【最大15,000円】海外FXで実施中のボーナス21選

海外FXは初心者に向いてる?安心して使えるおすすめ業者

この記事は、日本非居住者を対象にしたものであり、日本居住者に対して投資情報の発信・投資助言・勧誘を行うものではありません。
記事内にアフィリエイト広告が含まれる場合があります。
価値ある情報を提供するため、コンテンツ制作ポリシーに準拠しています。

FX(外国為替証拠金取引)は、気軽に始められる投資・副業として広く知られていて、近年多くの人がチャレンジしています。

選べる商品や業者も多様化しつつあり、最近では「海外FX」を使う人も増えてきました。

海外FXは国内業者よりも高いレバレッジで取引でき、より効率良く資金を増やせる一方で、大きく損する危険性や、詐欺まがいの業者が多く存在する点が問題視されています。

初心者が海外FXを選んでも大丈夫なのか?海外FXは初心者に向いているのか?などを徹底解説します。

また、初心者でも安心して使える海外FX業者も紹介するので、これから海外FXを使い始めようと考えている人はぜひお読みください。

この記事の目次

海外FXとは?

海外FXとは、日本国外に営業拠点を持つFX業者を指します。

Webサイトが日本語表示されていて、カスタマーサポートも日本語で受けられる業者もあり、一見すると国内業者と見分けがつかないこともありますが、営業拠点が日本にあるか海外にあるかで区別されます。

海外FX業者の多くは、日本の金融庁の認可を受けておらず、日本国内での営業を行うために必要な「金融商品取引業」の登録を行っていません。

日本の金融庁は、日本国内で金融ライセンスを取得していないにも関わらず、日本で営業を行っている業者を「無登録業者」と位置づけ、随時「警告」を行っています。

ただし、OANDAやDukascopy、ThinkMarketsのように、海外企業でありながら日本でも営業拠点を持ち、金融庁のライセンスも取得している業者もあり、それらは一般的に「国内FX」に分類されます。

初心者が海外FXを使うメリット

海外FXと聞くと、「初心者には難しそう」と漠然としたイメージを持つ人も多いかと思いますが、実はFX初心者が海外FXを使うことにはいくつかのメリットがあります。

具体的には次の3点です。

  1. 少ない資金から始められる
  2. 口座開設ボーナスで取引を始められる
  3. ゼロカットシステムで追証が発生しない

少ない資金から始められる

海外FX業者の大きな特徴としてレバレッジが高いという点が挙げられます。

国内FXは最大でも25倍までしかレバレッジをかけられませんが、海外FXは数百倍〜1,000倍を超える高いレバレッジをかけて、資金効率の良いトレードが可能です。

また、XMTradingのマイクロ口座を使えば最小10通貨から取引でき、数千円の少額からでもFXを始められます。

口座開設ボーナスで取引を始められる

海外FXでは、新規顧客を獲得するために豪華なボーナスを提供している業者が多く、業者によっては口座開設するだけでボーナスが支給され、自己資金を入金せずとも取引を始められます。

受け取ったボーナスそのものを出金することはできないものの、トレードで得た利益は出金できるため、リスクフリーで稼げるチャンスがあるのは海外FXならではの魅力です。

FX初心者にとっては、自己資金をリスクに晒さずにトレードの経験を積めるので、海外FXを使い始めるならまずは口座開設ボーナスを狙うと良いでしょう。

ゼロカットシステムで追証が発生しない

海外FXの大きなメリットの一つに「ゼロカットシステム」があり、トレーダーの損失が証拠金を超えた場合でも、追加の支払いを求められません。

投入した証拠金以上の損失を抱えず、借金や負債を背負う危険性がないことから、多くのトレーダーがゼロカット目当てで海外FXを選んでいます。

対照的に、国内FXは規制の関係上、ゼロカットシステムの導入が禁止されていて、相場の急変動によって追証が発生するリスクがあります。

初心者が海外FXを使う際の注意点

海外FXには国内FXにはないメリットが多くある一方で、特有のデメリット・注意点も存在あします。

特に初心者が気をつけるべき海外FXの注意点は次のとおりです。

  1. 海外FXは危険性が多い
  2. 安心安全な業者は一握り
  3. 日本語対応が不十分な業者もある
  4. たくさん稼ぐと国内FXよりも税金が高くなる
  5. 国内FXよりもスプレッドが広い
  6. ハイレバレッジで大きく損する危険がある

