【最大15,000円】海外FXで実施中のボーナス21選

FXGT口座開設方法【PC・スマホ対応】必要書類や注意点を解説

記事内にアフィリエイト広告が含まれる場合があります。
価値ある情報を提供するため、コンテンツ制作ポリシーに準拠しています。

海外FX業者のFXGTで新規口座開設する方法をまとめました。

FXGTの口座開設にかかる時間は通常5分〜10分程度で、ページが日本語対応しているので誰でも簡単に手続きを進められます。

この記事では、FXGTの口座開設方法口座開設に必要な書類、アカウント認証の方法など、口座開設に必要な手順をスクリーンショット画像付きでわかりやすく解説します。

FXGTならではの特典である口座開設15,000円ボーナスの受け取り方についても紹介しています。

なお、FXGTがどんな業者かを知りたい人は「FXGTの評判」をお読みください。

この記事の目次

FXGTの口座開設条件

FXGTで口座を開設するには、いくつかの条件をクリアする必要があります。

ここでは、FXGTで口座開設する際の条件について詳しくまとめたので、事前にしっかりと把握しておきましょう。

以上の条件をすべて満たしている方は、FXGTの口座開設ページへアクセスして、口座開設の手続きを進めましょう。

18歳以上であること

FXGTで口座を開設するには、18歳以上である必要があります。

多くの国や地域で18歳が成人年齢とされていて、未成年者がFX取引や仮想通貨取引を行うことはリスクが高いと考えられており、法律で禁止されているためです。

そのため、たとえ親の同意があったとしても、18歳未満の方がFXGTで口座を開設することはできません。

18歳未満の方が口座開設する唯一の方法は、18歳の誕生日を迎えるまで待つことです。

また、口座開設時に生年月日を偽って登録しようとするのは絶対にやめましょう。

後の本人確認の段階で、虚偽申告がバレる可能性が高く、その場合は口座開設が拒否されるだけでなく、永久にXMが使えなくなる可能性もあります。

FXGTのサービス提供対象国に住んでいること

FXGTで口座を開設するには、同社のサービス提供対象国に居住している必要があります。

FXGTは世界中のトレーダーを対象にサービスを提供していますが、一部の国や地域では規制上の理由からサービスを提供していません。

具体的には、アメリカ、カナダ、ロシア、北朝鮮、イランに居住している方は、FXGTで口座を開設することができません。

これらの国や地域では、FX取引に対する規制が厳しく、FXGTのようなオフショア業者が現地の法律に適合したサービスを提供することが難しいためです。

FXGTで口座を開設する前に、自分がサービス提供対象国に住んでいるかどうかを確認しておきましょう。

自身の居住国で口座開設できるかを調べるには、FXGTの新規登録ページへアクセスし、「居住国」の一覧に含まれているかを確認しましょう。

本人確認書類を提出できること

FXGTで口座を開設するには、本人確認書類の提出が必要不可欠です。

本人確認書類とは、口座開設者本人の身元を証明するための書類で、FXGTでは顔写真付きの身分証明書1点と、現住所証明書類1点をアップロードする必要があります。

身分証明書は、自身の顔写真が印刷された公的な証明書のことで、具体的には、パスポート、運転免許証、マイナンバーカード、在留カード、特別永住者証明書などが該当します。

現住所証明書類は、現住所と氏名、発行日が同じ面に記載された書類のことで、公共料金の請求書・明細書、住民票、クレジットカードや銀行などの請求書・明細書などが該当します。

身分証明書は有効期限内のもの、現住所証明書類は発行から3ヶ月または6ヶ月以内のものを提出する必要があります。

いずれの書類も、カラーでスキャンまたは撮影し、書類の四隅が収まっていて、なおかつ文字がはっきり読み取れるようにブレなく撮影しましょう。

まだFXGTのアカウントを持っていないこと

FXGTで口座を開設するには、まだFXGTのアカウントを持っていないことが条件となります。

一人のトレーダーが複数のアカウントを開設することは、FXGTの規約で禁止されています。

なぜ一人で複数アカウントの作成が禁止されているかというと、ボーナスの不正取得や、両建てやアービトラージなど業者にとって不利となる取引を防ぐためです。

もし複数のメールアドレスを使って一人で複数のFXGTアカウントを作ってしまうと、システムが自動的に不正行為とみなして、自身のアカウントが全て凍結されてしまうため、くれぐれもご注意ください。

