【最大15,000円】海外FXで実施中のボーナス21選

ハイローオーストラリアの評判|危険性や出金拒否の真相を徹底公開

この記事は、日本非居住者を対象にしたものであり、日本居住者に対して投資情報の発信・投資助言・勧誘を行うものではありません。
記事内にアフィリエイト広告が含まれる場合があります。
価値ある情報を提供するため、コンテンツ制作ポリシーに準拠しています。

海外のバイナリーオプション業者「ハイローオーストラリア」(Highlow.com)の評判をまとめました。

実際の使い心地、メリット・デメリットを徹底的にあぶり出したので、表面的な情報ではなく、実情に即した内容となっています。

これからハイローオーストラリアを使おうと考えている人は、ぜひこの記事を参考材料にしていただければ幸いです。

ハイローオーストラリアは日本金融庁に未登録の海外業者のため、日本の法的保護を受けられない可能性があります。
参考:無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください:金融庁

今なら新規口座開設で5,000円ボーナスで取引できる!

公式サイト:https://highlow.com

この記事の目次

ハイローオーストラリアの評判・口コミまとめ

メリット・デメリット

ハイローオーストラリアの良い評判・メリット
  • 金融ライセンスを取得済みで信頼できる
  • 30秒からの取引が可能
  • ペイアウト率最大2.3倍で稼ぎやすい
  • キャッシュバックがボーナスが多くてお得
  • 入出金のスピードが速い
  • 出金トラブルがほとんど無い
  • 登録なしでデモ取引ができる
ハイローオーストラリアの悪い評判・デメリット
  • 約定拒否が起こる
  • 値動きが激しいとスプレッドが広がる
  • 最低出金額が1万円
  • 引き分け(ドロー)は負け判定となる
  • 稼ぎすぎると口座凍結される可能性がある

管理人の総評

ハイローオーストラリアは2010年からの営業実績があり、多くのユーザーに利用されてきた大手・老舗業者です。

金融ライセンスを取得していて、バイナリー業者として比較的信頼性が高く、入出金に関してもスピーディーでトラブルも少なく、優良業者といって良いでしょう。

取引時間は最短30秒〜最長1日と幅広く、ペイアウト率は最大2.3倍(130%)と高いので、様々な取引手法と相性が良く稼ぎやすいのも特徴です。

また、常に数多くのキャッシュバックボーナスを提供していて、新規口座開設と初回入金をするともれなく5,000円分のキャッシュバックが貰えるのも人気の理由でしょう。

一方、値動きの激しい場面では約定拒否が起こる、引き分け(ドロー)は負け判定されるなど、取引環境に関する弱点もあるため、まずはデモ取引から試してみることをおすすめします。

ハイローオーストラリアの良い評判・メリット

金融ライセンスを取得済みで信頼できる

ハイローオーストラリアは、マーシャル諸島共和国の金融ライセンスを取得済みの信頼できる海外バイナリーオプション業者です。

金融ライセンスの取得は、その国の定める厳しい審査基準をクリアしなければならず、ハイローオーストラリアはそうした審査をパスした上で金融ライセンスを取得しているため、信頼性が高いと言えるでしょう。

30秒からの取引が可能

ハイローオーストラリアでは、30秒という短い時間での取引が可能となっています。

国内のバイナリーオプション業者には無く、ハイローオーストラリアならではの特徴で、価格の突発的な動きを捉えて稼ぎたいトレーダーにとって大きなメリットと言えます。

空いた時間を有効活用してトレードを行いたい人にもおすすめで、移動中の電車やバスの中、仕事の合間の休憩時間など、ちょっとした隙間時間で取引できます。

ペイアウト率最大2.3倍で稼ぎやすい

ハイローオーストラリアのペイアウト率は、最大で2.3倍(130%)とかなり高い水準となっています。

ペイアウト率とは投資額に対する支払い額の倍率で、例えば10,000円を賭けて買った場合は23,000円が支払われ、13,000円の利益が得られることを意味しています。