海外FXは危険性が多い

海外FXは国内FXとは比べものにならないハイレバレッジを効かせて、大きく資金を膨らますことができる一方で、国内FXにはないデメリット・危険性が多く潜んでいます。

別記事「海外FXのメリット・デメリット」から、海外FXのデメリットを抜粋すると次のとおりです。

海外FXのデメリット
    • 金融庁の認可を受けていない
    • スプレッドが広い
    • 信託保全がない
    • 悪質な業者も存在する
    • 税制で不利になる場合がある
    • ハイレバ取引で大きく損する危険性
    • 日本語対応に対応していない業者もある
    • 入出金ルールが複雑

海外FXのメリット・デメリットをプロトレーダーが解説!国内FXとの違いもより抜粋

安心安全な業者は一握り

世界中に数えきれないほどの海外FX業者が存在していますが、安心安全な業者はほんの一握りで、詐欺まがいの業者や危険な業者が多く紛れ込んでいるのが実情です。

国内FXの場合は、日本の金融庁が全ての業者を監督しているため、基本的にはどの業者を使っても大きな危険に晒される心配はありません。

しかし海外FXの場合は、業者選びを間違えてしまうと、不利な条件での取引を強いられたり、預けた資金を持ち逃げされてしまいます。

当サイトの海外FXおすすめ比較ランキングTOP20では、安心安全で評判の良い海外FX業者を20社紹介していますので、業者選びの参考にしていただければ幸いです。

日本語対応が不十分な業者もある

海外FX業者の中には、日本語対応していない業者も存在し、そういった業者でサポートを受けるためには英語でやり取りしなくてはなりません。

また、一部の業者は日本語対応を謳ってはいるものの、サポート時間が限られていたり、外国人スタッフが日本語翻訳を使って対応しており、満足な対応を受けられないこともあります。

特に、FX初心者の方や英語力に自信がない人は、日本語サポートに力を入れている業者を選ぶことを意識しましょう。

たくさん稼ぐと国内FXよりも税金が高くなる

海外FXで利益を得ると、年間の利益が多い場合、国内FXと比較して税金が高くなります。

国内FXでは、分離課税制度によって利益に対して一律20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%)の税金がかかります。

対し、海外FXの個人口座で利益を得た場合、年間の利益(所得)に応じて5%〜45%の所得税に加え、住民税として10%(市区町村民税6%+都道府県民税4%)が課税され、最大で55%ほどの税金がかかります。

さらに、国内FXなら3年間可能の損失繰越が認められますが、海外FXでは損失の繰越控除が認められないため、利益を得た年はしっかり納税資金を確保しておかなければなりません。

国内FXよりもスプレッドが広い

スプレッドとは、売値と買値の差のことを指し、スプレッドが広いと取引を行う際のコストが大きくなります。

国内FXは円ペアを中心に狭いスプレッドを提示してくれますが、一部の海外FX業者ではスプレッドが広いというデメリットが存在します。

一部、スプレッドが狭い業者もありますが、多くは国内FXに比べると広めに設定されていて、国内FXになれている人からすると不満を感じやすいポイントです。

特に、短期間の取引を繰り返す「スキャルピング」を行うトレーダーにとっては、スプレッドの影響が大きくなり、わずかな違いでも利益を大きく左右します。

ハイレバレッジで大きく損する危険がある

数百倍・数千倍の高いレバレッジは海外FXの強みであると同時に、大きなリスクにもなり、諸刃の剣といえるでしょう。

相場の動きをうまく掴むことができれば、少ない資金を大きく増やせる一方で、相場が逆行すると僅かな値動きでもすぐにロスカットされて全資金を失う可能性があります。

欲張って許容以上のレバレッジをかけてしまい、一瞬で自己資金を無くしてしまうというのは、初心者によくありがちな失敗例です。

初心者は国内FXと海外FXどっちが良い?

