【最大15,000円】海外FXで実施中のボーナス21選

海外FXの実態調査|トレーダー534人にアンケート調査を実施(2023年11月)

この記事は、日本非居住者を対象にしたものであり、日本居住者に対して投資情報の発信・投資助言・勧誘を行うものではありません。
記事内にアフィリエイト広告が含まれる場合があります。
価値ある情報を提供するため、コンテンツ制作ポリシーに準拠しています。

当サイトWOZ mediaの運営会社である合同会社WOZは、海外FX業者の実態を調べるため、海外FXを実際に利用しているユーザー534人を対象にアンケート調査を行いました。

ユーザーから直接寄せられたデータをそのまま集計しているため、実情に近い結果が反映されているといえますが、必ずしも正確とは限りませんので、最終的な投資判断は自己責任のもと行ってください。

この記事の目次

調査方法と調査項目

調査方法クラウドソーシングサイトでの募集(ランサーズクラウドワークスココナラなど)
当サイトフォームでの募集
IBメンバーへの直接調査
調査期間2023年11月15日~12月10日
調査人数534人

調査項目は次のとおりです。

  • 海外FXに関する意識調査:海外FX業者選びで重視していること・海外FXを使って良かったこと・海外FXを使って後悔したこと
  • 業者調査:業者選びで重視していること・使っている海外FX業者・最も使いやすいと感じる取引業者・取引に使っているプラットフォーム
  • 取引調査:月の取引回数・取引する通貨ペア・取引する時間帯
  • 年間パフォーマンス調査
  • 情報収集元:参考にしているサイトやYouTuber・参考にしている書籍

以下、調査結果を掲載します。

投資家属性調査

海外FX業者を利用している投資家属性(FX経験年数・兼業/専業の割合)

海外FX業者を利用しているユーザーの属性を調べたところ、兼業トレーダーは94%、専業トレーダーは6%でした。

FX経験年数の分布は、1年未満が最も多く全体の40%を占め、5年を超えるトレーダーは17%に留まりました。

詳細なデータ
FX経験年数兼業専業
1年未満2131
1〜2年1422
2〜3年423
3〜5年338
5〜10年307
10〜15年172
15〜20年125
20年以上125
海外FX業者を利用している投資家属性(FX経験年数・兼業/専業の割合)

海外FXに関する意識調査

海外FX業者選びで重視していること

海外FX業者選びで重視していること

海外FX業者選びで重視していることとして、多く挙がったのが「ボーナスの充実度」で、多くのユーザーが海外FXの豪華なボーナスキャンペーンを狙って口座開設していることが読み取れます。

次いで、「レバレッジの高さ」「ネット・SNSでの口コミ評判」「スプレッドの狭さ」などが挙げられました。

一方、金融ライセンスや出金拒否の有無など、海外FX特有のリスクに目を向ける人はそこまで多くありませんでした。

詳細なデータ
項目回答割合
ボーナスの充実度43529.0%
レバレッジの高さ34122.7%
ネット・SNSでの口コミ・評判20913.9%
スプレッドの狭さ1429.5%
知名度1328.8%
日本語対応の充実度986.5%
出金拒否の有無563.7%
金融ライセンス543.6%
取引方式・約定力231.5%
入出金方法120.8%
海外FX業者選びで重視していること

海外FXを使って良かったこと

海外FXを使って良かったこと

海外FXを使って良かったこととしては、「ボーナスが充実している」や「レバレッジが高い」など、先述の「海外FX業者選びで重視していること」と同じような項目が並びました。

また、取引銘柄が多いこと、MT4・MT5が使えてEA(自動売買)が使えること、一つの業者で複数口座を持てることなど、国内FX業者にはない魅力が如実に現れています。

詳細なデータ
項目回答割合
ボーナスが充実している42027.0%
レバレッジが高い34222.0%
ゼロカットがあって安心23615.2%
取引銘柄が多い20313.0%
MT4・MT5が使える17611.3%
約定力が高い785.0%
EAが使える442.8%
CFDが取引できる221.4%
一つの業者で複数口座を持てる211.3%
仮想通貨を取引できる140.9%
海外FXを使って良かったこと