ただし、「追加口座」という機能を使えば、同じアカウント内で複数のMT4・MT5口座を作ることは可能なので、もし複数の口座を使いたい場合は追加口座を作りましょう。

FXGTの必要書類

FXGTで口座開設する際には、身分証明書と現住所証明書類をそれぞれ1点ずつ提出する必要があり、必要書類を提出するまでは$2,000未満の入金以外の全ての操作が制限されます。

必要書類を提出しないと、MT5口座を作ったり、ボーナスを受け取ったり、取引や出金についてもすべて制限されてしまうので、なるべく早めに必要書類を提出しましょう。

身分証明書

身分証明書としては、運転免許証、パスポート、マイナンバーなどの顔写真が印刷された公的書類が該当し、有効期限内である必要があります。

パスポート以外は、表面と裏面の両方を撮影してアップロードします。

書類撮影する面
パスポート顔写真が映ったページ
運転免許証両面
マイナンバーカード
(通知カードは不可)
両面
在留カード両面
特別永住証明書両面

現住所証明書類

現住所証明書類は、現住所が印刷された公共料金の請求書、銀行の明細書、住民票、健康保険証などが該当し、発行されてから3ヶ月または6ヶ月以内のものが必要です。

氏名、現住所、発行日が同じ面に印刷されている必要があり、裏面や複数のページにまたがって印刷されているものは提出できません。

書類有効期限
公共料金(電気・ガス・水道)の請求書・領収書3か月以内
固定・携帯電話の請求書・領収書3か月以内
銀行の取引明細書3か月以内
銀行の残高明細書6ヵ月以内
納税通知書6ヵ月以内
税金に関する政府発行の書類6ヵ月以内
住宅保険書類6ヵ月以内
住民票6ヵ月以内
住所が印字された健康保険証6ヵ月以内
現住所証明書類が無い場合は?

最近では、公共料金や電話料金などの明細がオンラインでしか確認できず、紙で発行されないことも多いので、現住所証明書類が手元に無い方も多いでしょう。

その場合は、住民票を発行するのが比較的手間がかからずおすすめです。

住民票は、マイナンバーをお持ちであればコンビニのマルチコピー機ですぐに発行できますし、マイナンバーをお持ちでない方も役所の窓口で簡単に請求できます。

必要書類として提出できない書類

FXGTでは幅広い書類を受け付けていますが、必要書類として提出できないものもあります。

具体的には、次のような書類は受理してもらえないので注意しましょう。

  • マイナンバー通知カード
  • 住民基本台帳カード
  • 学生証
  • 社員証

FXGTの口座開設方法(PC・スマホ対応)

FXGTで口座開設する具体的な方法・手順をスクリーンショット画像を交えて紹介します。

口座開設は以下の4つの手順に分けられます。

  1. アカウント登録
  2. メールアドレスの認証
  3. アカウント認証
  4. MT4・MT5口座の開設
スクロールできます

FXGTの新規登録ページから、FXGT会員ページへログインするためのプロフィール登録を行います。

メールアドレスが本人のものであることを示すために、FXGTから送られてくるメールの確認ボタンをクリックします。

自身の詳しいプロフィールや現住所、投資家属性など、詳しい個人情報を登録し、必要書類をアップロードします。

最初に開設するリアル口座の設定を行います。取引プラットフォームと口座タイプを選び、各種設定を行います。

手順1:アカウント登録

まずは、FXGTの新規登録ページへアクセスして、アカウント登録を行います。

自身のフルネーム(ローマ字表記)、メールアドレス、マイページへアクセスするためのパスワード、居住国、電話番号を入力したら、【今すぐ登録】ボタンをクリックします。

各項目の入力方法
フルネーム自身の氏名をローマ字表記で入力します。
(例:山田太郎さんの場合は、「Taro Yamada」と入力)
Eメールここで入力するメールアドレスは、マイページへのログインに使うほか、FXGTからの大切なお知らせを受信するためでもあるので、頻繁に使うアドレスを登録しましょう。
パスワードパスワードを英大文字・英小文字・数字・特殊文字すべて組み合わせた10〜16文字で設定します。
ここで設定するパスワードは、マイページへアクセスするために使うもので、MT4・MT5へログインするパスワードとは別物になります。
居住国日本在住者は「Japan」を、それ以外の国にお住まいの方はご自身の居住国を選びましょう。
電話番号自身の携帯電話番号を国番号と番号に分けて入力します。
日本の携帯回線の場合は、国番号から「+81」を選び、電話番号の先頭の0を省いて入力しましょう。
(例:090-1234-5678の場合は、国番号から「+81」を選び、番号欄に「9012345678」と入力)

