【最大15,000円】海外FXで実施中のボーナス21選

ザオプション(theoption)の評判|危険性や出金拒否の真相を徹底公開

この記事は、日本非居住者を対象にしたものであり、日本居住者に対して投資情報の発信・投資助言・勧誘を行うものではありません。
記事内にアフィリエイト広告が含まれる場合があります。
価値ある情報を提供するため、コンテンツ制作ポリシーに準拠しています。

海外のバイナリーオプション業者「ザオプション」(theoption)の評判をまとめました。

実際の使い心地、メリット・デメリットを徹底的にあぶり出したので、表面的な情報ではなく、実情に即した内容となっています。

これからザオプションを使おうと考えている人は、ぜひこの記事を参考材料にしていただければ幸いです。

ザオプションは日本金融庁に未登録の海外業者のため、日本の法的保護を受けられない可能性があります。
参考:無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください:金融庁

今なら新規口座開設で7,000円ボーナスで取引できる!

公式サイト:https://jp.theoption.com/ja-jp

この記事の目次

ザオプションの良い評判・メリット

金融ライセンスを取得済みで信頼できる

ザオプションの運営会社Alphabrex OÜは、エストニア共和国の金融ライセンスを取得しており、信頼性が高いと評価されています。

金融ライセンスとは、各国の金融当局から認可を受けた証のことで、一定の基準をクリアした優良業者のみに発行されるものです。

バイナリーオプションは、詐欺まがいの悪質業者も多い業界ですが、ザオプションは金融ライセンスを有することで、トレーダーに安心できる取引環境を提供しています。

30秒からの取引が可能

ザオプションでは最短30秒という超時間から取引できます。

わずか30秒で結果が出るため、スキマ時間を使って効率的にトレードできますし、バイナリーオプションの醍醐味でもあるスリリングな取引を存分に楽しめます。

もちろん、ハイローオーストラリアと同様に、1分や3分、5分といったやや長めの判定時間も選択できるので、自分のトレードスタイルに合わせて柔軟に使えます。

ペイアウト率最大2.3倍で稼ぎやすい

ザオプションのペイアウト率は、最大で2.3倍(130%)とかなり高い水準となっています。

ペイアウト率とは投資額に対する支払い額の倍率で、例えば10,000円を賭けて買った場合は23,000円が支払われ、13,000円の利益が得られることを意味しています。

通常のバイナリーオプション業者では、ペイアウト率が2倍を下回るケースが大半ですので、ザオプションの2.3倍は破格とも言えるほどの好条件です。

勝率が多少低くても、ペイアウト率が高ければ十分にカバーできるので、バイナリーオプションを始めたての初心者にも優しい業者といえるでしょう。

チャートにインジケータを導入できる

ザオプションのチャートは、多彩なインジケータを搭載しているのが大きな特徴です。

移動平均線や、ボリンジャーバンド、RSIといった主要なテクニカル指標がデフォルトで利用可能となっており、より精度の高い相場分析が可能となっています。

通常、バイナリーオプション業者のチャートは、直近の値動きしか表示されないことが多く、細かい分析をする場合はMT4などの分析ツールを別途用意しなくてはなりません。

しかし、ザオプションでは取引画面単体でチャート分析ができて、必要十分なインジケータが最初から導入されているため、わざわざ他のツールを使う必要がないのです。

約定拒否が少ない

約定力が高く、約定拒否がほとんど起こらないのもザオプションの魅力でしょう。

約定拒否とは、取引の注文を出したにも関わらず、業者側によって取引を拒否されることで、海外のバイナリーオプションではよくある現象です。

しかし、ザオプションは他のバイナリー業者と比較して約定力が高く、連打しても大抵の場合はサクサク約定します。

キャッシュバックがボーナスが多くてお得

ザオプションでは、キャッシュバックやボーナスが非常に充実しています。

特に口座開設・初回入金キャッシュバックボーナスが人気で、新しく口座開設を行い、初回入金をすると、7,000円のキャッシュバックを受けられます。

自己資金を消費する前に、7,000円分のキャッシュバックで取引を始められます。

また、入金額と取引量に応じたキャッシュバック制度も充実しており、最大で10万円ものキャッシュバックを受け取れます。

さらに、お友達紹介キャンペーンや、期間限定の入金ボーナスなど、お得なキャンペーンが目白押しなので、お得に取引したい人におすすめの業者です。

5,000円から出金できる

ザオプションのメリットの1つとして、5,000円という少額からでも出金できる点が挙げられます。

海外のバイナリーオプション業者は、出金額の下限が高めに設定されている業者が目立ちます。

そのため、利益が出たとしても、なかなか引き出すことができず、資金が取引口座内で眠ったままになるケースが多いです。

しかし、ザオプションであれば、たとえ少額の利益であっても、5,000円以上の利益が出た段階ですぐに引き出すことができます。

出金のハードルが低いことで、コツコツと利益を積み上げたいトレーダーにとっては有利ですし、利益が出たらこまめに引き出すことで、大きく損して資金を溶かすリスクを抑えることもできます。