他の海外バイナリーオプション業者と比較しても、ハイローオーストラリアのペイアウト率の高さは際立っていて、同じ勝率でも他社で取引するより稼ぎやすい環境です。

全ての取引で2.3倍のペイアウトを受けられるわけではありませんが、ハイローオーストラリアのペイアウト率は全体的に高く、効率的に資金を増やせると評価されています。

キャッシュバックがボーナスが多くてお得

ハイローオーストラリアでは、様々なキャッシュバックやボーナスが用意されており、これらを活用することでよりお得に取引ができるようになっています。

まず新規口座開設と初回入金で5,000円のキャッシュバックがもらえるのは大きな魅力でしょう。

自己資金を入金しなくてはなりませんが、キャッシュバック分から取引へ使えるため、例えば1回1,000円なら5回まではノーリスクで取引できます。

さらに、取引量に応じてもらえるキャッシュバックや、取引ごとに最大50万円が当たるジャックポットキャンペーンなども用意されています。

これらのキャッシュバックボーナスを上手に活用することで、お得に利益を積み上げていくことができるでしょう。

ただし、キャッシュバックやボーナスの条件は定期的に変わることがあるため、最新の情報をしっかりとチェックしておくことが大切です。

入出金のスピードが速い

ハイローオーストラリアでは、入出金のスピードの速さも大きな魅力となっています。

特に出金申請から実際に口座に着金されるまでのスピードは、業界でもトップクラスです。

通常であれば、出金申請の手続きが完了してから24時間以内に口座に着金しますし、その日のうちに着金されるケースも珍しくありません。

スムーズに利益を引き出すことができれば、次の投資に回したり、生活資金に充てたりと、自由に使途を決められるので、トレーダーにとって何よりも嬉しいポイントです。

入金に関しても手続きが簡単で、どの入金方法でもスピーディに反映されるため、すぐに取引を開始することができます。

出金トラブルがほとんど無い

ハイローオーストラリアでは、出金トラブルがほとんど報告されていないのも大きな特徴です。

海外バイナリーオプション業者の中には、出金申請をしてもなかなか振込みがなされなかったり、出金そのものを拒否したりするところもあると言われています。

しかし、ハイローオーストラリアではそうした出金トラブルの報告はほとんど見当たりません。

出金条件をしっかりとクリアしていれば、スムーズに出金できるケースがほとんどだと言われています。

トレードで利益をあげても、出金できなければ意味がありませんが、ハイローオーストラリアでは安心して利益を引き出すことができるため、多くのトレーダーから支持されているのです。

登録なしでデモ取引ができる

ハイローオーストラリアでは、口座開設などの登録をしなくてもデモ取引を体験することができます。

デモ取引とは、仮想のお金を使って実際の取引と同じように練習できるシステムのことを指します。

ハイローオーストラリアのデモ取引では、100万円分の仮想通貨が用意されており、これを使って自由にトレードの練習ができます。

実際のチャートを使って練習でき、自己資金を失うリスクも無いので、取引に慣れるまでの間にうまく活用したいところです。

多くの海外バイナリーオプション業者は、デモ取引を利用するためには口座開設が必須となっていますが、ハイローオーストラリアでは登録手続きが一切不要で、公式サイトへアクセスするだけでデモ取引を始められます。

ハイローオーストラリアの悪い評判・デメリット

約定拒否が起こる

ハイローオーストラリアでは、約定拒否が起こることがあると指摘されています。

約定拒否とは、取引を行おうとした際に、注文が受け付けられないことを指します。

特に、重要な経済指標の発表時など、相場が大きく動く局面では約定拒否が起こりやすくなる傾向にあります。

約定拒否が頻発すると、狙ったタイミングで取引ができなくなるため、トレーダーにとっては大きなストレスとなるでしょう。

ただし、約定拒否はハイローオーストラリアに限った問題ではなく、他の業者でも起こり得る現象で、約定拒否を完全に防ぐことは難しいです。

相場が大きく変動しそうな時間帯を避けて取引するなどの対策を講じることで、ある程度は回避できるはずです。

値動きが激しいとスプレッドが広がる

ハイローオーストラリアでは、スプレッドが発生しない「ハイロー取引」「ターボ取引」と、スプレッドが発生する「ハイロースプレッド取引」「ターボスプレッド取引」があります。

スプレッドが発生する取引では、値動きが激しい時にスプレッドが広がることがあると指摘されています。

スプレッドとは、売値と買値の差額のことを指します。

スプレッドが広がると、トレーダーは不利な価格で取引をすることになるため、利益を得るのが難しくなります。

スプレッドが広がりやすいのは、相場が大きく動いている時や、経済指標の発表前後だと言われており、こうした局面で取引すると負けやすくなるので、相場が安定している時間帯を狙って取引するのが賢明です。