以上の登録を行うと、入力したメールアドレス宛てに確認メールが届くので、手順2のメールアドレスの認証へ進みましょう。

手順2:メールアドレスの認証

新規登録を行うと、「メールアドレス有効化のお知らせ」というメールが届くので、メール内の【メールアドレスを認証】ボタンをクリックします。

メールアドレスが認証されると、マイページへログインできるようになるので、【ログインページに移動】をクリックしてログインしましょう。

手順3:アカウント認証

FXGTで入出金や取引を行うには、アカウント認証という作業を完了させる必要があります。

また、FXGTでは15,000円の口座開設ボーナスを提供していますが、ボーナスを受け取るにもアカウント認証が必須条件となっています。

FXGTのログインページへアクセスし、登録時に設定したメールアドレスとパスワードを入力して、【ログイン】ボタンでログインしましょう。

最初にログインするとFXGTの利用規約が表示されるので、「利用規約に同意する」にチェックを入れてから【続ける】ボタンをクリックしましょう。

【アカウント認証はこちらから】ボタンが表示されているので、クリックして認証手続きへ進みます。

まずは、基本的な個人情報を入力します。

ここで入力する名前や生年月日、身分証IDなどは、この後提出する身分証明書と一致している必要があるので、誤りがないように正確に入力しましょう。

「あなたは米国市民で納税は米国ですか?」や「あなたは政治的に影響力のある人物ですか?」には両方とも「いいえ」をチェックして、次へ進みます。

各項目の入力方法
名前(ローマ字)上の名前をローマ字表記で入力します。
(例:山田太郎さんの場合は、「Taro」と入力)
苗字(ローマ字)姓(名字)をローマ字表記で入力します。
(例:山田太郎さんの場合は、「Yamada」と入力)
名前(日本語)上の名前を漢字で入力します。
(例:山田太郎さんの場合は、「太郎」と入力)
苗字(日本語)姓(名字)を漢字で入力します。
(例:山田太郎さんの場合は、「山田」と入力)
性別自身の性別を選びます。
生年月日生年月日を日・月・西暦の順で入力します。
国籍自身の国籍を選びます。
日本で生まれた方は「Japan」を選びましょう。
電話番号自身の携帯電話番号を国番号と番号に分けて入力します。
日本の携帯回線の場合は、国番号から「+81」を選び、電話番号の先頭の0を省いて入力しましょう。
(例:090-1234-5678の場合は、国番号から「+81」を選び、番号欄に「9012345678」と入力)
パスポート/免許証/その他IDの番号この後提出する予定の身分証明書の番号を入力します。
FXGTで受け付けられる身分証明書はパスポート・運転免許証・マイナンバーカードで、それらいずれかの番号を入力しましょう。
納税者番号自身のマイナンバーがわかる場合は入力します。
あくまでも任意事項なので、入力しなくても問題ありません。

続いて、自身の現住所を入力します。

住所は日本語ではなく、英語のフォーマットで入力する必要があり、日本語の表記順とは逆になります。(部屋番号→番地→町名→市区町村→都道府県の順)

ここで入力する住所は、この後提出する住所確認書類と一致している必要があるため、正しく入力しましょう。

各項目の入力方法
番地町名以降の丁目・番地を入力します。
例:東京都渋谷区渋谷2-19-15宮益坂ビルディング609:2-19-15
建物・部屋番号建物名や部屋番号がある場合は、部屋番号→建物名の順番でローマ字表記で入力します。
例:宮益坂ビルディング609:609 Miyamasuzaka-building
市区町郡村市区町村と町名を入力します。
都道府県はこの後入力するため、ここでは省いてください。
例①:東京都渋谷区渋谷:Shibuya, Shibuya-ku
例②:神奈川県横浜市中区北仲通:Kitanakadori, Naka-ku, Yokohama-shi
例③:大阪府大阪市北区曾根崎:Sonezaki, Kita-ku, Osaka-shi
都道府県都道府県名のみを入力します。
例①:東京都:Tokyo
例②:神奈川県:Kanagawa
例③:大阪府:Osaka
郵便番号郵便番号をハイフン無しで入力します。
日本在住者は「Japan」を、それ以外の国にお住まいの方はご自身の居住国を選びましょう。

