海外FXで実施中の豪華ボーナス18選

BigBossの法人口座|口座開設の手順・必要書類

記事内にアフィリエイト広告が含まれる場合があります。
価値ある情報を提供するため、コンテンツ制作ポリシーに準拠しています。

海外FX業者のBigBoss(ビッグボス)では、個人口座だけでなく法人口座にも対応していて、法人名義の口座で取引が可能です。

BigBossは日本人スタッフによる手厚い日本語サポートのほか、頻繁に開催される入金ボーナス、取引のたびにポイントが貯まるBigBossポイントキャンペーンなど、お得な特典の多い業者で、法人口座でもそれらのサービスを余すことなく受けられます。

この記事では、BigBossが提供する法人口座の特徴や注意点、必要書類、開設する手順を詳しく紹介します。

当サイトでは、海外FXで法人口座を作るメリット・デメリットについても解説しているので、あわせて参考にしてください。

また、BigBossがどんな業者かを知りたい人は「BigBossの評判」をお読みください。

最大2,222倍レバレッジ!クイック口座開設で今すぐ取引開始

公式サイト:https://www.bigboss-financial.com/

この記事の目次

BigBoss法人口座の特徴

個人口座に比べ節税効果・税制上のメリットが大きい

海外FXの法人口座を使う最大のメリットが、個人口座よりも税制面で有利になることです。

海外FXの税金を徹底解説」でも解説しているとおり、海外FXの個人口座に対する税制は国内FXよりも不利で、利益が大きくなると税率がとても高くなります。

海外FXの個人口座で利益を得た場合、年間の利益(所得)に応じて5%〜45%の所得税に加え、住民税として10%(市区町村民税6%+都道府県民税4%)が課税されます。

一方、法人の場合は、1期ごとの利益に対して法人税、地方法人税、法人住民税、法人事業税がかかり、実効税率は24%〜39%程度となり、大きく稼いだ際の税率は個人口座よりも低くなっています。

個人口座と法人口座の年所得別納税額
スクロールできます
年所得金額個人の税額
(国民健康保険込み)
法人の税額
100万円185,300円(18.5%)293,800円(29.4%)
200万円416,800円(20.8%)517,800円(25.9%)
300万円661,500円(22.1%)741,600円(24.7%)
400万円938,200円(23.5%)965,600円(24.1%)
500万円1,287,000円(25.7%)1,214,100円(24.3%)
600万円1,654,100円(27.6%)1,462,700円(24.4%)
700万円2,021,500円(28.9%)1,711,200円(24.4%)
800万円2,388,600円(29.9%)1,959,800円(24.5%)
900万円2,768,500円(30.8%)2,327,700円(25.9%)
1,000万円3,098,500円(31.0%)2,695,700円(27.0%)
1,500万円5,213,500円(34.8%)4,535,900円(30.2%)
2,000万円7,409,000円(37.0%)6,376,100円(31.9%)
3,000万円12,644,000円(42.1%)10,234,900円(34.1%)
5,000万円23,100,500円(46.2%)18,099,200円(36.2%)
1億円50,600,500円(50.6%)37,224,200円(37.2%)

また、法人口座は最大税率が低くなるだけでなく、税制上のメリットが大きいため、まとまった利益を得られるトレーダーは法人口座を使ったほうが圧倒的にお得になります。

海外FXの法人口座を使うメリット
    • 個人口座よりも税制面で有利
    • 国内FXの法人口座よりもレバレッジが高い
    • 他の事業と損益通算できる
    • 損失を最長9年間まで繰越せる
    • 個人よりも経費の幅が広がる

最大1,111倍のハイレバレッジ

BigBossでは最大1,111倍のレバレッジを利用でき、数ある海外FX業者の中でもかなり高めの水準となっています。

国内業者の場合、FXの法人口座では最大でも100倍程度、仮想通貨取引所の法人口座は最大でも10倍程度なので、BigBossを使うことで比にならないほどのハイレバレッジで取引できます。

ただし、取引商品や口座残高の増加によって最大レバレッジを利用できない場合があるので、詳しくは「BigBossのレバレッジ」をお読みください。

他の海外FXよりも必要書類が少ない

BigBossの法人口座を作る際に必要な書類は、法人、法人取締役、株主(株式を発行している法人のみ)それぞれの証明書と現住所確認書類のみ。

株主名簿や取締役会承認書などは不要で、他の海外FX業者の法人口座に比べると必要書類は少なめとなっています。

MASS口座も法人名義で使える

MASSとはMulti account sharing serviceの略で、プロバイダーが取引した内容をフォロワー口座へそのままコピーすることで、コピートレードを実現するシステムです。

BigBossではMASS口座も法人名義で開設でき、優秀なフォロワーを見つければ完全放置で資産運用ができます。

個人口座と法人口座を併用できる

BigBossでは個人口座と法人口座を両方作り、併用することができます。

また、ボーナスも個人と法人で二重に受け取ることもでき、例えば個人口座で新規口座開設ボーナスを受け取った後でも、法人口座を作ることで再度口座開設ボーナスが貰えます。

BigBoss法人口座の注意点

業者としての信頼性はやや劣る

BigBossはセントビンセント・グレナディーンの金融ライセンスを取得しています。

ただ、セントビンセント・グレナディーンの金融ライセンスは取得のハードルが比較的低いと言われており、イギリスFCAライセンス、キプロスCySECライセンス、オーストラリアASICライセンスなどと比べると権威性は劣ります。