登録なしでデモ取引ができる

ザオプションでは、口座開設をしなくても、すぐにデモ取引を行うことができます。

デモ取引に際して登録が必要な業者だと、個人情報の入力が必要となり、煩わしいと感じる人もいるはずです。

しかし、ザオプションでは公式サイトからすぐにデモ取引を始めることができ、誰でも気軽にバーチャルマネーでの取引を試せる環境が整っているのです。

デモ取引では、リアル取引(本番)と全く同じ環境で練習できるので、リアルマネーを投入する前の予行練習としても最適です。

デモ取引を繰り返すことで、バイナリーオプションの基本的なルールを学ぶことができ、取引スキルの向上にも繋がるので、特にバイナリー初心者はデモ取引から始めることをおすすめします。

ザオプションの悪い評判・デメリット

規約が厳しく口座凍結されやすい

ザオプションでは、利用規約が非常に厳しく設定されており、口座凍結されやすいのが難点といえます。

利用規約に違反した場合、即座に口座が凍結され、資金の出金ができなくなる可能性があるのです。

ザオプションで禁止されている行為は以下の通りです。

  • 公式に提供されるシステム以外からアクセスや操作をすること
  • 連続的な売買をする自動取引システムを利用
  • マーケットプライスの上下の予測に基づいていない不自然な手法での取引
  • マーケットの動きに対してレートの遅延やフロントランニングを狙ったと見受けられる不自然な取引
  • 第三者に成りすまして別名義の取引口座の利用
  • 同一IPアドレスもしくは単一のデバイスから複数の取引口座へのログイン
  • グループ取引
  • 取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超える場合
  • ネットワークのフラッディング、DOS攻撃、サービスのオーバーロードなど
  • 約定処理速度の差から利益を得ようとする試み
  • 詐欺または刑事事件にかかわるようなシステムの使用
  • 弊社のセキュリティを破るまたは破る試み
  • システムの乱用を狙った構成の自動売買取引ツールを購入の上でのお取引
  • 第三者カード(家族名義含む)の利用
  • 取引目的ではないと見受けられる口座の利用

特に、自動売買ツールの使用やグループ取引など、不正行為の疑いがある取引は厳しく制限されています。

また、短期間で高額の利益を上げた場合にも、ザオプション側のシステムに異常と検知され、不正行為とみなされてしまう可能性もあります。

口座が凍結されてしまうと、その時点で保有している資金は没収され、出金することができなくなってしまいます。

せっかく積み上げた利益も、一瞬にして水の泡と化してしまうリスクがあるのです。

ザオプションを利用する際には、利用規約を熟読し、禁止行為を十分に理解しておく必要があるでしょう。

出金に手数料がかかる場合がある

ザオプションでは、出金時に手数料が発生するケースがあります。

出金手数料は、出金方法や出金額によって異なりますが、最大で出金額の10%が手数料として差し引かれるケースもあるようです。

通常は出金手数料は無料となっていますが、全く取引をしていなかったり、取引額がご入金額に満たない場合は、出金時に手数料が差し引かれます。

特に、少額の利益しか出ていない場合、手数料によってほとんど利益が残らないケースもあり得るので、少なくとも取引額が入金額を上回った時点で出金するようにしましょう。

信託保全がない

ザオプションでは、信託保全制度が導入されていないことが、大きなデメリットの1つとして挙げられます。

信託保全とは、トレーダーの資金を第三者機関に預け入れることで、業者の倒産リスクから資金を保護する制度のことです。

信託保全が導入されていないということは、万が一ザオプションが破綻した場合、トレーダーの資金が返金されない可能性があるということを意味しています。

海外バイナリーオプション業者の場合、日本の法律が適用されないため、トラブルが発生した際の補償はあまり期待できず、信託保全の無い業者を使うことは大きなリスクを抱えることになります。