ハイローオーストラリアでは、比較的スプレッドが広がりにくいと評価する声もありますが、値動きの荒い相場では注意しましょう。

最低出金額が1万円

ハイローオーストラリアの最低出金額は1万円と、他の業者と比べてやや高めに設定されています。

出金する際には、1万円以上の資金を口座に保有していなければ出金申請ができず、追加の利益を積み重ねるか、追加入金をしてから出金するしかありません。

多くのバイナリー業者が最低出金額を5,000円程度に設定していることを考えると、この点は、ハイローオーストラリアの大きなデメリットの1つといえそうです。

特に、少額取引をしたいトレーダーにとっては、利益が出ても出金できないケースも出てくるでしょう。

引き分け(ドロー)は負け判定となる

ハイローオーストラリアでは、取引の勝敗が引き分け(ドロー)となった場合、負け判定となり購入額は戻ってきません。

注文時と満期のレートが同じなら、本来であれば引き分けが妥当なはずなので、トレーダーから見れば不利な条件だと言わざるを得ません。

かつては、ハイローオーストラリアでも引き分け(ドロー)は払い戻しとなっていましたが、現在は負け判定となります。

勝敗がつく確率に比べて引き分けになる確率は低いものの、値動きの少ない場面では引き分けになることがあるので、あまりにも平坦な相場では取引を避けたほうが良いかもしれません。

稼ぎすぎると口座凍結される可能性がある

ハイローオーストラリアでは、一定以上の利益をあげたトレーダーに対して、不当な口座凍結が行われるとの指摘があります。

もちろん、そうした指摘が全て正しいとは言い切れず、負けたトレーダーが腹いせに書き込んでいる可能性もありますが、業者とトレーダーで利益相反するバイナリーの特性上、完全に否定することもできません。

口座が凍結されると、取引はもちろん、出金することもできなくなるため、トレーダーにとっては死活問題です。

一般的に、口座凍結される理由としては不正行為や規約違反などが考えられますが、ハイローオーストラリアの場合は利益の額そのものが問題視される可能性があるのです。

つまり、多額の利益をあげ続けるトレーダーに対しては、半ば締め出しのようなかたちで措置がとられる可能性が否めません。

口座凍結のリスクを回避するためには、利益が出たらこまめに出金したり、複数の業者を分散して使うなどの対策が有効です。

ハイローオーストラリアが危険・やばい・おかしいと言われる理由

ハイローオーストラリアについてネット上を調査すると、「危険」「やばい」「おかしい」といったネガティブな書き込みも散見されます。

ハイローオーストラリアの悪評が目立つ理由についてまとめると、主に次の5点が考えられます。

偽サイトが多い

ハイローオーストラリアは有名業者なだけに、偽サイトがたくさん作られています。

偽サイトとは、ハイローオーストラリアの公式サイトに酷似したデザインのサイトのことを指し、見た目はハイローオーストラリアに似ていても、運営者は全くの別人です。

URLが似ていたり、デザインが酷似しているなど、巧妙に作られているため、うっかり偽サイトに登録してしまう人もいるでしょう。

偽サイトを使ってしまうと、個人情報を詐取されたり、お金を盗み取られるなど、様々な被害に発展することがあります。

こうした偽サイトをうっかり使わないためには、ハイローオーストラリアの公式サイトのURLを確認し、ブックマークしておくことが大切です。

もし登録前に不安を感じている人は、下のボタンからクリックすることで公式サイトへアクセスできます。

金融庁から警告を受けている

ハイローオーストラリアは、日本の金融庁から警告を受けている業者だということも、評判を下げる要因となっています。

金融庁は、ハイローオーストラリアを「無登録業者」としてリスト化しており、利用者に注意を促しています。(無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について