海外FXを使って後悔したこと

海外FXを使って後悔したこと

海外FXを使って後悔したこととしては、「スプレッドが広い」「約定力が弱い」「スワップポイントが不利」など、取引環境に関する項目が上位3位を占めました。

ただし、これらは取引に使用するFX業者によって大きく異なるため、「専業トレーダー御用達の海外FX業者5選」で紹介しているようなハイスペックな業者を使うことで対策が可能です。

詳細なデータ
項目回答割合
スプレッドが広い38238.2%
約定力が弱い26726.7%
スワップポイントが不利12012.0%
出金が遅い979.7%
日本語対応が不十分454.5%
取引ツール・アプリが使いにくい232.3%
レバレッジが高すぎる202.0%
税金が高い181.8%
口座開設が難しい171.7%
出金拒否された121.2%
海外FXを使って後悔したこと

業者調査

使っている海外FX業者

使っている海外FX業者

取引に使っている海外FX業者を調べたところ、最も選ばれているのはXMTrading(XM)でした。

XMTrading(XM)は昔から日本人向けのサポートが充実していて、日本語サポートの質の高さから、日本人にはとても馴染みやすい海外FX業者といえます。

また、FXGT、BigBoss、AXIORY、iFOREXなども人気を集めています。

  • XMTrading(XM):日本人に最も人気の海外FX業者
  • FXGT:FXと仮想通貨を最大1,000倍レバレッジで取引できる
  • BigBoss:クイック口座開設ですぐに取引を始められる
  • AXIORY:完全信託保全導入でスプレッドも狭い
  • iFOREX:1996年創業の超老舗
詳細なデータ
業者名回答割合
XMTrading47325.1%
FXGT33918.0%
BigBoss28715.2%
AXIORY20110.7%
iFOREX1749.2%
Exness1296.9%
ThreeTrader764.0%
Titan FX432.3%
Axi392.1%
HFM231.2%
Tradeview221.2%
Traders Trust191.0%
IS6FX170.9%
LAND-FX120.6%
FBS90.5%
MYFX Markets70.4%
easyMarkets40.2%
AximTrade40.2%
Milton Markets30.2%
IC Markets20.1%
使っている海外FX業者

最も使いやすいと感じる取引業者

最も使いやすいと感じる取引業者

最も使いやすいと感じる取引業者を調べたところ、1位はAXIORYで、先述の「使っている海外FX業者」で1位を獲得したXMTrading(XM)は2位でした。

これらの結果を踏まえ、当サイトでは海外FXおすすめ比較ランキングTOP20を公開しているので、業者選びの際の参考材料にしていただければ幸いです。

詳細なデータ
業者名回答割合
AXIORY13224.7%
XMTrading10920.4%
FXGT7313.7%
BigBoss6311.8%
Exness5810.9%
ThreeTrader397.3%
Axi305.6%
Titan FX91.7%
iFOREX91.7%
HFM61.1%
Tradeview40.7%
Traders Trust20.4%
最も使いやすいと感じる取引業者

取引に使っているプラットフォーム

取引に使っているプラットフォーム

取引に使っているプラットフォームとして、最も人気だったのがMetaTrader 5(MT5)で、僅差でMetaTrader 4(MT4)、MT5・MT4で全体の9割を占めていました。

僅かではあるものの、cTrader(4%)やTradingView(3%)などが挙がりました。

詳細なデータ
プラットフォーム回答割合
MT539848.7%
MT434341.9%
cTrader323.9%
TradingView222.7%
その他232.8%
取引に使っているプラットフォーム

取引調査

月の取引回数

月の取引回数

月間の取引回数はかなりのばらつきがあり、最も多かったのは月20〜30回、1日あたり約1トレードでした。

詳細なデータ
項目回答割合
0〜5回213.9%
5〜10回499.2%
10〜20回6412.0%
20〜30回16430.7%
30〜50回10219.1%
50〜100回6412.0%
100〜300回478.8%
300〜500回122.2%
500回以上112.1%
月の取引回数