続いて、現在の年収・純資産額・収入源をおおよそで選択し、直近3年間のFXやCFDなどの取引歴について回答します。

ここでの回答内容によって口座開設が断られたり審査落ちすることはないので、ありのままの情報を入力して問題ありません。

各項目を入力したら【書類のアップロードを進める】ボタンで次へ進みます。

必要書類の1つである本人確認書類(身分証明書)をアップロードします。

該当する書類の【アップロード】ボタンから画像を添付しましょう。

必要書類のもう1つである現住所確認書類をアップロードします。

該当する書類の【アップロード】ボタンから画像を添付しましょう。

身分証明書と現住所確認書類をアップロードすると、アカウント認証を申請でき、書類に問題なければ数分〜1営業日程度で承認されます。

手順4:MT4・MT5口座の開設

取引を始めるには、MT4・MT5口座を作る必要があります。

FXGTのマイページへログインして、メニューから「MT4/MT5口座」へ進み、【+】ボタンからライブ口座を開設しましょう。

開設するリアル口座の設定を行います。

口座の種類から「ライブ」を選び、取引プラットフォーム、口座タイプ、レバレッジ、基本通貨を選びます。

FXGTで使える取引プラットフォームは、MT5(MetaTrader 5)とMT4(MetaTrader 4)の2種類で、迷ったら新しいバージョンのMT5を選びましょう。

FXGTの口座タイプは、スタンダード+口座・ミニ口座・CryptoMax口座・プロ口座・ECN口座の5種類が用意されていて、おすすめはボーナスがたくさん貰える「スタンダード+口座」です。

2024年2月に実施したFXGTの実態調査でも、FXGT利用者のうち45%がスタンダード口座を使っていることがわかり、人気の口座タイプといえます。

取引口座を作成すると、口座情報が表示されます。

MT4・MT5へログインする際に、サーバー名・ログイン(口座ID)・パスワードが必要となるので、メモやスクリーンショットで保管しておきましょう。

FXGTの口座開設に関する注意点

キャッシュバックサイト経由で口座開設するとボーナスが貰えない

FXGTで口座開設する際、キャッシュバックサイト経由して口座開設すると、取引ごとにキャッシュバックを得られる反面、FXGT公式の豪華なボーナスを受け取れない可能性があります。

キャッシュバックサイトとは、FXGTで取引することでキャッシュバックを受けられる紹介サイトのことを指します。

確かにキャッシュバックを受けられるメリットはありますが、その代わりにFXGTが提供している口座開設ボーナスや入金ボーナスなどの特典を受けられなくなってしまうのです。

FXGTは他社と比べてボーナスが充実しており、口座開設だけで15,000円ボーナスが貰えたり、入金すると最大100%の入金ボーナスが貰えるなど、お得なボーナスがたくさんあります。

キャッシュバックサイト経由で口座開設してしまうと、せっかくのボーナスを逃してしまいかねないので、キャッシュバックサイトは避け、公式サイトから申し込むことをおすすめします。

FXと仮想通貨を最大1,000倍のハイレバレッジで!

公式サイト:https://fxgt.com/ja

スタンダード+・ミニ・CryptoMax口座以外はボーナス対象外

FXGTでは、選ぶ口座タイプによってボーナスの受け取り可否が異なるので、事前に把握しておくことが大切です。

FXGTの口座タイプは全部で5種類ありますが、そのうちボーナスの対象となるのはスタンダード+口座・ミニ口座・CryptoMax口座の3つの口座のみです。

プロ口座とECN口座では、口座開設ボーナスや入金ボーナスなどの特典を受けることができません。

これらの口座は、主にプロトレーダー向けに設計されており、スプレッドが狭く取引コストが安く抑えられている反面、ボーナスの対象外となっているため、ボーナスを活用してお得にトレードしたい人には適していません。

ボーナスが貰える口座のなかでも、最もおすすめなのはスタンダード+口座で、初心者から上級者まで幅広く対応した万能型の口座です。

開設から30日以内に認証しないと口座開設ボーナスが消滅

FXGTの口座開設ボーナスを受け取るには、口座開設から30日以内にアカウント認証を完了させる必要があります。

アカウント認証とは、本人確認書類と現住所証明書類をアップロードする作業のことで、口座開設から30日以内にアカウント認証を完了させないと、せっかくの口座開設ボーナスが消滅してしまいます。