無登録業者とは、日本の法律に基づく登録を行っていない業者のことを指します。

日本では、金融商品取引を行う業者は金融庁に登録する必要がありますが、ハイローオーストラリアはこの登録を行っていません。

そのため、金融庁は利用者に対して、トラブルがあっても法的な保護を受けられない可能性があると警告しているのです。

ただし、ハイローオーストラリアは海外の業者であるため、日本の法律に基づく登録義務はなく、金融庁の警告に法的な拘束力はありません。

とはいえ、トラブルがあった際に日本の法的な保護が受けられないのは軽視できないリスクで、利用者にとって不安材料であることは確かでしょう。

FXよりも運要素が強く投機寄り

ハイローオーストラリアは、FXと比べて運要素が強いと指摘されています。

これは、ハイローオーストラリアで提供されているバイナリーオプション取引の特性によるものです。

バイナリーオプションは、「価格が上がるか下がるか」を予測する投機で、価格の方向性さえ当てればよいので、FXと比べるとシンプルな取引だと言えます。

しかし、その分、相場分析の精度を上げるのが難しく、運の要素が強くなると考えられているのです。

FXの場合は、通貨ペアの相関性やファンダメンタルズ分析といった様々な判断材料があり、注文や決済のタイミングは自分で決められます。

一方、バイナリーオプションでは、価格の方向性さえ当てれば勝てる簡単な取引ですが、注文・決済のタイミングは自分で決められず、短期の取引になるほど運の要素が強くなります。

レートがおかしいという噂

ハイローオーストラリアでは、取引のレートが他の業者やFXのレートと乖離しているのではないか、不正捜査されているのではないかという指摘が絶えません。

実際のところ、ハイローオーストラリアのレートがおかしいという噂の真偽のほどは定かではありません。

しかし、膨大なユーザー個々のレートをいちいち操作するのは現実的に難しく、もし異常なまでのレート操作があればユーザー離れを起こしているはずです。

また、ハイローオーストラリアはFXCMという大手FXブローカーのレートをそのまま配信していると宣言しており、弊社が調査したところ確かにFXCMとのレート乖離は見られませんでした。

したがって、ハイローオーストラリアのレートに関しては、過度に心配する必要はないといえます。

ただ、噂の真偽はともかく、利用者の信頼を獲得するために、ハイローオーストラリアには、レートの正確性や公平性を担保するための努力が求められていると言えるでしょう。

負けた人が腹いせに書き込んでいることも

ハイローオーストラリアに対する悪い評判の中には、取引で負けた人が腹いせに書き込んでいるケースも多々あります。

バイナリーオプション取引では、勝つ人もいれば負ける人もいますが、負けた人の中には、自分の責任を認めず、業者のせいにする人が一定数います。

「レートがおかしい」「システムがバグっている」など、根拠のない主張を展開して業者を非難する書き込みも見受けられ、ハイローオーストラリアの評判を不当に下げる原因にもなっています。

中には不正行為を働くバイナリー業者があることも確かですが、取引で負けたからといって、それが全て業者の責任だと考えるのは適切ではありません。

ハイローオーストラリアに限らず、バイナリー業者を選ぶ際は、こうした感情的な書き込みに惑わされないことが大切です。

ハイローオーストラリアの本物の公式サイトはどこ?

ハイローオーストラリアは人気業者のため、偽物のサイトが多数存在しています。

偽物のサイトを使ってしまうと、個人情報が抜き取られたり、お金をだまし取られるなどの被害を受けるなどの危険があるため、必ず公式サイトであることを確認しましょう。

不安な人は、以下のボタンから本物の公式サイトへアクセスしてください。

今なら新規口座開設で5,000円ボーナスで取引できる!

公式サイト:https://highlow.com

ハイローオーストラリアの安全性

公式Webサイトhttps://highlow.com
運営会社HLMI Markets International Limited(セントクリストファー・ネービス)
設立2010年
資金の管理方法分別管理

ハイローオーストラリアはバヌアツ共和国金融庁の金融ライセンスを取得していて、比較的信頼性が高いといえます。

以前はマーシャル諸島やセントビンセント・グレナディーンの金融ライセンスを取得していましたが、各国のバイナリーオプションへの規制が強まる影響を受け、ライセンスの移管を繰り返しています。

