【最大15,000円】海外FXで実施中のボーナス21選

PU Primeの評判|プロップトレードやコピトレが充実した海外FX

記事内にアフィリエイト広告が含まれる場合があります。
価値ある情報を提供するため、コンテンツ制作ポリシーに準拠しています。

海外FX業者「PU Prime」(ピーユープライム)の評判をまとめました。

実際の使い心地、メリット・デメリットを徹底的にあぶり出したので、表面的な情報ではなく、実情に即した内容となっています。

これからPU Primeを使おうと考えている人は、ぜひこの記事を参考材料にしていただければ幸いです。

PU Primeは日本金融庁に未登録の海外業者のため、日本の法的保護を受けられない可能性があります。
海外業者を利用する際のリスクや注意点については「海外FXのメリット・デメリット・国内FXとの違い」を参考にしてください。

銘柄が豊富でプロップトレードやコピトレも充実!

公式サイト:https://jp.puprime.com

この記事の目次

PU Prime総合評価・ユーザーの口コミ

メリット・デメリット

PU Primeの良い評判・メリット
  • 最大1,000倍レバレッジ
  • スプレッドが全体的に狭い
  • 追証なしのゼロカットシステム
  • MT4・MT5・スマホアプリに対応
  • プロップファームがある
  • コピートレードが充実
  • 取引銘柄が豊富
  • 入金ボーナスが貰える
  • 法人口座対応
PU Primeの悪い評判・デメリット
  • 金融ライセンスがマイナー
  • 信託保全がない
  • ロスカットレベルが50%でやや高め
  • ストップレベルが2pips〜
  • プライム口座・ECN口座は最低入金額が高い
  • 国内銀行送金に非対応
  • カスタマーサポートが日本語非対応

管理人の総評

PU Prime(旧Pacific Union)はオーストラリア発の新興FX業者、全体的にスプレッドが狭く、様々なニーズに合わせた口座タイプが用意されています。

取り扱い銘柄も豊富で、FX通貨ペアのほかにも、指数、コモディティ、仮想通貨、個別株など幅広い商品をトレードできるのもPU Primeならではのメリットといえます。

通常の裁量トレードはもちろん、会社から資金提供を受けてトレードできるプロップファームや、他のトレーダーの取引をそのまま自分の口座へコピーできるコピートレードにも対応していて、使い方の幅が広いのも特徴です。

また、取引プラットフォームはMT4とMT5の両方に対応しているほか、スマホ向けのアプリも用意されていて、ありとあらゆるデバイスに最適化されています。

一方、取得している金融ライセンスの信頼性が今ひとつで、資金の信託保全も行われていないため、安全性に対する懸念が拭えません。

日本ではかなりマイナーな業者のため、利用者はかなり少なく、ネット上の口コミもほとんど見受けられないので、安心して取引したい人は「海外FXおすすめ比較ランキング」で紹介している大手業者を使うことをおすすめします。

PU Primeの安全性・信頼性:評価⭐️

公式Webサイトhttps://jp.puprime.com
運営会社PU Prime Limited(セーシェル共和国)
設立2015年
資金の管理方法分別管理

PU Primeの金融ライセンス

PU Primeの運営会社は2社あり、各国の金融当局のライセンスを取得済みです。

  • PU Prime Limited:セーシェル金融庁のライセンス(番号:SD050)
  • PU Prime (PTY) Ltd:南アフリカ金融サービス委員会のライセンス(番号:52218)

日本居住者が口座開設する際は、PU Prime Limitedという会社の管轄となり、セーシェルの規制の対象となります。

権威性の高いキプロスCySECやオーストラリアASICといった金融ライセンスは取得しておらず、信頼性が高いとは言えません。

顧客資金は「分別管理」で保管

PU Primeは、顧客から預かった資金を「分別管理」という方法で管理しています。

分別管理とは、会社の運転資金と顧客の資金を切り離して管理する方法で、海外FX業者の資金管理方法として最もメジャーです。

しっかり分別管理されている業者を使うことで、自分が預けたお金が勝手に転用されるリスクは低いといえますが、あくまでも社内での管理に過ぎないため、絶対に安全とはいえません。

ちなみに日本のFX業者は、顧客の資金を第三者の機関へ預けて、仮に業者が破綻しても必ず資金が返還される「信託保全」を行っているため、分別管理のみの海外FX業者よりも安全性が高いといわれています。