口座開設ボーナスは、自己資金を入金することなくFX・仮想通貨取引を始められるチャンスですから、できるだけ早めに認証を済ませておきたいものです。

ただし、アカウント認証を急ぐあまり、不備のある書類を提出してしまっては再提出の手間と時間がかかってしまうので、確実に正しい書類を提出するようにしましょう。

期限内に口座開設ボーナスを確実に受け取るためには、あらかじめ必要書類を準備し、余裕を持ってアカウント認証を進めることが大切です。

身分証明書と現住所証明書類は異なる書類を提出する

FXGTのアカウント認証では、身分証明書と現住所証明書類の2種類の書類を提出する必要がありますが、この2つは必ず異なる書類を用意するようにしましょう。

身分証明書には、パスポートや運転免許証、マイナンバーカードなど、公的機関が発行した顔写真付きの証明書が該当します。

一方、現住所証明書類には、公共料金の請求書や銀行取引明細書、住民票など、現住所が記載された書類が該当します。

例えば、運転免許証やマイナンバーカードであれば、身分証明書と現住所証明書類の両方の要件を満たしているように思えますが、本人確認書類と現住所確認書類で同じ書類を使うことはできません。

身分証明書と現住所証明書類は、必ず異なる書類を1点ずつ提出しなくてはなりません。

複数アカウントの作成は規約違反

FXGTでは、1人のトレーダーが複数の口座を開設することを禁止しています。

別のメールアドレスを使って複数のアカウントを開設することは、FXGTの利用規約で禁止されています。

複数の口座を不正に開設していることがバレると、全ての口座が凍結され、出金もできなくなってしまう可能性があります。

また、複数のアカウントで口座開設ボーナスや入金ボーナスを得る行為も、バレれば没収されて口座凍結される恐れがあるので、絶対にやめましょう。

ただし、1つのアカウントの中で、最大6つの取引口座を追加で開設することは可能なので、異なる通貨や取引プラットフォームを使い分けたい場合は、追加口座を活用しましょう。

追加口座はFXGTのマイページからいつでも簡単に作ることができ、初期口座でアカウント認証(必要書類のアップロード)を済ませていれば、追加口座を作る際に書類提出は不要です。

口座を90日間放置すると$10〜20の維持手数料が発生

FXGTでは、口座に残高がある状態で90日間以上ログインや取引がない場合、口座は「休眠口座」へ切り替わり、初月は$20、以降は月額$10の口座維持手数料が発生するようになります。

また、残高ゼロの状態で30日間放置すると「凍結口座」となり、MT4・MT5へのログインや取引が一切できなくなり、取引を再開するには新しい口座を作り直す必要があります。

また、休眠口座や凍結口座へ切り替わると、それまで口座に入っていたボーナスが全額消滅してしまい、取り戻すことができなくなります。

残高が勝手に目減りしたり、差し引かれるせっかく獲得したボーナスが消えてしまうのは勿体ないので、FXGTの口座を開設したら、定期的にログインするか、使わない口座からは資金を出金しておくことをおすすめします。

FXGTの口座開設ボーナスの受け取り方

FXGTでは新規口座開設で15,000円のボーナスクレジットを貰うことができ、自己資金を入金しなくてもボーナスのみで取引を始められます。

ただし、口座開設ボーナスを受け取るには、口座開設から30日以内に口座の有効化を完了する必要があるので、なるべく早めに必要書類のアップロードを済ませておきましょう。