現在の運営会社はセントクリストファー・ネービスのHLMI Markets International Limitedで、創業は2020年9月と比較的最近です。

元の運営会社HighLow Markets Pty Ltdは2010年5月創業と、バイナリー業者としては古株で、十分な運営実績があると言ってよいでしょう。

資金の管理方法については、顧客資金と会社の資金を別々に管理する「分別管理」を行っているものの、第三者のもと管理される「信託保全」は導入されていません。

これまで資金流出や盗難などのトラブルは起きていませんが、預けた資金が必ずしも戻ってくるとは言い切れないので、多額の入金は控え、こまめな出金を心がけましょう。

ハイローオーストラリアの取引条件

取引できる銘柄

ハイローオーストラリアで取引できる銘柄は合計31種類で、次のとおりです。

FX通貨ペア15種類
仮想通貨4種類
株式指数9種類
コモディティ3種類
合計31種類
スクロールできます
銘柄説明取引手法
ハイローターボ
USD/JPY米ドル/日本円
EUR/JPYユーロ/日本円
GBP/JPY英ポンド/日本円
AUD/JPY豪ドル/日本円
NZD/JPYNZドル/日本円
CAD/JPYカナダドル/日本円
CHF/JPYスイスフラン/日本円
EUR/USDユーロ/米ドル
GBP/USD英ポンド/米ドル
AUD/USD豪ドル/米ドル
USD/CAD米ドル/カナダドル
USD/CHF米ドル/スイスフラン
EUR/GBPユーロ/英ポンド
EUR/AUDユーロ/豪ドル
GBP/AUD英ポンド/豪ドル

取引方法

ハイローオーストラリアの取引方法は「ターボ」「ハイロー」「ターボスプレッド」「ハイロースプレッド」の4種類が用意されています。

それぞれの仕組みと特徴は次のとおりです。

スクロールできます
ターボハイローターボスプレッドハイロースプレッド
銘柄数11種類31種類11種類31種類
判定時間30秒
1分
3分
5分
15分
1時間
1日
30秒
1分
3分
5分
15分
1時間
1日
開始時間いつでも最短15分ごといつでも最短15分ごと
ペイアウト率1.85~2.00倍1.85~1.95倍2.00~2.30倍2.00倍

ターボ(Turbo)

「ターボ(Turbo)」は、30秒・1分・3分・5分という短時間で行う取引方法で、エントリーしたタイミングからの時間経過で取引が終了します。

エントリー開始時間の指定はないので、いつでもエントリーできるため、すぐに取引したいときに便利です。

ペイアウト率はハイローより少し高くなっていますが、一部の主要通貨ペアしか取引できません。

  • エントリー開始時間の指定はない
  • 30秒、1分、3分、5分という短時間で行う取引方法
  • エントリーしたタイミングからの時間経過で取引が終了する
  • ペイアウト率はハイローより少し高い(1.85~2.00倍)
  • 一部の主要通貨ペアのみ取引可能

ハイロー(Highlow)

「ハイロー(Highlow)」は、レートが一定時間後に上がるか下がるかを予測する点ではターボと同じですが、開始時間が決められています。

判定時間は15分、1時間、1日の3種類から選択でき、ハイローオーストラリアが扱う全ての銘柄を取引可能ですが、ペイアウト率は4種類の中で最も低くなっています。

  • 開始時間よりも終了時間の価格が上がるか下がるかを予測する
  • 判定時間は15分、1時間、1日の3種類から選択可能
  • エントリー開始時間が指定されている
  • 全ての銘柄を取引可能
  • ペイアウト率は4種類の中で最も低い(1.85~1.95倍)

ターボスプレッド(Turboスプレッド)

「ターボスプレッド(Turboスプレッド)」は、ターボにスプレッド(価格差)がかけられた取引方法で、特定の時間経過後のレートがスプレッド幅を越えて上がるか下がるかを予測する必要があります。

ハイローオーストラリアの取引手法としては最もペイアウト率が高いものの、スプレッド分があるぶん勝率は低くなりやすく、トレンド相場では有利ですが、レンジ相場では不利となります。

  • 通常のターボにスプレッド(価格差)がかけられている取引方法
  • 現在レートが一定時間後に上がるか下がるかを予測する
  • 4種類の中で最もペイアウト率が高い(2.00~2.30倍)
  • 取引可能な通貨ペアはターボと同じ。

ハイロースプレッド(Highlowスプレッド)

「ハイロースプレッド(Highlowスプレッド)」は、ハイローにスプレッド(価格差)がかけられた取引方法で、開始時間よりも終了時間のレートがスプレッド幅を越えて上がるか下がるかを予測する必要があります。

ペイアウト率は通常のハイローより高いですが、スプレッド分があるぶん勝率は低くなりやすく、トレンド相場では有利ですが、レンジ相場では不利となります。

  • 通常のハイローにスプレッド(価格差)がかけられている取引方法
  • 開始時間よりも終了時間の価格が上がるか下がるかを予測する
  • 通常のハイローよりペイアウト率が高い(2.00倍)
  • 判定時間や取引商品は通常のハイローと同じ

