【最大15,000円】海外FXで実施中のボーナス21選

Windsor Brokersの評判|ボーナスが充実しているもスプレッド広め

この記事は、日本非居住者を対象にしたものであり、日本居住者に対して投資情報の発信・投資助言・勧誘を行うものではありません。
記事内にアフィリエイト広告が含まれる場合があります。
価値ある情報を提供するため、コンテンツ制作ポリシーに準拠しています。

海外FX業者「Windsor Brokers」(ウィンザーブローカー)の評判をまとめました。

実際の使い心地、メリット・デメリットを徹底的にあぶり出したので、表面的な情報ではなく、実情に即した内容となっています。

これからWindsor Brokersを使おうと考えている人は、ぜひこの記事を参考材料にしていただければ幸いです。

Windsor Brokersは日本金融庁に未登録の海外業者のため、日本の法的保護を受けられない可能性があります。
海外業者を利用する際のリスクや注意点については「海外FXのメリット・デメリット・国内FXとの違い」を参考にしてください。

今なら新規口座開設で$30未入金ボーナスが貰える!

公式サイト:https://jp.windsorbrokers.com.bz

この記事の目次

Windsor Brokers総合評価・ユーザーの口コミ

メリット・デメリット

メリット – Pros
  • 最大1,000倍レバレッジ
  • CFD商品が充実
  • 追証なしのゼロカットシステム
  • 新規口座開設で$30ボーナスが貰える
  • 最大$10,000の入金ボーナスが貰える
  • 日本語サポートが充実
  • 国内銀行送金で入出金できる
デメリット – Cons
  • 全体的にスプレッドが広い
  • ゼロ口座の手数料が1ロット$8と割高
  • ストップレベルが2pips〜
  • 取引ツールがMT4のみ
  • 取り扱い通貨ペア数がやや少ない

管理人の総評

Windsor Brokersは豪華なボーナスキャンペーンと最大1,000倍のハイレバレッジが魅力の海外FX業者で、少ない証拠金を元手にハイレバトレードをしたい人に適しています。

また、シンプルな操作で取引できるスマホアプリも提供されていて、初心者にも優しい作りが魅力です。

最近では日本語サポートにも力を入れており、カスタマーサポートには日本人スタッフが在籍しているほか、ウェブサイトもほとんど日本語化されているので、英語に自信がない人でも安心して使えます。

肝心の口座スペックは今ひとつで、全体的にスプレッドが広く、ゼロ口座の手数料も1ロットあたり$8と割高なので、コストを抑えてスキャルピングしたい人には適していません。

ボーナス目当てに使ってみるのは良いですが、多額の資金を預けて本格的に運用するには取引条件がネックとなるでしょう。

Windsor Brokersの安全性・信頼性:評価⭐️⭐️

公式Webサイトhttps://jp.windsorbrokers.com.bz
運営会社Windsor Brokers (BZ) Limited(ベリーズ)
Windsor Brokers Ltd(キプロス共和国)
Windsor Brokers International Ltd(セーシェル共和国)
設立1988年
資金の管理方法分別管理

Windsor Brokersの金融ライセンス

Windsor Brokersの運営会社は複数あり、各国の金融当局のライセンスを取得済みですが、いずれも信頼性はそこまで高くありません。

  • Windsor Brokers (BZ) Limited:ベリーズ国際金融サービス委員会のライセンス(番号:60/285/APM・60/285/TS・60/285/BCA)
  • Windsor Brokers Ltd:キプロス証券取引委員会CySECのライセンス(番号:030/04)
  • Windsor Brokers International Ltd:セーシェル金融庁FSAのライセンス(番号:SD072)

日本居住者が口座開設する際は、ベリーズの規制の対象となります。

顧客資金は「分別管理」で保管

Windsor Brokersは、顧客から預かった資金を「分別管理」という方法で管理しています。

分別管理とは、会社の運転資金と顧客の資金を切り離して管理する方法で、海外FX業者の資金管理方法として最もメジャーです。

しっかり分別管理されている業者を使うことで、自分が預けたお金が勝手に転用されるリスクは低いといえますが、あくまでも社内での管理に過ぎないため、絶対に安全とはいえません。