PU Primeの取引口座:評価⭐️⭐️

口座タイプスタンダード口座
プロ口座
プライム口座
ECN口座
セント口座
複数口座対応
最大レバレッジ最大1,000倍
注文方式NDD方式(STP・ECN)
ゼロカット
デモ口座
法人口座

口座の開設方法

STEP
リアル口座開設フォームを入力

まずは、PU Primeのリアル口座開設ページへアクセスし、個人情報を入力します。

口座開設ページでは、氏名・国名・メールアドレス・電話番号を入力し、【ライブアカウントを開設する】ボタンをクリックして次へ進みましょう。

STEP
メール認証

PU Primeから確認メールが届くので、メール内の認証リンクをクリックしましょう。

STEP
個人情報の登録

詳しい個人情報を登録します。

登録内容は、自身の氏名や生年月日などの基本情報から、身分証情報、住所、各種アンケートなど多岐にわたります。

STEP
初期口座の設定

最初に開設するリアル口座の設定を行います。

設定項目は、取引プラットフォーム、口座タイプ、基本通貨の3点で、迷ったら次の組み合わせがおすすめです。

  • 取引プラットフォーム:MT5(MetaTrader 5)
  • 口座タイプ:スタンダード(Standard)
  • 基本通貨:日本円(JPY)
STEP
身分証明書・住所確認書をアップロード

PU Primeでは、本人確認の一環で「身分証明書」と「住所確認書」のアップロードを義務付けており、書類が認証されるまでは取引を始められません。

スムーズに取引を始めるために、なるべく早く書類を提出しましょう。

身分証明書
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
住所確認書(発行から3ヶ月以内)
  • 電気・ガス・水道の請求書・領収書
  • 電話・ネット回線の請求書・領収書
  • カード・銀行の利用明細・請求書
  • 健康保険証(住所記載のもの)
  • 住民票
  • 印鑑登録証明書
  • 納税証明書

必要書類をアップロードして書類の内容に問題がなければ、当日もしくは翌営業日に口座が有効化され、PU Primeのすべての機能が使えるようになります。

STEP
ログイン情報がメールで届く

必要書類の認証が終わると、登録したメールアドレス宛にログイン情報が書かれたメールが届くので、大切に保管しておきましょう。

STEP
自己資金を入金

口座開設と書類アップロードを行ったら、口座へ資金を入金しましょう。

クレジットカード、bitwallet、STICPAY、海外銀行送金、仮想通貨などで入金が可能です。

STEP
MT4・MT5・アプリで取引開始

PU Primeのリアル口座でトレードするには、MetaTrader(MT4・MT5)もしくは公式のスマホアプリを使います。

パソコンでトレードする場合は、PU Primeの公式ページから口座開設の際に選んだ取引プラットフォームをダウンロードして、口座へログインしましょう。

iPhoneやAndroidスマホでトレードする場合も同様に、アプリストアからダウンロードしましょう。

口座タイプは5種類

PU Primeの口座タイプは次の5種類。

  • スタンダード口座
  • プロ口座
  • プライム口座
  • ECN口座
  • セント口座
スクロールできます
項目スタンダードプロプライムECNセント
1ロットの価値100,000通貨100,000通貨100,000通貨100,000通貨1,000通貨
最大レバレッジ500倍1,000倍500倍500倍500倍
取引ツールMT4
MT5
MT4
MT5
MT4
MT5
MT4
MT5
MT4
MT5
注文方式NDD STPNDD STPNDD ECNNDD ECNNDD STP
スプレッド1.3pips〜1.3pips〜0.0pips〜0.0pips〜1.3pips〜
取引手数料$7.0/1ロット$2.0/1ロット
最低取引ロット0.010.010.010.010.01
最大取引ロット100100100100100
最大ポジション数
ゼロカット
ロスカットレベル50%50%50%50%50%
ストップレベル×××××
口座開設ボーナス×××××
入金ボーナス
取引ボーナス×××××
最低入金額$50$50$1,000$10,000$20

注文方式はNDDを採用

PU Primeではすべての注文をNDD方式(ノン・ディーリング・デスク)で処理しています。

ディーラーの裁量が介在せず、すべてシステムが自動で処理しているため、日本のFX業者でポピュラーなOTC方式・DD方式(ディーリング・デスク)よりも透明性が高いといえます。