判定時間・ペイアウト率

ハイローオーストラリアの判定時間とペイアウト率は次のとおりです。

ターボ

30秒取引1.95倍(95%)
1分取引1.90倍(90%)
3分取引1.90倍(90%)
5分取引1.85倍(85%)

ハイロー

15分取引1.85倍(85%)
1時間取引1.90倍(90%)
1日取引1.95倍(95%)

ターボスプレッド

30秒取引2.30倍(130%)
1分取引2.20倍(120%)
3分取引2.05倍(105%)
5分取引2.00倍(100%)

ハイロースプレッド

15分取引2.00倍(100%)
1時間取引2.00倍(100%)
1日取引2.00倍(100%)

平日・休日・年末年始の営業時間

ハイローオーストラリアの基本的な取引可能時間は次のとおりです。

曜日取引可能時間
月曜日7時~24時
火〜金曜日0時~6時・7時~24時
土曜日0時~6時
日曜日取引不可

ただし、オーストラリアの休日と年末年始は例外的に一日休業しているので、事前に確認しておきましょう。

1月1日ニュー・イヤーズ・デー
1月27日オーストラリア・デー
4月10日グッド・フライデー
4月13日イースター・マンデー
4月25日アンザック・デー
6月14日女王誕生日
12月25日クリスマス・デー
12月26日ボクシング・デー

ハイローオーストラリアの取引環境

ハイローオーストラリアの取引はWeb上から行います。

取引画面がシンプルで、すべて日本語化されているため、初心者でも戸惑うことなく使いこなせるでしょう。

スクロールできます

以前はスマホアプリも提供されていましたが、現在はiOS・Androidともにアプリは提供されていません。

現在、AppStoreやGoogle Playストアでハイローオーストラリアを模したアプリが提供されていますが、公式アプリではなく偽物ですので、くれぐれもご注意ください。

ハイローオーストラリアのキャッシュバックボーナス

ハイローオーストラリアでは常にいくつものキャッシュバックボーナスを提供しており、資金が少ない人でもすぐに取引を始めることができます。

新規口座開設キャッシュバック(5,000円)

ハイローオーストラリアで新規口座開設すると、全員にもれなく5,000円のキャッシュバックボーナスが付与されます。

このボーナスは初回入金後すぐに取引で使用でき、ボーナス分を使い切るまでは自己資金を使わずに取引できるのが特徴です。

ハイローオーストラリアの最低入金額は5,000円なので、5,000円の自己資金+5,000円のボーナス=合計10,000円の資金で取引を始められます。

有効期限はなく、1人1回のみ受け取ることができます。

HighLowポイントキャッシュバック(最大5万ポイント)

HighLowポイントキャッシュバックは、毎月の取引金額に応じてポイントが付与される制度です。

月間取引額100万円以上の取引者が対象で、ステータスに応じて1,000円の取引ごとに3〜10ポイントが付与されます。

ステータス月間取引量還元ポイント
プレーヤー100万円未満なし
トレーダー100〜200万円未満1,000円の取引ごとに3ポイント
プロ200〜500万円未満1,000円の取引ごとに5ポイント
エリート500万円以上1,000円の取引ごとに10ポイント

獲得したポイントは1ポイント=1円として、翌月の第1営業日にキャッシュバックされます。

ただし、ポイントの有効期限は付与月の月末までなので注意が必要です。

養分キャッシュバックボーナス(最大10万円)

養分キャッシュバックは、負け越しているトレーダーを対象に配布されるキャッシュバックで、以下の条件を満たした負けトレーダーに対して付与されます。

  • 取引口座の残高が1,000円未満
  • 過去1か月で1回も取引がない
  • 登録後トータルで負け越している

口座残高が1,000円未満で過去1ヶ月間で取引が無く、なおかつトータルで負け越しているトレーダーが対象となります。

ボーナス額は5,000円〜10万円で、ボーナス受取後に入金額以上の出金をするとボーナスは消滅します。

公式サイトでは好評されておらず、隠れキャッシュバックボーナスの1つとなります。

なお、「養分」というのは正式名称ではなく、ボーナスの特性上トレーダーたちが勝手に名付けた通称です。

VIPボーナス(5万円)

月間の取引額が1,000万円を超える上級トレーダーに付与される、特別なキャッシュバックボーナスです。

ハイローオーストラリアの利用歴が2年以上、総取引額が5,000万円〜1億円以上、当月に1,000万円以上の取引実績があるトレーダーがVIPボーナスの対象となります。