また、資金の保全方法についても分別管理のみに留まっており、第三者機関を介した信託保全は行っていない点は、多額の資金を預ける際の懸念材料でもあります。

スプレッドはそこまで狭くない

BigBossのスプレッドは海外FXの標準的なレベルで、取引コストが安いAXIORY、Axi、ThreeTraderなどと比べると割高となっています。

手軽に海外FXの法人口座を作りたい人にとってはBigBossは良い選択ですが、スプレッドの安さを重視する人には不向きといえるでしょう。

BigBoss法人口座の必要書類チェックリスト

BigBossで法人口座を作る際に必要になる書類は次のとおりです。

  1. 法人の履歴事項全部証明書
  2. 法人の現住所確認書類
  3. 取締役の身分証明書
  4. 取締役の現住所確認書類
  5. 株主の身分証明書
  6. 株主の現住所確認書類

法人の履歴事項全部証明書

履歴事項全部証明書(登記簿謄本)のコピーを提出しましょう。

履歴事項全部証明書は法務局で取得でき、取得方法は窓口、郵送、オンラインの3つがあります。

法務局の窓口で取得する場合は、登記事項証明書交付申請書に記入し、手数料600円を支払えばその場でもらえます。

郵送の場合も、同じ申請書に手数料分の収入印紙を貼り、返送先を書いて返信用の切手を貼った封筒を同封するだけです。

オンラインでも申請可能で、法務局の「登記・供託オンライン申請システム」を使って、Webブラウザ上から簡単に請求できます。

法人の現住所確認書類

法人の現住所を証明するために、以下いずれかの一点を提出する必要があります。

法人名、法人の現住所が記されていて、発行から6ヶ月以内の公的な書類を提出しましょう。

  • 公共料金の明細書・請求書
  • 銀行利用明細書(バンクリファレンスレターでも代用可能)
  • 印鑑登録証明書(日本法人のみ)

取締役の身分証明書

法人の取締役(代表者)全員の身分証明書を提出する必要があります。

身分証明書としては次のいずれか一点を提出可能で、自身の顔写真、氏名、生年月日が記されていて、有効期限内の書類を提出しましょう。

  • 自動車運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

取締役の現住所確認書類

法人の取締役(代表者)全員の現住所確認書類を提出する必要があります。

現住所確認書類としては次のいずれか一点を提出可能で、自身の氏名と現住所、発行日が記されていて、発行されてから3ヶ月以内の書類を提出しましょう。

  • 現住所が印字された各種健康保険証
  • 公共料金の請求書・領収書
  • 電話料金の請求書・領収書
  • 銀行及びクレジットカード会社の利用明細書・請求書
  • 納税関係書類
  • 住民票・印鑑登録証明書
  • マイナンバーカード(表面のみ)

株主の身分証明書

株式会社や有限会社で株式を発行している法人の場合は、株主の身分証明書として以下のいずれか一点を提出しましょう。

  • 自動車運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

株式を発行しない合同会社の場合は不要です。

株主の現住所確認書類

株式会社や有限会社で株式を発行している法人の場合は、株主の現住所確認書類として以下のいずれか一点を提出しましょう。(発行から3ヶ月以内)

  • 現住所が印字された各種健康保険証
  • 公共料金の請求書・領収書
  • 電話料金の請求書・領収書
  • 銀行及びクレジットカード会社の利用明細書・請求書
  • 納税関係書類
  • 住民票・印鑑登録証明書
  • マイナンバーカード(表面のみ)

株式を発行しない合同会社の場合は不要です。

BigBossで法人口座を開設する手順

BigBossで法人口座を作る具体的な手順を解説します。

STEP
法人用のクイック口座開設へアクセス

BigBossの新規登録ページへアクセスし、【クイック口座開設(法人のお客様)はこちら】ボタンから法人口座の開設ページを開きます。

STEP
口座タイプの設定・法人情報の入力

最初に作るリアル口座の口座タイプを選び、法人情報を入力して手続きを進めます。

STEP
メールアドレスの認証

口座開設フォームの入力を終えると、入力したメールアドレス宛に確認メールが届くので、メールアドレスの認証を行います。

STEP
身分証明書・住所確認書をアップロード

BigBossでは簡単な登録作業を済ませるだけで取引ができますが、必要書類をアップロードをしないと出金やbitwalletやBXONEでの入金ができません。

BigBossを不便なく使うために、なるべく早い段階で必要書類アップロードしましょう。

必要書類は次のとおりです。

必要書類をアップロードして書類の内容に問題がなければ、当日もしくは翌営業日に認証され、BigBossのすべての機能が使えるようになります。

海外FXの法人口座を比較

当サイトの海外FX法人口座おすすめ6社にて紹介している海外FXの法人口座を比較しました。

スクロールできます
AXIORYFXGTBigBossHFMHFMAxi
最大レバレッジ1,000倍1,000倍1,111倍1,000倍2,000倍1,000倍
取引ツールMT5
MT4
cTrader
MT5
MT4
MT5
MT4
MT5
MT4
MT5
MT4
MT4
取り扱い銘柄FX
貴金属
エネルギー
株式
指数
現物株式/ETF
FX
仮想通貨
貴金属
エネルギー
株式
指数
FX
貴金属
エネルギー
指数
仮想通貨
FX
仮想通貨
貴金属
エネルギー
コモディティ
株式
指数
FX
仮想通貨
貴金属
エネルギー
コモディティ
株式
ETF
債券
指数
FX
仮想通貨
貴金属
エネルギー
コモディティ
株式
指数
取引コストの安さ
ロスカットレベル20%20%20%20%20%20%
ボーナスの充実
業者の信頼性
公式サイトAXIORY公式サイトFXGT公式サイトBigBoss公式サイトTitan FX公式サイトHFM公式サイトAxi公式サイト
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Kazuaki Obataのアバター Kazuaki Obata 合同会社WOZ代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!
トレード歴は8年以上。今まで使ってきたFX業者は延べ30社以上。

コメント

コメントする

クイック口座開設ですぐに取引開始 BigBossの法人口座を開設
この記事の目次