スタンダード・プロ・セント口座はNDD STP方式、プライム・ECN口座ではNDD ECN方式を採用しています。

STP方式はPU PrimeがLPから引き出したレートにスプレッドをマークアップする、ECN方式は顧客の注文同士を直接マッチングさせて別途手数料を徴収するという違いがあります。

いずれにせよディーラーの裁量が介在せず、すべてシステムが自動で処理しているため、日本のFX業者でポピュラーなOTC方式・DD方式(ディーリング・デスク)よりも透明性が高いといえます。

スキャルピング・EA制限なし

PU Primeではスキャルピングが全面的に認められているため、回転率の高いトレードを何度も繰り返しても、口座凍結されたり出金拒否される恐れがありません。

また、EA・自動売買・インジケータに関しても一切制限がないので、システムトレーダーにもおすすめの業者です。

レバレッジは最大1,000倍

PU Primeのレバレッジは、プロ口座のみ最大1,000倍、それ以外の口座は500倍となっています。

ただし、最大1,000倍や500倍で取引できるのはメジャーな通貨ペア、ゴールド、原油のみで、取引商品によってはそれ以下に引き下げられているため、取引前に確認が必要です。

取引商品最大レバレッジ
FX通貨ペアメジャーペア:1,000倍
マイナーペア:20倍
仮想通貨CFD50倍
貴金属CFDゴールド:1,000倍
シルバー:100倍
それ以外:20倍
エネルギーCFD原油:1,000倍
それ以外:100倍
コモディティCFD50倍
株式指数CFD500倍
株式CFD33倍
ETF CFD33倍
債券CFD100倍

ゼロカットシステムにより追証リスク無し

PU Primeはゼロカットシステムを採用しており、追証(おいしょう)が請求される恐れがありません。

ゼロカットシステムとは、相場の急変動によってロスカットが間に合わず、口座残高を超える損失が発生した際に、残高以上の損をFX業者が負担してくれる仕組みです。

日本のFX業者では、金融商品取引法によってゼロカットが禁止されており、残高以上の損は追証が請求されてしまうため、自己資金を超える損失が生まれるリスクがあります。

PU Primeのようにゼロカットのある海外業者を使えば、自己資金以上に損する危険性を防げます。

ストップレベルは2pips〜

PU Primeでは全ての銘柄においてストップレベルが設けられていて、多くの通貨ペアで2pips程度となっています。

現在値から2pips以上離さないと指値注文や逆指値注文を置くことができないため、狭い値幅を取引するスキャルピングにおいては不利となります。

最近の海外FX業者は、ストップレベルがゼロに設定されていることが多いので、PU Primeも追従することも望みます。

法人口座に対応

PU Primeでは、個人名義の口座のみならず、法人名義でも口座開設が可能です。

ただし、通常の口座開設ページでは個人口座しか作れないため、カスタマーサポートへ法人口座を作りたいとの旨を伝える必要があります。

PU Primeの手数料:評価⭐️⭐️⭐️

スプレッド・取引手数料

PU Primeのスタンダード口座と、他業者のSTP口座のスプレッドを比較した結果が次のとおり。

スクロールできます
FX業者
口座タイプ

USDJPY

EURJPY

GBPJPY

AUDJPY

EURUSD

GBPUSD

AUDUSD

XAUUSD
PU Prime
スタンダード
1.7 pips2.0 pips1.8 pips1.9 pips1.5 pips1.7 pips1.8 pips0.25
XMTrading
スタンダード
1.6 pips2.3 pips3.6 pips3.3 pips1.7 pips2.2 pips1.9 pips0.28
FXGT
スタンダード
1.6 pips2.2 pips3.5 pips3.3 pips1.6 pips2.2 pips1.6 pips0.40
AXIORY
スタンダード
1.3 pips1.4 pips1.9 pips2.0 pips1.3 pips1.6 pips1.7 pips0.53
Exness
スタンダード
1.1 pips1.9 pips2.0 pips1.3 pips1.0 pips1.5 pips1.5 pips0.50