こちらも養分キャッシュバック同様に非公式の隠れキャッシュバックの1つです。

謎の不定期キャッシュバックボーナス(最大5万円)

2019年10月頃から突如出現した謎のキャッシュバックボーナスで、養分キャッシュバックの進化形とも言われています。

公式では明かされていませんが、損失額の約10%にあたる金額が不定期に付与されるようで、養分キャッシュバック同様に負けているトレーダーを対象に配布されているとみられます。

ジャックポットボーナス(最大50万円)

ジャックポットボーナスは2021年3月に新設されたキャッシュバックボーナスで、取引約定のたびに自動で抽選が行われ、当選するとボーナスが付与される仕組みです。

トレーダーの月間取引金額に応じたステータスにより当選金額が変動し、最大50万円のボーナスを獲得できるチャンスがあります。

ステータスが上がるほど当選確率と金額がアップするのが特徴です。

ステータス月間取引量最大獲得額
プレーヤー100万円未満なし
トレーダー100〜200万円未満最大5,000円
プロ200〜500万円未満最大20,000円
エリート500万円以上最大500,000円

ハイローオーストラリアの入出金方法

ハイローオーストラリアへの入金方法は、クレジットカード・銀行送金・ビットコインが用意されています。

最も手軽なのはクレジットカードで、手数料無料で最短即日に着金します。

クレジットカードを持っていない人は、銀行送金で振り込むことで、即日もしくは翌営業日に着金します。

ハイローオーストラリアへの入金方法
スクロールできます
入金方法手数料最低入金額最大入金額反映時間
クレジットカード無料5,000円300万円即時
銀行送金無料1万円1億円即日〜翌営業日
ビットコイン無料5,000円500万円数分

