【最大15,000円】海外FXで実施中のボーナス21選

FXGTの出金拒否|高額出金やボーナス使用で拒否される?対処法も解説

この記事は、日本非居住者を対象にしたものであり、日本居住者に対して投資情報の発信・投資助言・勧誘を行うものではありません。
記事内にアフィリエイト広告が含まれる場合があります。
価値ある情報を提供するため、コンテンツ制作ポリシーに準拠しています。

FXGTは、FXと仮想通貨を最大1,000倍のハイレバレッジで取引でき、ボーナスもかなり充実していることから、多くのFXトレーダーや仮想通貨トレーダーの人気を集めている海外FX業者です。

しかし、海外FXと聞くと、どうしても「危険」「詐欺」「資金を持ち逃げされる」のようなネガティブなイメージを抱いてしまう人もいるでしょう。(海外FXの出金拒否について

実際にGoogleで「FXGT」と調べると、関連キーワードとして「出金拒否」が現れることから、出金拒否される業者なのか?と心配している人も少なくないことが分かります。

まず結論としては、FXGTでは理不尽・悪質な出金拒否は起きません。

出金拒否されるほとんど原因は、ユーザー側のルール違反や不正によるものです。

この記事では、FXGTで出金拒否される具体的なケースや、出金拒否を未然に防ぐ方法、万が一出金拒否されたときの対処法を詳しく解説します。

なお、FXGTがどんな業者かを知りたい人は「FXGTの評判」をお読みください。

FXと仮想通貨を最大1,000倍のハイレバレッジで!

公式サイト:https://fxgt.com/ja

この記事の目次

FXGTで出金拒否はある?

FXGTでは、基本的に理不尽な理由で出金拒否されることはありません。

海外FX業者のなかには、稼ぎすぎやスキャルピングをした等の理由から出金拒否する悪質な業者が存在することは事実で、FXGTもそのような危険業者なのではと懸念する人もいるでしょう。

しかし、もしユーザー数の多いFXGTがそのような悪事を働けば、ネット上で瞬く間に悪評が広まり、利用者からの信頼を失うことは間違いありません。

また、そもそもFXGTは顧客と利益相反しないNDD方式を取っていて、顧客が稼げば稼ぐほどFXGTも儲かる仕組みであることから、稼ぎすぎると出金拒否されるということもありません。

FXGTで出金拒否される原因のほぼ全ては、顧客のルール違反や故意の不正によるものです。

FXGTで出金拒否される12のケース

では、どのような行動をとるとFXGTで出金拒否されるのか、具体的な事例を見ていきましょう。

ボーナスを出金しようとした

FXGTでは、ボーナス自体を直接出金することはできません。

口座開設ボーナスや入金ボーナスなど、FXGTで獲得したボーナスはあくまでも取引のための資金です。

ボーナスを使って取引で利益を出し、その利益を出金することは可能ですが、ボーナスそのものを出金しようとすると拒否されます。

たとえば、入金時に付与された1万円のボーナスを全額使って取引を行い、2万円の利益を出したとします。

この場合、有効証拠金は3万円となりますが、2万円の利益は問題なく出金できる一方、当初付与された1万円のボーナス部分は出金できません。

これはFXGTに限らず、ほとんどのFX業者で同様のルールとなっていて、トレードで得た利益は出金できても、ボーナス自体の出金はできないのが一般的です。

ボーナスのみで取引して出金条件を満たしていない

FXGTの口座開設ボーナスのみで取引を行った場合、一定の取引量と利益を満たさないと出金ができません。

具体的には、ボーナスを受け取ってから累計2GTLots(約20万通貨)以上の取引が必要となっています。

取引条件を満たさずに出金しようとすると、FXGT側から出金拒否されるため、必ず条件をクリアしてから出金申請しましょう。

ただし、自己資金を入金すれば2GTLotsの取引条件を満たしてなくても出金できるため、少額でも自己資金の入金をおすすめします。

自己資金を入金すれば、出金条件を気にすることなく口座開設ボーナスを有効活用できるだけでなく、入金時に入金ボーナスを受け取ることもできます。

禁止行為を行った

FXGTの利用規約で禁止されている行為を行った場合、出金拒否となる可能性があります。

FXGTが定める禁止行為には、両建て取引、FXGTと異なる業者間のアービトラージ、レートエラーを利用した取引などがあります。

これらはFXGTに限らず、ほぼ全てのFX業者の利用規約で定められた禁止行為です。

規約違反行為が発覚した際には、 取引で得た利益を全額没収されたり、出金拒否されるなど、重いペナルティが科される可能性が高いです。

同一IPで複数アカウントを使った

同一IPアドレスからFXGTの複数アカウントを運用した場合、一人のユーザーが複数アカウントを利用していると判断され、出金拒否や口座凍結の対象となる可能性があります。

家族や同僚が同じIPアドレスからFXGTに登録することも同様に、グループによる複数アカウントの使用が疑われ、一時的に口座凍結されることがあります。

こうした誤認を避けるためには、例えば家族でFXGTを使う際には、同じWi-Fiを使わないなどの対策を講じることが効果的です。

また、一人で複数のメールアドレスで複数のFXGTアカウントを作ることは規約違反となるため、複数アカウントを必要とする場合はFXGTの追加口座機能を利用しましょう。