PU Primeのプライム口座・ECN口座と、他業者のECN口座のスプレッドを比較した結果が次のとおり。

平均スプレッドと手数料を加味した実質スプレッドを上段に、1ロットあたりの取引手数料を下段に記載しています。

スクロールできます
FX業者
口座タイプ

USDJPY

EURJPY

GBPJPY

AUDJPY

EURUSD

GBPUSD

AUDUSD

XAUUSD
PU Prime
プライム
1.0 pips
($7.0)
1.2 pips
($7.0)
1.4 pips
($7.0)
1.4 pips
($7.0)
1.4 pips
($7.0)
0.9 pips
($7.0)
1.0 pips
($7.0)
0.15
($0.7)
PU Prime
ECN
0.5 pips
($2.0)
0.7 pips
($2.0)
0.5 pips
($2.0)
0.9 pips
($2.0)
0.9 pips
($2.0)
0.4 pips
($2.0)
0.5 pips
($2.0)
0.10
($0.2)
AXIORY
ナノ
0.8 pips
($6.0)
1.1 pips
($6.0)
1.4 pips
($6.0)
1.3 pips
($6.0)
0.9 pips
($6.0)
1.2 pips
($6.0)
1.1 pips
($6.0)
0.39
($0.6)
Exness
ロースプレッド
0.7 pips
($7.0)
1.1 pips
($7.0)
1.2 pips
($7.0)
0.9 pips
($7.0)
0.7 pips
($7.0)
0.9 pips
($7.0)
0.9 pips
($7.0)
0.28
($0.7)
Titan FX
ブレード
1.0 pips
($7.0)
1.4 pips
($7.0)
2.2 pips
($7.0)
1.8 pips
($7.0)
0.9 pips
($7.0)
1.3 pips
($7.0)
1.2 pips
($7.0)
0.28
($0.7)
BigBoss
プロスプレッド
1.1 pips
($9.0)
1.5 pips
($9.0)
1.8 pips
($9.0)
1.6 pips
($9.0)
1.4 pips
($9.0)
1.8 pips
($9.0)
1.9 pips
($9.0)
0.32
($0.9)

スワップポイント

PU Primeのスワップポイントを1ロットあたりの円建て表記でまとめました。

あくまでも2024年3月2日現在の情報のため、最新の情報はPU Prime公式ページを確認してください。

通貨ペア買いスワップ売りスワップ
USDJPY+1,218円-2,688円
EURJPY+1,177円-1,903円
GBPJPY+1,757円-3,234円
AUDJPY+788円-1,376円
EURUSD-1,487円+646円
GBPUSD-432円+135円
AUDUSD-630円+198円
XAUUSD-4,045円+2,836円

口座維持手数料

PU Primeでは原則的に口座の維持手数料はかかりません。

入出金手数料

PU Primeの入出金手数料は基本的に無料です。

PU Primeのボーナス:評価⭐️⭐️

最大$10,000入金50%・20%ボーナス

初回入金額に対しては最大$500の50%ボーナス、2回目以降の入金に対しては最大$9,500の20%ボーナスが付与されます。

ボーナスを出金することはできず、取引証拠金としてしか使えませんが、手持ち資金とボーナスを合わせることでより大きなポジションを保有できます。

友達紹介プロモーション

PU Primeの友達紹介プロモーションでは、既存顧客が新規顧客を紹介することで、紹介者と被紹介者の両方が報酬を受け取ることができます。

紹介者は最大5人まで紹介でき、紹介された側が紹介リンクを経由してライブ口座を開設し、$500以上の入金と3スタンダードロットの取引を行うと、双方に報酬が支払われます。

PU Primeの入出金方法:評価⭐️⭐️

PU Primeへの入金方法は、クレジットカード・bitwallet・STICPAY・仮想通貨・海外銀行送金などが用意されています。

最も手軽なのはクレジットカードで、手数料無料で最短即日に着金しますが、1回$5,000までの金額制限があります。

PU Primeへの入金方法
スクロールできます
入金方法手数料最低入金額最大入金額反映時間
クレジットカード無料$50$5,000即時
bitwallet無料$50即時
STICPAY無料$50即時
ビットコイン無料$50即時
USDT無料$50即時
海外銀行送金無料$502〜5営業日

PU Primeからの出金方法は、基本的に入金と同じものが用意されています。

PU Primeからの出金方法
スクロールできます
出金方法手数料最低出金額反映時間
クレジットカード無料$40数日〜2ヶ月
bitwallet無料$401営業日
STICPAY無料$401営業日
ビットコイン無料$401営業日
USDT無料$401営業日
海外銀行送金$20$402〜5営業日