FX未経験の初心者が業者を選ぶ際、国内業者と海外業者のどちらを選ぶべきでしょう。

海外FXは高いレバレッジで資金を効率よく増やせる反面、大きく損する危険性もあり、緻密な資金管理が要求されます。

また、国内FXは日本の金融庁によって監督されている安心感がありますが、海外FXは金融ライセンスの有無や取得している国によって大きく信頼性が異なり、なかには詐欺まがいの危険な業者もあります。

以上の点を踏まえると、初心者が安心して使えるのは間違い無く国内FXです。

国内FXである程度の投資経験を積んだら、当サイトの海外FXおすすめランキングを参考にしていただき、海外FXにチャレンジするのが良いでしょう。

初心者でも安心して使えるおすすめ海外FX業者

一般的に危険性の高いといわれる海外FXですが、初心者でも安心して使える業者はいくつか存在します。

ここでは初心者でも安心して使える3社を紹介します。

  1. BigBoss
  2. XMTrading
  3. AXIORY

BigBoss:口座開設が簡単で初心者におすすめ

BigBoss公式サイト
BigBossが初心者におすすめの理由
  • 口座開設が簡単で書類提出しなくても取引できる
  • 日本語対応が充実
  • 最低入金額が安い

BigBossは、日本人ユーザーから根強い支持を集めているブローカーで、口座開設やマイページの使い方が簡単なことから初心者を中心に利用されています。

口座開設時に「クイック口座開設」を選べば、面倒な本人確認作業を省いてすぐに入金・取引ができます。(出金時には本人確認が必要)

FX通貨ペアと貴金属を最大1,111倍レバレッジで取引でき、少ない証拠金を元手にギャンブル性の高いハイレバトレードが可能です。

また、ポイントプログラムが用意されていて、取引量に応じてポイントが貯まり、貯まったポイントをボーナスクレジットや現金へ交換できます。

BigBossの詳細スペック
公式Webサイトhttps://www.bigboss-financial.com/
設立2016年
最大レバレッジ最大1,111倍
スプレッドスタンダード口座:1.8pips〜
プロスプレッド口座:0.5pips〜
取引手数料スタンダード口座:無料
プロスプレッド口座:$9/1ロット
ロスカットレベル20%
取り扱い銘柄FX・仮想通貨・貴金属・エネルギー・指数
取引プラットフォームMT4・MT5
法人口座
ボーナス

XMTrading(XM):口座開設ボーナス13,000円が貰えて初心者におすすめ

XMTrading公式サイト
XMTrading(XM)が初心者におすすめの理由
  • 新規口座開設すると13,000円ボーナスが貰える
  • 入金ボーナスが充実
  • 日本人講師による無料ウェビナーを受けられる

XMTradingは昔から日本人向けのサポートが充実していて、日本語サポートの質の高さから、日本人にはとても馴染みやすい海外FX業者といえます。

口座開設が簡単で、口座開設ボーナスや入金ボーナスなどが用意されており、手軽さとお得感から初心者トレーダーを中心に人気を集めている印象です。

57種類ものFX通貨ペアのほか、貴金属、指数、コモディティ、仮想通貨、世界中の個別株まで扱っており、取引口座を1つ作るだけで幅広い商品をトレードできるのはXMTradingならではのメリットといえます。

定番の口座タイプは「スタンダード口座」ですが、多種多彩なボーナスを貰えるかわりに全体的にスプレッドが広いため、スプレッドの狭さを追求するなら「KIWAMI極口座」を選ぶと良いでしょう。

また、日本人講師によるウェビナー(ウェブセミナー)を無料で受けられて、毎回最後には質疑応答のコーナーも設けられているので、特にFX初心者は一度参加してみると良いでしょう。

XMTradingの詳細スペック
公式Webサイトhttps://www.xmtrading.com/jp/
設立2009年
最大レバレッジ1,000倍
スプレッドスタンダード・マイクロ口座:1.6pips〜
KIWAMI極口座:0.7pips〜
Zero口座:0.1pips〜
取引手数料スタンダード・マイクロ・KIWAMI極口座:無料
Zero口座:$10/1lot
ロスカットレベル20%
取り扱い銘柄FX・仮想通貨・貴金属・エネルギー・コモディティ・指数
取引プラットフォームMT4・MT5
法人口座×
ボーナス

AXIORY:信頼性が高くて初心者におすすめ

AXIORY公式サイト
AXIORYが初心者におすすめの理由
  • 預けた資金が完全信託保全で守られて安心
  • MT4・MT5・cTraderを使い比べることができる
  • 入出金方法が充実