口座開設ボーナスの貰い方は次のとおりです。

STEP
新規アカウント登録

口座開設ボーナスは、新規口座開設したユーザーのみが対象となり、既にFXGTを使っているユーザーが追加口座を作っても受け取れません。

まだFXGTで口座開設したことがない人のみ、新規アカウント登録から手続きを進めましょう。

STEP
30日以内にアカウント認証を行う

口座開設を行ったら、アカウント認証を行います。

当記事の「手順3:アカウント認証」を参考にしながら、身分証明書と住所確認書類をアップロードして、アカウント認証を完了させてください。

なお、口座開設から30日以内にアカウント認証を終えないと、ボーナスを受け取る権利が無くなってしまうので、なるべく早めに有効化することをおすすめします。

STEP
MT4・MT5口座を開設

アカウント認証を完了すると、MT4・MT5口座を開設できるようになるので、マイページから開設しましょう。

口座開設ボーナスが貰えるのは、スタンダード+口座・ミニ口座・CryptoMax口座のみとなるので、いずれかの口座タイプを選んでください。

口座開設が完了すると、即座に口座開設ボーナス15,000円が口座へ反映されて、自己資金を入金することなく取引を始められます。

FXGTの口座開設ボーナスの出金条件

FXGTの口座開設ボーナスをトレードに使用して利益を得た場合、利益分は出金できますが、2GTLot(約20万通貨)以上の取引を行う必要があります。

口座開設ボーナスのみを使って取引して、累計取引量が2GTLotに満たない場合は、出金申請しても拒否されてしまうのでご注意ください。

口座開設ボーナスを受け取っても、その後に自己資金を入金してトレードしていれば、累計取引量が2GTLotに満たなくても利益と自己資金分を出金できます。

FXGTの口座開設ボーナスを受け取れない原因

FXGTの口座開設ボーナスは原則として誰でも受け取れますが、場合によっては受け取れないことがあります。

FXGTの口座開設ボーナスを受け取れない原因としては、以下のようなものが考えられます。

  • スタンダード+・ミニ・CryptoMax以外の口座タイプを選んだ
  • 口座開設後、30日以内にアカウント認証を行わなかった
  • 過去、既にFXGTのライブ口座を開設していて、口座開設ボーナスを受け取っている
  • キャッシュバックサイトを経由して口座開設している

以上の原因を踏まえて、口座開設ボーナスを確実に受け取る方法をまとめると、次のとおりとなります。

  • 口座開設時には、ボーナス対象のスタンダード+・ミニ・CryptoMaxいずれかの口座タイプを選ぶ
  • 口座開設後は速やかにアカウント認証を行う
  • 既にFXGTのライブ口座を持っていないかを確認する
  • キャッシュバックサイトを介さず、公式の口座開設フォームから手続きする

口座開設後の流れ

FXGTで口座開設した後、具体的にどのように取引を始めるか、手順をまとめました。

口座への入金

FXGTでは新規口座開設で15,000円のボーナスクレジットがもらえますが、本格的に取引をするとなれば、自己資金を入金する必要があるでしょう。

FXGTへの入金方法は、国内銀行送金・仮想通貨・カード・モバイル決済・bitwallet・STICPAYに対応しています。

手軽・スピーディーに入金したいならクレジット・デビットカードを勧めますが、カードによっては決済銀行側の規制により海外FXへ入金できないケースもあります。

カードを持っていない、カードを持っているが決済に失敗する場合は、国内銀行送金を利用すると良いでしょう。

bitwallet、STICPAYはいずれも外部のEウォレットサービスで、利用には事前登録が必要となります。

スクロールできます
入金方法手数料最低入金額反映時間
国内銀行送金無料1営業日
VISAカード無料5,000円即時
Mastercardカード無料5,000円即時
JCBカード無料1,000円即時
Apple Pay無料5,000円即時
Google Pay無料5,000円即時
USDT無料30分程度
BTC無料30分程度
ETH無料30分程度
XRP無料30分程度
ADA無料30分程度
bitwallet無料1,000円即時
STICPAY無料5,000円即時

MT4・MT5のインストール

FXGTで取引するには、取引プラットフォームのMT4(MetaTrader 4)かMT5(MetaTrader 5)を使う必要があります。

特にこだわりがなければ、新しいバージョンのMT5を使うと良いでしょう。

ただし、使いたいEA(自動売買)やインジケータがMT5に対応していないこともあるので、その場合はMT4を使いましょう。

パソコン版のMetaTraderはFXGTの公式サイトで提供されており、Windows版とMac版に加え、Webブラウザ上で使える簡易版「ウェブトレーダー」も用意されています。

取引口座へのログイン

MT4・MT5(MetaTrader)もしくはFXGTアプリをインストールしたら、取引口座へログインしましょう。

取引口座へログインするには、口座ID・パスワード・サーバー名の3つの情報が必要です。

取引口座の口座IDとサーバー名はFXGTから届くメール内に記載されており、パスワードは口座開設時に自身で設定したものとなります。

FXGTの口座開設に関するQ&A

FXGTの口座開設にまつわるよくある質問と回答をまとめました。

FXGTの口座開設の条件は何ですか?

FXGTで口座を開設するには、18歳以上であること、FXGTのサービス提供対象国に住んでいること、本人確認書類を提出できることが条件となります。

日本はFXGTの対象国に含まれているので、これらの条件を満たせば問題なく口座開設ができます。

FXGTの口座開設に必要な書類は何ですか?