ただし、ザオプションは金融ライセンスを取得している業者であり、一定の財務基盤を有していると考えられ、突然倒産してしまうリスクは比較的低いと言えるかもしれません。

とはいえ、トレーダーの資金を守るための制度が整っていないことは、不安材料であることに変わりはありません。

ザオプションを利用する際は、信託保全がないことを十分に理解し、こまめな出金を心がけると良いでしょう。

短期取引の場合、引き分け(ドロー)は負け判定となる

ザオプションでは、短期取引で勝敗が引き分け(ドロー)となった場合、負け判定となり購入額は戻ってきません。

引き分け(ドロー)とは、購入時と満期の価格が全く同じ状態を指します。

勝敗がつく確率に比べて引き分けになる確率は低いものの、値動きの少ない場面では引き分けになることがあるので、あまりにも平坦な相場では取引を避けたほうが良いかもしれません。

なお、取引時間が長いハイロー取引では、引き分け(ドロー)となった場合は返金されます。

取引方法引き分け(ドロー)の判定
短期負け(購入額は没収)
スプレッド短期負け(購入額は没収)
ハイロー返金
スプレッドハイロー返金

ザオプションが危険・やばい・おかしいと言われる理由

ザオプションについてネット上を調査すると、「危険」「やばい」「おかしい」といったネガティブな書き込みも散見されます。

ザオプションの悪評が目立つ理由についてまとめると、主に次の3点が考えられます。

金融庁から警告を受けている

ザオプションは、日本の金融庁から警告を受けている業者だということも、評判を下げる要因となっています。

金融庁は、ザオプションを「無登録業者」としてリスト化しており、利用者に注意を促しています。(無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について

無登録業者とは、日本の法律に基づく登録を行っていない業者のことを指します。

日本では、金融商品取引を行う業者は金融庁に登録する必要がありますが、ザオプションはこの登録を行っていません。

そのため、金融庁は利用者に対して、トラブルがあっても法的な保護を受けられない可能性があると警告しているのです。

ただし、ザオプションは海外の業者であるため、日本の法律に基づく登録義務はなく、金融庁の警告に法的な拘束力はありません。

とはいえ、トラブルがあった際に日本の法的な保護が受けられないのは軽視できないリスクで、利用者にとって不安材料であることは確かでしょう。

FXよりも運要素が強く投機寄り

ザオプションは、FXと比べて運要素が強いと指摘されています。

これは、ザオプションで提供されているバイナリーオプション取引の特性によるものです。

バイナリーオプションは、「価格が上がるか下がるか」を予測する投機で、価格の方向性さえ当てればよいので、FXと比べるとシンプルな取引だと言えます。

しかし、その分、相場分析の精度を上げるのが難しく、運の要素が強くなると考えられているのです。

FXの場合は、通貨ペアの相関性やファンダメンタルズ分析といった様々な判断材料があり、注文や決済のタイミングは自分で決められます。

一方、バイナリーオプションでは、価格の方向性さえ当てれば勝てる簡単な取引ですが、注文・決済のタイミングは自分で決められず、短期の取引になるほど運の要素が強くなります。

負けた人が腹いせに書き込んでいることも

ザオプションに対する悪い評判の中には、取引で負けた人が腹いせに書き込んでいるケースも多々あります。

バイナリーオプション取引では、勝つ人もいれば負ける人もいますが、負けた人の中には、自分の責任を認めず、業者のせいにする人が一定数います。

「レートがおかしい」「システムがバグっている」など、根拠のない主張を展開して業者を非難する書き込みも見受けられ、ザオプションの評判を不当に下げる原因にもなっています。

中には不正行為を働くバイナリー業者があることも確かですが、取引で負けたからといって、それが全て業者の責任だと考えるのは適切ではありません。

ザオプションに限らず、バイナリー業者を選ぶ際は、こうした感情的な書き込みに惑わされないことが大切です。

ザオプションの本物の公式サイトはどこ?

ザオプションは人気業者のため、偽物のサイトが多数存在しています。

偽物のサイトを使ってしまうと、個人情報が抜き取られたり、お金をだまし取られるなどの被害を受けるなどの危険があるため、必ず公式サイトであることを確認しましょう。

不安な人は、以下のボタンから本物の公式サイトへアクセスしてください。

今なら新規口座開設で7,000円ボーナスで取引できる!