ハイローオーストラリアからの出金方法は、銀行送金のみです。

1回1万円〜1億円の範囲内で出金できて、手数料は無料、正午までの申請なら翌日、午後の申請は翌々営業日に銀行へ着金します。

クレジットカードとビットコインは入金のみの対応で、出金には対応していないので注意しましょう。

ハイローオーストラリアのサポート

ハイローオーストラリアのサポート体制はかなりしっかり整っており、海外業者でありながら日本語サポートも充実しています。

サポート形式対応時間返信
日本語ライブチャット平日9時~17時即時
メールサポート平日24時間1営業日
電話サポート廃止
LINEサポート

ハイローオーストラリアの口座開設方法

STEP
口座開設フォームの入力

まずはハイローオーストラリア(highlow.com)の口座開設ページへアクセスします。

ご自身の名前とメールアドレスを入力し、マイページへアクセスするためのパスワードを設定したら、【次へ】ボタンを押して次へ進みます。

STEP
詳しい個人情報を登録

続いて、詳しい個人情報を登録します。

入力事項は、住所、生年月日、携帯電話番号です。

住所欄にはこの後に提出する身分証明書と全く同じフォーマットで入力しましょう。

STEP
身分証を撮影して本人確認

取引を始めるには、自身の身分証をスマホで撮影して本人確認作業を行う必要があります。

パソコンで口座開設を進めていた場合は、ページに表示されるQRコードをスマホで読み取り、続きの作業を行います。

LIQUID eKYCの画面が表示されたら、プライバシーポリシーへ同意して、身分証の撮影を進めましょう。

ハイローオーストラリアのデモ取引方法

STEP
公式ページへアクセス

まずはハイローオーストラリア(highlow.com)の公式ページへアクセスします。

デモ取引の場合は会員登録は必要なく、「クイックデモ」をクリックするだけでデモ取引を始められます。

STEP
デモ口座の取引画面を開く

デモ口座の取引画面を開けたら、100万円の資金と5,000円のキャッシュバックボーナスを元手にデモ取引を始められます。

ハイローオーストラリアの攻略方法

最初はデモ取引から始める

ハイローオーストラリアでは、登録作業をせずに誰でもデモ取引を始めることができます。

最初からリアル口座で自己資金を賭けるのではなく、デモ取引で腕を磨いてからリアル取引へ臨むことで、無駄な負けを減らせるでしょう。

順張りの押し目・戻り目を狙う

バイナリーオプションの取引手法は様々で、聖杯のような必勝法は存在しませんが、初心者でも勝ちやすいのは順張りの押し目・戻り目を狙う手法です。

全体的な流れが上へ向いていれば、少しレートが落ち込んで反発したタイミングで上昇(ハイ)へ賭けます。

逆に、全体的な流れが下へ向いていれば、少しレートが上昇して反落したタイミングで下降(ロー)へ賭けます。

短期よりも中長期を狙う

ハイローオーストラリアでは最短30秒から取引できますが、あまりにも短期だと相場の流れを読みにくく、ランダムな値動きによって負けてしまうこともあります。

特に、バイナリーオプションを始めたばかりの初心者は、3分や5分などの中長期の取引から始めてみることをおすすめします。

ハイローオーストラリアで稼いだ際の税金

日本居住者がハイローオーストラリアのようなバイナリーオプションで利益を得た場合、日本の税法に則って税金を払う必要があります。

出金の有無は関係なく、利益が出た時点で課税対象となります。

利益を得たら雑所得として申告する

ハイローオーストラリアで得た利益は、税務上は雑所得として扱われます。

雑所得とは、給与所得や事業所得など、他の所得区分に当てはまらない所得のことを指し、他の所得と合算して総合課税の対象となります。

総合課税とは、事業所得や給与所得、雑所得、不動産所得など、10種類の所得を合算して税額を計算する方式で、ハイローオーストラリアで得た利益もこの総合課税に含まれます。

1月1日〜12月31日の年間所得と税額を計算し、利益が出た場合は、翌年の3月15日までに確定申告と所得税の納税を行う必要があります。

確定申告の際はハイローオーストラリアの取引履歴をもとに利益を計算し、確定申告後も証拠書類として残しておきましょう。

年間20万円または48万円以上稼ぐと税金がかかる

ハイローオーストラリアで利益を得た場合、年間の利益額によって確定申告の要否が決まります。

会社員など給与所得がある人は、給与以外の所得が年間20万円以上あれば確定申告が必要です。

一方、専業主婦やアルバイトをしていない学生など、給与所得がない人は、年間48万円以上の所得で確定申告の義務が生じます。

ただし、ハイローオーストラリアで損失が出ていれば、他の所得と通算することで税額を減らすことができます。

脱税はバレる可能性が高くペナルティも大きい

ハイローオーストラリアは海外の業者のため、利益が出ても出金しなければ税務署にバレないのでは、と考える人がいるかもしれません。

しかし、税金を払わずに利益を得ることは脱税であり、もし税務調査が入れば脱税は必ずバレるといっても過言ではありません。

バレた場合のペナルティは大きく、本来納めるべき税額に加え、重加算税や延滞税などが課されます。

悪質な場合は刑事告発され、懲役刑に処されることもあるので、脱税のリスクを冒すよりも、きちんと税金を納めるほうが賢明です。

会社にバレないためには普通徴収を選ぶ

会社員がハイローオーストラリアで利益を得た場合、確定申告をすれば会社にバレてしまうのではないか、と心配する人もいるでしょう。

確かに、確定申告をすると税務署から会社に住民税の徴収額が通知されるため、会社の経理担当者などに副業がバレる可能性があります。

しかし、確定申告の際に「普通徴収」を選択すれば、会社を経由せずに自分で住民税を納付することができます。

普通徴収とは自宅に送付される納付書で税金を支払う方法で、特別徴収とは給与から天引きされる形で税金が徴収される方法を指します。

普通徴収を選べば、ハイローオーストラリアの利益が原因で会社から追及される心配が無くなりますが、自分で期限内に納付する必要があるため、納め忘れには注意しましょう。

ハイローオーストラリアのアフィリエイト

ハイローオーストラリアではアフィリエイトプログラムを用意しています。

自身のブログやSNSなどを通じてハイローオーストラリアを紹介して、顧客が新規口座開設・入金・取引を行うと、最大53,000円の報酬が支払われます。

報酬は顧客の年齢によって異なり、18〜24歳なら15,000円、25〜34歳なら33,000円、35歳以上なら53,000円となっており、いずれにしても高額な報酬が得られます。

公式サイトによれば、5億円以上を稼ぐアフィリエイターが多数活躍しているとのことなので、バイナリーオプションを実際にやっているトレーダーや、Webマーケティングに自身がある人は、取り組んでみる価値がありそうです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Kazuaki Obataのアバター Kazuaki Obata 合同会社WOZ代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!
トレード歴は8年以上。今まで使ってきたFX業者は延べ30社以上。

コメント

コメントする

この記事の目次