FXGTの口座開設には、本人確認書類として身分証明書と住所確認書類が一点ずつ必要です。

身分証明書としては、運転免許証、パスポート、マイナンバーなどの顔写真が印刷された公的書類が該当し、有効期限内である必要があります。

住所確認書類は、現住所が印刷された公共料金の請求書、銀行の明細書、住民票、健康保険証などが該当し、発行されてから3ヶ月もしくは6ヶ月以内のものが必要です。

FXGTの口座開設は無料ですか?

はい、FXGTの口座開設は完全に無料で行うことができ、口座開設や維持にかかる費用は一切発生しません。

また、最低入金額の設定もないため、無料で口座を開設した後、いつでも取引を開始できます。

FXGTの口座開設に年齢制限はありますか?

FXGTの口座開設には18歳以上という年齢制限があります。

未成年者は、親権者の同意があっても口座を開設することはできません。

これは、FX取引に関する国際的なルールに基づいた制限で、FXGT以外の業者も多くが18歳以上となっています。

FXGTの口座開設に必要な最低入金額はいくらですか?

FXGTの最低入金額はたったの$5と少額なため、口座開設後、最小限の資金から取引を始められます。

また、FXGTでは常に新規口座開設ボーナスを提供していて、ボーナスを受け取ることで自己資金ゼロからでも取引が可能です。

FXGTの口座開設には審査がありますか?

FXGTの口座開設には厳格な審査はなく、必要事項を記入して、本人確認書類を提出すれば、基本的に誰でも口座開設が認められます。

投資経験や金融資産に関するアンケートが設けられていますが、回答内容によって審査落ちするケースもありません。

ただし、提出書類の不備や虚偽の疑いがある場合は、追加の確認が行われることがあります。

FXGTの口座開設は拒否されることがありますか?

FXGTの口座開設が拒否されるケースはごくまれです。

口座開設条件を満たし、適切な情報と書類を提出していれば、ほとんどの場合において開設が認められます。

ただし、過去にFXGTで不正行為を行った場合や、他社で何度も不正行為を行なった場合は、口座開設を拒否される可能性があります。

FXGTの口座開設で提出した書類はどのように管理されますか?

FXGTに提出する書類は、暗号化されたデジタルデータとして厳重に管理されます。

高度なセキュリティシステムによって保護され、FXGTの担当者以外はアクセスできない仕組みになっています。

FXGTの口座開設にかかる時間はどのくらいですか?

FXGTの口座開設は非常にスピーディーで、申込みからたった数分で完了します。

本人確認書類の審査も通常1営業日以内に終わるため、最短で数時間から半日程度で取引を開始できることもあります。

ただし、入力事項や書類に不備がある場合は、さらに時間がかかる可能性もあります。

FXGTの口座開設後どのくらいで取引を開始できますか?

FXGTの口座開設後、本人確認書類の審査が完了し、口座に自己資金を入金すれば取引を開始できます。

クレジットカード、オンラインウォレット、仮想通貨による入金であれば即座に反映されるので、最短で口座開設した直後から取引可能です。

ただし、銀行送金の場合は着金が翌日以降になることもあるので注意が必要です。

FXGTの口座開設はスマートフォンからでも可能ですか?

はい、FXGTの口座開設はスマートフォンからでも可能です。

FXGTの公式サイトにアクセスし、必要事項を入力して、本人確認書類を撮影・アップロードするだけです。

FXGTの口座開設時に英語での手続きは必要ですか?

いいえ、FXGTの口座開設は日本語で完結できます。

申込みフォームやウェブサイトは全て日本語化されているため、英語が苦手な方でも安心して手続きを進められます。

ただし、取引プラットフォームの一部に英語表記のメニューがある点は留意が必要です。

FXGTの口座開設時の住所入力は日本語で大丈夫ですか?

いいえ、FXGTの口座開設時の住所入力は英語で行う必要があります。

住所の英語表記は、日本の住所をローマ字に変換するだけなので、それほど難しくはありません。

JuDressなどの自動変換ツールなども活用しつつ入力を進めましょう。

FXGTの口座開設時に海外に住所がある場合はどのようにすればよいですか?

海外に在住の日本人の場合も、FXGTで口座開設はできます。

ただし、全ての国で開設できるわけではなく、アメリカ、カナダ、ロシア、北朝鮮、イランなど口座開設できない国が多いです。

海外在住者が口座開設する場合にも、本人確認書類にはパスポートが必須で、住所確認書類も海外の住所のものが必要です。

FXGTの口座開設後、MT4やMT5などの取引プラットフォームはどこからダウンロードできますか?