公式サイト:https://jp.theoption.com/ja-jp

ザオプションの安全性

公式Webサイトhttps://jp.theoption.com/ja-jp
運営会社Alphabrex OÜ(エストニア共和国)
設立2017年
資金の管理方法分別管理

ザオプションはエストニア共和国の金融ライセンスを取得していて、比較的信頼性が高いといえます。

資金の管理方法については、顧客資金と会社の資金を別々に管理する「分別管理」を行っているものの、第三者のもと管理される「信託保全」は導入されていません。

これまで資金流出や盗難などのトラブルは起きていませんが、預けた資金が必ずしも戻ってくるとは言い切れないので、多額の入金は控え、こまめな出金を心がけましょう。

ザオプションの取引条件

取引できる銘柄

ザオプションで取引できる銘柄は合計31種類で、次のとおりです。

FX通貨ペア15種類
仮想通貨4種類
コモディティ1種類
合計20種類
スクロールできます
銘柄説明取引手法
ハイロースプレッドハイロー短期スプレッド短期
USD/JPY米ドル/日本円
EUR/JPYユーロ/日本円
GBP/JPY英ポンド/日本円
AUD/JPY豪ドル/日本円
NZD/JPYNZドル/日本円
EUR/USDユーロ/米ドル
GBP/USD英ポンド/米ドル
AUD/USD豪ドル/米ドル
NZD/USDNZドル/米ドル
USD/CAD米ドル/カナダドル
USD/CHF米ドル/スイスフラン
EUR/AUDユーロ/豪ドル
EUR/CHFユーロ/スイスフラン
GBP/CAD英ポンド/カナダドル
AUD/NZD豪ドル/NZドル
GOLDゴールド
BTC/JPYビットコイン/日本円
BTC/USDビットコイン/米ドル
ETH/JPYイーサリアム/日本円
ETH/USDイーサリアム/米ドル

取引方法

ザオプションの取引方法は「短期」「ハイロー」「スプレッド短期」「スプレッドハイロー」の4種類が用意されています。

それぞれの仕組みと特徴は次のとおりです。

スクロールできます
短期ハイロースプレッド短期スプレッドハイロー
銘柄数20種類20種類12種類14種類
判定時間30秒
1分
2分
3分
5分
15分
1時間
1日
30秒
1分
2分
3分
5分
15分
1時間
開始時間いつでも最短5分ごといつでも最短5分ごと
ペイアウト率1.80~2.00倍1.77~1.96倍2.00~2.30倍2.00倍

短期

「短期」は、30秒・2分・1分・3分・5分という短時間で行う取引方法で、エントリーしたタイミングからの時間経過で取引が終了します。

エントリー開始時間の指定はないので、いつでもエントリーできるため、すぐに取引したいときに便利です。

ペイアウト率はハイローより少し高く、ザオプションが扱う全ての銘柄を取引できるので、最も人気の取引手法でもあります。

  • エントリー開始時間の指定はない
  • 30秒、1分、2分、3分、5分という短時間で行う取引方法
  • エントリーしたタイミングからの時間経過で取引が終了する
  • ペイアウト率はハイローより少し高い(1.80~2.00倍)
  • 全ての銘柄を取引可能

ハイロー(HIGHLOW)

「ハイロー(HIGHLOW)」は、レートが一定時間後に上がるか下がるかを予測する点ではターボと同じですが、開始時間が決められています。

判定時間は15分、1時間、1日の3種類から選択でき、ザオプションが扱う全ての銘柄を取引可能ですが、ペイアウト率は4種類の中で最も低くなっています。

  • 開始時間よりも終了時間の価格が上がるか下がるかを予測する
  • 判定時間は15分、1時間、1日の3種類から選択可能
  • エントリー開始時間が指定されている
  • ペイアウト率は4種類の中で最も低い(1.77~1.96倍)
  • 全ての銘柄を取引可能

スプレッド短期

「スプレッド短期」は、短期にスプレッド(価格差)がかけられた取引方法で、特定の時間経過後のレートがスプレッド幅を越えて上がるか下がるかを予測する必要があります。

ザオプションの取引手法としては最もペイアウト率が高いものの、スプレッド分があるぶん勝率は低くなりやすく、トレンド相場では有利ですが、レンジ相場では不利となります。

  • 通常の短期にスプレッド(価格差)がかけられている取引方法
  • 現在レートが一定時間後に上がるか下がるかを予測する
  • 4種類の中で最もペイアウト率が高い(2.00~2.30倍)
  • 取引可能な通貨ペアはターボと同じ
  • 一部の主要通貨ペアのみ取引可能