ちなみに日本のFX業者は、顧客の資金を第三者の機関へ預けて、仮に業者が破綻しても必ず資金が返還される「信託保全」を行っているため、分別管理のみの海外FX業者よりも安全性が高いといわれています。

500万ユーロの民事賠償保険に加入

Windsor Brokersは信託保全こそ導入していませんが、ロイズ・オブ・ロンドンの民事賠償保険に加入することで、信頼性を補っています。

この保険では、顧客が何らかのトラブルに巻き込まれて損害を被った際、ブローカー側に落ち度があると認められた場合に、顧客1人あたり最大500万ユーロ(約8億円)が支払われます。

Windsor Brokersの取引口座:評価⭐️⭐️

口座タイププライム口座
ゼロ口座
VIPゼロ口座
複数口座対応
最大レバレッジ最大1,000倍
注文方式NDD方式(STP・ECN)
ゼロカット
デモ口座
法人口座

口座の開設方法

STEP
リアル口座開設フォームを入力

まずは、Windsor Brokersのリアル口座開設ページへアクセスして、自身の居住国・名前・電話番号・メールアドレスを入力し、マイページへアクセスするためのパスワードを設定します。

規約に応じしたら【口座開設】ボタンをクリックして次へ進みます。

STEP
メールアドレス認証

Windsor Brokersから確認メールが届くので、メール内の【メールアドレスの認証】ボタンをクリックしてメールアドレス認証を行います。

STEP
詳しい個人情報の入力

続いて、詳しい個人情報を入力していきます。

入力項目は生年月日、連絡先、住所、投資家情報、取引経験など多岐にわたるので、一つずつ間違えないように埋めていきましょう。

STEP
身分証明書・住所確認書をアップロード

Windsor Brokersでは、本人確認の一環で「身分証明書」のアップロードを義務付けており、書類が認証されるまではボーナスの獲得、取引、入出金などができません。

スムーズに取引を始めるために、なるべく早く書類を提出しましょう。

身分証明書
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
住所確認書(発行から6ヶ月以内)
  • 電気・ガス・水道の請求書・領収書
  • 電話・ネット回線の請求書・領収書
  • カード・銀行の利用明細・請求書
  • 健康保険証(住所記載のもの)
  • 住民票
  • 印鑑登録証明書
  • 納税証明書

必要書類をアップロードして書類の内容に問題がなければ、当日もしくは翌営業日に口座が有効化され、Windsor Brokersのすべての機能が使えるようになります。

STEP
取引口座を開設

取引を始めるためには、MT4のリアル口座を開設する必要があります。

マイページから【新規ライブ口座】をクリックして、希望する口座タイプ(プライムかゼロ)を選びましょう。

口座タイプに迷ったら、まず最初は口座開設ボーナスや入金ボーナスが貰える「プライム口座」をおすすめします。

STEP
ログイン情報がメールで届く

必要書類の認証が終わると、登録したメールアドレス宛にログイン情報が書かれたメールが届くので、大切に保管しておきましょう。

STEP
自己資金を入金

Windsor Brokersでは$30の新規口座開設ボーナスが貰えるため、自己資金を入金しなくても取引を始められますが、$30では得られる利益に限界があるので、本格的にトレードをするなら入金することをおすすめします。

Windsor Brokersへの入金方法は、クレジットカード・bitwallet・国内/海外銀行送金などが用意されています。

STEP
MT5で取引開始

Windsor Brokersのリアル口座でトレードするには、MetaTrader 4(MT4)を使います。

パソコンでトレードする場合は、Windsor Brokersの公式ページからご自身のOSに適した取引プラットフォームをダウンロードして、口座へログインしましょう。

iPhoneやAndroidスマホでトレードする場合も同様に、アプリストアからダウンロードしましょう。

口座タイプは3種類

Windsor Brokersの口座タイプは次の3種類ですが、VIPゼロ口座は一部の大口トレーダーだけに提供される口座で詳細が明かされていません。

  • プライム口座
  • ゼロ口座
  • VIPゼロ口座
項目プライム口座ゼロ口座
1ロットの価値100,000通貨100,000通貨
最大レバレッジ1,000倍1,000倍
取引ツールMT4MT4
注文方式NDD STPNDD ECN
スプレッド1.2pips〜0.1pips〜
取引手数料$8.0/1ロット
最低取引ロット0.010.01
最大取引ロット5050
最大ポジション数
ゼロカット
ロスカットレベル20%20%
ストップレベル2pips〜2pips〜
口座開設ボーナス×
入金ボーナス×
取引ボーナス
最低入金額$100$2,500