FXGTの口座開設後、MT4やMT5の取引プラットフォームは、FXGTのウェブサイトからダウンロードできます。

「プラットフォーム」のページに用意されたリンクから、簡単にダウンロードとインストールが行えます。

初回ログイン時には、サーバー名と口座番号、パスワードの入力が必要です。

FXGTのリアル口座を開設する前にデモ口座での練習は可能ですか?

はい、FXGTではリアル口座の開設前にデモ口座を開設でき、仮想の残高を使って実際の取引環境を体験できます。

デモ口座の開設費用は無料で、ウェブサイトから簡単に申し込めるので、FXGTの使い心地を確かめてみたい人は活用してみましょう。

FXGTの口座開設時にボーナスを受け取るにはどのようにすればよいですか?

FXGTの口座開設ボーナスを受け取るには、口座開設時に必要書類(身分証明書+住所確認書類)をアップロードして、アカウント認証を済ませる必要があります。

口座開設後は、30日以内にアカウント認証を済ませなければ、ボーナスが受け取れなくなるので、なるべく早めに書類をアップロードしましょう。

口座のレバレッジは何倍に設定すればよいですか?

FXGTの口座開設時のレバレッジは、1倍から1000倍まで選べます。

FX初心者の方は、リスク管理の観点から、比較的低めのレバレッジを選ぶのがおすすめです。

ただし、実際のレバレッジ(実効レバレッジ)は取引ロット数によって決まるので、口座の最大レバレッジが高くても、ロット数を抑えて取引すればリスクを抑えて取引できます。

口座開設後に口座タイプを変更することはできますか?

いいえ、FXGTで一度開設した口座のタイプを後から変更することはできません。

口座タイプによって、取引条件やボーナスの適用が異なるため、切り替えはできない仕組みとなっています。

別のタイプの口座を使いたい場合は、FXGTマイページから追加で新たなリアル口座を開設する必要があります。

FXGTで複数のリアル口座を開設することはできますか?

はい、FXGTでは1つのアカウント内で複数のリアル口座を開設することができ、最大6つまでリアル口座を持てます。

追加口座を作ることで、異なる口座タイプや取引プラットフォーム、基軸通貨、レバレッジを個別に設定でき、用途やトレードスタイルに応じて使い分けることができます。

ただし、1人で複数のメールアドレスを使って複数のアカウントを作ることは規約違反となるため、複数口座を使いたい場合は必ず「追加口座」の機能を使いましょう。

FXGTの口座開設時にマイナンバーの提示は必須ですか?

いいえ、FXGTの口座開設時にマイナンバーの提示は必須ではありません。

口座開設フォームに「納税者番号」の入力欄はありますが、日本の法律で海外業者にマイナンバーの提示が義務付けられているわけではないので、空欄のままでも問題ありません。

FXGTの口座開設後、入金はどのような方法で行えますか?

FXGTへの入金方法としては、国内銀行送金・仮想通貨・カード・モバイル決済・bitwallet・STICPAYなどが用意されています。

クレジットカードは手数料無料で即時反映、銀行送金は安全性が高く誰でも利用できるなど、それぞれメリットがあります。

FXGTの口座開設に関して、サポートに問い合わせることはできますか?

はい、FXGTの口座開設に関して不明な点があれば、日本語サポートに問い合わせることができます。

FXGTには日本人スタッフが常駐しており、メールやチャットで質問を受け付けています。

スタッフの回答が丁寧で分かりやすいと評判なので、口座開設で困ったことがあれば、気軽に相談してみるのがおすすめです。

FXGTの口座開設後、口座を解約することはできますか?

はい、FXGTの口座は、開設後でも利用者の意思で解約することができます。

口座を解約する際は、まず口座残高をゼロにする必要があるので、銀行送金などで全額を出金しましょう。

その上で、マイページから口座解約の手続きを行います。

口座を解約しても、再度FXGTで口座を開設することもできます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Kazuaki Obataのアバター Kazuaki Obata 合同会社WOZ代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!
トレード歴は8年以上。今まで使ってきたFX業者は延べ30社以上。

コメント

コメントする

今なら口座開設15,000円ボーナス貰える! FXGTで今すぐ口座開設
この記事の目次