スプレッドハイロー(スプレッドHIGHLOW)

「スプレッドハイロー」は、ハイローにスプレッド(価格差)がかけられた取引方法で、開始時間よりも終了時間のレートがスプレッド幅を越えて上がるか下がるかを予測する必要があります。

ペイアウト率は通常のハイローより高いですが、スプレッド分があるぶん勝率は低くなりやすく、トレンド相場では有利ですが、レンジ相場では不利となります。

  • 通常のハイローにスプレッド(価格差)がかけられている取引方法
  • 開始時間よりも終了時間の価格が上がるか下がるかを予測する
  • 通常のハイローよりペイアウト率が高い(2.00倍)
  • 判定時間や取引商品は通常のハイローと同じ
  • 一部の主要通貨ペアのみ取引可能

判定時間・ペイアウト率

ザオプションの判定時間とペイアウト率は次のとおりです。

短期

30秒取引1.80倍(80%)〜2.00倍(100%)
1分取引1.82倍(80%)〜1.96倍(96%)
2分取引1.77倍(77%)〜1.83倍(83%)
3分取引1.77倍(77%)〜1.83倍(83%)
5分取引1.77倍(77%)〜1.83倍(83%)

ハイロー(HIGHLOW)

15分取引1.77倍(77%)〜1.85倍(85%)
1時間取引1.77倍(77%)〜1.85倍(85%)
1日取引1.77倍(77%)〜1.96倍(96%)

スプレッド短期

30秒取引2.00倍(100%)〜2.05倍(105%)
1分取引2.00倍(100%)〜2.30倍(130%)
2分取引2.00倍(100%)
3分取引2.00倍(100%)
5分取引2.00倍(100%)

スプレッドハイロー(スプレッドHIGHLOW)

15分取引2.00倍(100%)
1時間取引2.00倍(100%)

平日・休日・年末年始の営業時間

ザオプションの基本的な取引可能時間は次のとおりです。

曜日取引可能時間
月曜日7時~24時
火〜金曜日0時~6時・7時~24時
土曜日0時~6時
日曜日取引不可

ただし、クリスマスや年末年始、ゴールデンウィークなどは例外的に一日休業しているので、事前に確認しておきましょう。

  • クリスマス:12月24日〜26日は休業
  • 年末年始:12月31日〜1月2日は休業
  • ゴールデンウィーク:日本円ペアは取引不可

ザオプションの取引環境

ザオプションの取引はWeb上から行います。

取引画面がシンプルで、すべて日本語化されているため、初心者でも戸惑うことなく使いこなせるでしょう。

以前はスマホアプリやデスクトップアプリも提供されていましたが、現在は提供されていません。

現在、AppStoreやGoogle Playストアでザオプションを模したアプリが提供されていますが、公式アプリではなく偽物ですので、くれぐれもご注意ください。

ザオプションのキャッシュバックボーナス

ザオプションでは常にいくつものキャッシュバックボーナスを提供しており、資金が少ない人でもすぐに取引を始めることができます。

口座開設・初回入金キャンペーン(7,000円)

ザオプションで新規口座開設すると、全員にもれなく7,000円のキャッシュバックボーナスが付与されます。

このボーナスは初回入金後すぐに取引で使用でき、ボーナス分を使い切るまでは自己資金を使わずに取引できるのが特徴です。

ザオプションの最低入金額は5,000円なので、5,000円の自己資金+7,000円のボーナス=合計12,000円の資金で取引を始められます。

有効期限はなく、1人1回のみ受け取ることができます。

KANGENボーナスキャンペーンキャンペーン(2024年6月30日まで)

KANGENボーナスキャンペーンは、規定額以上の入金と取引をすることでキャッシュバックを受け取れるキャンペーンです。

ただし、2024年6月30日までの期間限定なのでご注意ください。

入金額取引量キャッシュバック
2万円以上25万円分7,000円
5万円以上75万円分15,000円
10万円以上210万円分35,000円
25万円以上500万円分100,000円
サクラサクセスキャンペーン(2024年3月29日まで)

2024年3月18日~3月29日の期間限定で、「サクラサクセスキャンペーン」と題したキャッシュバックキャンペーンが行われています。

このキャンペーン期間内に100万円以上の取引を行い、公式サイトのチャットまたはinfo@theoption.comへ連絡することで、もれなく30,000円分のキャッシュバックを受け取れます。