注文方式はNDDを採用

Windsor Brokersではすべての注文をNDD方式(ノン・ディーリング・デスク)で処理しています。

ディーラーの裁量が介在せず、すべてシステムが自動で処理しているため、日本のFX業者でポピュラーなOTC方式・DD方式(ディーリング・デスク)よりも透明性が高いといえます。

スキャルピング・EA制限なし

Windsor Brokersではスキャルピングが全面的に認められているため、回転率の高いトレードを何度も繰り返しても、口座凍結されたり出金拒否される恐れがありません。

EA・自動売買・インジケータに関しても一切制限がないので、システムトレーダーにもおすすめの業者です。

ただし、複数口座を使った両建て取引(同じ銘柄で買い・売りを同時に持つこと)や、Windsor Brokersと他の業者を使った両建ては禁止されているのでご注意ください。

レバレッジは最大1,000倍

Windsor Brokersのレバレッジは最大1,000倍となっています。

口座開設時のレバレッジ設定では、基本的に最大レバレッジを選んでおけば問題ありませんが、もしハイレバレッジに抵抗感があるなら設定で引き下げることも可能です。

なお、保有するポジション数量(オープンポジション)と予約注文の数量の合計が一定額を超えると、最大レバレッジが制限されます。具体的には次の表のとおり。

メジャーFX通貨ペアのレバレッジルール
ロット数最大レバレッジ
10.00ロット以下1,000倍
10.01〜100.00ロット500倍
100.01〜150.00ロット200倍
150.01〜250.00ロット100倍
250.01〜350.00ロット50倍
350.01ロット〜25倍
マイナーFX通貨ペアのレバレッジルール
ロット数最大レバレッジ
50.00ロット以下500倍
50.01〜100.00ロット200倍
100.01〜150.00ロット100倍
150.01〜200.00ロット50倍
200.01ロット〜30倍
貴金属CFDのレバレッジルール
ロット数最大レバレッジ
5.00ロット以下500倍
5.01〜50.00ロット250倍
50.01〜100.00ロット150倍
100.01〜150.00ロット50倍
150.01ロット〜25倍
株式指数CFDのレバレッジルール
ロット数最大レバレッジ
50.00ロット以下500倍
50.01〜200.00ロット200倍
200.01〜500.00ロット125倍
500.01〜1,000.00ロット100倍
1,000.01〜1,500.00ロット50倍
1,500.01〜3,000.00ロット10倍
3,000.01ロット〜5倍
原油CFDのレバレッジルール
ロット数最大レバレッジ
2.00ロット以下200倍
2.01〜50.00ロット100倍
50.01〜100.00ロット50倍
100.01〜150.00ロット5倍
150.01ロット〜2倍
天然ガスCFDのレバレッジルール
ロット数最大レバレッジ
50.00ロット以下50倍
50.01〜100.00ロット25倍
100.01〜150.00ロット10倍
150.01〜200.00ロット6倍
200.01ロット〜5倍
コモディティCFDのレバレッジルール
ロット数最大レバレッジ
50.00ロット以下50倍
50.01〜100.00ロット25倍
100.01〜150.00ロット10倍
150.01〜200.00ロット6倍
200.01ロット〜5倍
株式CFDのレバレッジルール
ロット数最大レバレッジ
50.00ロット以下20倍
50.01〜100.00ロット10倍
100.01〜500.00ロット5倍
500.01〜1,000.00ロット3倍
1,000.01ロット〜2倍
債券CFDのレバレッジルール
ロット数最大レバレッジ
50.00ロット以下250倍
50.01〜100.00ロット100倍
100.01〜150.00ロット40倍
150.01〜200.00ロット10倍
200.01ロット〜6倍