追加口座なら1つのFXGTアカウントで最大6つまで開設可能です。

また、同じネットワークで個人口座と法人口座を使うなど、IPアドレスを共有する必要のある環境で利用する際には、事前に運営側に相談することも有効な対策となります。

カード入金の返金をしていない

クレジットカードでFXGTに入金を行った場合、まず同額を優先的にクレジットカードで出金する必要があります。

これはカードの現金化やマネーロンダリングを防ぐための対策です。

例えばクレジットカードで10万円入金後、20万円に増えたとしても、10万円まではクレジットカードへ返金しないといけません。

そして、カードへの返金処理を行ったら、残りの利益を別の出金方法で出金する、という順序となります。

カードで入金額以上を出金しようとした

クレジットカードでは、実際に決済で入金した金額分までしか出金することができません。

例えば、クレジットカードで10万円入金し、取引で30万円に増えた場合、クレジットカードで出金できるのは10万円までで、残りの20万円は銀行送金で出金しなければなりません。

クレジットカードの仕組み上、入金金額を超える出金そのものが不可能なためです。

カードへの返金処理に時間がかかる

クレジットカードで返金処理した場合、FXGT側からの出金処理が完了した後も、カード会社によっては最大2ヶ月程度処理に時間がかかる場合があります。

これはクレジットカード会社側の返金処理の関係で、FXGTの出金処理が完了していても、実際に返金されるのが遅れるケースが少なからず存在します。

出金してからすぐにクレジットカード口座の変動を確認するのではなく、カード会社の締め日付近を目安としたほうが無難です。

1ヶ月以上も入金がない場合は、カード会社もしくはFXGTの両方に問い合わせることをおすすめします。

過去入金履歴のない方法で出金しようとした

FXGTにおける入金方法と出金方法は基本的に連動しており、過去の入金実績がない出金ルートで出金しようとすると拒否されます。

代表的なパターンとしては、銀行口座やクレジットカードで入金したにも関わらず、bitwalletや仮想通貨での出金を試みるケースです。

この場合、該当する出金方法で過去に入金実績がないことから、マネーロンダリングを防ぐための観点から、出金拒否されることがあります。

過去の入金実績のある方法で出金するか、それが難しい場合はカスタマーサポートへ別の方法が使えないかを相談しましょう。

必要書類を提出していない

FXGTを利用するにあたり必要とされる書類を提出していない状態だと、口座から出金することができません。

FXGTでは、本人確認のため身分証明書や現住所確認書類を必ずアップロードする必要があります。

また、クレジットカードで入金した際、FXGTで始めて使うカードについては、入金後にカードの写真を送る必要あります。

出金前にこれらの手続きを済ませておかないと、システムによって出金資格がないものと判断され、エラー画面が表示されたり出金申請そのものができません。

誤った銀行情報を登録した

FXGTの口座に銀行情報を登録する際に、口座番号、名義人名などを誤って入力してしまうと、その情報で出金した時に銀行側で情報の不一致が発生し、振り込みできないケースがあります。

正確な情報で口座登録を行う必要がありますが、登録後に誤りに気づいた際は修正することもできます。

マイページの銀行口座情報の設定画面から修正できるので、預金通帳などと照らし合わせて確認しましょう。

他人名義の口座へ出金しようとした

FXGTのアカウントと名義が異なる第三者の銀行口座やウォレットへの出金を試みると、本人確認の観点から出金が拒否されます。

出金先として指定できるのは、FXGTの口座名義人と同一の口座だけです。

たとえ家族名義の口座であっても別名義とみなされるため、必ず自分自身の銀行口座やウォレットを指定して出金しましょう。

FXGT全体で出金遅延が発生

まれにシステム保守やメンテナンス作業のため、FXGT全体で一時的に出金不能となる場合があり、その場合は事前に運営会社からメールや公式SNSを通じて告知が行われます。

告知メールにてメンテナンスの日程の目安が発表されるので、メンテナンス前に余裕を持って出金しておくか、終わるのを待ちましょう。

何の告知もないままサイトエラーが発生したり、SNS上で「出金できない」といった報告が相次いだ場合には、何らかの障害が発生している可能性が高いため、慌てずに公式アナウンスを待つことが賢明です。