​bitwalletでGoGoキャンペーン

bitwalletを使ってザオプションへ5万円以上入金すると、5,000円のキャッシュバックが付与されます。

また、キャッシュバックを受け取ってから5万円以上の取引を行うと、キャッシュバック5,000円を出金できるようになります。

ザオプションの入出金方法

ザオプションへの入金方法は、銀行送金・bitwallet・クレジットカード・ビットコインが用意されています。

最も手軽なのはクレジットカードで、手数料無料で最短即日に着金しますが、最低入金額が1万円とやや高くなっています。

bitwalletでは、他の入金方法よりも安い5,000円から入金できるので、少額から取引を始めたい人はbitwalletを使うと良いでしょう。

ザオプションへの入金方法
スクロールできます
入金方法手数料最低入金額最大入金額反映時間
銀行送金無料1万円100万円即日〜翌営業日
bitwallet無料5,000円即時
クレジットカード無料1万円即時
ビットコイン無料1万円30万円数分

ザオプションからの出金方法は、銀行送金とbitwalletが用意されています。

基本的に出金手数料は無料ですが、入金後に全く取引をしていない場合や、取引額が入金額に満たない場合は決済手数料として1,500円または出金額の10%が手数料が差し引かれます。

ザオプションへの出金方法
スクロールできます
出金方法手数料最低出金額反映時間
銀行送金無料5,000円即日〜翌営業日
bitwallet無料5,000円即時

出金可能額は「口座レベル」によって異なり、口座レベルは月間取引量によって決まります。

また、過去6ヶ月以内にクレジットカードで入金すると、出金可能額が月100万円または200万円までに制限されるため、出金制限を緩和したい人はクレジットカード以外の方法で入金するようにしましょう。

6ヶ月以内にクレジットカードで入金している場合
口座レベル月間取引量出金可能額
チャレンジャー100万円/30日
トレーダー50万円100万円/30日
ベーシック100万円100万円/30日
プロ300万円100万円/30日
エキスパート500万円200万円/30日
6ヶ月以内にクレジットカードで入金していない場合
口座レベル月間取引量出金可能額
チャレンジャー500万円/10日
トレーダー50万円500万円/10日
ベーシック100万円500万円/10日
プロ300万円500万円/10日
エキスパート500万円1億円/10日

ザオプションのサポート

ザオプションのサポート体制はかなりしっかり整っており、海外業者でありながら日本語サポートも充実しています。

サポート形式対応時間返信
日本語ライブチャット平日16時~23時即時
メールサポート平日24時間1営業日
電話サポート非推奨
LINEサポート

ザオプションの口座開設方法

STEP
口座開設フォームの入力

まずはザオプション(theoption.com)の口座開設ページへアクセスします。

ご自身の名前、メールアドレス、電話番号を入力し、マイページへアクセスするためのパスワードを設定したら、【次へ】ボタンを押して次へ進みます。

STEP
契約書へ電子署名

続いて、契約書へ電子署名を行います。

「署名日」欄に今日の日付を入力し、「上記全ての内容を理解し、同意します。」へチェックを入れて、【次へ】ボタンを押して次へ進みます。

STEP
身分証を撮影して本人確認

取引を始めるには、本人確認書類をアップロードする必要があります。

ザオプションの必要書類は、顔写真付きの身分証明書と現住所確認書類の2つです。

顔写真付きの身分証明書
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住基カード
  • 在留カード
現住所確認書類(発行から6ヶ月以内)
  • 電気・ガス・水道の請求書・領収書
  • 電話・ネット回線の請求書・領収書
  • カード・銀行の利用明細・請求書
  • 健康保険証(住所記載のもの)
  • 住民票
  • 納税証明書