取引する通貨ペア

取引する通貨ペア

よく取引している通貨ペアを調べたところ、1位は誰もが想像するであろうUSDJPY(米ドル/日本円)、2位がGBPJPY(英ポンド/日本円)、そして3位はXAUUSD(ゴールド/米ドル)でした。

また、7位にはBTCUSD(ビットコイン/日本円)、10位には日経225指数など、CFD商品もいくつか挙がっています。

詳細なデータ
通貨ペア回答割合
USDJPY(米ドル/日本円)50216.0%
GBPJPY(英ポンド/日本円)47515.2%
XAUUSD(ゴールド/米ドル)37111.8%
EURJPY(ユーロ/日本円)2909.3%
EURUSD(ユーロ/米ドル)2427.7%
GBPUSD(英ポンド/米ドル)2297.3%
BTCUSD(ビットコイン/米ドル)1625.2%
AUDUSD(豪ドル/米ドル)1424.5%
AUDJPY(豪ドル/日本円)1334.2%
JP225(日経225指数)1294.1%
BTCJPY(ビットコイン/日本円)1233.9%
USDCAD(米ドル/カナダドル)943.0%
NZDUSD(NZドル/米ドル)672.1%
USDCHF(米ドル/スイスフラン)622.0%
EURGBP(ユーロ/英ポンド)431.4%
GBPAUD(英ポンド/豪ドル)230.7%
SP500(米国S&P500種指数)170.5%
NZDJPY(NZドル/日本円)130.4%
NASDAQ100(米国NASDAQ100)90.3%
EURCHF(ユーロ/スイスフラン)50.2%
取引する通貨ペア

取引する時間帯

取引する時間帯

取引する時間帯を調べたところ、最も多かったのが21時〜翌日6時頃のニューヨーク時間で、15時〜翌日2時頃のロンドン時間もほぼ同じでした。

詳細なデータ
項目回答割合
日本時間(8〜16時頃)24320.3%
ロンドン時間(15〜翌2時頃)39733.2%
NY時間(21〜翌6時頃)42835.8%
オセアニア時間(6〜15時頃)12910.8%
取引する時間帯

年間パフォーマンス調査

年間パフォーマンス調査

直近の年間パフォーマンスを調べたところ、最も多かったのが0〜50万円の損失で、次いで0〜50万円の利益でした。

なお、年間損益がプラス(黒字)なのは全体の36%、マイナス(赤字)なのは64%という結果となりました。

よく「トレーダーの9割が負けている」という決まり文句を聞きますが、この結果を見る限り「トレーダーの9割が負けるか微益」のほうが正しいといえそうです。

年間100万円以上の利益を出しているのは全体のわずか6.9%、500万円以上は2.6%でしたので、FXで稼ぐことが難しいことに変わりはなさそうです。

詳細なデータ
項目回答割合
1,000万円以上の損失20.4%
500万〜1,000万円の損失40.7%
100万〜500万円の損失163.0%
50〜100万円の損失8716.3%
0〜50万円の損失23243.4%
0〜50万円の利益12423.2%
50〜100万円の利益326.0%
100万〜500万円の利益234.3%
500万〜1,000万円の利益101.9%
1,000万円以上の利益40.7%
年間パフォーマンス調査

情報収集元

参考にしているサイト・YouTuber

海外FXを使っているトレーダーが参考にしているウェブサイトやYouTuberとしては、次のようなものが挙がりました。

全てを掲載すると長くなるため、特に人気があったサイトをご紹介します。

Webサイト・ブログ

YouTuber

参考にしている書籍

海外FXを使っているトレーダーが参考にしている書籍としては、次のようなものが挙がりました。

こちらも全てを掲載すると長くなるため、特に人気があった書籍をご紹介します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Kazuaki Obataのアバター Kazuaki Obata 合同会社WOZ代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!
トレード歴は8年以上。今まで使ってきたFX業者は延べ30社以上。

コメント

コメントする

この記事の目次