ゼロカットシステムにより追証リスク無し

Windsor Brokersはゼロカットシステムを採用しており、追証(おいしょう)が請求される恐れがありません。

ゼロカットシステムとは、相場の急変動によってロスカットが間に合わず、口座残高を超える損失が発生した際に、残高以上の損をFX業者が負担してくれる仕組みです。

日本のFX業者では、金融商品取引法によってゼロカットが禁止されており、残高以上の損は追証が請求されてしまうため、自己資金を超える損失が生まれるリスクがあります。

Windsor Brokersのようにゼロカットのある海外業者を使えば、自己資金以上に損する危険性を防げます。

ストップレベル2pips〜

Windsor Brokersはストップレベルが存在します。

最も狭いUSDJPYやEURUSDでも2pips〜となっており、最低でも現在値から2pips以上離さないと損切り・利食いを設定できません。

長期トレードなら大した問題ではありませんが、スキャルピングをするならストップレベルが無い方が使いやすいので、ストップレベルゼロのXMTradingExnessなどを検討すると良いでしょう。

Windsor Brokersの手数料:評価⭐️

スプレッド・取引手数料

Windsor Brokersのプライム口座、他業者のSTP口座のスプレッドを比較した結果が次のとおり。

スクロールできます
FX業者
口座タイプ

USDJPY

EURJPY

GBPJPY

AUDJPY

EURUSD

GBPUSD

AUDUSD

XAUUSD
Windsor Brokers
プライム
1.9 pips1.9 pips2.6 pips2.4 pips1.5 pips1.9 pips1.6 pips0.28
XMTrading
スタンダード
1.6 pips2.3 pips3.6 pips3.3 pips1.7 pips2.2 pips1.9 pips0.28
FXGT
スタンダード
1.6 pips2.2 pips3.5 pips3.3 pips1.6 pips2.2 pips1.6 pips0.40
AXIORY
スタンダード
1.3 pips1.4 pips1.9 pips2.0 pips1.3 pips1.6 pips1.7 pips0.53
Exness
スタンダード
1.1 pips1.9 pips2.0 pips1.3 pips1.0 pips1.5 pips1.5 pips0.50

Windsor Brokersのゼロ口座と、他業者のECN口座のスプレッドを比較した結果が次のとおり。

平均スプレッドと手数料を加味した実質スプレッドを上段に、1ロットあたりの取引手数料を下段に記載しています。

スクロールできます
FX業者
口座タイプ

USDJPY

EURJPY

GBPJPY

AUDJPY

EURUSD

GBPUSD

AUDUSD

XAUUSD
Windsor Brokers
ゼロ
1.2 pips
($8.0)
1.5 pips
($8.0)
2.2 pips
($8.0)
1.8 pips
($8.0)
1.0 pips
($8.0)
1.4 pips
($8.0)
1.2 pips
($8.0)
0.28
($0.8)
AXIORY
ナノ
0.8 pips
($6.0)
1.1 pips
($6.0)
1.4 pips
($6.0)
1.3 pips
($6.0)
0.9 pips
($6.0)
1.2 pips
($6.0)
1.1 pips
($6.0)
0.39
($0.6)
ThreeTrader
Rawゼロ
0.5 pips
($4.0)
0.7 pips
($4.0)
1.2 pips
($4.0)
0.6 pips
($4.0)
0.6 pips
($4.0)
0.7 pips
($4.0)
0.6 pips
($4.0)
0.19
($0.4)
Exness
ロースプレッド
0.7 pips
($7.0)
1.1 pips
($7.0)
1.2 pips
($7.0)
0.9 pips
($7.0)
0.7 pips
($7.0)
0.9 pips
($7.0)
0.9 pips
($7.0)
0.28
($0.7)
Titan FX
ブレード
1.0 pips
($7.0)
1.4 pips
($7.0)
2.2 pips
($7.0)
1.8 pips
($7.0)
0.9 pips
($7.0)
1.3 pips
($7.0)
1.2 pips
($7.0)
0.28
($0.7)
BigBoss
プロスプレッド
1.1 pips
($9.0)
1.5 pips
($9.0)
1.8 pips
($9.0)
1.6 pips
($9.0)
1.4 pips
($9.0)
1.8 pips
($9.0)
1.9 pips
($9.0)
0.32
($0.9)