FXGTの出金拒否を防ぐ5つの方法

FXGTの利用規約を理解して守る

FXGTでは利用規約に定められた内容に違反した場合、出金拒否の対象となります。

代表的な禁止事項としては、両建て取引の禁止、システムやボーナスの不正利用禁止、同一人物による複数アカウントの禁止などが定められています。

これらの禁止事項に抵触した取引は不正行為と判断され、得た利益が全額没収される形で出金拒否されたり、違反内容によっては口座凍結などの厳しいペナルティも科されます。

FXGTを使う際には必ず利用規約の内容をよく読み、理解したうえで取引を開始することが重要です。

過去カードで入金している場合は返金処理を行う

クレジットカードでFXGTに入金を行った場合、未返金分のある状態で別の出金方法による出金を試みると、カード返金が完了していないとして拒否される場合があります。

カードでの入金分は優先的に同額の返金処理が必要なため、まずカードでの返金を済ませた後に残りの金額を出金する、という順序で処理を行うことで出金エラーを防げます。

入出金方法を統一する

FXGTでは、原則として入金方法と同じ方法で出金する必要があります。

過去に入金実績のない方法での出金は、マネーロンダリングなどの観点から好ましくないと判断される可能性が高いため、できる限り入出金方法を統一しましょう。

例えば、銀行振り込みで入金したならば、出金時も同様に銀行口座を指定するといった具合です。

なるべく早めに必要書類を提出する

FXGTでは出金するために本人確認書類の提出が必須となっています。

また、クレジットカードでの入金履歴がある場合はカードの追加認証も求められます。

これらの手続きを済ませずに出金を試みるとエラーで止まることがありますので、できるだけ口座開設時など早い段階で必要書類の提出を済ませておきましょう。

複数アカウントを使わない

FXGTでは1人につき1つの取引アカウントの登録が原則ですが、追加口座開設によって1アカウント内で最大6つまで口座追加が可能です。

複数の口座を使いたい時は、複数アカウントを作るのではなく、既にあるアカウントでマイページへログインし、追加口座を作りましょう。

FXGTで出金拒否されたときの解決策

カスタマーサポートへ問い合わせる

FXGTで出金拒否されてしまった場合、真っ先に取るべき行動は、カスタマーサポートに問い合わせることです。

FXGTのサポート体制は充実していて、日本人スタッフとメールやライブチャットを通じてやり取りできます。

問い合わせることで、いち早く出金拒否の原因を調べてもらえて、早期解決に繋がります。

銀行名義が違うなどの些細なミスであれば、メール対応などで修正して出金対応してもらえることもあるので、カスタマーサポートへの問い合わせは効果的です。

出金申請がキャンセルされていないか確認する

出金拒否と判断する前に、出金申請がしっかり受け付けられて処理されているかを確認しましょう。

FXGTのマイページで出金履歴を確認して、キャンセルやエラーが発生していないかを確認しましょう。

エラーメッセージやステータスを確認して、必要な場合は再度申請し直したり、原因がわからない場合はカスタマーサポートへ問い合わせましょう。

出金に時間がかかっている場合は数日待つ

銀行送金やクレジットカードといった一部の出金方法では、着金に数日かかるものもあります。

銀行送金で出金した場合、出金の多くは国内銀行送金で処理されているため、早ければ即日〜遅くとも2営業日程度で着金します。

しかし、数百万円を超えるような高額な出金の場合は、例外的に海外銀行送金で処理されたり、通常とは異なる代行業社を通じて出金され、その場合は5営業日ほどかかることも考えられます。

また、カードへ返金した際にも、カード会社によっては最長で2ヶ月ほどのタイムラグが生じる事があります。

FXGT側で出金完了しているならば、すぐに出金拒否と判断せずに数日待ってみるのも手です。

FXGTの出金スピード検証結果

当サイトWOZ mediaの運営会社である合同会社WOZは、FXGTの実際の出金スピードを調べるために、月2回程度の検証を行っています。(弊社編集部の個人口座)

その結果は次のとおりで、少額なら1営業日ほど、多額でも4営業日以内に完了していて、約1,239万円を出金した際の約4日9時間が最長でした。

スクロールできます
出金額出金方法所要時間出金申請日時着金日時
300,000 JPYbitwallet1日6時間23分2023年12月14日(木)11:352023年12月15日(金)17:58
500,000 JPYbitwallet0日4時間49分2023年12月7日(木)14:342023年12月7日(木)19:23
2,558,049 JPY国内銀行送金(楽天銀行)2日3時間35分2023年11月23日(木)10:472023年11月25日(土)14:22
500,000 JPYbitwallet0日6時間15分2023年11月23日(木)09:562023年11月23日(木)16:11
1,230,980 JPY国内銀行送金(楽天銀行)1日6時間36分2023年11月4日(土)12:102023年11月5日(日)18:46
6,938,493 JPY国内銀行送金(楽天銀行)3日3時間10分2023年10月23日(月)11:352023年10月26日(木)14:45
300,000 JPYbitwallet1日19時間23分2023年10月22日(日)23:562023年10月23日(月)19:19
12,393,022 JPY国内銀行送金(楽天銀行)4日9時間18分2023年9月21日(木)23:562023年9月25日(月)09:14
300,000 JPYbitwallet1日6時間31分2023年9月19日(火)10:312023年9月20日(水)17:02
300,000 JPYbitwallet1日6時間45分2023年8月29日(火)11:382023年8月30日(水)18:23
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Kazuaki Obataのアバター Kazuaki Obata 合同会社WOZ代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!
トレード歴は8年以上。今まで使ってきたFX業者は延べ30社以上。

コメント

コメントする

この記事の目次