スピードを調べるために、月一回程度の検証を行っています。(弊社編集部の個人口座)

その結果は次のとおりで、少額なら即日、多額でも3営業日以内に完了していて、約340万円を出金した際の約3日16時間が最長でした。

累計出金額

216,902,972 JPY

平均着金スピード

2日12時間20分

最短着金スピード

0日0時間3分

最長着金スピード

4日16時間53分

  • 上記のデータは、2021年4月1日から現時点までの弊社編集部の個人口座での出金実績です
  • 複数の出金方法が含まれています
スクロールできます
出金額出金方法所要時間出金申請日時着金日時
1,035,406 JPY銀行(楽天銀行)2日15時間37分2024年2月21日(水)19:232024年2月23日(金)11:00
2,465,161 JPY銀行(楽天銀行)2日16時間52分2024年2月19日(月)17:302024年2月21日(水)10:22
3,128,563 JPY銀行(ソニー銀行)2日2時間22分2024年1月22日(月)13:022024年1月24日(水)15:24
3,403,203 JPY銀行(楽天銀行)3日23時間21分2023年12月18日(月)14:212023年12月21日(木)13:42
3,403,203 JPY銀行(楽天銀行)4日16時間53分2023年12月15日(金)17:302023年12月19日(火)10:23
500,000 JPY銀行(ソニー銀行)0日2時間18分2023年12月15日(金)13:052023年12月15日(金)15:23
4,597,293 JPY銀行(ソニー銀行)1日1時間19分2023年11月27日(月)10:232023年11月28日(火)11:42
2,039,372 JPY銀行(楽天銀行)0日2時間48分2023年10月25日(水)12:232023年10月25日(水)15:11
1,027,372 JPY銀行(ソニー銀行)0日1時間47分2023年9月25日(月)14:522023年9月25日(月)16:39
4,509,304 JPY銀行(ソニー銀行)3日16時間49分2023年9月21日(木)17:312023年9月24日(日)10:20
500,000 JPY銀行(ソニー銀行)1日17時間57分2023年8月21日(月)17:232023年8月22日(火)11:20
4,594,483 JPY銀行(ソニー銀行)3日18時間58分2023年7月24日(月)16:272023年7月27日(木)11:25
3,003,010 JPY銀行(ソニー銀行)2日2時間52分2023年6月26日(月)13:202023年6月28日(水)16:12
300,000 JPYbitwallet0日0時間3分2023年6月26日(月)13:252023年6月26日(月)13:28
5,659,562 JPY銀行(ソニー銀行)4日4時間35分2023年5月22日(月)11:582023年5月26日(金)16:33
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Kazuaki Obataのアバター Kazuaki Obata 合同会社WOZ代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!
トレード歴は8年以上。今まで使ってきたFX業者は延べ30社以上。

コメント

コメントする

この記事の目次