スワップポイント

Windsor Brokersのスワップポイントを1ロットあたりの円建て表記でまとめました。

あくまでも2024年3月24日現在の情報のため、最新の情報は取引プラットフォーム上から確認してください。

通貨ペア買いスワップ売りスワップ
USDJPY+40円-212円
EURJPY-300円+32円
GBPJPY-21円-243円
AUDJPY-115円-176円
EURUSD-755円0円
GBPUSD-390円-363円
AUDUSD-242円-157円
XAUUSD-373円-90円

口座維持手数料

Windsor Brokersでは口座の維持手数料はかかラズ、取引口座を放置しても維持手数料が取られることはありません。

入出金手数料

Windsor Brokersの入出金手数料は基本的に無料です。

Windsor Brokersのボーナス:評価⭐️⭐️

新規口座開設$30ボーナス

Windsor Brokersで初めてリアル口座を開設して、必要書類のアップロードと電話番号承認を完了すると、新規口座開設ボーナス(未入金ボーナス)として$30が貰えます。

口座開設ボーナスが貰える口座は「プライム口座」のみで、「ゼロ口座」は対象外です。

$30ボーナスはあくまでも取引証拠金として使えるもので、出金はできません。

トレードで得た利益は出金可能ですが、以下の条件を全て満たさないと出金できません。

  • 獲得利益が$30以上
  • 取引回数が10回以上
  • 合計取引量が0.5ロット(5万通貨)以上

また、利益を出金すると、$30分のボーナスは全て消滅するのでご注意ください。

20%入金ボーナス

Windsor Brokersのリアル口座へ入金すると、入金額に対して20%のボーナスが付与され、ボーナスの累計受取額が$10,000に達するまで入金するたびに受け取れます。

入金ボーナスが貰える口座は「プライム口座」のみで、「ゼロ口座」は対象外です。

ボーナスは自動付与ですが、入金時に「20%入金ボーナスを申請」にチェックを入れないと貰えないのでご注意ください。

ポイントプログラム(ロイヤリティプログラム)

Windsor Brokersでは「ロイヤリティプログラム」という独自のポイントプログラムを実施していて、ステータスに応じて取引ごとにポイントがたまります。

ステータスは前月の累計取引量によって決まり、最上位のダイヤモンドステータスを獲得するには合計1,000ロット以上の取引が必要になります。

ステータス獲得ポイント昇格条件
シルバー0.2ポイント/1ロット
ゴールド0.5ポイント/1ロット前月取引20ロット以上
プラチナム0.7ポイント/1ロット前月取引500ロット以上
ダイヤモンド1ポイント/1ロット前月取引1,000ロット以上

貯めたポイントは1ポイント=最大$2としてボーナスクレジットへ交換でき、交換レートは一度に交換するポイント数によって決まります。

ポイント交換数ポイント交換レート
10ポイント未満交換不可
10〜99ポイント1ポイント=$1.00
100〜999ポイント1ポイント=$1.20
1,000〜9,999ポイント1ポイント=$1.50
10,000ポイント以上1ポイント=$2.00

Windsor Brokersの入出金方法:評価⭐️⭐️

Windsor Brokersへの入金方法は、クレジットカード・bitwallet・国内/海外銀行送金などが用意されています。

最も手軽なのは国内銀行送金で、手数料無料で最短即日に着金しますが、銀行の営業時間外に振り込むと翌営業日に持ち越しとなります。

スピーディーに入金したい場合は、24時間いつでもリアルタイムで反映するクレジットカードやbitwalletを使うとよいでしょう。

Windsor Brokersへの入金方法
スクロールできます
入金方法手数料最低入金額最大入金額反映時間
クレジットカード無料$10即時
bitwallet無料$10即時
国内銀行送金無料1万円1営業日
海外銀行送金無料$1002〜5営業日

Windsor Brokersからの出金方法は、基本的に入金と同じものが用意されています。

Windsor Brokersからの出金方法
スクロールできます
出金方法手数料最低出金額反映時間
クレジットカード無料数日〜2ヶ月
bitwallet無料1営業日
国内銀行送金無料2〜5営業日
海外銀行送金無料※12〜5営業日
  • 1:Windsor Brokers側での手数料は無料ですが、別途送金手数料が発生する