ザオプションのデモ取引方法

STEP
公式ページへアクセス

まずはザオプション(theoption.com)の公式ページへアクセスします。

デモ取引の場合は会員登録は必要なく、【フリーデモを試す】ボタンをクリックするだけでデモ取引を始められます。

STEP
デモ口座の取引画面を開く

デモ口座の取引画面を開けたら、100万円の資金を元手にデモ取引を始められます。

ザオプションの攻略方法

まずはデモ口座で練習しよう

ザオプションでは、アカウント登録なしでデモ取引を体験できます。

いきなり自己資金を使うのではなく、架空のお金でデモ取引をしてからリアル口座に移行することで、練習を積んでから実践に挑むことができます。

トレンドに沿った押し目買い・戻り売りを狙う

バイナリーオプションには様々な手法がありますが、万能の必勝法はありません。

しかし、初心者にも比較的取り組みやすいのが、トレンドに沿った押し目・戻り目を狙う方法「トレンドフォロー」です。

トレンドフォローでは、大きな相場の流れが上か下かを見極めて、その流れに乗ることになるため、エントリーした方向に相場が動きやすいという優位性があります。

全体的な相場の流れが上昇トレンドの場合は、一時的な下落後の反発時にハイ(上昇)方向に賭けます。

逆に、下降トレンドの場合は、一時的な上昇後の反落時にロー(下降)方向に賭けます。

中長期の取引から始めるのがおすすめ

ザオプションでは30秒という短期間の取引も可能ですが、あまりに短いと相場の動向を読み取るのが難しく、ランダムな価格変動で負けてしまうリスクがあります。

バイナリーオプション初心者は、3分や5分などの中長期の取引からスタートするのがおすすめです。

ザオプションで稼いだ際の税金

日本在住者がザオプションなどのバイナリーオプションで利益を得た場合、日本の税法に基づいて納税する義務があります。

利益が発生した時点で課税対象となり、出金の有無は関係ありません。

利益は雑所得として申告しよう

ザオプションでの利益は、税務上は雑所得に分類されます。

雑所得とは、給与所得や事業所得などの他の所得区分に当てはまらない所得のことで、他の所得と合算して総合課税の対象になります。

総合課税では、事業所得、給与所得、雑所得、不動産所得など10種類の所得を合計して税額を算出します。ザオプションの利益もこの総合課税に含まれます。

1月1日から12月31日までの年間所得と税額を計算し、利益が出た場合は、翌年3月15日までに確定申告と所得税の納付を行わなければなりません。

確定申告の際はザオプションの取引履歴を基に利益を算出し、申告後も証拠書類として保管しておきましょう。

年間利益が一定額を超えると課税される

ザオプションで利益を上げた場合、年間に得た利益によって確定申告が必要かどうかが決まります。

会社などから給与を得ている給与所得者の場合、給与以外の所得が年間20万円以上あれば確定申告が必要になります。

一方、専業主婦や無職の学生など、給与所得がない人は、年間48万円以上で確定申告の義務が発生します。

脱税はリスクが高く重い罰則がある

ザオプションは海外業者のサービスなので、利益が出ても出金しなければ税務署に発覚しないだろう、と考える人もいるかもしれません。

しかし、税金を払わずに利益を得ることは脱税行為であり、もし税務調査が入れば脱税は間違いなく発覚します。

発覚した場合の罰則はとても重く、本来支払うべき税額に加えて、重加算税や延滞税などが課されます。

悪質なケースでは刑事告発され、懲役刑に処される可能性もあるため、脱税のリスクを負うよりも、正直に税金を納めるほうが賢明です。

会社にバレない方法は普通徴収の選択

会社員がザオプションで利益を得た場合、確定申告をすれば会社に副業がバレてしまうのではないか、と不安に思う人もいるでしょう。

確かに、確定申告をすると税務署から会社に住民税額が通知されるため、会社の経理担当者などに副業が発覚することがあります。

しかし、確定申告の際に「普通徴収」を選択すれば、会社を介さずに自分で住民税を納付できます。

普通徴収とは自宅に送付される納付書で税金を支払う方法で、特別徴収とは給与から天引きされる形で税金が徴収される方法です。

普通徴収を選べば、ザオプションの利益が原因で会社から追及される心配がなくなりますが、自分で期限内に納付しなければならないので、納め忘れにはくれぐれも注意が必要です。

ザオプションのアフィリエイト

ザオプションではアフィリエイトプログラムを用意しています。

自身のブログやSNSなどを通じてザオプションを紹介して、顧客が新規口座開設・入金・5回以上の取引を行うと、最大25,000円の報酬が支払われます。

報酬は月間の獲得件数によって異なり、1件~50件なら1人につき15,000円、51件~100件なら20,000円、100件以上なら25,000円となっており、いずれにしても高額な報酬が得られます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Kazuaki Obataのアバター Kazuaki Obata 合同会社WOZ代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!
トレード歴は8年以上。今まで使ってきたFX業者は延べ30社以上。

コメント

コメントする

この記事の目次