PU Primeの取り扱い銘柄:評価⭐️⭐️⭐️

PU Primeの取り扱い銘柄はとても豊富で、FX通貨ペアのみならず、様々なCFD商品をトレードできるのが魅力です。

株式CFDに至っては世界各国の2,000を超える銘柄をカバーしており、幅広い銘柄に投資できます。

FX通貨ペア49銘柄
仮想通貨CFD49銘柄
貴金属CFD5銘柄
指数CFD現物:18銘柄
先物:10銘柄
原油CFD4銘柄
コモディティCFD10銘柄
株式CFD732銘柄
ETF CFD51銘柄
債券CFD7銘柄

現在の取り扱い銘柄は次のとおり。

メジャーペア

AUDUSD, EURUSD, GBPUSD, NZDUSD, USDCAD, USDCHF, USDJPY

クロス円ペア

AUDJPY, CADJPY, CHFJPY, EURJPY, GBPJPY, NZDJPY, SGDJPY,

マイナーペア

AUDCAD, AUDCHF, AUDNZD, AUDSGD, CADCHF, EURAUD, EURCAD, EURCHF, EURGBP, EURHUF, EURNZD, EURSGD, EURTRY, GBPAUD, GBPCAD, GBPCHF, GBPNZD, GBPSGD, NZDCAD, NZDCHF, NZDSGD, USDBRL, USDCLP, USDCOP, USDHUF, USDIDR, USDINR, USDKRW, USDNOK, USDSEK, USDSGD, USDTHB, USDTRY, USDTWD, USDZAR

PU Primeの取引環境:評価⭐️⭐️⭐️

取引プラットフォーム・アプリ

PU Primeの取引プラットフォームは「MetaTrader」というもので、旧バージョンのMT4と新バージョンのMT5が用意されています。

MT4・MT5どちらもWindows用とMac用が用意されているほか、iOS(iPhone・iPad)やAndroidバージョンも提供されており、様々なOS・デバイスで取引できるので安心です。

また、PU Primeのモバイルアプリも用意されていて、取引機能以外にも見やすいウォッチリストやコピートレードが備わっています。

また、MetaTraderではできない口座管理の機能も付いていて、アプリで取引から口座管理まで一元管理できます。

ツールWindowsMaciOSAndroid
MT4
MT5
cTrader
Web取引
公式アプリ

VPS

PU Primeユーザーは、口座残高が$10,000以上あり、なおかつ月間50スタンダードロット以上を取引すれば、VPSを無料利用できます。

プロップファーム

PU Primeは自社でプロップファームも運営しています。

トレーダーは規定の試験へ合格すれば、会社から資金提供を受けてトレードできて、利益の80%が配分されます。

参加費は$160〜$1,100と幅広く、高い参加費を払うほど合格したときに多額の資金提供を受けられますが、試験に失格すると参加費は没収されるので注意しましょう。

試験には「チャレンジ」と「イバリュエーション」の2つのフェーズがあり、2つのフェーズに合格すれば、晴れて「PUトレーダー」として資金提供を受けられます。

そして、ベーシックとプラスの2つのコースが用意されていますが、ベーシックのほうが利益目標と許容損失も小さく、参加費も半額程度に抑えられているのでおすすめです。

コピートレード(PU Social)

PU Primeでは、「PU Social」というコピートレードに特化したアプリを提供していて、誰でも簡単にコピートレードを始められます。

数千人ものトレーダーがマスタートレーダーとして活動していて、優秀なトレーダーを見つけてフォローできれば、完全放置で安定した運用が可能です。

PU Primeの学習コンテンツ:評価⭐️

PU Primeでは、日々のマーケットニュースが配信されているほか、経済指標カレンダー、Autochartistなど、学習コンテンツの配信にかなり力を入れている印象です。

しかし、残念ながら日本語でのコンテンツは配信されていません。

PU Primeのサポート:評価⭐️

PU Primeの公式サイトやマイページは日本語対応となっていますが、おそらく機械翻訳で作っているためか、不自然な表現が多々見られます。

ヘルプページや一部コンテンツは英語のままで、日本語対応は改善の余地があります。

また、ライブチャットやメールサポートを通じてサポートデスクとやり取りができますが、現在は日本人スタッフが在籍しておらず、日本語非対応となっています。

サポート形式対応時間返信
英語ライブチャット平日のみ即時
メールサポート平日のみ1営業日
電話サポート
LINEサポート
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Kazuaki Obataのアバター Kazuaki Obata 合同会社WOZ代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!
トレード歴は8年以上。今まで使ってきたFX業者は延べ30社以上。

コメント

コメントする

この記事の目次