Windsor Brokersの取り扱い銘柄:評価⭐️⭐️⭐️

Windsor BrokersのFX通貨ペアは45銘柄で、他の海外FX業者と比較するとやや少なめですが、人気の銘柄やクロス円ペアは必要十分に揃っています。

FX以外のCFD商品は満遍なく様々な銘柄を取り扱っています。

FX通貨ペア45銘柄
仮想通貨CFD6銘柄
貴金属CFD7銘柄
株式指数CFD現物:6銘柄
先物:14銘柄
通貨インデックスCFD6銘柄
エネルギーCFD現物:2銘柄
先物:5銘柄
コモディティCFD6銘柄
株式CFD104銘柄
ETF CFD6銘柄
債券CFD4銘柄

現在の取り扱い銘柄は次のとおり。

メジャーペア

AUDUSD, EURUSD, GBPUSD, NZDUSD, USDCAD, USDCHF, USDJPY

クロス円ペア

AUDJPY, CADJPY, CHFJPY, EURJPY, GBPJPY, NZDJPY, SGDJPY

マイナーペア

AUDCAD, AUDCHF, AUDNZD, AUDSGD, CADCHF, EURAUD, EURCAD, EURCHF, EURGBP,EURNZD, EURPLN, EURSEK, EURSGD, EURTRY, GBPAUD, GBPCAD, GBPCHF, GBPNZD, GBPSEK, GBPSGD, NZDCAD, NZDCHF, USDDKK, USDHUF, USDMXN, USDNOK, USDPLN, USDSEK, USDSGD, USDTRY, USDZAR

Windsor Brokersの取引環境:評価⭐️⭐️

取引プラットフォーム・アプリ

Windsor Brokersの取引プラットフォームは「MetaTrader 4」(MT4)が用意されています。

MT4はWindows用とMac用が用意されているほか、iOS(iPhone・iPad)やAndroidバージョンも提供されており、様々なOS・デバイスで取引できるので安心です。

一方、新しいバージョンのMT5には対応していないので、MT5の操作感に慣れている人からすると不便と感じるかもしれません。

iOSとAndroid向けには公式アプリも提供されていて、口座の入出金から取引までアプリひとつで一元管理できます。

ツールWindowsMaciOSAndroid
MT4
MT5
cTrader
Webトレーダー
公式アプリ

VPS

一定の条件をクリアすることでVPSを無料で使えるサービスを提供しているFX業者が多いですが、Windsor Brokersでは特にそういったサービスは用意していません。

Windsor Brokersの学習コンテンツ:評価⭐️⭐️

Windsor Brokersでは学習コンテンツの提供にも力を入れており、日本語によるレッスン動画がたくさん公開されていて、トレード技術からMT4の使い方に至るまで学ぶことができます。

公式サイトの「教育」ページへアクセスすると、登録不要で誰でもレッスン動画を視聴できます。

  • 暗号資産トレーディングについて:12動画
  • 株式指数について:8動画
  • 市場分析について:11動画
  • トレード心理について:10動画
  • FX取引戦略について:10動画
  • MT4プラットフォームについて:8動画

Windsor Brokersのサポート:評価⭐️⭐️

Windsor Brokersの公式サイトは日本語化されていますが、ところどころ機械翻訳を通したような不自然な表現が見受けられ、ややわかりにくい部分もあります。

カスタマーサポートに関しては、海外FXでありながら2021年から日本人スタッフが在籍しているため、日本語によるサポートを受けることができます。

不明点があればjapan@windsorbrokers.comへ問い合わせをすることで、日本人スタッフと日本語でやり取りが可能です。

サポート形式対応時間返信
日本語ライブチャット平日24時間即時
メールサポート平日24時間1営業日
電話サポート
LINEサポート
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Kazuaki Obataのアバター Kazuaki Obata 合同会社WOZ代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!
トレード歴は8年以上。今まで使ってきたFX業者は延べ30社以上。

コメント

コメントする

この記事の目次