AXIORYはクリーンでフェアなNDD方式を貫いていて、トレーダーにとって有利な省スプレッドが強みです。

どの口座タイプを選んでも狭いスプレッドで取引でき、東京の取引サーバーで注文を裁いているため約定が速く、しかも取引制限がありません。

また、MetaTraderよりも高機能・高速といわれる「cTrader」というプラットフォームに対応した数少ない業者で、中・上級者に人気なのも頷けます。

海外FXとしては珍しく完全信託保全を導入しているため、万が一AXIORYが倒産しても、預けた資金は確実に返還されるので安心です。

入出金方法が多いのも便利なポイントで、国内銀行送金、クレジット・デビットカード、ApplePay、各種Eウォレットなど、様々な方法から自分に合った方法を選べます。

AXIORYの詳細スペック
公式Webサイトhttps://www.axiory.com/jp
設立2007年
最大レバレッジ1,000倍
スプレッドナノ・テラ口座:0.2pips〜
スタンダード口座・マックス口座:1.3pips〜
取引手数料スタンダード口座・マックス口座:無料
ナノ・テラ口座:$6/1ロット
ロスカットレベル20%(マックス口座のみ0%)
取り扱い銘柄FX・貴金属・エネルギー・株式・指数
取引プラットフォームMT4・MT5・cTrader
法人口座
ボーナス

初心者が海外FXで失敗しないためのポイント

初心者が海外FXで大きな失敗を避けるためには、次のポイントを意識すると良いでしょう。

最初は口座開設ボーナスを狙って業者を選ぶ

海外FXでは、口座開設ボーナスを提供している業者があり、それらの業者で口座開設すれば自己資金を入金することなくボーナスだけで取引を始められます。

投資経験がない、もしくは浅い初心者にとって、自己資金を無くす心配をせず取引に没頭でき、リスクフリーで取引経験を積めるのは大きなメリットでしょう。

自己資金を数回に分けて入金する

初心者の場合、一度に多額の資金を入金することは避けるべきで、自己資金を数回に分けて入金することをおすすめします。

例えば、自己資金として10万円を用意できる人は、1万円を10回や2万円を5回などにわけて入金することで、自己資金を一気に無くしてしまう危険を避けられます。

海外FXはレバレッジを大きくかけられるため、少額から大きな利益を狙うことにうまみがあります。

仮に、資金を倍にするトレードを3回連続で成功させれば、資金は8倍へ増えます。

倍増×連勝の戦略が成功するまで小分けで資金を入金し、大きく資金を増やしたら全額出金、そしてまた少額入金して再チャレンジ…といった具合で、小分け入金によってリスクを抑えつつ大きな利益を狙えます。

徐々にレバレッジを上げていく

数百倍・数千倍の高いレバレッジをかけられることは、海外FXの醍醐味です。

とはいえ、初心者がいきなり高いレバレッジで取引すると、大きなリスクを伴い、高い確率で資金を無くしてしまうでしょう。

そのため、初めは低いレバレッジでトレードを始めて、慣れてきたら徐々に上げていくことをおすすめします。

マイナーすぎる銘柄は取引しない

海外FXでは、メジャーな通貨ペアからマイナーなものまで多くの銘柄がラインナップされていて、通貨ペア以外のCFDも豊富です。

しかし、初心者のうちはマイナーすぎる銘柄には手を出さないほうが無難でしょう。

マイナーな銘柄は、価格の変動が大きくなる傾向があり、スプレッドも広い傾向があるため、リスクを取る割に大したリターンが見込めないことが往々にしてあります。

最初のうちは次のようなメジャーな銘柄に絞って取引して、経験を積んでから徐々にマイナーな銘柄に挑戦することをおすすめします。

メジャーな通貨ペア
    • USDJPY(米ドル/日本円)
    • EURUSD(ユーロ/米ドル)
    • GBPUSD(英ポンド/米ドル)
    • AUDUSD(豪ドル/米ドル)
    • NZDUSD(NZドル/米ドル)
    • USDCAD(米ドル/カナダドル)
    • USDCHF(米ドル/スイスフラン)
    • XAUUSD(ゴールド/米ドル)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Kazuaki Obataのアバター Kazuaki Obata 合同会社WOZ代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!
トレード歴は8年以上。今まで使ってきたFX業者は延べ30社以上。

コメント

コメントする

この記事の目次